大英博物館はイギリスの有名スポットで、世界中から集めてきた歴史的価値のある品を多く展示しています。ミイラ展や北斎のアートなどを楽しめることで、国内外の観光客に人気です。今回は大英博物館の見どころやミイラ展、チケット情報などを徹底解説します。ぜひKKdayの記事を参考にしてみてください!

大英博物館はイギリスの有名スポット

大英博物館
Source:KKday TW

ロンドンにある大英博物館は、世界最大級の最も有名な博物館の1つです。265年の歴史を持ち、所蔵品は800万点を超えますが、あまりに多いため実際に展示されているのはごく一部に過ぎません。

コレクションには自然史の標本や文化的な遺物などが含まれます。かつては書物も展示していたそうですが、現在は大英図書館に移されました。

KKdayで今すぐ予約!
大英博物館
Source:KKday TW

大英博物館の特徴は、誰にでも無料で開かれた博物館であることです。なのでロンドンを旅行しているあいだにふらっと何度でも訪れることができます。

入場料はかかりませんが、入口付近に募金箱が置いてあるので、美術品の保存などの博物館の運営に寄付をすることもできます。

大英博物館への行き方

大英博物館
Source:KKday TW

大英博物館周辺には全部で4つの地下鉄駅があり、いずれも徒歩で10〜15 分ほどで行くことができます。

周辺の駅は下記の通りです。

  • ・ラッセルスクエア
  • ・ホルボーン
  • ・トッテナム・コート・ロード
  • ・グージストリート

メトロの駅の出口にはわかりやすいマークが施されているので、道に迷う心配もありません。

KKdayで今すぐ予約!
大英博物館
Source:KKday TW
大英博物館
Source:KKday TW

大英博物館の見どころを徹底解説!ミイラ展や北斎の作品を楽しもう

大英博物館
Source:KKday TW
大英博物館
Source:KKday TW

大英博物館の館内は、主な地域ごとのエリアに分かれています。

エリアの一覧は下記の通りです。

  • ・アメリカ(北アメリカ・メキシコ)
  • ・古代エジプト
  • ・古代ギリシアと古代ローマ
  • ・アジア(中国・インド・韓国・日本など)
  • ・中東(アッシリア・アラビア・イランなど)
  • ・ヨーロッパ
  • ・アフリカ
  • ・特別展示
  • ・テーマ別展示(啓蒙主義・時計と腕時計・生と死など)

ここからは、大英博物館の中でもおすすめのアート展示を紹介します。

KKdayで今すぐ予約!

1. 大英博物館のおすすめアート「ミイラ」

大英博物館
Source:KKday TW

最初に紹介する大英博物館のおすすめアートは「ミイラ」です。エジプトパビリオンには3,000年も続いた古代エジプト文明の彫刻や遺物が展示されています。

その中でも人気を集めるのが、精巧な装飾が施された石の棺やミイラです。数こそ多くはありませんが、発掘されたままの姿で保存されており、当時の空気を今に伝えています。

長い歴史のなかで、これらの展示品は略奪や取引といった方法でイギリスに持ち込まれたそうです。

2. 大英博物館のおすすめアート「ロゼッタストーン」

大英博物館
Source:KKday TW

​​次に紹介する大英博物館のおすすめアートは「ロゼッタストーン」です。こちらは大英博物館の目玉とも言える展示品で、紀元前196年から存在している石板です。

石板には古代エジプトの神聖文字(ヒエログリフ)と民衆文字(デモティック)、そしてギリシア文字の3種類の言語で文字が彫られています。

考古学者による研究が進められ、何千年もの間失われていたヒエログリフの構造を解釈することを可能にしたため、古代エジプト研究における重要なマイルストーンと見なされています。

KKdayで今すぐ予約!

3. 大英博物館のおすすめアート「イースター島のモアイ像」

大英博物館
Source:KKday TW

次に紹介する大英博物館のおすすめアートは「モアイ像」です。神秘的な雰囲気とその巨体が、博物館でも特に人目を引きます。

大航海時代のさなか、ヨーロッパ諸国の博物館には数多くの石像が戦利品として持ち込まれましたが、そのなかでも「傑作」とも評されているのが、この「ホア・ハカナナイア(奪われた友人)」です。

4. 大英博物館のおすすめアート「グレートコート」

大英博物館
Source:KKday TW

次に紹介する大英博物館のおすすめアートは「グレートコート」です。

大英博物館に足を踏み入れると、ヨーロッパでも最大のテラス広場である「グレートコート」に出ます。広場の屋根は3312枚の三角ガラスで構成されており、中央にある建物は図書館の閲覧室になっています。

KKdayで今すぐ予約!
大英博物館
Source:KKday TW
大英博物館
Source:KKday TW

美しい現代建築を鑑賞するだけでなく、広場にはフードコートやコーヒーショップも備わっています。展示を見るのに疲れたらここで一休みしてもいいでしょう。

また正面玄関と北側エントランスにはロッカールームもあるので、荷物を置いて身軽にしてから展示を楽しみたい方は、ぜひそちらを活用してみてください。

5. 大英博物館のおすすめアート「アメンホテプ3世の首像」

大英博物館
Source:KKday TW

次に紹介する大英博物館のおすすめアートは「アメンホテプ3世の首像」です。

「華麗なるアメンホテプ」として知られるアメンホテプ3世は、古代エジプトの第18王朝9番目のファラオです。彼が治めていた時期に、エジプトはまたとないほどの繁栄の時代を迎え、芸術と国際政治の頂点を極めました。

大英博物館に所蔵されている古代エジプトの所蔵品のほとんどがこの時代に作り出されたものです。

KKdayで今すぐ予約!

