岩手は自然が多く、日本の歴史に触れられる人気観光地です。この記事では岩手のおすすめ観光スポットやグルメを厳選してご紹介。何もないなんていわせないほど魅力的なスポットを厳選したので、旅行前にぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

岩手は溢れる大自然を存分に感じられる観光地!

岩手 観光スポット 平泉 中尊寺金色堂
Source:PIXTA

岩手県には魅力的な観光地がたくさんあります。世界遺産に登録されている「平泉」や、中心地の盛岡では和洋折衷のレトロな街並みが楽しめるのが特徴。

また岩手観光ではご当地グルメも欠かせません。食のエンターテインメント「わんこそば」やコシが強く喉ごしのいい「盛岡冷麺」など、岩手にはおいしい食べ物もたくさんあります。

岩手は何もないなんて言わせない!日本の歴史やアートにも触れられるスポットが多い

岩手 観光スポット 宮沢賢治童話村 インスタ映え
Source:PIXTA

岩手県は芸術に興味がある人にもおすすめできる観光地です。岩手県にゆかりのある作家たちの作品が楽しめる「岩手県立美術館」や宮沢賢治が名付け親の工芸品店「光原社」には、全国から珍しい器や漆器が集まります。

また歴史を感じられる建造物も多いです。県内随一の風格を持つ「盛岡八幡宮」や東京駅の設計者・辰野金吾によって設計された「岩手銀行赤れんが館」では、ノスタルジックな雰囲気を感じられます。

主要都市から岩手県へのアクセス方法をご紹介

岩手 観光 2022 アクセス 盛岡駅
Source:PIXTA

岩手県へのアクセスは、新幹線や飛行機、高速道路を利用するのがおすすめです。ここでは、東京・大阪・名古屋から岩手県へのアクセス方法をご紹介します。

東京からは新幹線と高速道路、高速バスを利用できます。新幹線を利用する場合は、東北新幹線に乗り「東京駅」から「盛岡駅」まで約2時間10分。高速道路の場合は「浦和IC」から「盛岡IC」まで約6時間30分。高速バスは「東京駅」または「池袋駅」から「盛岡」まで約7時間25分です。

大阪と名古屋からは空路でのアクセスになります。大阪の場合は「伊丹空港」から「いわて花巻空港」まで約1時間20分。名古屋の場合は「名古屋空港」から「いわて花巻空港」まで約1時間10分です。

岩手・花巻市内を効率よく観光したい方はタクシー移動がおすすめ

岩手 観光スポット グルメ アクセス
Source:KKday

岩手県を観光する際にはタクシー観光が便利です。その土地を熟知したドライバーがスムーズに観光地まで案内してくれます。

KKdayでは、花巻市内を観光タクシーで回れるツアーも販売しています。レトロなジャンボタクシーに乗って「花巻温泉号」や「高村光太郎記念館」、訪れてみたい日本のアニメ聖地にも選ばれた「宮沢賢治童話村」などに立ち寄ります。

午前コース・午後コース・1日コースの3つのプランがあり、午前コースと午後コースは観光する場所が異なるのが特徴。1日コースは午前コースと午後コースを合わせたプランで、ツアー内容にある全ての観光地を回れます。現地にて電子バウチャーを提示するだけで簡単に乗車できるので、岩手を訪れる際はぜひご利用ください。

KKdayで今すぐ予約!

