今回は、アトラクション感覚で楽しめる室外プールや、日焼けや熱中症の心配が軽減される室内プール、ゆったり大人の時間を堪能できるナイトプールまで、関東にあるおすすめのプールを紹介します。紹介する関東のプールのアクセスや入場料金など詳細もぜひ参考にしてみてください。

1. 子供から大人まで楽しめるアトラクションが充実「東京サマーランド」

東京サマーランド プール
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

最初に紹介する関東でおすすめのプールは、「東京サマーランド」です。室内プールと室外プールがある大型のプール施設です。 波のないスタンダードなプール方スライダー、ボートに乗ってコースを滑走するスリル満点なアトラクションタイプのプールなど大人も堪能できます。

また、深さ約30cmのプールやアスレチック感覚のプールなど子供や家族も遊び尽くせるエリアが多数あります。雨の日や日差しが気になる日には、室内プールもおすすめです。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:東京都あきる野市上代継 600(MAP)
アクセス:JR八王子駅 路線バスで約30分、京王八王子駅 路線バスで約35分
JR秋川駅 路線バスで約20分、タクシー5分
営業時間:時期により異なる
入場料金:2,000円〜5,200円(時期により異なる)
詳細(公式HP):https://www.summerland.co.jp/

2. 子供エリアや親子スライダー「東武動物公園 東武スーパープール」

pixta 58514668 M
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは東武動物公園 東武スーパープール」。流れるプールやスライダー、5分ごとに500Lの水が頭上に降り注ぐバケツスプラッシュや回転式滑り台など楽しい遊具が用意してあります。 親子で滑れるチューブスライダーや、キッズエリアでは滑り台と噴水遊具で自由に遊びを創出できます。

また、ラーメンやカレー、焼きそば、チュロス、ソフトクリーム、かき氷などといったフードも多数用意してあるので1日いられるプール施設です。

▼スポット詳細
住所:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110(MAP)
アクセス:東部動物公園駅 徒歩約10分、路線バス 約5分
営業時間:時期により異なる
入場料金:小人 800円/中人 1,500円/大人 1,800円/シニア 1,100円
詳細(公式HP):https://www.tobuzoo.com/pool/

3. 急上昇&急降下のスリル満点スライダー「蓮沼ウォーターガーデン」

pixta 84086290 M
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは「蓮沼ウォーターガーデン」。大きなゴムボートに乗って地上約20mから最大傾斜角90度で地上高20mの絶壁へ急上昇&急降下する「スプラッシュシェイカー」や、マットを利用し頭から滑るタイプのスライダーなどバラエティに富んだ遊びが盛りだくさんです。 日本初上陸のスライダー「トルネードツイスト」「サンダースライダー」も人気。

2歳のお子様から楽しめる新施設「トドラーキッズスペース」や、水上アスレチック、チビッコスライダーもあります。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:千葉県山武市蓮沼ホ368-1(MAP)
アクセス:横芝駅 タクシー約20分/松尾駅 シャトルバス約20分
成東駅 直行バス約30分/千葉駅 バス約1時間
営業時間:時期により異なる
入場料金:幼児 200円/小学生 400円/中学生 450円/高校生 1,100円/大人 1,900円
(アトラクションはそれぞれ回数券で購入が必要)
詳細(公式HP):http://watergarden.hasunuma.co.jp/index.html

4. 屋内のアミューズメントプール「深谷グリーンパーク アクアパラダイス パティオ」

深谷グリーンパーク アクアパラダイス パティオ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは深谷グリーンパーク アクアパラダイス パティオ」。天気を気にせずプールを満喫できる室内施設です。 プールの水温も30℃前後に設定しており寒い日にも暖かく楽しめます。南欧、地中海沿岸をイメージした屋内レジャープールで日本に居ながらにして南欧リゾート気分を満喫できます。

プールはドーム構造になっていて、波のプールや流れるプール、古城をすり抜ける2本のスライダーや、イルカの滑り台付きの子ども用プールなどが揃っています。さらに、ウェット&ドライサウナにジャグジーもあるので、疲れたらまったり休憩できます。

▼スポット詳細
住所:埼玉県深谷市樫合763 深谷グリーンパーク(MAP)
アクセス:深谷駅から無料シャトルバス
営業時間:10:00〜21:00
(夏期7月20日〜8月31日の営業開始は9時から)
入場料金:小中学生 1,000円/一般 2,000円
詳細(公式HP):https://patio.or.jp/

5. 総面積は県内最大!8つのプールがある「井頭公園一万人プール」

井頭公園一万人プール
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは「井頭公園一万人プール」。総面積は68,000平方メートル、1周400mの流れるプールや200m&150mの2本立てのウォータースライダー、子供も楽しめる波のプール、じゃぶじゃぶ池など7つのプールがあります。

また、テラス「レストラン陽だまり亭」ではランチセットなどの食事系から、ケーキ、コーヒー、ソフトクリームなどの軽食系まで多数のメニューが揃っています。

▼スポット詳細
住所:栃木県真岡市下籠谷99番地(MAP)
アクセス:大内西小前下車 徒歩約30分
(2022年は直通のバス運行はありません)
営業時間:9:00〜17:00
2022年7月15日(金)~8月31日(水)まで
入場料金:時期により異なる
詳細(公式HP):https://www.park-tochigi.com/pool/

