日本の伝統や伝説とアクアリウムを掛け合わせたアート施設「UWS AQUARIUM GA☆KYO」が2022年7月13日(水)にオープンしました。UWS AQUARIUM GA☆KYOの基本情報をはじめ、開催場所、営業時間、チケット料金情報、魅力を紹介しています。東京の新感覚アクアリウムへ行きたい方は、チェックしてみてください。

UWS AQUARIUM GA☆KYOとは

日本の伝統や伝説とアクアリウムを融合させた新感覚のアート施設

UWS AQUARIUM GA☆KYO とは
Source:KKday

「UWS AQUARIUM GA☆KYO」は、日本の伝統や伝説とアクアリウムを融合させた新感覚のアート施設です。

竜宮城や万華鏡、花魁道中といった、日本の伝統や伝説をテーマとしており、日本の「雅(みやび)」をアクアリウムで表現しています。特徴の異なる5つのエリアに分かれており、創造された豪快かつ繊細な日本の「美」と、自然から生まれた水中で生きる「美」の2つの「美」を五感で体感できるのが魅力です。

また施設内にある水槽すべてを購入でき、日本国内のみならず世界各国へ向けて施設の空間や体験そのものを販売しているのも特徴!水槽の値段は約100万円~3,800万円で購入でき、購入者の自宅やオフィスへ伺い

UWS AQUARIUM GA☆KYOの場所・オープン日・営業時間・チケット料金

開催場所はアクアシティお台場

UWS AQUARIUM GA☆KYO アクアシティお台場
Source:PIXTA

UWS AQUARIUM GA☆KYOは、東京都港区台場にある大型複合ショッピングセンター「アクアシティお台場」にオープンします。

アクアシティお台場は、ファッション、生活雑貨、フードコート、インテリア、アクセサリー、ホビーグッズなどの幅広いジャンルのお店が100店舗以上集結している大型ショッピング施設。1〜7階まであり、屋上にはパワースポットとして名高い「アクアシティお台場神社」があることでも有名です。

また、近くには屋内遊園地「ジョイポリス」もあるため、友達や家族、カップルはもちろん、子供連れでも1日中遊び尽くせるでしょう。

オープン日は2022年7月13日(水)

UWS AQUARIUM GA☆KYO オープン日
Source:PIXTA

UWS AQUARIUM GA☆KYOは「2022年7月13日(水)」にオープンしました。

夏シーズンにオープンしたため、夏休みやお盆休みに行く方も多くいるかと思います。営業時間は11:00〜21:00とお昼前から夜遅くまで営業しているため、お仕事や学校がある方も比較的立ち寄りやすいのが特徴です。

アクアシティお台場営業時間に準ずるため、営業時間が異なる場合があります。そのため、アクアシティお台場の公式Twitterや公式HPで営業時間を確認してから行くのがおすすめです。

チケット料金は大人1,200円/小人600円

UWS AQUARIUM GA☆KYO チケット料金
Source:PIXTA

UWS AQUARIUM GA☆KYOのチケット料金は「大人(中学生以上)1,200円/小人(小学生)600円」です。

小学生未満は入場料無料のため、子供連れでのおでかけにもぴったり!普段は見ることのできない約100万〜3,800万円相当のアクアリウムを比較的リーズナブルな価格で見ることができるので、この機会にぜひ参加してみてください。

UWS AQUARIUM GA☆KYOの概要まとめ

施設名

UWS AQUARIUM GA☆KYO

開催場所

アクアシティお台場

東京都港区台場1−7−1アクアシティお台場 3F

オープン日

2022年7月13日(水)〜

営業時間

11:00〜21:00

(※アクアシティお台場の営業時間に準ずるため、営業時間が異なる場合があります。)

チケット料金

大人1,200円(中学生)/小人600円(小学生)

※小学生未満は無料

UWS AQUARIUM GA☆KYOの5つのエリアの特徴・魅力

エリア1:侘寂WABISABI

UWS AQUARIUM GA☆KYO 魅力 侘寂
Source:KKday
※画像はイメージです。

エリア「侘寂 WABISABI」では、日本人の和ごころを繊細な流木・盆栽・水晶で表現し、水の音・若草の香り・力強い流木の息吹の中を優雅に泳ぐ錦鯉を見ることができます。まるで水彩画を見ているかのような気持ちにさせてくれるのが魅力です。

エリア2:花魁 OIRAN

UWS AQUARIUM GA☆KYO 魅力 花魁
Source:KKday

エリア「花魁 OIRAN」では、金魚を花魁に見立て美しく魅惑的な花魁道中をひらりひらりと泳ぐ美しい金魚を見ることができます。日本の伝統文化はもちろん、ネオジャパネスクの空間に仕上がっているため、新しい日本の雰囲気を感じられるのが魅力です。

エリア3:万華鏡 MANGEKYO

UWS AQUARIUM GA☆KYO 魅力 万華鏡
Source:KKday

エリア「万華鏡 MANGEKYO」では、色とりどりの観賞魚をメインに、日本の鏡玉集団である「ミラーボーラーズ」と多種多様なビジュアルディレクションを繰り広げる「苦虫ツヨシ」の絵画がコラボレーションした異空間を堪能することができます。光の反射を利用し七変化する万華鏡を体全身で体験できるのが魅力です。

エリア4:遊楽 YURAKU

UWS AQUARIUM GA☆KYO 魅力 遊楽
Source:KKday

エリア「遊楽 YURAKU」では、日本の四季をイメージした空間と、現代の技術を駆使した新感覚の金魚すくい、おみくじを体験できます。日本の伝統的な遊びに触れられるのが魅力です。

エリア5:龍宮 RYUGU

UWS AQUARIUM GA☆KYO 魅力 龍宮
Source:KKday

エリア「龍宮 RYUGU」では、30年間アクアリウムクリエイターとして活躍する「GA☆KYO」の奇抜なアイデアが存分に施された、アクアリウム・テラリウム・流木アート・水槽アートの渾身の作品を見ることが可能。UWS AQUARIUM GA☆KYOのメインエリアであり、東京お台場の海の中にある龍宮城をイメージした空間が広がります。

新感覚のアート施設「UWS AQUARIUM GA☆KYO」で日本の伝統や伝説を堪能しよう

UWS AQUARIUM GA☆KYO まとめ
Source:KKday

「UWS AQUARIUM GA☆KYO」の基本情報をはじめ、開催場所、営業時間、チケット料金情報、魅力をご紹介しました。特徴の異なる5つのエリアに分かれており、日本の伝統や伝説を思う存分に堪能できます。行って観るだけでなく気に入った水槽を丸ごと購入することもできるためまさに新感覚!気になる方は、ぜひこの機会に足を運んでみてください。