岩手県のおすすめ観光地10選!インスタ映えするスポットもご紹介

岩手 観光スポット 2022 
Source:PIXTA

岩手県には雄大な自然を堪能できるスポットや、歴史や芸術を感じられる観光地がたくさんあります。非日常的な風景をバックに、インスタ映えする写真を撮影して楽しむのもいいでしょう。ここからは、岩手県のおすすめ観光地10選をご紹介します。

1. 春から冬まで川下りを楽しめる岩手のおすすめ観光スポット「猊鼻渓」

岩手 観光スポット 猊鼻渓 舟下り
Source:KKday

日本百景のひとつにも指定されている「猊鼻渓(けいびけい)」は、約2kmに渡って続く渓谷です。川岸には砂鉄川が石灰石を侵食してできた、高さ約100mにもおよぶ絶壁が立ちはだかり、国の名勝にも指定される幻想的な風景となっています。

そんな猊鼻渓で定番の楽しみ方が「舟下り」です。「げいび追分(げいびおいわけ)」という猊鼻渓を訪れる観光客へのお土産に作られた曲が流れるなか、船頭さんが棹一本で渓谷を案内してくれます。

季節によって見える景色が異なり、春には藤や山百合、夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪景色が見られます。冬の運行は「こたつ舟」となっており「木流し鍋」を食べながら景色を楽しめます。

猊鼻渓で舟下りをする際には、KKdayで「猊鼻渓(げいびけい)舟下り割引チケット」を購入してから乗船するのがおすすめです。。料金が安くなるだけでなく、当日は電子バウチャーを指定の引換場所にて提示するだけで簡単に舟下りを楽しめます。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:岩手県一関市東山町長坂字町467(MAP)
アクセス:猊鼻渓駅より徒歩5分
営業時間:8:30〜16:30 ※時期・天候による
入場料金:大人1800円 小学900円 幼児200円
詳細(公式HP):http://www.geibikei.co.jp/funakudari/

2. 岩手を代表する作家の世界観を体感できる観光スポット「宮沢賢治童話村」

岩手 観光 グルメ 2022 宮沢賢治童話村 学校
Source:PIXTA

「宮沢賢治童話村」は岩手を代表する作家・宮沢賢治の童話を「楽習(がくしゅう)できる場所」をコンセプトに建てられた施設です。童話村には「銀河ステーション広場」や「銀河ステーション」「天空の広場」「山野草園」「賢治の学校」など複数のエリアがあります。

そのなかでも、施設でメインのスポットになっているのが賢治の学校です。学校のなかは「宇宙」「天空」「ファンタジックホール」「水」「大地」の5つに分かれていて、まるで童話や詩の中に入ったような気持ちになれます。

また、夏から秋にかけては「童話村の森ライトアップ2021」というイベントも開催されています。宮沢賢治の童話の世界観をイメージして作られたライトアップでは、より一層深い宮沢賢治の世界観を楽しめるでしょう。

▼スポット詳細
住所:岩手県花巻市高松26-19(MAP)
アクセス:新花巻駅より車で約3分
営業時間:施設による
入場料金:大人350円 高大生250円 小中学生150円
詳細(公式HP):https://www.kanko-hanamaki.ne.jp/index.html

3. ノスタルジックな雰囲気を楽しめる岩手の定番観光スポット「岩手銀行赤れんが館」

岩手 観光 2022 岩手銀行赤レンガ館
Source:PIXTA

「岩手銀行赤れんが館」は、明治時代に建設された国の重要文化財にも指定される建造物です。館内は無料で見学できる「岩手銀行ゾーン」と有料の「盛岡銀行ゾーン」に分かれています。

岩手銀行ゾーンでは事務室や営業室として利用されていた「多目的ホール(大)」や、現代だと銀行の窓口にあたる場所があった「エントランスホール」などがあり、無料のスペースだけでも十分に明治時代の銀行の雰囲気を感じられるでしょう。

有料の盛岡銀行ゾーンでは、岩手銀行を建設した辰野金吾と葛西萬司について学べる「旧第二応接室」や、岩手の金融の歴史を学べる「旧支店長室」などがあり、岩手銀行の歴史についてより深く知れる場所となっています。

▼スポット詳細
住所:岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目2番20号(MAP)
アクセス:盛岡駅より車で約10分
営業時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
入場料金:一般300円 小・中学生100円 未就学児童無料
詳細(公式HP):https://www.iwagin-akarengakan.jp/

