韓国・釜山でおすすめのカフェ10選、韓国のおすすめ観光スポットを5選を紹介しています。「釜山タワー」や「芙蓉台」など、カフェのついでに立ち寄れる、韓国の魅力的な観光スポットもまとめているので、カフェ巡りを充実させたい方はチェックしてください。

韓国・釜山のおすすめカフェ10選

1. 洗練された店内が魅力的な「Present」

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

最初に紹介する釜山のおすすめカフェは「Present」。おしゃれなカフェが立ち並ぶ広安里エリアに位置しています。デザイン会社が運営しており、ひと際洗練された内装になっている点が大きな特徴。

白をベースにした壁と観葉植物が、落ち着いた雰囲気を演出しています。屋外にも席が設けられており、晴れた日に座ると開放感は抜群です。店の一角には書籍コーナーを併設。釜山観光の本屋や運営元のデザイン会社が発行している本など、多様な書籍が販売されています。

おすすめのメニューは、ミルクティーとデニッシュ。牛乳の濃厚な味わいとデニッシュのしっとりした食感が女性客の間で人気。窓際でコーヒーを飲みながら読書をすれば、カフェの風情を存分に満喫できるでしょう。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:31 Hwangnyeongsan-ro, Suyeong-gu, Busan(MAP)
アクセス:地下鉄2号線「南川駅」2番出口 徒歩約15分
営業時間:10:00〜22:00
入場料金:メニュー料金のみ
詳細(公式HP):http://eng.itspresent.co.kr/

2. 写真映えするプールもある「PORT1902」

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する釜山のおすすめカフェは「PORT1902」。 リゾートビーチで有名な「海雲台」に位置しており、オーシャンビューを満喫できることで知られています。

入り口にはSNS映えすることで有名なプールが併設されており、底から浮かび上がる「PORT」の文字がおしゃれな雰囲気を演出しています。 2階席はクラブのVIP席のようなデザインで、中央にはミラーボールが設置されているのが特徴。夜にダンスをしに繰り出すと、リゾート地らしい活気を味わえます。

メニューはコーヒーやティラミスの他、グリルチキンも揃えられています。カクテルやパインジュースなど南国感がある飲み物も販売しているので、ぜひ試してみてください。

▼スポット詳細
住所:釜山市海雲台区松亭洞170-5(MAP)
アクセス:釜山地下鉄2号線萇山駅 3番出口 タクシーで約6分
営業時間:11:00~22:30
入場料金:メニュー料金(1人1品注文が必要)
詳細(公式HP):http://www.port1902.com/

3. ケーキの品揃えが釜山トップクラスの「CAKE BOUTIQUE MOLLE」

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する釜山のおすすめカフェは「CAKE BOUTIQUE MOLLE」。釜山で有数の繁華街「西面」にあり、白と水色をベースにしたおしゃれなデザインのお店です。

店内も明るく透き通った造りになっており、開店と同時に満席になるほどの人気。ケーキブティックのお店としても有名で、ケーキの品揃えは釜山のカフェでもトップクラスです。

中でも人気のメニューが、レインボーケーキ。その名の通りケーキが7色の生地で作られ、チーズクリームと生クリームのいずれかの味を楽しむことができます。

コーヒーと合わせて写真に収めればSNS映えすること間違いなし。他にもカラフルなエクレアやラズベリーのジュースなどユニークなメニューが豊富なので、ぜひ堪能してみてください。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:釜山広域市 釜山鎮区 釜田洞225-1(MAP)
アクセス:地下鉄1号線「西面」駅下車徒歩約10分
営業時間:
日~木 13:00~22:30、金・土 13:00~23:00
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):-

4. ベーカリーの名店「SHEEP COFFEE」

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する釜山のおすすめカフェは「SHEEP COFFEE」。2018年8月にオープンしたばかりで歴史は比較的浅いですが、西面では屈指の人気を誇っています。

グレーの角張った外装が特徴的で、入り口では羊の看板がお出迎え。スコーンや食パンなど天然酵母に拘った十数種類以上のベーカリーを楽しめることで有名です。

特におすすめのメニューが全粒粉のあんバタースコーンで、ふわっとした生地に挟まれたあんバターの濃厚な味わいは絶品。まろやかな味を楽しめるミルクティーもあり、バタースコーンと一緒に堪能すれば、旅の良い思い出になるでしょう。バタースコーンは人気商品なので、気になる方は早めの入店をおすすめします。