6. 大英博物館のおすすめアート「ラムセス2世の胸像」

大英博物館
Source:KKday TW

次に紹介する大英博物館のおすすめアートは「ラムセス2世の胸像」です。

ラムセス2世とは、古代エジプトの第19王朝のファラオです。彼が権力を握っていた67年の間はエジプト王国の最後の繁栄の時代でした。多くの寺院が建設された時期でもあり、なかでも世界遺産が設立されるきっかけとなったアブ・シンベル神殿が有名です。

ラムセス2世は91歳で亡くなりましたが、その年齢からでも当時の医術がどれほど発達していたのかを窺い知ることができるでしょう。

7. 大英博物館のおすすめアート「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

大英博物館
Source:KKday TW

次に紹介する大英博物館のおすすめアートは「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」です。こちらは言わずと知れた葛飾北斎の浮世絵で、現地では『The Big Waves』の名で有名です。

大英博物館のみならず海外では、北斎の絵が非常に高く評価されています。こちらには外科医のウィリアム・アンダーソンや小説家のアーサー・モリソンらのコレクターが集めてきた北斎の作品が並んでいます。

海外で日本の作品を見るのは少し不思議な気がしますが、異国にいることで新鮮に鑑賞することができるのでぜひ見に行ってみてください。

KKdayで今すぐ予約!

8. 大英博物館のおすすめアート「ギリシャ・パビリオン」

大英博物館
Source:KKday TW

次に紹介する大英博物館のおすすめアートは「ギリシャ・パビリオン」です。

大英博物館を訪れたら絶対に外せないエリアなのが、古代ギリシャのパビリオンです。エジプトエリアと同様に、こちらには世界の他の博物館に類を見ないほど豊富な展示品が飾られています。

大英博物館でどのエリアを見るか決まっていない方は、ぜひこちらを訪れてみてください。

9. 大英博物館のおすすめアート「エルギン・マーブル」

大英博物館
Source:KKday TW

最後に紹介する大英博物館のおすすめアートは「エルギン・マーブル」です。

こちらは古代ギリシャの彫刻家ペイディアスとその助手によって制作された大理石の彫刻群で、元々はギリシャのパルテノン神殿に置かれていましたが、2009年に英国政府に売却されたことで現在は大英博物館の所蔵になっています。

独立後ギリシャ政府はエルギン・マーブルを返還するようにと求めていますが、いまだに交渉は成立していないそうです。

KKdayで今すぐ予約!

大英博物館で買うべきおすすめのお土産3選

大英博物館
Source:KKday TW

2、3のエリアを巡るだけでも3時間かかるくらいの所蔵品を誇る大英博物館ですから、訪れる前にどのエリアを見るのかを決めておくことをおすすめします。

また展示品の鑑賞に疲れてきたら、すぐそばのミュージアムショップに立ち寄ってもいいかもしれません。

展示品をモチーフにしたマグやタンブラーなどさまざまな商品があるので、デザインと実用性を兼ね備えたお土産を購入することができます。

ここからは、大英博物館のお土産ショップのおすすめ商品を紹介します。

1. ロゼッタストーンモチーフのお土産

大英博物館
Source:KKday TW
大英博物館
Source:KKday TW

まず紹介する大英博物館で買うべきおすすめのお土産は「ロゼッタストーンモチーフのお土産」です。

大英博物館の目玉とも言えるロゼッタストーンがモチーフの商品は非常にたくさんあります。石板の表面がプリントされたマグカップ、カフリンクス、チョコレート、時計やTシャツまで品揃えはばっちり。

大英博物館を象徴的する展示品ですので、ここに来た証として自分用に1つ選んでみてはいかがでしょうか。

KKdayで今すぐ予約!

2. ルイス島のチェス駒

大英博物館
Source:KKday TW

次に紹介する大英博物館で買うべきおすすめのお土産は「ルイス島のチェス駒」です。

こちらは、12世紀にスコットランドの島々で発掘された、象牙と鯨の牙で作られたチェスの駒のセットです。ショップにあるのは象牙や鯨の牙ではありませんが、精巧な彫刻はそのままなので、お好きな方はぜひ選んでみてください。

3. 英国風デザインのお土産

大英博物館
Source:KKday TW

最後に紹介する大英博物館で買うべきおすすめのお土産は「英国風デザインのお土産」です。

展示品だけでなく、ロンドンらしいお土産も豊富です。ロンドンの電話ボックスをかたどった紅茶の缶やキーホルダー、マグカップなどまさに英国らしい品揃えです。

おすすめは「ロンドンクッション」。麻のクッションカバーに、ロンドンの街中にある風景が丁寧に刺繍されたかわいらしい一品です。

お土産もいっぱいあるので、展示品と同じように全部見て回るだけでも時間がかかってしまうかもしれませんね。先ほどお伝えしたように入館料は無料なので、時間をかけてじっくりと選んでみてください。

KKdayで今すぐ予約!

大英博物館はイギリスに行ったら外せないスポット

大英博物館
Source:PIXTA

今回は英博物館の基本情報、アクセス、料金、必見のアートコレクションやお土産を紹介しました。アクセスが簡単で入場料が無料なので、ロンドンに滞在している間に気軽に訪れることができます。また展示品もお土産も非常に豊富なので、何日かに分けて楽しんでもいいかもしれませんね。KKdayの記事を参考にして、大英博物館を堪能してみてください。

KKdayで今すぐ予約!
関連商品
おすすめ記事