シンガポールのナイトサファリの基本情報、チケット・トラムの料金情報、おすすめのチケット購入方法、ナイトサファリの見どころや魅力6選を紹介しています。シンガポールの夜にのみオープンする動物園に行ってみたい方や、楽しみ方を知りたい方は、ぜひチェックしてください。

シンガポールのナイトサファリとは

夜間のみオープンするシンガポールの動物園

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

シンガポールのナイトサファリは、夜にのみ開くシンガポールの動物園です。1980年の開園から40年の歴史を誇っています。カワウソやジャコウネコ、ウンピョウなど約2,500頭の夜行性動物を観察できることで有名。

間近で観察できるように園内には4つの道が設けられており、放し飼いのワラビーを観られたり、スリランカヒョウの鼻先まで近づけるなど、ナイトサファリならではの体験ができます。

さらにナイトサファリでは、動物ショーを楽しめるのも魅力です。夜の幻想に包まれたステージで突如、夜行動物が駆けてきたり鳥が観客席の上空を羽ばたいたりする姿は圧巻の一言。日本の動物園では体験できない楽しみ方ができると、毎年大勢の観光客で賑わいます。

KKdayで今すぐ予約!

 

▼スポット詳細
住所:80 Mandai Lake Rd, シンガポール 729826
アクセス:
下記の駅からタクシーで約20分
MRTチョア・チュー・カン駅
MRTマーシリング駅
MRTウッドランズ駅
MRTカティブ駅
MRTアン・モ・キオ駅
営業時間:18:30~24:00
入場料金:大人/S$55,子供(3歳~12歳)/S$ 38(物品サービス税含む)
詳細(公式HP):https://www.mandai.com/ja/homepage/night-safari.html

シンガポールのナイトサファリのチケット・入場料金

大人S$55(約7,050円)子供S$38(約4,870円)

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

ナイトサファリに入場できるチケットと入場料金は以下の通りです。

チケット名 チケット料金
(大人)
チケット料金
(3~12歳)
ナイトサファリ S$55(約7,050円) S$ 38(約4,870円)
4パーク共通パスパークホッパープラス S$108(約13,850円) S$80(約10,250円)
2パーク共通パス S$88(約11,260円) S$60(約7,680円)

※上記の全てのチケットに、シンガポールの消費税が含まれています。

「4パーク共通パスパークホッパープラス」はナイトサファリの他に「シンガポール動物園」と「リバーワンダー」「ジュロン・バードパーク」などシンガポールの有名動物園を楽しめるチケット。個別にチケットを購入するより約4割お得になります。

「2パーク共通パス」は上記の動物園の内の2つに入場できるチケット。どちらのチケットも1つの動物園につき1回入場でき、有効期限は7日間です。

日本語トラムを利用する際は別途S$10(約1,300円)が必要

シンガポール ナイトサファリ
Source:PIXTA

トラムとは、ナイトサファリの中を周遊するバスのことで、車内では動物の習性や生態系などを案内してくれます。案内言語は、英語や日本語を含め8か国語。英語トラムは無料ですが、日本語トラムの場合は別途S$10(約1,280円)がかかります。

トラムのチケットは現地で申し込みできますが、日本語トラムは数に限りがあります。特に繁忙期は、乗車まで2時間待ちというケースも珍しくありません。日本語での案内を希望している方は、早めに乗ることをおすすめします。

シンガポールのナイトサファリをお得に便利に楽しむならKKdayの事前予約がおすすめ!

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

KKdayでは、シンガポールのナイトサファリをお得に便利に楽しめるチケットを販売しています。旅行者向けの「トラム乗車付きチケット」に加え、シンガポール在住者向けの割引チケットも購入可能。

KKdayを利用するとネットで事前予約ができ、当日は決済後に送られる電子バウチャーを現地で提示するだけで入場可能です。

旅行者向けのチケットは5,138円、シンガポール在住者限定チケットは4,881円とリーズナブルなので、ナイトサファリをお得に楽しみたい方はKKdayを利用しましょう。

KKdayで今すぐ予約!

 

シンガポールのナイトサファリの見どころや魅力6選

1. 昼間には観られない夜行性動物の活発な姿を観察できる

jpg 2022 05 20T091720.389 1
Source:KKday

動物園の夜行性動物と聞くと、あまり動かなくてつまらないと思う人もいるかもしれません。しかし、ナイトサファリは文字通り夜に開かれるため、日中には観られない夜行性動物の活き活きとした様子を観察できます。

きびきびと動き回る「アルマジロ」や水浴びする「コツメカワウソ」、餌を頬張る「ワラビー」など夜行性動物の活発な動きを楽しめます。

他にもライオンやレオパード、ゾウなどサファリでお馴染みの動物に出会えることも人気のポイント。日没と共に動物の鳴き声や動きが活発になる様を見ると、夜のジャングルに迷い込んだような気分を味わえます。

夜行性動物の自由な姿を余すところなく観られるのは、ナイトサファリの大きな魅力です。

2. 日没後の涼しい時間帯で動物園を楽しめる

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

ナイトサファリは18:30から開園するため、夜の涼しい時間帯に動物園を楽しめるのも魅力の一つ。強い日差しで肌が気になる方や、体力に自信がない方でも安心してナイトサファリを楽しめます。

園内は、川や池など涼を感じられる場所が豊富なのもおすすめポイント。特に鍾乳洞を模した洞窟は、東南アジアとは思えないほどの涼しさです。

しかし涼しいといえども、それなりに高温多湿です。長時間ナイトサファリを楽しみたい方は、水分補給を忘れないようにしましょう。服装は、半袖短パンなど動きやすい格好がおすすめです。

KKdayで今すぐ予約!