▼スポット詳細
住所:釜山広域市 釜山鎮区 田浦洞 635-7(MAP)
アクセス:韓国鉄道公社「釜田駅」から徒歩約12分
営業時間:10:00~21:00
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):https://www.sheepcoffee1.com/21

5. 多様なドーナツを揃えている「Cupnut」

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する釜山のおすすめカフェは「Cupnut」。釜山大学の近くに位置しており、白くて広々とした外観が特徴です。

テラス席が多く、晴れた日にそよ風を感じながら食事を楽しむのがおすすめ。注文カウンターはシンプルな造りですが、とても落ち着いた雰囲気で田舎に返ってきたような安心感を得られます。

おすすめメニューは、何といってもドーナツ。抹茶やシナモンロールなど定番メニューはもちろん「インジョルミ」と呼ばれるきな粉餅風味のものまで、多様なドーナツを食べられます。 恋人同士で行けば、素敵な釜山デートになるでしょう。テイクアウトもできるので、食べ歩きながら市内を散策するのもおすすめです。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:釜山金井区クムチョン路149番道18(MAP)
アクセス:地下鉄2号線「萇山駅」下車徒歩約3分
営業時間:12:00~22:00(ラストオーダー21:00)
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):-

6. 船舶工場を改造している「e.t.c studio」

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する釜山のおすすめカフェは「e.t.c studio」。市内の港町に位置しており、船舶工場を改造した点が大きな特徴です。

入り口は雑居ビルのような雰囲気でカフェには見えませんが、店内に入るとクリスマスツリーや焙煎機、木のぬくもりが漂うタンスやテーブルなど、おしゃれなインテリアが盛りだくさん。2階にはテーブル席の他、ソファーに腰かけてゆったり飲み物を味わうこともできます。

おすすめのメニューは、アフタヌーンティーセット。カスタードパイやマカロン、イチゴタルト、サンドイッチなど女性に大人気のグルメを堪能できます。船が行き交う港を眺めながら食事をすれば、良い思い出になるでしょう。

▼スポット詳細
住所:釜山広域市影島区大平北路29(MAP)
アクセス:地下鉄「南浦」駅下車徒歩約20分
営業時間:月~金12:00~22:00、土日11:00~21:00
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):https://www.instagram.com/e.c.t_busan/?igshid=5nmw3ahey37a

7. ジャズ好きが集まるカフェ「NEWPORT cafe」

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

カルなイラストが描かれている点が特徴です。

店内にはアメコミ風の絵画が多く飾られジャズが流れるなど、ポップな雰囲気に満ちています。

店内にはコミュニティーボードが設置され、お客さんやアーティストと気軽に交流できる環境も魅力。もともと、ジャズ好きのお客さんとコミュニティを作りたいという店側の思いがあり、音楽イベントのような人との出会いを楽しめる工夫も施されています。

おすすめのメニューはアイスコーヒー。自家製らしい酸味が効いており、音楽に身を任せながら味わえば愉快な気分になれるしょう。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:22, Hwangnyeongsan-ro, Namcheon-dong, Suyeong-gu, Busan(MAP)
アクセス:地下鉄2号線「南川駅」2番出口 徒歩約15分
営業時間:
平日:12:00〜19:00
休日:12:00〜21:00
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):https://www.instagram.com/newport_busan/

8. 旅行者同士で繋がることもできる「Check in Busan」(閉店)

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する釜山のおすすめカフェは「Check in Busan」。「釜山タワー」がある「龍頭山公園」のすぐ近くに位置しています。店内は木目調の開放感あるデザインで、ポストカードが数多く置かれていることから「ポストカードカフェ」と呼ばれることで有名。

旅行者向けの観光アドバイスをもらえたり、旅行者同士でつながりができたりと、ユニークなサービスがあるのもポイントです。メニューも充実しており、サンドウィッチやチョコレートケーキ、マンゴーのスムージーなど多種多様。

中でもおすすめなのが、ハムチーズサンドです。分厚いパン生地に新鮮なトマトとハム、卵が挟まって食べ応えは抜群。「ボリューミーな朝食を堪能したい」「釜山観光の情報を入手したい」という方は、ぜひ寄ってみてください。

