京都の紫陽花の見頃をはじめ、あじさいのおすすめスポットを名所から穴場まで10選紹介しています。人気の三室戸寺や善峯寺はもちろん、植物園や無料で入れるスポットをまとめました。京都の観光と紫陽花を楽しみたい方は、ぜひチェックしてください。

京都の紫陽花の見頃や時期

見頃は6月上旬〜7月上旬の約1ヶ月

紫陽花 京都
Source:PIXTA

紫陽花は5月〜7月が開花時期。京都の見頃は6月上旬〜7月上旬の約1ヶ月といわれています。

京都は寺院をはじめ、街や山など多くの場所に紫陽花の名所が存在します。見頃に合わせて「あじさい祭り」を開催するスポットも豊富にあるため、梅雨の京都観光の際にぜひチェックしてみてください。

紫陽花は日本や中国、台湾が原産の花で、色は白・青・紫・赤・ピンクとさまざま。土の性質が酸性かアルカリ性かによって色味が変わるのが特徴です。

また紫陽花には、激しい雨の中でもたくましく咲く姿にぴったりな「辛抱強い愛」や「寛容」などの花言葉がつけられています。

KKdayで今すぐ予約!

 

京都でおすすめの紫陽花のおすすめスポット10選

1. 京都屈指の人気紫陽花スポット!約2万株が目の前いっぱいに咲き誇る「三室戸寺」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

最初に紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「三室戸寺」です。京都・宇治エリアに位置する三室戸寺は、京都でも屈指の紫陽花の名所として人気。

2022年6月1日(水)〜2022年7月10日(日)にはあじさい園が開園し、例年多くの観光客で賑わいます。約50種、2万株もの紫陽花が目の前いっぱいに咲き乱れる光景は、息をのむ美しさです。

 数多くの紫陽花の中にはハートの形をしたものもあり、見つけると恋が叶うといわれています!ぜひ、散策しながら探してみてくださいね。

また、夜には紫陽花のライトアップも開催されるので、他とは違った幻想的な光景を楽しみたい方におすすめです。6月上旬から見頃を迎える三室戸寺へ、ぜひ足を運んでみてください。

▼スポット詳細
住所:〒611-0013 京都府宇治市莵道滋賀谷21(MAP)
アクセス:京阪「三室戸駅」下車、徒歩約15分
見頃の時期:6月上旬~7月上旬
営業時間:8時30分~16時30分(4月1日~10月31日)
8時30分~16時00分(11月1日~3月31日)
入場料金:平常 大人500円 小人300円
あじさい園開園期間中 大人1,000円 小人500円
詳細(公式HP):https://www.mimurotoji.com/

平等院・醍醐寺・萬福寺・三室戸寺を巡る京都宇治日帰りツアー!

紫陽花 京都
Source:KKday

三室戸寺をはじめとする京都・宇治の有名な観光スポットを巡りたい方は、KKdayを利用するのがおすすめです!5か所の観光名所に行くことができる日帰りツアーで、有意義な1日を過ごしたい方にぴったり。

世界遺産に登録されている「平等院」「醍醐寺」、あじさい寺とも称される「三室戸寺」、醍醐天皇が創建した「勧修寺」、日本三禅宗の1つ黄檗宗の大本山「萬福寺」などを巡れる大満足ツアーです。

また、昼食代や拝観料も全て含まれているのがうれしいポイント。昼食は萬福寺名物の「普茶弁当」がついており、京都らしいグルメを堪能できます!季節ごとに風情溢れる表情を見せてくれる京都で、充実の1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

\こんな方におすすめ/
✔︎充実した日帰り観光スケジュールで、効率的に過ごしたい
✔︎京都の世界遺産を訪れたい
✔︎京都の有名なお寺を1日で回りたい
KKdayで今すぐ予約!

2. 高台から紫陽花と一緒に京都の絶景を堪能!四季折々で変わった表情が楽しめる「善峯寺」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「善峯寺」。善峯寺は、四季折々の美しい花を楽しめるのが魅力で、梅雨の時期になると斜面一面に約8千万株もの紫陽花が咲き誇ります。

善峯寺の魅力は紫陽花とともに京都の市街地を一望できること。高台に位置しているため、紫陽花越しに素晴らしい絶景を堪能できます。絵葉書のような景色を写真に収めてみてください。

また、善峯寺を浴衣や着物で巡るのもおすすめです。見頃を迎える6月は比較的過ごしやすい気候が続いており、まさに着物日和。着物を着て色鮮やかな紫陽花に囲まれれば、梅雨の憂鬱な気分も吹き飛ぶこと間違いなしです!

