ハワイの海の特徴をはじめ、初心者・中級者・上級者におすすめのビーチを目的別に15選紹介しています。観光、アクティビティ、シュノーケリング、サーフィンなどのシーンに分けてまとめたので、用途に合わせてハワイの海水浴場を探している方はぜひ参考にしてください。

ハワイの海の特徴

ハワイの海は5月〜10月の乾季がベストシーズン

ハワイ おすすめ 海
Source:PIXTA

ハワイの海を堪能するなら、乾季といわれる5月〜10月がベストです!

気象庁のデータによると、オアフ島では5月〜10月の平均気温が27度前後となっており、7月や8月になると最高気温が31度前後まで上昇します。

日本の夏とは異なり、ハワイの乾季は湿気が少なくて快適に過ごせるのが特徴です。雨季に比べて降水量が少ないため、海水浴やさまざまなアクティビティを思う存分に楽しむことができます。

ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークなどの大型連休は旅行代金が高い傾向にあるので、少しでもお得なツアーを調べておくのがおすすめです。

 

10月〜4月の雨季には高確率で虹が見れる

ハワイ おすすめ 海
Source:PIXTA

雨季といわれる10月〜4月には、比較的雨の日が多くなります。日本の梅雨に比べると格段に降水量が少なく、スコールのように雨が降っても短時間で雨が止む、ということを繰り返します。

そのため、ハワイは「レインボーステート」とも呼ばれており、虹に出会える確率が高い国です。運が良ければ、二重で虹が掛かるダブルレインボーを見ることもできます。

10月〜4月の平均気温は24度前後、最高気温は28度を上回ることも多く、日中は暖かいと感じることが多いでしょう。もちろん、ハワイでは雨季でも海水浴を楽しむことが可能。ただし、朝や夕方は気温が20度を下回ることもあるので、上着を1枚用意しておくと安心です。

ハワイでおすすめの海水浴場15選

ハワイ おすすめ 海
Source:PIXTA

ハワイといえば、澄み切った青い海が大きな魅力です。各ビーチでは、海水浴やシュノーケリング、サーフィンなど、さまざまなアクティビティを思い思いに楽しんでいる方が多く見られます。

ハワイには数々のビーチが存在しますが、場所によってそれぞれ特徴が異なるため、ハワイにはどのような海水浴場があるのかをチェックしておくのがおすすめです。

ここからは、ハワイでおすすめの海水浴場について、初心者・中級者・上級者に分けて、それぞれの魅力や特徴などをたっぷりと紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【初心者】観光・アクティビティにおすすめのハワイの海水浴場5選

1. ハワイ屈指の人気観光スポット!のんびりと海水浴や散歩を楽しめる「ワイキキビーチ」

ハワイ おすすめ 海
Source:KKday

最初に紹介するハワイでおすすめの海水浴場は「ワイキキビーチ」です。オアフ島南岸に位置するホノルル市にあり、ハワイ屈指の観光スポットとして人気です。

海沿いにはホテルやレストランが立ち並び、ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りからもアクセスしやすいため、年間を通して多くの観光客で賑っています。

また、ワイキキビーチは約3kmにわたって砂浜が続いているので、散歩しながらのんびり景色を楽しみたい方におすすめです。

ワイキキビーチの特徴は比較的波が穏やかであること。そのため、海水浴を楽しむ方やサーフィンに挑戦する方が多く見られます。「サーフィンを体験してみたい」という方にもぴったりです。

▼スポット詳細
住所: Honolulu, HI 96815(MAP)
アクセス:ロイヤル・ハワイアン・センターから徒歩約7分・ダニエル・K・イノウエ国際空港から車で約19分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

ワイキキビーチでサーフィン体験!子供でも波乗りが楽しめる

ハワイ おすすめ 海
Source:KKday

KKdayでは、ワイキキビーチでサーフィンが体験できるお得なチケットを販売中!ベテランのインストラクターがマンツーマンで、サーフィンの基礎やテクニックをレクチャーしてくれるため、サーフィンを体験したことがない方や子供でも安心です。

また、サーフボードやウェットスーツなどのレンタルも料金に含まれているので、手ぶらでサーフィンを楽しむことが可能。さらに、ワイキキ地区各ホテルへの往復送迎がセットになっている点も大きな魅力です。

万が一急用ができた場合でも、6日前までならキャンセル料は発生しないので、気軽に利用してみてください!