▼スポット詳細
住所:14,Gwangbok-ro 97beon-gil,Jung-gu,Busan(MAP)
アクセス:南浦駅から徒歩約3分
営業時間:8:00~18:00(火のみ8:00~14:00)
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):-

9. 様々な味のアイスクリームを楽しめる「DIRORI」(閉店)

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する釜山のおすすめカフェは「DIRORI」。西面にあるジェラート店で、入口にあるアイスクリームのオブジェが大きな特徴です。店内はヨーロッパの風情溢れる雰囲気で、SNSで話題になったこともあるほど有名なお店。

DIRORIならではのフレーバーが多数揃えられており、韓国米のフレーバーや新鮮なフルーツのフレーバー、きな粉やチェリーなど多種多様です。 お店のガラスにイラストされたロゴをバックにジェラートを撮れば、SNS映えすること間違いなし。

お値段は1カップ5,000ウォン(約500円)とお手頃価格です。1つのカップで2つの味を楽しめるので、西面で観光する際にはぜひ立ち寄ってみてください。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:釜山広域市釜山鎮区田浦通り209番地39(MAP)
アクセス:地下鉄1号線「西面」駅下車徒歩約10分
営業時間:12:00~22:00
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):-

10. パンケーキが美味しい「Cafe Origiwon」(閉店)

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

最後に紹介する釜山のおすすめカフェは「Cafe Origiwon」。西面の「田浦カフェ通り」にある人気店の1つで、広々とした空間におしゃれな音楽が流れている点が特徴です。

席数も10席程度と開放感に拘っているのもポイント。店の角には可愛い青色のソファーが置かれ、壁には丸い鏡がかけられており、人気のフォトスポットになっています。

おすすめのメニューはベーコンのパンケーキ。厚みのあるベーコンとしっとりとしたパンケーキの甘さが絶妙で、とろけるような食感を楽しめます。 ドリンクに酸味のあるスパークリングジュースと一緒に味わってみてください。週末は開店とともに満席になる可能性があるので、気になる方は早めに来店しましょう。

▼スポット詳細
住所:Busan, Busanjin-gu, Jeonpo 1(il)-dong, 339-1 2nd floor(MAP)
アクセス:地下鉄1号線「西面」駅下車徒歩約10分
営業時間:11:00~20:00
入場料金:メニュー料金
詳細(公式HP):-

【おまけ】韓国のおすすめ観光スポット5選

1. 釜山のシンボル「釜山タワー(釜山ダイヤモンドタワー)」(釜山市)

釜山 カフェ
Source:PIXTA

最初に紹介する韓国のおすすめ観光スポットは「釜山タワー(釜山ダイヤモンドタワー)」。釜山市内の中央にそびえ立つ、高さ約120mのシンボルタワーです。

展望台直結のエレベーターでは天井に釜山の絶景が映し出され、旅の気分を盛り上げてくれます。展望台は360度ガラス張りで、釜山市街と海を一望できることで人気。晴れた日には甘川洞文化村の色鮮やかな街並みも眺められます。

釜山タワーに行く際には「龍頭山公園」にも立ち寄ってみてください。日本の植民地時代が終わる直前に造られ、独立記念日に鳴り響く「市民の鐘」や韓国の英雄「李舜臣」の銅像など、韓国の歴史を象徴するスポットがたくさんあります。

毎週土曜の夕方には「東莱野遊」や「水営野営」などの伝統舞踊を開催。艶やかな衣装で演舞する姿は一見の価値ありです。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:釜山広域市 中区 龍頭山キル37-55(MAP)
アクセス:地下鉄1号線「南浦駅」から徒歩約3分
営業時間:10:00~22:00(最終受付21:30)
入場料金:大人 /12,000ウォン(約1,200円)
子ども(満2歳~満12歳)・お年寄り(満65歳以上) /9,000ウォン(約900円)
詳細(公式HP):https://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JA_7_1_1.jsp?cid=2003316

夏休み10%OFF|釜山近郊1日ツアー 海東龍宮寺+海雲台ビーチ+釜山タワー+ジャカルチ市場|日本語ガイド・ホテル送迎・昼食付き

釜山 カフェ
    Source:KKday

釜山の有名観光スポットを巡るなら、KKday主催のツアーがおすすめ。観音信仰の聖地で有名な「海東龍宮寺」からスタートし、リゾート地で人気の「海雲台ビーチ」や釜山タワー、韓国有数の水産市場「ジャガルチ市場」など釜山観光で外せない名所を楽しめます。

日本語ガイド付きで料金は1人10,083円とお手頃価格。さらに、夏休み期間は10%割引で参加できます。「初めての釜山だからプロに案内してもらいたい」という方は参加してみてください。

KKdayで今すぐ予約!

