シンガポールの2大植物園の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と「ボタニック・ガーデン」の魅力、営業時間・入園料金・アクセス情報を紹介しています。シンガポール旅行の際に立ち寄りたい有名な植物園をまとめました。シンガポールの2大植物園について知りたい方は、チェックしてください。

目次

シンガポールの植物園について

シンガポールには「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と「シンガポール植物園」の有名な2つの植物園がある

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Source:KKday

シンガポールの人気観光地「植物園」。南国らしい雰囲気と珍しい植物が咲き誇り、子どもから大人まで幅広い層が楽しめるスポットです。

シンガポールの植物園といえば、2012年にできたばかりの近代的な植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と世界遺産に登録されている「シンガポール植物園」の有名な2つの植物園。 それぞれ違った魅力があるので、その違いを感じに訪れるのもおすすめです。

ここからは、シンガポールの2大植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と「シンガポール植物園」の違いやそれぞれの魅力を紹介します。

KKdayで今すぐ予約!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとは

大迫力の巨大人口ツリーがある近未来型の植物園

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Source:KKday

シンガポールの有名ホテル「マリーナベイサンズホテル」の目の前に位置する「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。近未来をイメージした高さ25m~50mもの巨大人工ツリーが聳え立ち、まるで異世界へと迷い込んだかのような気分が味わえるスポットです。

敷地面積は101ヘクタールという、中心地にあるとは思えない広さを誇り、「ベイ・サウス・ガーデン」「ベイ・イースト・ガーデン」「ベイ・センター・ガーデン」の3つの庭園があります。

また世界最大規模のガラス製温室は、世界ギネス記録にも認定。世界から注目される近代的でデザイン性の高い植物園です。

KKdayで今すぐ予約!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの魅力3選

1. 近未来を感じさせる18本の巨大人口ツリーがあるエリア「スーパーツリーグローブ」

シンガポール 植物園5
Source:KKday
※画像はイメージです。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」 の魅力はなんと言っても18本の巨大人工ツリー「スーパーツリーグローブ」でしょう。

この巨大人工ツリーは、太陽光発電を行っており、庭園内の温室に電力を供給したり、自ら発電した電気を使って夜間のライトアップをしたりしているそうです。ほかにも雨水を集め、温室の換気口としての役割も担っていたりと、見た目と機能性が備わったツリーといえます。

ライトアップしたスーパーツリーグローブは、より近未来的で幻想的な雰囲気を演出してくれます。現地の方々の間でも人気のデートスポットで、ロマンチックな雰囲気が楽しめるのもポイントです。

2. 少しひんやりとして過ごしやすい大迫力の人口滝のあるエリア「クラウドフォレスト」

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Source:KKday
※画像はイメージです。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」には、2つのドーム型植物園があります。その一つが高さ35mの人工山から豪快に流れ落ちる滝が目印の「クラウドフォレスト」です。

滝は間近で見ると圧巻の迫力で、下から水音や落差を感じる見方と、上から見下ろすように見る見方の2方向から眺めることができます。

「クラウドフォレスト」は、世界各国から、約1900種・約5万株もの植物たちが集められ、熱帯山地特有の雲霧林を屋内に再現した植物園です。

さらに滝が流れ落ちる山には、「クラウド・ウォーク&ツリートップ・ウォーク」という空中散歩体験が可能。高い位置から植物を眺めたり、異空間を味わったりと、さまざまな楽しみ方ができるのも魅力です。

KKdayで今すぐ予約!

3. 世界各地の珍しい植物を見られるエリア「フラワー・ドーム」

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Source:KKday
※画像はイメージです。

もう一つのドーム型植物園が9つのゾーンに分かれ、テーマごとに植物が楽しめる「フラワードーム」です。空間に植えられた植物の数は、なんと約780種・28,000株。23~25度に保たれているので、シンガポールの避暑地としても知られています。

フラワードームは、どこを切り取ってもフォトジェニックでSNS映えする植物園。東南アジアではなかなか見られない巨大サボテンや、バオバブの木など、亜熱帯な雰囲気が味わえます。 どの植物も、日本では見ることのできない種類ばかりで、スケールの違いを感じられるのも魅力の一つです。

また風車や運河、茅葺き屋根の家といったオランダ風のエリアや、期間限定のコラボオブジェなど、子どもも楽しめる空間づくりが行われているので、ファミリーで訪れるのにぴったりのスポットといえるでしょう。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの営業時間・入園料金・アクセス情報

営業時間は5:00〜2:00

※画像はイメージです。
Source:KKday

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの営業時間は、朝の5:00〜深夜2:00までと、非常に長いため、朝の散歩に出かけたり夕食後の食休みとして訪れたりと、好きなタイミングで訪れることができます。

運行する園内シャトルバスは、9:00〜21:00なので、シャトルバスの時間外で園内を行き来する場合は、注意が必要です。

KKdayで今すぐ予約!

入園料金は無料(※一部の施設は有料)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Source:KKday

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、クラウドフォレストやフラワードームなど、一部の施設を除いて、入園料金は無料。そのため、観光中の隙間時間を利用して自由に訪れることができます。

有料ゾーンとなるクラウドフォレストやフラワードームは、基本的に再入場が可能なので、自由に出入りして有料ゾーンと無料ゾーンの両方を楽しむと良いでしょう。

アクセス方法はMRT「ベイ・フロント駅」から徒歩約10分

pixta 37151685 M
Source:PIXTA

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの最寄駅は、MRT「ベイ・フロント駅」。徒歩10分の距離なので、アクセスは良好です。

また、マリーナ・ベイ・サンズからのアクセスも可能。通路を通ってそのままガーデンズ・バイ・ザ・ベイまでアクセスできるので、マリーナ・ベイ・サンズに宿泊する方やショッピングに訪れた方は、こちらからアクセスするのもおすすめです。

KKdayで今すぐ予約!

シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)とは

約150年もの歴史を持つ世界遺産に登録されたシンガポールを誇る植物園

pixta 57669856 M
Source:PIXTA

「シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)」は、約150年もの歴史を持つ植物園。世界遺産にも登録されて、敷地面積は約63.7ヘクタールを誇ります。

シンガポール植物園のはじまりは、農業園芸協会によって、イギリス人の植民地時代である1859年に開園。 はじめは南アジアにおける植物研究所として使われており、研究が進むにつれ、敷地面積が広がったと言われています。

広い敷地を有しているため、全て見て回るには半日を有し、日本人にとって珍しい植物がたくさん観ることができるのもポイント。ピクニックができる植物園なので、好きなものをテイクアウトして訪れるのもおすすめです。

シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)の魅力3選

1. 世界最大級!約6万本の洋ランを見られる「ナショナル・オーキッド・ガーデン」

pixta 77801407 M
Source:PIXTA

ナショナルオーキッドガーデンは、約1000の原種、約2000の交配種の洋ランが植えられたエリア。ガーデン内のいたるところに、南国らしい色鮮やかな蘭が咲き誇ります。

噴水やアーチ型のフラワートンネル、小道には数々の美しい蘭が植えられており、花の楽園とも言える空間が広がっているため贅沢な気分が味わえるスポットです。

またこのエリアは、シンガポール植物園内で唯一の有料ゾーン。オーキッドガーデンの奥には、VIPエリアもあり、ナショナルオーキッドガーデンを訪れた世界中のVIPたちの名前が付いた蘭を展示できます。

日本を代表する皇太子徳仁親王妃雅子様の蘭も咲いており、優雅な空間が味わえるスポットです。

KKdayで今すぐ予約!

2. 日本では滅ったに見られない珍しい生姜の花を見られる「ジンジャー・ガーデン」

pixta 77802169 M
Source:PIXTA

シンガポール植物園には、その名の通りショウガの花を栽培している「ジンジャー・ガーデン」があります。このエリアは、約250種類もの「ショウガ目 (もく) 」の植物が植えられており、ジャングルのような作りになったスポットです。

中南米などの熱帯地方に分布するもので、花の形も色もさまざまなので、一見ショウガとは思えない花々が楽しめます。

広さは約1ヘクタール程度ですが、見応えは抜群。種類によっては、午前中が見頃の花もあり、時間帯によっても咲き方が異なります。ショウガとは思えない美しい花々が広がっているので、こちらもチェックしておきたいエリアの1つです。

3. 結婚式の写真スポットとして人気!神秘的な自然の中に佇む「バンド・スタンド(ガゼボ)」

ボタニック・ガーデン
Source:PIXTA

シンガポール植物園の敷地内に佇む「バンド・スタンド(ガゼボ)」。元は、バンドが演奏するステージとして使われていたそうですが、現在ではウェディングフォトスポットとして人気を集めています。

「バンド・スタンド(ガゼボ)」を中心に、緑が生い茂る空間には、建物を囲むようにサマネ・サマン(雨降りの木)が広がります。丁寧に剪定された木々からの木漏れ日と、白い「バンド・スタンド(ガゼボ)」のコントラストが美しく、ドレスが映えそうなスポットです。

誰でも自由に訪れることができるので、デートスポットとしてもおすすめ。シンガポール植物園の象徴的なランドマークです。

KKdayで今すぐ予約!

シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)の営業時間・入園料金・アクセス情報

営業時間は5:00〜0:00

ボタニック・ガーデン
Source:PIXTA

シンガポール植物園の営業時間は、朝の5:00〜深夜0:00。日付が変わる頃に閉園します。敷地内には、カフェ&レストランや、ガーデンズ・ショップなど、植物違いの施設も充実しているので、ゆっくり回りながら植物鑑賞が可能。 中心から離れて、自然に触れたい時に訪れたくなる、シンガポールを代表する歴史的な植物園です。

入園料金は無料

pixta 78315461 M
Source:PIXTA

シンガポール植物園は前述したとおり、「ナショナルオーキッドガーデン」のみ入場料がかかるものの、基本的に無料で入場ができます。広い敷地で、無料エリアだけでも十分楽しめ、「スワン・レイク」や「ラーニング・フォレスト」など、他にも見逃せないエリアが満載です。緑いっぱいの空間で、森林浴を楽しみたい方にぴったりのスポットと言えるでしょう。

アクセス方法はMRT「ボタニック・ガーデン駅」から徒歩約1分

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Source:PIXTA

シンガポール植物園へのアクセス方法は、「ボタニック・ガーデン駅」から徒歩約1分。中心地となる、マリーナベイ・サンズエリアからは、ダウンタウンラインで1本でアクセスできます。乗車時間も約15分程度なので、半日で楽しむことが可能です。電車の他にバスでもアクセスできるので、さまざまな方法で訪れられます。

シンガポールの植物園を楽しもう

pixta 84256441 M
Source:PIXTA

シンガポールの植物園は、どちらも見どころが満載で、広い敷地を有していることから一日中楽しむことができます。また営業時間も長いので、予定に合わせて訪れられるのも魅力の一つです。近未来的でこれからのシンガポールをイメージさせる「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、そして150年というシンガポールの長い歴史が詰まった「シンガポール植物園」と、どちらにも異なる魅力があるので、シンガポールを訪れた際にはぜひ足を運んでみてください。

KKdayで今すぐ予約!
関連商品
おすすめ記事