KKdayで今すぐ予約!

2. 全米No.1に選ばれた透明度の高い美しい海!ハワイの天国の海と呼ばれるおすすめビーチ「ラニカイビーチ」

Source:PIXTA

続いて紹介するハワイでおすすめの海水浴場は「ラニカイビーチ」。オアフ島の東部に位置するカイルアにあり、ハワイ語で「天国の海」を意味しています。

1996年に全米NO.1のビーチにも選ばれたことがあるほど、透明度の高い美しい海が大きな魅力です。また、砂は非常にきめが細かく、まるでパウダーのようにサラサラしていて裸足での散歩にも適しています。

海沿いには閑静な高級住宅地や別荘が立ち並び、周辺にはシャワーや更衣室などの設備もないため、他のビーチに比べて人が少なく落ち着いた印象。隠れ家のようなラニカイビーチでは、美しい海を眺めながらゆったりと砂浜で過ごすのがおすすめです!

 

▼スポット詳細
住所:Kailua, HI 96734(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約32分・カイルアビーチパークから徒歩約23分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

3. ハワイの家族連れにおすすめ海!バーベキューやピクニックが楽しめる「アラモアナビーチ」

Source:PIXTA

続いて紹介するハワイでおすすめの海水浴場は「アラモアナビーチ」。ハワイ最大のショッピングモールで知られる「アラモアナセンター」のすぐそばにあり、ホノルルの中でも人気の高いビーチの1つです。

背後には東京ドーム約6.5個分の広大な「アラモアナビーチパーク」があり、芝生の上でバーベキューやピクニック、読書などを楽しむ方が多く見られます。

また、海沿いには遊歩道が整備されているので、ジョギングにもぴったりです。敷地内の東には人工の半島「マジックアイランド」があり、サンセットの鑑賞スポットとしても注目されています。波が穏やかであるため、子供と一緒に海水浴を楽しみたい方にもおすすめです。

 

▼スポット詳細
住所:Honolulu, HI(MAP)
アクセス:アラモアナセンターから徒歩約7分・ワイキキから車で約8分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

4. ハワイの絶景を一望!シャワーやトイレ完備で安心して利用できる「カイマナビーチ(サンスーシー・ビーチ)」

ハワイ おすすめ 海
Source:PIXTA

続いて紹介するハワイでおすすめの海水浴場は、ワイキキのカピオラニ公園の隣にある「カイマナビーチ(サンスーシー・ビーチ)」です。ビーチからはダイヤモンドヘッドやワイキキの街並みが一望できます。

また、夕日が綺麗に見えるビーチとしても知られており、ワイキキの街に沈むサンセットを眺めることができます。さらに、アザラシが時々砂浜に現れるなど、ワイキキビーチとは違った雰囲気を楽しむことが可能。

ワイキキからアクセスしやすいビーチですが、比較的人が少なく、混雑を避けたい人におすすめです。シャワーやトイレなどの設備も充実し、ライフガードもいるので安心して利用できます。

 

▼スポット詳細
住所:Honolulu, HI 96815(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約5分・徒歩約20分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

5. 白く柔らかな砂浜とターコイズブルーの海!キャンプやバーベキューも楽しめる「ワイマナロビーチパーク」

Source:PIXTA

続いて紹介するハワイでおすすめの海水浴場は「ワイマナロビーチ」。2015年に全米のベストビーチに選ばれており、白くやわらかな砂浜とターコイズブルーの海が特徴です。

オアフ島の東側に位置しているので、ワイキキから車で30〜40分ほどで移動することができます。また、ワイマナロビーチでは駐車場や公衆トイレ、簡易シャワーなどの設備が充実し、ライフガードも常駐しています。

