タイ料理のおすすめの人気グルメ・食べ物を、サラダ・スープ・肉料理・米料理・シーフード・麺料理・スイーツに分けて16選紹介しています。タイ旅行を計画している方でどの料理を食べるか迷っている方や、おすすめのタイ料理を知りたい方はぜひチェックしてください。

タイ料理といえば?おすすめの人気グルメ・食べ物16選

タイのサラダ料理3選

1. 甘さ・辛さ・酸っぱさ・しょっぱさが調和するタイのサラダ料理!色々な味が楽しめる「ソムタム」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

最初に紹介するタイのサラダ料理は「ソムタム」。青い食用パパイヤを使用しており、タイ料理の基本4大要素である甘さ、辛さ、酸っぱさ、しょっぱさが調和している料理です。

タイ料理の定番ともいえる調味料、ナンプラーで味付けされており、タイを代表するサラダ料理といわれています。

パパイヤの代わりにニンジンやマンゴー、きゅうりで作られることもあるため、色々な味を楽しめることが特徴です。

2. タイを代表する春雨サラダ!甘酸っぱさがやみつきになる「ヤムウンセン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのサラダ料理は「ヤムウンセン」。ヤムは混ぜる・和える、ウンセンは春雨という意味であり、タイを代表する春雨サラダです。

茹でたイカやエビに豚ひき肉、玉ねぎ、セロリなどの野菜を和えナンプラーで味付け、仕上げにパクチーを乗せることで完成します。

お店によっては辛めの味付けのこともあるので、辛いものが苦手な方は注意しましょう。パクチーも好みが分かれるため、苦手な方は事前に抜いてもらうことをおすすめします。

KKdayで今すぐ予約!

3. タイのスパイシーなサラダ料理!香り・酸味・辛味を1度に楽しめる「ラープガイ」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのサラダ料理は「ラープガイ」。ラープガイはタイ東北部に位置するイサーン地方の代表的料理ともいわれています。ラープはラオス語でスパイシーなサラダという意味です。

こぶみかんの葉や様々なハーブの香りが引き立つ料理であり、酸味と辛味を一度に楽しめることが特徴です。 屋台やフードコートでも気軽に食べることができます。

ラープガイは日本人の口に合う料理ですが、現地のラープガイはとても辛く作られていることが多いため苦手な方は注意が必要です。

タイのスープ(カレー)料理2選

4. タイの代表的なスープ料理!独特の酸味と辛味にハマる「トムヤムクン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのおすすめスープ(カレー)料理は「トムヤムクン」。タイ料理といえばトムヤムクンを想像する方も多い方も多いかと思います。トムヤムクンは煮て混ぜたエビのスープという意味であり、タイ料理のメニューでは代表的な料理です。

独特の酸味と辛味でファンも多く、一度はまってしまうと色々なお店のトムヤムクンを食べてみたくなるでしょう。

タイ料理を紹介するレシピサイトやアプリでも人気が高く、家庭でも本場の味が楽しめるといわれているため、ぜひ作ってみてください!

KKdayで今すぐ予約!

5. 独特な香りを楽しめるタイのカレー!まろやかな味わいで食べやすい「トムカーガイ」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのスープ(カレー)料理は「トムカーガイ」。鶏肉とココナッツミルクを使ったスープであり、日本でも知名度が高いタイ料理です。

トムカーガイには様々な種類のハーブが使われており、ショウガやレモングラス、こぶみかんの葉など独特な香りを楽しめるカレー料理です。

比較的まろやかな味わいで、トムヤムクンよりも食べやすいことが特徴。あまり辛い食べ物が得意でない方は、トムカーガイがおすすめです。

タイの肉料理2選

6. 鳥を甘辛く焼いたタイの肉料理!ナンプラーとニンニクの味付けがクセになる「ガイヤーン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

タイのおすすめ肉料理は「ガイヤーン」。タイの東北部、イサーン地方発祥の肉料理です。「ガイ=鶏」「ヤーン=照り焼き」という意味で、鶏を甘辛く焼いた料理といわれます。

日本人の口にも合う味付けであり、ナンプラーやニンニクの味付けにはまってしまう人も多いといわれるほど。

タイのもち米である「カオニャオ」と一緒に食べるのが一般的です。タイでがっつりと肉料理を食べたいという方におすすめの料理です。

KKdayで今すぐ予約!

7. タイ版の焼き鳥!甘い味付けで日本人でも食べやすい「ムーピン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイの肉料理は「ムーピン」。味付けされた豚肉を串に刺し、炭火で焼いたタイの屋台料理を代表する料理です。

日本の焼き鳥と同じような味付けであるため、辛い食べ物が苦手な方でも美味しく食べることができます。

ガイヤーンと同じように、カオニャンと一緒に食べるのが一般的。屋台で売っているムーピンは、甘いタレがしみ込んでいるためビールのお供にも最高の料理といえるでしょう。

8. 旨辛で食べやすいタイの肉料理!豚トロのような味わいが人気の「コームーヤーン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイの肉料理は「コームーヤーン」。豚トロのような味わいである豚の喉元の肉をタレに付け込んで、炭火でじっくり焼いたタイ料理です。

「ナムジムジャオ」と呼ばれる唐辛子ベースのタレに付けて食べることで、豚肉の脂のうまみと辛みを楽しむことができます。

コリっとした歯ごたえの肉は噛めば噛むほど旨味が出るため、米やビールとの相性も抜群といわれます。お店によって味付けにも違いがあるようです。

KKdayで今すぐ予約!