 

▼スポット詳細
住所:〒610-1133 京都市西京区大原野小塩町1372(MAP)
アクセス:JR「向日町駅」もしくは阪急「東向日駅」下車後、阪急バス66番(善峯寺行き)で約30分、終点「善峯寺」下車、徒歩約8分。
見頃の時期:6月中旬~7月上旬
営業時間:土日祝日8:00 平日8:30 ~ 17:00(16:45受付終了)
入場料金:大人500円 高校生300円 小・中学生200円
詳細(公式HP):http://www.yoshiminedera.com/seasons/summer/index.html

3. 京都の紫陽花の穴場スポット!観光ついでにサクッと立ち寄れる「藤森神社」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「藤森神社」。藤森神社は、勝負運・学問と馬の神様として信仰されており、競馬ファンの参拝客でも賑わっています。

あまり大きな神社ではないですが、6月になると30種以上・約3,500株もの紫陽花が色とりどりに咲き誇る穴場スポットです。

京都駅からアクセス抜群なので、京都観光ついでにふらっと立ち寄れるのがうれしいポイント。京都駅周辺で着物を着てから訪れるのも良いでしょう。パステルカラーの紫陽花と一緒に、フォトジェニックな一枚が撮れるはずです!藤森神社の境内は拝観料無料で、あじさいは300円とリーズナブルなので、気軽に立ち寄ってみてください。

▼スポット詳細
住所:〒612-0864 京都市伏見区深草鳥居崎町609(MAP)
アクセス:「京阪墨染駅」下車徒歩約7分、JR「藤森駅」下車徒歩約5分、市バス藤森神社前下車
見頃の時期:6月上旬〜7月上旬
営業時間:9:00~16:00
入場料金:境内参拝無料 / あじさい苑 300円
詳細(公式HP):http://www.fujinomorijinjya.or.jp/

4. 約60種類以上の色とりどりの紫陽花!広大な庭園でゆったりと鑑賞できる「梅宮大社」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「梅宮大社」。3,000坪の広大な庭園「神苑」には、桜や梅、紫陽花やつつじなど季節ごとに美しい花が顔をのぞかせます。

梅宮大社のおすすめポイントは、種類豊富な紫陽花を楽しめることです。玉紫陽花、山紫陽花、額紫陽花など、その数なんと60種類以上!パステルカラーやビビットカラーの豪華な紫陽花が咲き乱れる光景は圧巻です。

また、紫陽花と同時期に見頃を迎える「花菖蒲」や「睡蓮」を一緒に見られるのも魅力。花菖蒲の見頃は6月中旬までなので、気になる方は早めに訪れてみてください。

【例年の見頃時期】
✔︎花菖蒲:5月下旬~6月中旬
✔︎睡蓮:5月下旬~8月中旬
✔︎紫陽花:6月中旬~7月上旬
KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:京都市右京区梅津フケノ川町30(MAP)
アクセス:京都市バス【3】・【28】・【29】・【71】系統にて「梅宮大社前」下車。
京都駅よりタクシーで約30分
見頃の時期:6月中旬~7月上旬
営業時間:9:00~17:00
入場料金:大人:600円 小人:400円
詳細(公式HP):http://www.umenomiya.or.jp/

5. 人混みを避けて鑑賞したい方におすすめ!紫陽花と四季を感じる2つの庭園を満喫「三千院」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「三千院」。三千院は、京都と滋賀県の県境に位置する天台宗の寺院です。四季を感じられる2つの庭園「聚碧園」「有清園」が魅力で、夏には紫陽花、秋には紅葉など一年を通して楽しませてくれるのが特徴。

 園内にあるあじさい苑には、星紫陽花や山紫陽花、貴重な七段花など数千株もの紫陽花が植えられています。穴場スポットとしても知られているので、人混みが苦手な方にもおすすめです。厳かな杉木立を背景に、日本の風情を感じながら紫陽花を鑑賞しましょう。

▼スポット詳細
住所:〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町540(MAP)
アクセス:市営地下鉄烏丸線「国際会館前駅」からバス「大原」で下車、そこから徒歩約10分
見頃の時期:6月中旬~7月中旬
営業時間:9:00~17:00 (11月 8:30~17:00、12月~2月 9:00~16:30)
入場料金:一般 700円、 中学生・高校生 400円、 小学生 150円
詳細(公式HP):http://www.sanzenin.or.jp/

世界遺産の比叡山と大原三千院を巡る京都の日帰りツアー!