ビーチの隣にある「ワイマナロビーチパーク」では、キャンプやバーベキューを楽しむ家族連れで賑わっていますが、ワイキキビーチのように混雑していないため、静かにのんびり過ごしたい方におすすめのビーチです。

 

▼スポット詳細
住所:41-741 Kalanianaʻole Hwy, Waimānalo, HI 96795(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約31分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP): 

【中級者】シュノーケリングにおすすめのハワイの海水浴場5選

6. ハワイ有数のシュノーケリングスポット!400種類以上の海の生き物が生息する「ハナウマ湾」

https://www.kkday.com/ja/product/18421?cid=13345&ud1=34491&ud2=18421
Source:KKday

続いて、ハワイの海でシュノーケリングを楽しむなら、ホノルル東部の南東端にある「ハナウマ湾」がおすすめです。

ハワイ有数のシュノーケリングスポットとして知られており、なんといっても透明度の高いターコイズブルーの海が大きな魅力。2004年と2016年には、全米のベストビーチランキングで2度にわたって1位に輝いています。

海洋保護区にも指定されており、ハギやバタフライフィッシュ、チョウチョウウオなど約400種類以上の魚たちが生息し、タコやウツボなども間近で鑑賞することが可能です。運が良ければ、ウミガメに出会えるチャンスもあります。

▼スポット詳細
住所:100 Hanauma Bay Rd, Honolulu, HI 96825(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約20分
営業時間:6:45~16:00(入場は14:00まで)
入場料金:25ドル
詳細(公式HP):https://hanaumabaystatepark.com/

色とりどりの珊瑚や魚を観察!ハナウマ湾でシュノーケリングを楽しもう

jpg 2022 05 13T123145.367
Source:KKday

KKdayでは、お得な価格で「ハナウマ湾シュノーケリング半日ツアー」のチケットを販売しています。本プランには、大人用のシュノーケルマスクやフィンなどが含まれており、現地でレンタルする手間が省ける点が大きな魅力です。

また、ワイキキ地区ホテルからの往復送迎も付いていて、移動しやすい点もうれしいポイント。出発時間は8:00・10:00・12:00・13:10の4つの時間帯から選択することができます。ハナウマ湾ならではの透き通った海で、ぜひシュノーケリングを堪能してみてください。

また、敷地内にはギフトショップやピクニックスペースもあるので、シュノーケリングを楽しんだ後はゆっくりと過ごすのも良いでしょう。

KKdayで今すぐ予約!

7. カヌーやカヤックにおすすめ!ハワイのカネオヘ湾の近くにある一風変わった海水浴場「カネオヘビーチパーク」

Source:PIXTA
※画像はイメージです。

続いて、カネオヘ湾の景色を楽しみたい方は「カネオヘビーチパーク」がおすすめです。こちらはカネオヘ湾の奥まったところにある、少し変わったビーチ。

カネオヘ湾といえば、シュノーケリングなどのアクティビティツアーが盛んな場所ですが、カネオヘビーチはかつて養魚池だったこともあり、海の色は青々としていません。

どちらかと言えば、カヌーやカヤックに適したビーチです。シュノーケリングに最適なカネオヘ湾とはちょっと違った雰囲気が楽しめます。駐車場やトイレも完備されているので、ちょっとした寄り道に良いかもしれません。

 

▼スポット詳細
住所:45-15 Waikalua Rd, Kaneohe, HI 96744(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約26分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

8. ウミガメと泳げるシュノーケリングスポット!波が小さいため子どもにもおすすめ「カイオナビーチパーク」

jpg 2022 05 13T133756.699 1
Source:KKday
※画像はイメージです。

続いて紹介するハワイでおすすめの海水浴場は、ワイマナロビーチの延長にある「カイオナビーチパーク」。ガイドブックなどではあまり紹介されていませんが、言わずと知れたシュノーケリングスポットです。運が良ければ、ウミガメと一緒に泳ぐことができます。

