韓国・江原道でおすすめのグルメ・食べ物を10選紹介しています。有名なタッカルビやスンドゥブなどをはじめ、あまり知られていない珍しい料理をまとめました。江原道に観光に来た際に食べていただきたい食べ物を紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてください。

江原道でおすすめのグルメや食べ物11選

1. 「タッカルビ」(春川)

江原道 グルメ
Source:PIXTA

韓国ブームの代名詞「冬のソナタ」のロケ地として知られる春川。そこで有名なグルメといえば「タッカルビ」です。

タッカルビは、韓国の鍋料理の一つ。お肉や野菜を炒めて、コチュジャンベースの甘辛タレを絡めて頂くメニューです。

タッカルビの「タ」は鶏、「カルビ」はあばら骨を意味することから基本は、骨付きの鶏肉を使用するようですが、最近ではさまざまなお肉を使ったタッカルビが登場。韓国では、骨の周りを食べる鶏肉料理として親しまれています。

さらにチーズをたっぷりとかけたチーズタッカルビは、韓国の若者はもちろん、日本でも人気の高い一品。甘辛いコチュジャンとマイルドなチーズが絶妙にマッチし、お酒との相性も抜群です。

KKdayで今すぐ予約!

 

2. 「マッククス」(春川)

江原道 グルメ
Source:PIXTA

同じく春川で有名なグルメを堪能するなら、「マッククス」もおすすめ。マッククスとは、蕎麦粉を使った韓国の麺料理で、夏にぴったりのひんやりメニューです。江原道地方の郷土料理として知られており、蕎麦冷麺とも呼ばれています。

喉越しがツルッとした細麺の蕎麦麺は、素朴な味わいと歯切れの良さが特徴。大根キムチの汁で頂く食べ方「水麺(ムルククス)」と、コチュジャンを使った甘辛タレを絡めて頂く食べ方「混ぜ麺(ビビンククス)」の2つがあり、お店によっても味わい・楽しみ方が異なります。

マッククスは、専門店に加えてタッカルビのお店でも注文可能。価格もリーズナブルな設定のところが多いので、サクッと韓国料理を食べたい時にぴったりです。

 

3. 「メミルジョンビョン」(平昌)

江原道 グルメ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する「メミルジョンビョン」は、冬季オリンピックの会場として知られる平昌で有名なグルメです。メミルとは「蕎麦」を表しており、江原道地方で栽培している蕎麦粉を使用した餅料理のこと。クレープのように薄く焼いた蕎麦粉の皮でキムチやお肉、春雨などの具材を巻いて頂きます。

韓国では夏以外で食べる料理と言われており、さらに成人式のお祝いの後に主催・客人が食べる特別食としても親しまれています。

具材がたっぷりと詰まった料理なので食べ応えも抜群。お店によっても入れる具材が異なり、それぞれのメルミジョンビョンが楽しめるので、本場の味を食べ比べを平昌を訪れた際の楽しみ方の一つといえます。

KKdayで今すぐ予約!

4. 「ファンテクイ」(麟蹄)

江原道 グルメ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

江原道の北側に位置する麟蹄。自然豊かなスポットで、紅葉シーズンは各地から多くの人が訪れる場所です。その麟蹄の名物グルメといえば、干しダラを使った料理「ファンテグイ」です。

ファンテグイは、干しダラの薬味ダレ焼きのこと。自然乾燥させたスケトウダラを柔らかくなるまで綿棒で叩き、ピリッと辛いタレを塗って焼き上げます。ご飯のお供、酒のつまみのどちらにもぴったりのメニューです。

またこのファンテ(干しダラ)は、江原道が主産地となる一品。ファンテを使った郷土料理は、ファンテムチム(干しダラの蒸し煮)やファンテヘジャンクッ(干しダラのスープ)など様々あります。異なる調理法でファンテを楽しむのもおすすめです。

5. 「コンドゥレパッ」(江原道)

江原道 グルメ
Source:PIXTA

「コンドゥレパッ」は、コンドゥレと言われる高麗アザミの葉や茎を乾燥させ、ご飯と混ぜた炊き込みご飯のこと。

「ヤンニョム」というタレを混ぜてから頂きます。コンドゥレは、太白山の高地に自生する山菜で、止血・消炎・解熱などにも使われる食材です。淡白な味わいと独特の風味で、一度食べるとクセになる味わいが特徴です。

タンパク質やビタミン、カルシウムなど栄養価が高いコンドゥレパッは、食物繊維も豊富な一品で、消化機能が低下している時はもちろん、便秘やダイエットなどにもおすすめ。江原道の健康食として、親しまれています。

またコンドゥレは、炊き込みご飯以外にもナムルやスープとして頂くのもおすすめ。江原道地方で食べられるだけでなく、韓国のスーパーなどでパック入りのコンドゥレが購入できるので、お土産にもぴったりです。

KKdayで今すぐ予約!