紫陽花 京都
Source:KKday

四季折々の景色が魅力の「三千院」と世界遺産である「比叡山・延暦寺」を効率的に巡りたい方は、KKdayの日帰りツアーがおすすめです!

面倒な電車での乗り換えがないので、時間を無駄にしたくない方にもぴったり。延暦寺では約70分、三千院や大原では約160分と、滞在時間をたっぷり用意しているので、時間に追われず散策を楽しめます。三千院ではぜひ、有名な「池泉式庭園」を訪れ、日本美を味わいながらゆったりとしたひと時を過ごしてください。

さらにKKdayのツアーでは、拝観料や昼食もついているのも人気のポイント。昼食は、芹生の三千草弁がついており、京都らしい和風のお弁当を堪能できます!気になる方はぜひKKdayを利用してみてください。

KKdayで今すぐ予約!

 

6. 約5,000株もの紫陽花が咲き誇る境内!見頃の時期にあじさい祭を開催している「柳谷観音 楊谷寺」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「柳谷観音 楊谷寺」。楊谷寺は、紫陽花や紅葉の名所として知られるお寺です。6月上旬には約5,000株以上の紫陽花が咲き誇り、境内を華やかに彩ります。

見頃を迎える頃には「あじさいウイーク」を開催。紫陽花の押し花で作られた御朱印もGETできます。ハート形の小窓から紫陽花が見えるかわいいフォトスポットなどもたくさんあるので、写真も楽しんでみてください。

また楊谷寺では、色鮮やかな花々が水に浮かぶ”花手水”も人気!季節ごとに旬な花が浮かんでいるので、訪れた際には要チェックです。

▼スポット詳細
住所:京都府長岡京市浄土谷堂の谷2(MAP)
アクセス:阪急「長岡天神駅」・阪急「西山天王山駅」・JR「長岡京駅」いずれかから、バス「奥海印寺」下車、バス停より徒歩約40分
見頃の時期:6月上旬~7月上旬
営業時間:9時〜17時
入場料金:通常期:500円 ウイーク開催時:700円(高校生以下:無料)
詳細(公式HP):https://yanagidani.jp/

7. 境内の紫陽花は無料で見られる!気軽に立ち寄れる見応え抜群のスポット「真如堂」

紫陽花 京都
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「真如堂」。紅葉の名所としても有名な真如堂では、山紫陽花や額紫陽花、西洋紫陽花など約1,000株もの紫陽花が植えられているのが特徴。境内のみだと無料で散策できるので、気軽に立ち寄れるのがうれしいポイントです。

他の紫陽花スポットと比べるとそれほど大規模ではないですが、まとまって植えられているので見応えがあります。また、境内の草花で作られた花手水も見どころの1つ。

季節を感じさせる飾りつけにきっと心が癒されるはずです。あまり混雑しすぎない穴場スポットで紫陽花を楽しみたい方は、ぜひ足を運んでみてください。

 

▼スポット詳細
住所:〒606-8414 京都市左京区浄土寺真如町82(MAP)
アクセス:京都駅より市バスで約40分「錦林車庫前」下車、徒歩約8分
見頃の時期:6月上旬~7月上旬
営業時間:9:00~16:00(受付15:45まで)
入場料金:大人・高校生500円、中学生400円(拝観料)
詳細(公式HP):https://shin-nyo-do.jp/

8. カラフルな紫陽花が咲き誇る!落ち着いて雰囲気でゆったりと境内を散策できる「丹州観音寺」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「丹州観音寺」。丹州観音寺は、別名「丹波あじさい寺」とも呼ばれる紫陽花で有名なスポットです。

例年6月〜7月頃には、100種・1万株もの紫陽花が見頃を迎え、境内を見事に彩ります。紫色だけではなく、白やピンク、青色など、カラフルな紫陽花で埋め尽くされた光景に、きっと魅了されるでしょう。

境内のところどころには、”わらべ仏”といわれる可愛らしい見た目のお地蔵様を安置しているので、散策しながらぜひ探してみてください。落ち着いた雰囲気なので、ゆったりとしたひと時を過ごせるはずです!