6. 大自然の景観を満喫する室内&野外プール「木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月」

木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは「木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月」。温泉の施設の1つであるプールです。室内温水プールや、東京湾を一望できる室外プール、潮風にヤシの木がそよぐオーシャンリゾートプール、2014年にオープンしたガーデンプールの4つのプールが揃っています。

温泉に宿泊しなくても日帰りでプールが楽しめるため、プールのみの利用も可能です。泳げて、遊べて、リラックスできる4つのプールでは子供から大人、シニアの方にも人気が高いです。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:千葉県木更津市北浜町1番地(MAP)
アクセス:木更津駅 無料シャトルバス約15分
営業時間:平日 10:00〜19:00/土日祝 10:00〜23:00
入場料金:4歳〜小学6年生 平日 1,300円/土日祝 1,800円
中学生以上〜大人 平日 2,000円/土日祝 2,600円
詳細(公式HP):http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/life/index.php

7. 太平洋を真横に眺めるプール&ガーデン「南房総白浜温泉 白浜オーシャンリゾート」

pixta 86580169 M
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは「南房総白浜温泉 白浜オーシャンリゾート」。ホテル白浜オーシャンリゾートの施設の1つであるプールです。 25メートルのプールや、深さ50cmほどのキッズプールもあり、太平洋を真横に眺められる非日常空間。

宿泊者だけでなく、入場料を払えばプールのみの利用も可能です。

▼スポット詳細
住所:千葉県南房総市白浜町白浜2784(MAP)
アクセス:館山駅 無料バス約25分
営業時間:9:00〜17:00
入場料金:2歳以下 無料/3〜12歳 500円/中学生以上 1,000円
宿泊者は入場無料
詳細(公式HP):https://shirahama-ocean-resort.com/garden_pool/index.html

8. 日本庭園の深い緑に包まれた極上プール「ホテルニューオータニ GARDEN POOL」

ホテルニューオータニ GARDEN POOL
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは「ホテルニューオータニ GARDEN POOL」。ホテルニューオータニの施設の1つであるプールです。開放的で都会の喧騒を忘れさせてくれるプールでは、ハンバーガーやポテトなどのフードからカクテルドリンクも用意されています。

追加料金を払えば、シャンパーニュを含むドリンクのフリーやバスローブ・バスタオルレンタルが特典で揃えてるプランもあります。「大人が楽しむプール」におすすめのプールです。

▼スポット詳細
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1(MAP)
アクセス:赤坂見附駅 徒歩約3分/永田町駅 徒歩約3分/四ツ谷駅 徒歩約8分
営業時間:10:00〜12:30/13:30〜16:00
入場料金:子供 3,000円/大人10,000円
詳細(公式HP):https://www.newotani.co.jp/tokyo/gw/pool/

9. 写真映えするグルメやドリンクを用意「品川プリンスホテル アウトドアプール」

pixta 71397484 M
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する関東でおすすめのプールは「品川プリンスホテル アウトドアプール」。品川プリンスホテルの施設の1つであるプールです。2022年のナイトプールでは、ピンクメインのライトアップで80〜90年代のアメリカをイメージした音楽で「エモさ」をテーマにしています。

また、ナイトプール限定のフルーツサンドやドリンク、アルコールでは可愛らしい写真映えが期待できる品揃えです。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:東京都港区高輪4-10-30(MAP)
アクセス:品川駅より徒歩約2分
営業時間:9:00〜21:00
入場料金:プランにより異なる
詳細(公式HP):https://www.princehotels.co.jp/shinagawa/pool/outdoor/

10. 屋内&ガーデン&ナイトプール「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」

pixta 87542896 M
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

最後に紹介する関東でおすすめのプールは、「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」です。リゾート感覚で楽しむことができる「ガーデンプール」と、幻想的なライトアップと音楽で非日常感のある「ナイトプール」があります。

また、2022年8月31日までホテル館内がハワイ一色に染まるハワイアンフェアを開催しています。ハワイアングルメやトロピカルフルーツを使った色鮮やかなカクテル、写真映えできるリゾート感溢れるフォトスポットなど、ハワイ気分を存分に満喫できる企画が満載です。

▼スポット詳細
住所:千葉県浦安市舞浜1-9(MAP)
アクセス:東京駅からJR舞浜駅まで約20分、新木場駅からJR舞浜駅まで10分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):https://www.marriott.co.jp/hotels/hotel-information/fitness-spa-services/tyosi-sheraton-grande-tokyo-bay-hotel/

関東のプールで夏を満喫しましょう!

関東 プール
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

今回は、関東にあるおすすめのプールを紹介しました。紹介したように最近では泳ぐ目的だけでなくスライダーやバイキングといった迫力満点のプールや、キッズエリアがある家族に人気のプール、食事やドリンクも味わいながら長時間滞在できるプールなど特徴は様々です。今回紹介した関東のプールにぜひ足を運んでみてください!

KKdayで今すぐ予約!
関連商品
おすすめ記事