タイの米料理2選

9. タイの刺激的な味わいの米料理!家庭でも簡単に本場の味を再現できるレシピが豊富にある「カオマンガイ」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

タイのおすすめ米料理は「カオマンガイ」。たっぷりの鶏脂で炒めたニンニクやパクチーの根を、鶏ガラスープを加えたジャスミン米と炊くタイの米料理です。

日本でも有名なタイ料理であり、家庭でも簡単に本場の味を再現できるよう、数多くのレシピが公開されています。

元々カオマンガイはタイの伝統的な屋台料理でした。しかし現在では、日本でもカオマンガイの専門店があるといったように、人気のタイ料理となりました。

大豆の風味を感じる塩っぱい「タオチオソース」に生のニンニクやショウガ、パクチーなどを加えた刺激的な味わいに、病みつきになる人も多いです。

10. 色とりどりで美しい料理!豚肉・魚介・キノコなど豊富な食材を合わせた「ガパオライス」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのおすすめ米料理は「ガパオライス」。日本語でいうと「バジル炒めご飯」です。豚肉や魚介、キノコなど色々な食材が使用されます。赤ピーマンやバジルの緑の見た目が美しい料理です。

材料をオイスターソースやナンプラーで味付けしご飯に乗せ、さらに目玉焼きを乗せて食べるのが一般的。

最近ではタイ料理専門店だけでなくカフェでも気軽に食べられるほか、コンビニエンスストアなどでも販売されています。

KKdayで今すぐ予約!

タイのシーフード料理2選

11. タイ版の海鮮お好み焼き!甘塩っぱいスイートチリソースと相性抜群の「オースワン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

タイのおすすめシーフード料理は「オースワン」。水で溶いたでんぷん生地に牡蠣を混ぜ、卵とたっぷりの油で焼くタイ料理。焼いたもやしの上に生地を乗せて完成です。

「タイ風牡蠣のお好み焼き」とも呼ばれますが、焼くというよりはたっぷりの油で揚げる料理といわれています。下にはもやしを敷いているため、甘塩っぱいスイートチリソースとの相性も抜群です。

タイを訪れた際に食べるのであれば、衛生管理の行き届いた観光客に人気のお店で食べることをおすすめします。

12. タイ版のエビフライ!カリカリの衣とフワッとしたエビのすり身がやみつきになる「トートマンクン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのシーフード料理は「トートマンクン」。エビのすり身にパン粉をまぶして揚げた、タイの人気料理です。カリッとした衣に、フワッとしたエビのすり身が絶妙な食感です。

トートマンクンはどこでも食べられますが、揚げ物をたくさん売っている屋台での購入をおすすめします。特に揚げたてはザクザク食感が楽しめるでしょう。

トートマンクンに似た料理で、魚のすり身を揚げた「トートマンプラー」も人気です。

KKdayで今すぐ予約!

タイの麺料理2選

13. タイ版の焼きそば!トムヤムクンと並ぶほど有名なタイ料理「パッタイ」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのおすすめ麺料理は「パッタイ」。わずか3mm程しかない細麺を炒めたタイの焼きそばです。タイ料理といえばパッタイ、と答える方もいるようにトムヤムクンと並んで有名なタイ料理です。

パッタイの味のポイントは「タマリンド」。タマリンドは酸味の中にも甘みがあるため、味全体がマイルドな仕上がりになることが特徴です。

外国人観光客にも人気が高く、タイを訪れた際にはぜひおすすめの麺料理です。

14. タイのカレー味の麺料理!優しい味わいと2つの麺の食感を楽しめる「カオソーイ」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイの麺料理は「カオソーイ」。特徴は、1つの料理で2種類の麺の食感が楽しめること。生麺の上に揚げ麺をトッピングしているため、一度で二度美味しい麺料理です。

味はまろやかなココナッツミルクがアクセントとなった、カレー味。クリーミーなミルクの甘さの中にもしっかりとカレーの辛さを感じることができます。

タイ北部にあるチェンマイでは、本場のカオソーイを食べることができます。

KKdayで今すぐ予約!

タイのスイーツ2選

15. タイの定番スイーツ!もち米とマンゴーのねっとり食感が癖になる「カオニャオマムアン」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのおすすめスイーツは「カオニャオマムアン」。もち米をココナッツミルクと塩、砂糖で炊き、一口大にカットしたマンゴーを添えたタイ定番のスイーツです。

もち米とマンゴーという日本ではあまり見かけない組み合わせですが、ねっとりとした甘さがとても美味しく人気があります。

タイの屋台やフードコートなどどこでも食べられます。屋台と高級レストランでは価格が2倍以上違うこともあるため、屋台での購入がおすすめです。

16. たこ焼きのような見た目のもちもちスイーツ!ココナッツミルクの味わいが楽しめる「カノムクロック」

タイ 料理
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介するタイのスイーツは「カノムクロック」。タコ焼き機のような鉄板でココナッツミルクと砂糖で作った生地を焼くスイーツです。

表面はパリッと、中はとろっとしたココナッツミルクのもちもち食感が楽しめます。お店によって中にネギやコーンが入っていることがあります。

カノムクロックはタイでは人気のスイーツです。しかし、屋台がなかなか見つからないことがあるため、現地の人に場所を聞くことをおすすめします。

人気のタイ料理を堪能しよう

タイ 料理
Source:PIXTA

タイ料理はハーブやパクチー、唐辛子など色々な調味料を使うため、独特の味わいを楽しむことができます。中には日本では味わえないようなタイ料理もたくさんあります。

一度その味にはまってしまうと病みつきになってしまうといった方も多いでしょう。最近では自宅でもタイ料理が楽しめるようにレシピが公開されています。

日本国内でも、東京や大阪など人が集まる場所にはタイ料理専門店が多いため、一度タイ料理を味わってみるのもおすすめです。

KKdayで今すぐ予約!

関連商品

 

おすすめ記事