3. 柵や檻がなく間近で動物たちを観察できる

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

パーク内には柵や檻がないため、一般的な動物園よりも近くで動物を観察できるのも見どころです。

徒歩で回ることができるトレイルでは、カワウソやワニなどの川辺の動物を眺められたり、近くの木でミミズクが止まっている様子を観察できます。中でもワラビートレイルは、ワラビーが葉っぱを食べている姿や走り回る姿を手が届くほどの近さで観察できることで人気。

サファリアドベンチャーツアーでは、バギーに乗ってアジアゾウの餌付け体験もできます。普段檻や柵で隔てられている動物との距離を縮められるのは、ナイトサファリならではの魅力です。

4. 乗り物に乗って園内を回るガイド付きのトラム

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

園内では「トラム」といわれるガイド付きの車で、園内を回ることができます。徒歩と同じくらいの速さでゆっくり周遊するため、乗り物が苦手な方でも安心です。

周遊中は、闇夜に照らされたフラミンゴが群れを成す様子やハイエナがじゃれ合う姿、唸り声を上げるライオンの雄姿など、動物たちのありのままの姿を観察できます。

トラム内では、各ゾーンで動物の特徴を解説してくれるなど、知的好奇心をくすぐるサービスが充実。言語は日本語を含め8か国語から選べますが、日本語トラムは追加料金がかかり、便数に限りがあるのでご注意ください。

5. 歩いて園内を回る4種類のトレイルコース

jpg 2022 05 20T091623.001 1
Source:KKday

ナイトサファリには、徒歩で園内を回ることができるトレイルがあり、次の4コースが設けられえています。

ナイトサファリのトレイルコース
1. イーストロッジ・トレイル
2. フィッシングキャット・トレイル
3. レオパード・トレイル
4. ワラビー・トレイル

 

「イーストロッジ・トレイル」はマレーシアやインドネシア、アフリカの赤道付近に生息する動物を観察できるコース。中でも絶滅危惧種のマレートラは人気の動物で、夜空をバックにした美しい柄は必見です。

「フィッシングキャット・トレイル」は、水辺に生息する小動物をテーマにしたコース。水中の魚を捕まえる「スナドリネコ」や川で水遊びをする「カワウソ」を観られます。

「レオパード・トレイル」は、主に大型のネコ科動物を集めたコース。ヒョウが俊敏に走り回る姿やムササビが飛ぶ様子、群れを成して可愛く歩く「ヤマアラシ」など、夜のジャングルを代表する動物を観察できます。

「ワラビー・トレイル」はその名の通り、ワラビーを特集したエリア。ワラビーは専用のドームで放し飼いにされており、至近距離で観察できます。ワラビーが木の葉を食べる姿やじゃれ合う姿が愛らしいと女性客の間で人気です。

KKdayで今すぐ予約!

 

6. 大迫力のファイヤーダンスやアニマルショー

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

ナイトサファリの魅力は、動物観察だけではありません。ファイヤーダンスや園内の動物を使ったアニマルショーも見応えのあるイベント。

ファイアーダンスでは、ダンサーが松明や火が付いたワイヤーを両手に音楽に合わせて踊る姿を楽しめます。

アニマルショーの「クリーチャー・オブ・ザ・ナイトショー」では、動物たちの特性を魅せるイベントが盛りだくさん。司会の合図と同時にステージがBGMと共に闇に包まれ、サーバルキャットの捕食シーンや、カワウソが高い知能を発揮してごみを分別するショーなどを見られます。

※ショーの最中は、動物に触れることやフラッシュを焚いて写真を撮影することはできないのでご注意ください。

シンガポールのナイトサファリで夜行性動物を観察しよう

シンガポール ナイトサファリ
Source:KKday

シンガポールのナイトサファリの概要と入場料金、見どころを解説しました。

昼の動物園では観られない夜行性動物の姿を観察できる点が、ナイトサファリの最大の魅力。手が届きそうな距離で動物を観ることができたり、動物の才能を活かしたショーを楽しめたりと、日本の動物園では味わえない体験ができます。

ぜひこの記事を参考にして、シンガポールのナイトサファリを満喫してみてください。

※記事内にあるS$(シンガポールドル)の値段は2022年5月19日時点の価格です。

KKdayで今すぐ予約!

 

関連商品

 

おすすめ記事