4. 探検心がくすぐられる岩手の人気観光スポット「龍泉洞」

岩手 観光スポット 2022 龍泉洞
Source:PIXTA

「龍泉洞(りゅうせんどう)」は、日本三大鍾乳洞にも選ばれるほど美しい鍾乳洞です。数万年もの時間をかけて作られた鍾乳洞からは、不思議な力を感じられます。パワースポットとしても有名です。洞内は季節に関係なく10度〜11度になっているので、夏に来るなら羽織るものを持っていくのがおすすめ。

龍泉洞で注目のスポットは「月宮殿」と呼ばれる空間です。5色のLEDによって鍾乳石が綺麗にライトアップされています。ここでは2月中旬から3月中旬で「洞内コンサート」が行われており、洞窟特有の素晴らしい音の反響に多くの人が感動することで有名です。

もうひとつ龍泉洞で外せないスポットが、ドラゴンブルーと呼ばれるほど神秘的な輝きを放つ「第一地底湖」。日本の名水百選にも選ばれている透明度の高い湖なので、ぜひ足を運んでみてください。

▼スポット詳細
住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1(MAP)
アクセス:盛岡駅よりバスで約1時間50分
営業時間:9:00〜16:00
入場料金:大人1100円 小・中学生550円
詳細(公式HP):http://www.iwate-ryusendo.jp/

5. 岩手観光で大自然を感じたい方におすすめのスポット「厳美渓」

岩手 観光スポット 2022 厳美渓 だんご
Source:PIXTA

「厳美渓(げんびけい)」は、国の名勝や天然記念物にも指定されている日本随一の渓谷です。先述した猊鼻渓では舟下りでの観光になっているのに対して、こちらでは散策しながらゆっくりと景観を楽しめます。散策が捗るよう渓谷を流れる磐井川周辺には、ウォーキングコースが整備されています。

そんな厳美渓の名物は空飛ぶ「かっこうだんご」。「東屋」という小屋でかごにお金を入れて木づちを叩くと、対岸からお団子とお茶が届けられる仕組みです。その珍しい光景を一目見ようと、東屋周辺は厳美渓のなかでも一際賑わっています。

厳美渓の周囲には、かっこうだんご意外にもスイーツやコーヒーなどを取り揃えているお店が並びます。美しい渓谷を眺めながら、旅の合間に一息つくのもいいでしょう。

▼スポット詳細
住所:岩手県一関市厳美町字滝の上地内(MAP)
アクセス:一ノ関駅よりバスで約20分
営業時間:なし
入場料金:なし
詳細(公式HP):https://iwatetabi.jp/spot/detail.spn.php?spot_id=763

6. 夏の岩手観光に人気のスポット!青い海と白い砂浜はまさにインスタ映え「浄土ヶ浜」

岩手 観光スポット 2022 浄土ヶ浜
Source:PIXTA

「浄土ヶ浜」は三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心地にある、国立公園エリアでも屈指の人気を誇るスポットです。浄土ヶ浜の岩肌は、なんと約5200万年前にマグマの働きによってできた「流紋岩(りゅうもんがん)」という石灰石。白く美しい岩山に、自然の雄大さを感じられるでしょう。

また浄土ヶ浜は四季折々に見せる違う景色で、訪れる人々を楽しませてくれます。夏には海水浴をする人で賑わい、冬には雪化粧をした美しい岩山を眺められます。

特に夏の海水浴シーズンには「ターミナルビル」「マリンハウス」などのレストランや、貸し出しのボートの営業もしています。他にも「浄土ヶ浜観光船」に乗船して、沖合から浄土ヶ浜を眺めてみるのもいいでしょう。

▼スポット詳細
住所:岩手県宮古市日立浜町(MAP)
アクセス:宮古駅より車で約10分
営業時間:なし
入場料金:なし
詳細(公式HP):https://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/jyoudogahama.html