6. 「松茸料理」(襄陽)

江原道 グルメ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

江原道の空の玄関口である襄陽は「松茸料理」が有名なエリア。松茸釜飯や松茸鍋、松茸しゃぶしゃぶなど様々な料理を味わえます。襄陽は、国内で松が最も多いといわれており、香りと味が優れているのが特徴。日本からも多くの観光客が襄陽松茸を求めて訪れます。

襄陽松茸の旬の時期である9月末~10月初旬頃には、毎年「襄陽松茸祭り」が行われ、各地のグルメたちが集まります。会場では、厳しい検査を通して合格認証を得たブランド称号を持つ松茸に加えて、地元産の韓牛や旬の果物などが並び、様々な襄陽グルメが堪能できます。

襄陽松茸にちなんだイベントや松茸狩りなどもできるので、地元でも人気の高いお祭りです。松茸料理を食べに襄陽を訪れるなら、旬の秋口に訪れるのがおすすめです。

 

7. 「フェ」(江陵・束草)

Source:PIXTA
※画像はイメージです。

フォトジェニックなスポットとして人気を集める江陵・束草では、新鮮な「フェ」を味わうのがおすすめ。フェとは、日本で言う「刺身」にあたり、生で食べる魚介料理のことです。

魚の種類は白身魚が一般的で、ヒラメやクロソイなどが頂けます。フェは「フェッチッ」や「フェジッ」と言われるフェの専門店で味わうことができ、マグロなどの赤身魚を扱うマグロ専門店もあります。

フェは、日本のようにわさびと醤油を付けて食べるだけでなく、コチュジャンに付けたりサムジャンを付けてサンチュで巻いたりと、韓国らしい食べ方でも頂けます。ニンニクや唐辛子などと一緒に楽しむ韓国式の味わい方を体験するのもおすすめです。

KKdayで今すぐ予約!

8. 「カムジャオンシミ」(江陵)

江原道 グルメ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

美しい海岸が続く江陵では、「カムジャオンシミ」と言われる郷土料理が有名。カムジャオンシミは江原道の特産物であるじゃがいもを使った料理であり、江原道の郷土料理の一つです。

スープの中には、すりおろしたじゃがいもを丸めたお団子が入っていて、もちもちとした食感がクセになる一品です。スープはカタクチイワシをベースに野菜や昆布など、様々な具材で出汁をとっており、胃に優しい味わいが堪能できます。

またカルグクスと言われる麺が入ったものもあり、お腹をしっかり満たしたい方におすすめです。韓国ではランチに人気の高いグルメとなっていますので、江陵へ立ち寄った際に味わって頂きたいグルメです。

 

9. 「オジンオスンデ」(束草)

江原道 グルメ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

束草では「オジンオスンデ」といわれるイカの腸詰めも味わうことができます。スンデは韓国ならどこでも味わえる知名度の高いグルメですが、オジンオ(スルメイカ)を使うことで束草ならではの料理に仕上がっています。

オジンオスンデは、日本で言うところのイカ飯のような見た目をしており、お腹の中には刻んだ足の部分や野菜、春雨、もち米などが入っています。

イカ飯同様に輪切りにして頂くので、食べやすいのもポイント。豚の腸に具材を詰めた一般的なスンデが苦手という方でも挑戦しやすい郷土料理です。ご飯のおかずやおつまみ、おやつとしても食べられる束草の名物グルメになっています。

 

10. 「草堂スンドゥブ」(江陵)

江原道 グルメ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

江陵で味わえる草堂スンドゥブは、牛肉やしいたけなどから取ったダシが凝縮されたピリ辛スープと、大豆の甘みを活かしたマイルドな味わいのバランスが絶妙な寄せ鍋。

にがりの代わりに海水を使用した柔らかな豆腐は手作りで作られており、とろけるような食感を楽しむことができます。

そんな草堂スンドゥブを江陵で堪能するなら、スンドゥブ専門店が集結する草堂スンドゥブ村がおすすめ。中でも「ソナムチッ草堂スンドゥブ」は、韓国の家庭的なスンドゥブが味わえると人気のお店で、化学調味料を使用しないことから大豆や素材の旨味を味わえると評判。江陵を訪れる際には、ぜひ足を運んでみて下さい。

KKdayで今すぐ予約!

11. 「韓牛」(横城・平昌)

江原道 グルメ
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

最後に紹介する江原道グルメは、韓国を訪れるなら一度は味わって頂きたい「韓牛」です。横城・平昌は韓牛の生産地であり、希少性が高いといわれるお肉をリーズナブルな価格で楽しむことができます。

韓国国内でも韓牛は高級食材として扱われており、首都ソウルでは値が張るので、横城・平昌で味わうのがおすすめです。特に焼肉は、韓牛の様々な部位を楽しむことができるので、グルメ好きにぴったりの味わい方となっています。

また江原道では、秋のイベントとして横城韓牛祭りが行われ、様々な韓牛グルメを楽しむことができます。その他にもご当地グルメや地元でとれる農産物などを味わえたり、試食がたくさんあったりするので、観光にぴったりのイベントです。

本場韓国・江原道で美味しいグルメを堪能しよう

江原道 グルメ
Source:PIXTA

江原道は、日本人がまだまだ知らないグルメが数多くあるスポットです。観光地としても人気を集めているので、新たな韓国の楽しみ方を求める方にもぴったりのエリアと言えます。どの料理も日本人の口に合うものが揃っているので、韓国旅行初心者にもおすすめです。今回はグルメの特徴に加えて、旬の時期に行われるイベントなどもご紹介しましたので、江原道グルメを思い切り楽しみたい方は、ぜひイベントシーズンに訪れてみて下さい。

KKdayで今すぐ予約!

 

関連商品

 

おすすめ記事