韓国・済州島の4泊5日のモデルコースを紹介しています。おすすめの観光スポットはもちろん、アクティビティやグルメの情報もまとめました。韓国・済州島に初めて行く方や、観光からグルメまで、済州島の魅力を幅広く知りたい方は参考にしてください。

韓国・済州島の4泊5日のモデルコースまとめ

4泊5日のモデルコース
1日目:済州国際空港→龍頭岩→東門市場→ブラックポークストリート
2日目:城山日出峰→牛島→ソプチコジ
3日目:漢拏山→乗馬体験→オソルロッ ティミュジオム
4日目:正房瀑布→中文観光団地
5日目:ウォルジョンニビーチ

【1日目】済州国際空港→龍頭岩→東門市場→ブラックポークストリート

龍頭岩

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

韓国・済州島旅行の1日目の最初に「龍頭岩」へ行きましょう。長年にわたって海水で洗われ風化した、自然の力強さを感じる済州島のランドマークです。

高さ約10m、長さ約30mの大迫力の岩は、まるで龍が天を昇る姿のよう!大蛇が龍になるために、漢拏山の宝物(玉)を盗み逃げようとしたときに、怒った漢拏山の神の矢に撃たれ、体が海に沈み空に向かって固まって岩になってしまったという伝説があります。

定番スポットへ行きたい方はもちろん、自然を感じる観光地を求めている方は、迫力満点の龍岩岩へ足を運んでみてください。

KKdayで今すぐ予約!

東門市場

image10 20
Source:Shutterstock

龍頭岩を訪れた後は「東門市場」へ行きましょう!済州島の台所と呼ばれる有名な市場です。魚介類、黒豚、済州みかんなどの地元料理が揃っています。

グルメの他にも韓国のコスメ、ファッションアイテム、雑貨があるのも魅力。ランチやディナーで立ち寄りお腹を満たすだけでなく、お土産を選ぶこともできます。済州島屈指の市場を利用して美味しいグルメやショッピングを楽しんでみてください!

ブラックポークストリート

韓国 済州島 モデルコース
Source:PIXTA※画像はイメージです。

 

東門市場を訪れた後は「ブラックポークストリート」へ行きましょう!黒豚を食べられる飲食店が連なるストリートです。

済州島で最も有名な食べ物は黒豚。そんな黒豚を食べるのにおすすめの飲食店はブラックポークストリートの入口付近にある「ドンべ」です。ミシュランの星を獲得するほどの有名店で、絶品の白身の豚バラ肉と豚バラ肉を味わえます。

済州島の黒豚はとても柔らかく、口の中でとろける食感が特徴 。脂が多すぎず、肉の旨味がじゅわっと口いっぱいに広がるため1度食べたら病みつきになります。レモン焼酎と一緒に食べれば、1日を締めくくる最高のディナーになること間違いなしです!

KKdayで今すぐ予約!

【2日目】城山日出峰→牛島→ソプチコジ

城山日出峰

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

韓国・済州島旅行の2日目の最初に「城山日出峰」へ行きましょう!約10万年前の海底火山噴火によってできた景勝地です。

韓国初のユネスコ世界自然遺産に登録されちゃことでも有名で、世界から注目される人気観光地でもあります。中心には凹面のクレーターがあり、上から見ると大きなお皿のように見えるのが特徴。

横から見ると巨大な王冠のようにも見えるため、見る場所や角度によって表情を変えるのも魅力です。また、日の出スポットとしても人気。山頂では、海の端からゆっくりと昇る太陽をくっきりと見ることができます。

牛島

image8 20
Source:CoralHou

城山日出峰を訪れた後は「牛島」へ行きましょう!済州島の東部に位置するリゾートアイランドで、韓国屈指のビュースポットです。

「西浜白沙」ではエメラルドグリーンの海と白い砂浜のコントラストを見ることができ、夏には海水浴を楽しむ人で賑わいます。また、牛島の最高峰に位置する「牛島峰」は、360°海に囲まれた牛島の風景を一望できることで人気。

島内の観光を満喫する際には、循環バスの利用がおすすめです。島内を囲むように運転しているため、牛島の絶景スポットを余すところなく回れます。

ソプチコジ

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

牛島を訪れた後は「ソプチコジ」へ行きましょう!済州島の東海岸の端に位置する絶景を望める観光スポットです。

「ソプチ」は昔からの地域の名前で、「コジ」は済州の方言で外側に突き出した地形を意味しています。防風用の石垣の中に菜の花畑があり、菜の花を楽しめるスポットとしても有名。

端にある灯台に登ると、大迫力の海岸を一望できます。自然が織りなす絶景が広がるソプチコジは、2日目を締めくくるのにぴったりなスポットです。

KKdayで今すぐ予約!