7. 岩手観光でおすすめなパワースポット「盛岡八幡宮」

岩手 観光スポット 2022 盛岡八幡宮
Source:PIXTA

約300年の歴史を持つ「盛岡八幡宮」の境内には12の社があり、神社のテーマパークともいわれています。縁結びや学業成就、安産祈願などのご祈願はもちろんのこと、芸事や料理上達の神様まで祀られているそうです。さまざまなご利益を持つ社のなかから、自分にぴったりの神様を見つけてみてください。

盛岡八幡宮の正面に位置する巨大な鳥居を潜り抜けて奥へ進むと、朱塗りが美しい本殿があります。こちらは24時間参拝できるので、食後や夜のちょっとしたお散歩に立ち寄るのもいいでしょう。

数ある社の中でも特に人気なのが「笠森稲荷神社」と「大国様・恵比寿様」です。商売繁盛や運気向上のご利益を授かれる社となっています。

▼スポット詳細
住所:岩手県盛岡市八幡町13-1(MAP)
アクセス:盛岡駅よりバスで約20分
営業時間:なし
入場料金:なし
詳細(公式HP):https://morioka8man.jp/

8. 岩手でアートに触れられると人気の観光スポット「岩手県立美術館」

岩手 観光スポット 2022 美術館 
Source:PIXTA

「岩手県立美術館」の特徴は、萬鐵五郎や松本竣介、舟越保など岩手の芸術家たちの作品が集められている美術館です。アートワークショップなどの参加型体験プログラムも、定期的に開催されています。

ワークショップは「芸術のことはよくわからない」という人でも自分で何かを作成したり、体験したりすることで、芸術に親しみを持てるようなプログラムとなっています。

また、美術館内には「パティオ」というレストランが併設されています。ここでは、岩手県で作られた食材を使ったお食事をいただけます。岩手の豊かな自然を眺めながら、おいしいお料理とともに優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

▼スポット詳細
住所:岩手県盛岡市本宮字松幅12-3(MAP)
アクセス:盛岡駅より車で約5分
営業時間:9:30〜18:00(入館は17:30まで)
入場料金:一般410円 学生310円
詳細(公式HP):https://www.ima.or.jp/

9. 春には桜が楽しめる岩手のおすすめ観光スポット「盛岡城跡公園」

岩手 観光スポット 盛岡城址公園
Source:PIXTA

「盛岡城跡公園」は、最上川や中津川などの川を壕にして作られた盛岡城の跡地です。ここでは、季節によって違った景色を楽しめます。

春には「ブンゴウメ」や「シダレウメ」が咲く梅林や、数種類の桜の木が植えられている桜林。梅雨には池を囲むように咲く藤棚にあじさい。秋には紅葉。冬には「盛岡雪あかり」という、市民ボランティアの人々が作り上げたスノーキャンドルが見られます。

特に盛岡雪あかりは、盛岡の冬の風物詩となりつつある大きなイベントです。キャンドルの温かい光と雪が織りなす幻想的な景色に、思わずうっとりしてしまうでしょう。

▼スポット詳細
住所:岩手県盛岡市内丸1-1-37(MAP)
アクセス:盛岡駅より徒歩15分
営業時間:なし
入場料金:なし
詳細(公式HP):http://www.moriokashiroato.jp/

10. 岩手観光で絶景を楽しむならここ!開放感溢れるスポット「早池峰山」

岩手 観光スポット 2022 早池峰山
Source:PIXTA

「早池峰山(はやちねざん)」は、日本百名山のひとつにも選ばれている名山です。また、ハヤチネウスユキソウをはじめとした約200種類の高山植物が咲く、花の名山としても知られています。また、山肌の至るところに大きな岩が突出している点も特徴です。

毎年6月の第2日曜日が山開きとなっており、約1000人もの登山客が訪れます。他の山と比べると登山道に転がる石が多いです。しかし登山道は、概ね整備されているので女性でも登りやすいです。登山ルートは3つ用意されていて、登山に慣れていない人でも3時間ほどで山頂まで行くことができます。