2. バラエティ番組を体験してゴッホ等の絵画も楽しめる「ランニングマン体験館+MUSE美術館」(江原道 江陵市)

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する韓国のおすすめ観光スポットは「ランニングマン体験館+MUSE美術館」。ランニングマン体験館は、韓国の人気バラエティ番組「ランニングマン」を再現したアミューズメント施設です。

入場ゲートをくぐるとゲームが始まり、制限時間は60分。射撃や障害物ドライブ、鏡張りの迷宮、ネオンサインが輝く回廊など、刺激溢れるミニゲームを楽しめます。ゲームの攻略に困った際にはスタッフがサポート。全てのミッションをクリアしたら、ゲットしたポイントでお土産と引き換えてもらえます。

MUSE美術館はファン・ゴッホやマティスの絵画を楽しめる美術館で、光と絵のコラボレーションを鑑賞できることで有名。 ランニングマンでアクティビティを満喫するのも、美術館で芸術を楽しむのもおすすめです。

▼スポット詳細
住所:江原道 江陵市 滄海路 307 St. John’s Hotel パイン棟 2階(MAP)
アクセス:江陵駅からタクシーで約13分
営業時間:10:00~18:00(最終入場時刻は17:00)
入場料金:8,500ウォン(約850円)
詳細(公式HP):-

韓国・江陵(カンヌン)|ランニングマン体験館+MUSE美術館(그대, 나의 뮤즈)江陵館チケット | 人気バラエティ番組体験アトラクション&ゴッホからマティスまで鑑賞可

釜山 カフェ
Source:KKday

ランニングマン体験館とMUSE美術館をお得でスムーズに楽しみたいなら、KKdayの事前予約が便利。

ランニングマンの最新アトラクション「エピソード3 ビンゴレース」を体験できるプランや、MUSE美術館のみ入館できるプランなど、楽しみ方に合わせてチケットを選べます。

当日は受付で電子チケットを提示すればスムーズにアトラクションを体験可能。週末はとても混雑するので、ぜひKKdayで事前予約してみてください。

KKdayで今すぐ予約!

3. 韓国の歴史を味わうことができる「韓国全州韓屋村」(全羅北道 全州市)

釜山 カフェ
Source:PIXTA

続いて紹介する韓国のおすすめ観光スポットは「韓国全州韓屋村」。韓国の歴史と文化が色濃く残る「全州」の人気観光スポットです。 伝統家屋の「韓屋」が多数あり、中には1000年以上の歴史を有する住宅もあります。

村全体を一望できる「梧木台」や、果実酒造りを体験できる「全州伝統酒博物館」、時代劇のロケ地で有名な「慶基殿」など見どころが盛りだくさんです。村を歩いているだけで、朝鮮王朝にタイムスリップしたような雰囲気を体験できます。

また、全韓国全州韓屋村ではカラフルな「全州ビビンバ」の他、豆もやしのスープご飯「コンナムルクッパ」など多様なグルメを堪能できます。下記に人気のレストランをリストアップしたので、ぜひ足を運んでみてください。

  • 盛味堂(MAP)
  • 家族会館(MAP)
  • 韓国チッ 全州本店(MAP)
  • ハ・スクヨン カマソッビビンバ(MAP)
▼スポット詳細
住所: 全羅北道 全州市 完山区 麒麟大路 99(MAP)
アクセス:全州駅からタクシーで約25分
営業時間:施設により異なる
入場料金:-
詳細(公式HP):http://hanok.jeonju.go.kr

韓国全州韓屋村|ハンボクナム(Hanboknam):韓服(ハンボッ)体験プラン

釜山 カフェ
Source:KKday

韓国全州韓屋村では韓服レンタル店「ハンボクナム」で伝統の韓服を試着できます。500種類以上の韓服から選べる他、ヘアアクセサリーのレンタルや、ヘアセットもしてくれる点が魅力。

カップルで韓服を着て歴史的建造物をバックに写真を撮影すれば、忘れられない思い出になるでしょう。ハンボクナムの韓服を体験する際には、KKdayの事前予約がおすすめ。現地で電子バウチャーとパスポートの原本を提示すれば、スムーズに試着できます。

KKdayで今すぐ予約!