【3日目】漢拏山→乗馬体験→オソルロッ ティミュジオム

漢拏山

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

韓国・済州島旅行の3日目の最初に「漢拏山」へ行きましょう!海抜1,950mある韓国で最も高い山です。大昔から済州島を見守る母なる山といわれており、多くの地元民から親しまれています。

白鹿譚と呼ばれる火口湖の周囲に、約1,800種類の植物が生息しているのが特徴。2002年にはユネスコ生物圏保全地域に指定され、2007年には済州島の火山島と溶岩洞窟群としてユネスコ世界自然遺産に登録されました。

咲く花により表情が変わるため、年間通して自然の美しさを満喫できます。豊富なハイキングコースがあるのも魅力。頂上を目指す方は、城板岳コースと観音寺コースを選ぶのがおすすめです。

乗馬体験

韓国 済州島 モデルコース
Source:Pixabay

漢拏山を訪れた後は「乗馬体験」をしましょう!漢拏山のふもと付近には馬の牧場が豊富にあります。

漢拏山で登山を楽しんだ後は、乗馬体験を楽しむのがおすすめです。馬に乗って歩くコースから走るコースまで、様々な乗馬体験を楽しめます。漢拏山に足を運んだ際は、併せて馬の牧場にも立ち寄ってみてください!

オソルロッ ティミュジオム

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

乗馬体験を楽しんだ後は「オソルロッ ティミュジオム」へ行きましょう!韓国全土にあるお茶カフェ「o’sulloc TEA HOUSE」の博物館です。

韓国のお茶の歴史を学べるのはもちろん、濃厚緑茶ソフトや美味しいお茶が堪能できるカフェもあります。またお土産売り場や、韓国の伝統的なお茶の飲み方が学べる体験スペースもあり、充実した時間を過ごすことが可能です。

【4日目】正房瀑布→中文観光団地

正房瀑布

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

韓国・済州島旅行の4日目の最初は「正房瀑布」へ行きましょう!高さ23m、幅8mの大迫力の滝です。

アジアで唯一、海に直接流れ込む滝としても有名。水が澄んでいるため、夏の暑い日には滝の流れで遊ぶ人で賑わうのが特徴です。

中国の始皇帝の命を受けて不老草を探しに来た人が、帰る途中に滝の美しさに見惚れて絶壁に「徐不過此」という文字を刻んだという言い伝えがあります。刻まれた文字は実際に見つかっていないため、探しに行くのも楽しみ方の一つです。

中文観光団地

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

 

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

 

image2 19
Source:サプライヤー

正房瀑布を訪れた後は「中文観光団地」へ行きましょう!最高級ホテルから、博物館、アクティビティまでが揃う観光リゾートです。

南国ムードが漂う「如美地植物園」や、世界のテディベア人形が集まる「テディベアミュージアム」、チョコレート好きにはたまらない「チョコレートランド」など豊富な施設が揃います。

また、美味しいシーフードレストランもありグルメも充実!1日中飽きずに過ごせるため、ぜひ色々な施設へ行ってみてください。

KKdayで今すぐ予約!

【5日目】ウォルジョンニビーチ

ウォルジョンニビーチ

韓国 済州島 モデルコース
Source:Shutterstock

韓国・済州島旅行の最終日の5日目に行くのは「ウォルジョンニビーチ」。白い砂浜とエメラルドグリーンに光り輝く海が広がる済州島の人気ビーチです。

海で遊べるのはもちろん、絶景を写真に収めることも可能。さらに、海を眺めながらコーヒーを飲めるおしゃれなカフェも充実しているので、遊び疲れてても楽しめます。

旅行を締めくくるのにぴったりのスポットのため、海の景色を見て済州島旅行の思い出を振り返りましょう!

韓国・済州島旅行を充実させよう

韓国 済州島 モデルコース
Source:PIXTA

韓国・済州島の4泊5日のモデルコースを紹介しました。観光地はもちろん、アクティビティやグルメなど、済州島には旅行を楽しめるスポットが目白押しです。特に韓国・済州島に初めて行く方は、今回紹介したモデルコースをぜひ参考にしてください。

旅行サービスKKdaymでは韓国・済州島の旅行商品はもちろん、韓国観光を楽しめる旅行商品が豊富にあります。紹介したモデルコースと併せて、利用できそうな旅行商品があるかもぜひチェックしてみてくださいね!

KKdayで今すぐ予約!

 

関連商品

 

おすすめ記事