▼スポット詳細
住所:岩手県宮古市江繋(MAP)
アクセス:花巻ICより約70分
詳細(公式HP):https://www.city.hanamaki.iwate.jp/kanko/midokoro/shizen/1003918.html

岩手観光で外せない絶品ご当地グルメ3選

岩手 観光 グルメ 郷土料理 盛岡冷麺
Source:PIXTA

岩手県に行くなら美味しい郷土料理も欠かせません。「わんこそば」に「盛岡冷麺」などは、一度でも耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ここからは、岩手観光で外せないご当地グルメについて詳しくご紹介します。

1. わんこそば

岩手 観光スポット グルメ 椀子そば 盛岡
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

「わんこそば」は一口サイズのおそばを何杯食べられるか競う、食のエンターテインメントです。隣でおそばを入れてくれる給仕さんの掛け声も、わんこそばの名物となっています。

食べ放題が始まる前にはきちんとルール説明があり、まるでレースのスタートを待つかのようなワクワク感が湧いてきます。いざ始まると給仕さんが「はい、どんどん」「はい、じゃんじゃん」と声を掛けながら、おそばをお椀に入れてくれます。

食べ終わると何杯食べられたかが書かれた証明証をもらえるお店が多いです。たくさん食べると記念品をもらえるお店もあるので、グルメ好きの人はわんこそばに挑戦してみてください。

2. 盛岡冷麺

岩手 観光 グルメ 盛岡 冷麺
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

「盛岡冷麺」は盛岡の麺職人が昭和時代、朝鮮半島の伝統料理である咸興冷麺と平壌冷麺を融合して作られたのが始まりといわれています。咸興冷麺は現代では「ビビン麺」と呼ばれる甘辛いソースを細麺に絡めた料理で、平壌冷麺は高麗キジのだしに大根の水漬けの汁を加えたさっぱりしたスープの料理です。

一方、盛岡冷麺は平壌冷麺の高麗キジのだしに似た牛スープにキムチを組み合わせた冷麺になります。また朝鮮半島の冷麺はそば粉で作られた黒い麺なのに対して、盛岡冷麺は小麦粉で半透明の麺で作られました。

当時はその独特の麺の食感や斬新な味に盛岡の人から酷評を受けましたが、次第に「一度食べたらクセになる」という人が増えて地元で愛されてきた歴史があります。

喉ごしのいい麺に、コクと旨味たっぷりのスープがよく合います。

3. 盛岡じゃじゃ麺

岩手 観光 グルメ 盛岡 じゃじゃ麺
Source:PIXTA
※画像はイメージです。

「盛岡じゃじゃ麺」は「わんこそば」「盛岡冷麺」と並んで「盛岡三大麺」と言われる麺料理です。盛岡に住んでいた中国人が「盛岡で手に入る食材で中国の家庭料理を作れないか」と考え、再現したのが始まりとされています。

中華料理の「ジャージャー麺」に似た料理で、平打ちの麺に肉味噌やきゅうり、長ネギがのっているシンプルな料理です。お好みでラー油やにんにくを加え、思いっきりかき混ぜていただきます。

モチモチとした麺に肉味噌やきゅうりなどの具材が絡み合い、一度食べたらやみつきになる味わいです。「じゃじゃ麺同好会」と言われる組織も作る熱狂的な市民もいるほど、人気のある料理です。

岩手は人気スポットや絶品グルメが堪能できるおすすめ観光地

岩手 観光 2022 花巻温泉郷
Source:PIXTA

今回は岩手のおすすめ観光地や人気ご当地グルメを厳選してご紹介しました。岩手はフォトジェニックなスポットだけでなく、日本の歴史や大自然にも触れられるのが特徴。また岩手は絶品グルメも多いので、美味しいものを食べたい方にもおすすめの観光地です。子供から大人まで楽しめる岩手県は、デートや家族旅行にもぴったり。ぜひこの記事を参考にして、存分に旅行を楽しんでみてくださいね!

関連商品

 

おすすめ記事