4. 音楽と楽しむことができる「踊る海の噴水」(全羅南道 木浦市)

釜山 カフェ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する韓国おすすめ観光スポットは「踊る海の噴水」。世界初の巨大浮遊型音楽噴水で知られ、水盤の長さは何と約150mです。 夜の静かな海で光と音、そして水のコラボレーションを見ることができます。年代やシーズンに合わせて音楽を変えてくれるのも人気のポイント。カップルで鑑賞すれば良い韓国デートになるでしょう。

昼はぜひ「木浦海上ケーブルカー」にも乗ってみてください。木浦市内の海や山をいくつも跨ぐケーブルカーで空中からの眺めは絶景。特に日没前にはノスタルジックな夕日を見られることから、恋人とのデートにもぴったり。

昼はケーブルカーで絶景を満喫し、夜にお酒を飲みながら踊る海の噴水を鑑賞して特別な時間を過ごしてみてください。

▼スポット詳細
住所:木浦市美港路 115(MAP)
アクセス:木浦駅からタクシーで約8分
営業時間:20:00から3回ほど実施(1回あたり約20分)
入場料金:-
詳細(公式HP):https://www.mokpo.go.kr/seafountain(韓国語サイト)

5. 韓国有数の景勝地「芙蓉台」(慶尚北道 安東市)

釜山 カフェ
Source:PIXTA

最後に紹介する韓国のおすすめ観光スポットは「芙蓉台」。慶尚北道安東市にある韓国有数の景勝地で、高さは約65mです。 芙蓉台は中国のことわざから由来しており、ハスの花を意味しています。

頂上から見える村と川の風景がハスに似ていることから名づけられました。頂上からの眺めはもちろん、ふもとから見上げるとその雄姿に心を奪われることでしょう。

芙蓉台に行く際には、ぜひ「安東河回村」も巡ってみてください。2010年にユネスコ世界遺産に指定され、当時の支配階級の子孫が住んでいた「河東古宅」や庶民芸能の仮面劇、など安東独特の文化を楽しめます。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:慶尚北道 安東市 豊川面 河回里(MAP)
アクセス:安東駅 タクシーで約25分
営業時間(安東河回村):(4~9月)9:00~18:00(最終受付17:30)(10~3月)9:00~17:00(最終受付16:30)
入場料金:要問合せ
詳細(公式HP):www.hahoe.or.kr/japanese/sub1.asp

【日本語ガイド・ソウル発着】 安東(アンドン)ツアー(完売中)

釜山 カフェ
Source:KKday

芙蓉台と安東河回村を観光する際には、KKday主催の安東ツアーがおすすめ。芙蓉台と安東河回村の他、400年前の文臣「柳雲龍」を称えた「花川書院」も巡ることができます。

当日はソウル市内のホテルまで送迎してもらえるため、移動も楽々。日本語ガイドが案内してくれるため、文化や歴史に関しても気軽に質問できます。

当日は現地で電子バウチャーを提示するだけでスムーズに参加可能。「移動の負担を極力減らしたい」「いろいろ質問して知識を深めたい」という方は、ぜひ参加してみてください!

KKdayで今すぐ予約!

韓国・釜山のカフェ巡りを楽しもう

釜山 カフェ
Source:PIXTA

釜山でおすすめのカフェを紹介しました。韓国は空前のカフェブームで今でも多様なお店が登場しています。ノスタルジックな雰囲気のお店やフォトジェニックなお店、ジャズミュージックを楽しめるカフェなど様々。

メニューも、韓国米を使ったジェラートのような現地でしか味わえないグルメも堪能できます。この記事を参考に、釜山で素敵なカフェ巡りを満喫してみてください。

関連商品
おすすめ記事