基本的に遠浅で波が小さいため、小さな子どもの水遊び場としてもおすすめ。駐車場やシャワー、トイレや更衣室なども完備しているので安心して利用できます。

また、平日は利用者が少なく、まるでプライベートビーチのようにのんびりと過ごすことが可能。子供向けのビーチをお探しの方や、ゆったりと静かなビーチで過ごしたい方はぜひチェックしてみてください。

 

▼スポット詳細
住所:Kalanianaʻole Hwy, Waimanalo, HI 96795(MAP)
アクセス:
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

9. サーフィンやカヤックにおすすめ!地元民から愛され続けるハワイのおすすめ海水浴場「カイルアビーチ」

ハワイ おすすめ 海
Source:KKday

続いて紹介するハワイでおすすめの海水浴場は「カイルアビーチ」。天国の海と呼ばれる「ラニカイビーチ」の隣に位置し、シャワーや更衣室などの設備が充実しているビーチです。

1998年には全米のベストビーチにも選ばれており、地元民や観光客に人気があります。透明度の高い海水とシュガーパウダーのような砂浜が大きな魅力で、シュノーケリングを楽しみたい方にぴったり。

また、貿易風が安定して吹くため、ウインドサーフィンやカイトサーフィン、カヤックなどのマリンスポーツを楽しんでいる方も多く見られます。カイルアの街には商業施設も充実しているので、ショッピングを堪能したい方にもおすすめです。

▼スポット詳細
住所:Kailua, HI 96734(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約28分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

シュノーケリングと併せて好みのアクティビティも追加可能!美しいカイルアビーチを思う存分楽しめる

ハワイ おすすめ 海
Source:KKday

KKdayでは、カイルアビーチを思う存分に楽しめるツアーチケットを販売しています。ワイキキの周辺ホテルからの無料送迎や昼食、シュノーケル用具のレンタルも含まれているので、とてもお得です。

さらに、ビーチだけでなくショッピングやサイクリングを楽しみたいという方にもおすすめのツアーで、好みのアクティビティを追加することが可能。

例えば「カイルアビーチ+自転車」のプランでは、送迎・昼食・ビーチアクティビティ用具のレンタルに加えて、自転車レンタル代 (2時間)が含まれます。

ほかにも、ハワイで人気店の「ブーツ&キモズ」のパンケーキが食べられるプランなどもあり、お子様連れのファミリーにも人気です。

KKdayで今すぐ予約!

 

10. 全米最長最大の珊瑚礁!穏やかな波で様々なマリンアクティビティが楽しめる「サンドバー」

ハワイ おすすめ 海
Source:KKday

続いて紹介するハワイでおすすめの海水浴場は、オアフ島北東部に位置するカネオヘ湾の「サンドバー」です。サンドバーとは引き潮の際に出現する浅瀬の砂洲を指し、干潮のわずかな時間だけ、360度海に囲まれながら浅瀬を歩くことができます。

また、全米最長最大の珊瑚礁があることでも知られており、波は穏やかで海は驚くほど澄み渡っています。あまりの美しさから、「天国の海」や「天使の海」と呼ばれているほど!

カネオヘ湾では多くのウミガメが生息しているため、サンドバーでも高確率でウミガメと出会うことができるでしょう。絶好の撮影スポットなので、防水のカメラは用意しておきたいですね。

▼スポット詳細
住所:47-86 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744(MAP)
アクセス:ワイキキからカネオヘ湾まで車で約40分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

天使の海サンドバーでピクニック&シュノーケリングを楽しむ!

jpg 2022 05 13T123250.859
Source:KKday

KKdayでは、天使の海「サンドバー」でピクニックセイルとシュノーケルが楽しめるツアーチケットを販売しています。ワイキキ指定ホテルからの送迎やシュノーケル用具、そして船上でのハンバーガーランチやドリンクなども含まれていて非常にお得です。

催行時間は約6時間ほどで、ウミガメウォッチングやサンドバーウォーク、ウォーターバレーなどを思う存分に楽しむことができます。

日本では味わえない非日常的な体験を、お友達同士やカップル、ご家族で堪能してみてください。なお、3日前までならキャンセル料金は発生しないので、お気軽にご利用ください!