▼スポット詳細
住所:〒620-0803 京都府福知山市観音寺1067(MAP)
アクセス:JR「山陰本線石原駅」から徒歩約15分
見頃の時期:6月上旬~7月上旬
営業時間:9:00~17:00(コロナ禍により拝観時間を16:00までに短縮しております。)
入場料金:400円(あじさい期間のみ)
詳細(公式HP):https://www.tanba-ajisaidera.com/

9. パステルカラーの綺麗な紫陽花!京都観光と併せて立ち寄れる「法金剛院」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

続いて紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「法金剛院」です。法金剛院は、「水面で優美な花を咲かせる蓮の花」や「パステルカラーの綺麗な紫陽花」が人気なスポット。

その他にも桜や花菖蒲、紅葉など四季折々の表情で一年中楽しませてくれます。京都駅からは約15分と好立地に位置するため、京都観光しながら紫陽花スポットも巡りたい方におすすめです!

入り口を抜けると大きな池があり、池には蓮の花、池の周りには紫陽花が咲いています。美しい2つの花のコラボは、なかなか見ることができない貴重な光景です。初夏の花をまとめて鑑賞したい方は、法金剛院へ足を運んでみてください。

【例年の見頃時期】
✔︎花菖蒲・アジサイ・菩提樹・沙羅双樹・山椒バラ:6月
✔︎蓮:6月中旬~8月初旬(見頃は7月中)

 

 

▼スポット詳細
住所:〒616-8044 京都市右京区花園扇野町49(MAP)
アクセス:JR嵯峨野山陰線「花園駅」を出て、丸太町通りを西へ歩いて約5分
見頃の時期:6月中旬~7月上旬
営業時間:9時30分~16時30分
入場料金:大人 500円 400円小・中学・高校生、障害者 300円
詳細(公式HP):http://houkongouin.com/ 

10. 紫陽花と三重の塔を一緒に見られる!多彩な花が咲き誇る自然豊かな観光スポット「岩船寺」

紫陽花 京都
Source:PIXTA

最後に紹介する京都でおすすめの紫陽花スポットは「岩船寺」。椿や梅、桔梗紅葉など季節ごとに多彩な花を楽しめることから”花の寺”ともいわれています。

奈良県との県境近くに位置しているので、京都と奈良観光を満喫したい方におすすめです。こちらの魅力は、重要文化財に指定されている真っ赤な「三重の塔」と一緒に紫陽花を見られること。紫陽花畑の中にそびえ立つ塔は、まるで一枚の絵画のような美しさです。

三重の塔周辺は散策できるので、色んな角度から豪華な眺めを堪能しましょう。岩船寺を訪れて、心が洗われるような日本美をぜひ体感してみてください!

▼スポット詳細
住所:〒619-1133 京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43(MAP)
アクセス:JR 関西本線(大和路線)「加茂駅」から木津川市コミュニティバス(加茂山の家行き)で約16分、「岩船寺」下車すぐ
見頃の時期:6月上旬~7月上旬
営業時間:3月~11月 8:30~17:00(受付は16:45まで) 12月~2月 9:00~16:00(受付は15:45まで)
入場料金:大人500円、中高生400円、小学生200円
詳細(公式HP):https://gansenji.or.jp/

紫陽花と一緒に京都観光も楽しもう

紫陽花 京都
Source:PIXTA

今回は、京都の紫陽花の見頃やおすすめの紫陽花スポットを名所から穴場までご紹介しました。話題の花手水や他の花々とのコラボが楽しめるスポット、無料で紫陽花を見られるお寺など、魅力がそれぞれ異なります。梅雨の時期にしか見られない紫陽花の絶景を、ぜひ京都観光と一緒に楽しみましょう!

KKdayで今すぐ予約!

 

関連商品

 

おすすめ記事