KKdayで今すぐ予約!

 

【上級者】サーフィンにおすすめのハワイの海水浴場5選

11. 思う存分サーフィンが楽しめる!ハワイのビックウェーブに乗れる海水浴場「ワイメアビーチ」

Source:PIXTA

続いて、ハワイでサーフィンを思う存分に楽しみたいなら、ノースショアにある「ワイメアビーチ」がおすすめ。ノースショアの中で最もビッグウェーブが期待できるポイントとして知られており、大波コンテストが開催される場所としても有名です。

冬が始まる10月ごろから徐々に波が大きくなり、11月〜2月には9mもの巨大な波が押し寄せることもあります。この時期になると、各国から多くのプロサーファーが訪れ、同時にプロサーファーが波乗りする光景を楽しむファンも多いです。

一方、波が穏やかになる夏のシーズンでは、海水浴やシュノーケリングを楽しむ人が多く見られます。

 

▼スポット詳細
住所: North Shore, HI 96712(MAP)
アクセス:ダニエル・K・イノウエ国際空港から車で約1時間2分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

12. サーフィンや釣りにおすすめ!トイレやシャワー完備が魅力的な「エヴァビーチパーク」

ハワイ おすすめ 海
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

サーフィンや釣りが楽しめる穴場スポットとして、注目を集めているのが「エヴァビーチ」です。

視界が広く、遠くにはダイアモンドヘッドやワイキキの街並みを臨むことができます。また、近くにはホノルル空港があり、着陸する飛行機を眺めながら日光浴が楽しめるのも大きな魅力です。

トイレやシャワーはありますが、ライフガードが常駐していないため、中級者〜上級者のサーファーに適しています。

ビーチの背後にある「エヴァビーチパーク」では、バスケットボールや野球などを楽しむ人たちが多く見られ、観光客もほとんどいないのでローカル気分を味わえるでしょう。

 

▼スポット詳細
住所:91-27 Fort Weaver Road, Ewa Beach(MAP)
アクセス:ダニエル・K・イノウエ国際空港から車で約27分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

13. イルカと一緒に泳げる!ハワイのサーフィンやボディボードが楽しめる「ヨコハマベイ」

ハワイ おすすめ 海
Source:PIXTA

ノースショアと同様に、高波が押し寄せるサーフスポットが「ヨコハマベイ」です。ヨコハマベイとは、マカハの北側からオアフ島最西端のカエナポイントまでのアーチ状の海岸線に面したヨコハマ湾のこと。

その中でも主に、ケアワウラビーチとマクアビーチを指すことが多いです。ここではサーフィンやボディーボードが楽しめ、冬になると大きな波が来ることもあります。

また、朝の時間帯はハワイで最もイルカと泳ぐチャンスがある場所と言われています。駐車場にはシャワーやトイレもありますが、ビーチには日陰が無いのでテントやパラソルなど日光対策を用意しておくとより快適に過ごせるでしょう。

 

▼スポット詳細
住所:Hawaii 96791(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約1時間6分 高速道路H1(West方面)→93号線(Farrington Hwy)
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

14. ハワイの人気観光スポット!初心者から上級者まで波乗りを楽しめる「ダイヤモンドヘッド」

jpg 2022 05 13T123355.809
Source:KKday

ハワイ屈指の観光スポットである「ダイヤモンドヘッド」は、言わずと知れたサーフスポットです。

ポイントは、「クリフス」「ライトハウス」「スーサイド」の3つ。初心者でも波乗りを楽しめることから日本人観光客も多く、ビーチにはシャワーも備わっているので気軽にサーフィンが楽しめます。

また、ダイヤモンドヘッドはワイキキからアクセスがしやすいため、サーフィンだけでなくハイキングにもおすすめの場所です。標高はわずか232mで、登山道も程よく整備されているので、子供からご年配の方まで気軽にハワイの絶景が楽しめます。

▼スポット詳細
住所:Honolulu, HI 96815(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約10分
営業時間:6時~18時
入場料金:大人5USドル(歩行にて入山の場合)
詳細(公式HP):https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/oahu/diamond-head-state-monument/

ハワイの絶景をヘリコプターから一望!ワイキキビーチ・ダイヤモンドヘッドなどを遊覧飛行で楽しむ

jpg 2022 05 13T123337.059
Source:KKday

KKdayでは、ワイキキ地区ホテルへの送迎が付いた「ヘリコプター遊覧飛行体験ツアー」のチケットを販売しています。

NOVICTOR社が提供するヘリコプター遊覧飛行サービスです。約50分間のフライトで、ワイキキビーチやダイヤモンドヘッド、ハナウマ湾自然保護区をはじめ、映画「ジュラシック・パーク」シリーズの撮影地として知られるカアアワ渓谷などもご覧いただけます。

「オアフ島全体の美しい景色を短時間で堪能したい」という方におすすめのツアー。また、ドア無しヘリコプターを選択することもでき、スリリングな雰囲気も味わえますよ。

KKdayで今すぐ予約!

 

15. サーフィンの大会でも利用される本格的なビーチ!約8mもの波に乗れる「サンセットビーチ」

jpg 2022 05 13T130711.556
Source:KKday

サーフィンにおすすめの海水浴場として、ノースショアにある「サンセットビーチ」も有名です。サーフィンの国際大会が開催される場所でもあり、冬になると3m〜8mもの高波が押し寄せます。

週末には、各国からプロのサーファーや経験を積んだ上級者が多く訪れるため、巨大な波に挑む姿や圧巻のパフォーマンスも見ることができるでしょう。

また、サンセットビーチは美しい夕日が望めることでも知られており、夕焼けの時間になるとカップルや観光客が多く訪れます。1年を通して綺麗な夕日が楽しめるので、「大切な人とロマンチックなひとときを過ごしたい」という方はぜひチェックしてみてください。

▼スポット詳細
住所:59-144 Kamehameha Hwy., Haleiwa(MAP)
アクセス:ワイキキから車で約1時間10分
営業時間:-
入場料金:-
詳細(公式HP):

平等院やサンセットビーチなどを周るノースショア1日ツアー!

jpg 2022 05 13T123417.192
Source:KKday

KKdayでは、ワイキキ地区各ホテルへの往復送迎が付いた「ノースショア1日ツアー」のチケットを販売中!平等院やサンセットビーチ、ドール(Dole)社が手がける植物園「ドール・プランテーション」などの人気スポットを巡ります。

さらに、カフク(Kahuku)エビ養殖場でハワイ名物のエビ料理も堪能できる、計5時間のツアーです。

手続きは、現地にて電子バウチャーを提示するだけ!送迎がセットになっているので、レンタカーを手配する必要もありません。ノースショアを1日で満喫したい人におすすめのツアーです。6日前までならキャンセル料は発生しないので、お気軽にご利用ください。

KKdayで今すぐ予約!

 

シーンや目的に合わせてハワイの海を楽しもう

ハワイ おすすめ 海
Source:PIXTA

ハワイでおすすめの海水浴場について、初心者・中級者・上級者に分けて紹介しました。「ハワイの海」と一口に言っても、ハワイにはたくさんの海水浴場が存在します。

波が比較的穏やかで子供でも海水浴を楽しめるビーチや、カラフルな魚やウミガメを見ることができる透明度の高いビーチ、プロのサーファーが集まるビーチなど、特徴はさまざまです。

ハワイに訪れた際はシーンや目的に合わせて、ハワイの海を楽しんでみてください。また、この記事で紹介したKKdayのお得なツアーも一緒に活用し、ハワイでの観光を思う存分に満喫してくださいね!

 

関連商品

 

おすすめ記事