香港・マカオ

初めてでも安心!香港マカオ旅行基礎情報

香港とマカオは、行き来する際に入国審査が必要で貨幣も違うものの、どちらも広東語を話し、しかもフェリーで約1時間で移動できます。町の雰囲気もガラッと変わるので、ぜひ一度の旅行でどちらも訪れることをおすすめします!

CN0I9A0362_1_TP_V

出発前に事前購入しておきたいもの

Wi-Fi香港マカオ共通4GWI-FI

空港・市内間の快速切符エアポートエクスプレス4割引き!

香港ディズニーランドのチケット1デーチケット

香港・マカオ間のフェリーチケットフェリーチケット

 

香港

交通

空港⇔市内:エアポートエクスプレス、バス

市内の移動:MTR、バス、タクシー

市内⇔ディズニー:MTR

 

観光

尖沙咀(チムサーチョイ):

ネイザンロードやアベニューオブスターズ、シンフォニーオブライツなどすべてここでみられます。定番の観光地です。には高級ホテルから素泊まりできるホテルまで様々なランクのホテルがあるので、この付近で宿泊先を探すのをおすすめします。

彌敦道(ネイザン・ロード):

香港のメインストリートで尖沙咀 から旺角まで南北につながっています。ブランド物からお土産等ショッピングも楽しめます。また夜には色とりどりの鮮やかなライトが付いた看板が印象的なザ香港な街並みも見ることができます。

シンフォニー・オブ・ライツ

4776892881_c585dabea2_o
Flickr / Steamed bun

テレビでもよく聞く、香港百万ドルの夜景。この素敵な夜景に加えて毎日夜20時から約15分間、光のショー『シンフォニー・オブ・ライツ』が開催されます。

香港ディズニーランド

世界で一番小さいディズニーランド。待ち時間が少なく、ここだけのアトラクションや日本にはないグッズ、キャラクターグリーティングの時間もたっぷりとれるのでディズニー好きにはたまらないスポット。

オーシャン・パーク:地元の人に人気の遊園地オーシャン・パークは水族館と遊園地を合わせたテーマパークです。山の上にあるのでジェットコースターに乗りながら絶景を見たり、日本より近い距離でパンダを見れたりもします。

 

グルメ

飲茶(ヤムチャ):

IMG_6530
Nanae

香港に来たら絶対に行きたいのが飲茶。席に着いたらまずお茶を頼みます。店によっては席代としてこのお茶代も含まれている所や、お茶代は別で払う所もあります。

燒臘

3430189897_be5679dc11_o
Flickr / 挪威 企鵝

ランチにピッタリの叉燒飯(㊐チャーシュー飯)など美味しいお肉に白ご飯、野菜がセットでいただけるお店。お肉が二種類ほど選べるのですが、おすすめは燒肉と燒鵝です。

雲吞麵

雲吞とはワンタンのことで、特にプリプリのエビとコシのある細麺がマッチするエビワンタン麺がおすすめです。

IMG_5767

 

牛腩麵

牛腩は牛バラ肉のことで、柔らかくトロトロに煮込まれた牛腩がたまりません。上湯(あっさりスープ)とカレー味の2種類のスープがある店が多く、麺は4種類ほどから選ぶことができます。麺は河粉(フォー)や伊麵がおすすめです。

 

お粥

日本ではあまり見かけないお粥屋さんですが、香港では朝も夜も食べる一般的な食事です。具材も多くボリューミーで、長時間かけてトロトロに煮込んだご飯が食欲をすすります。また、油條(揚げパン)をお粥に入れて食べるのが定番で、これがまた最高に美味しいです。

IMG_5728

 

デザート

香港では南国フルーツをはじめ、おしるこの様な温かいデザートもあります。おすすめは『滿記甜品』。ここは約100種類のデザートが揃っていて、地元の人にも人気のある店です。

 

 

お土産

クッキー

おすすめは熊の缶ケースが可愛い『珍妮曲奇(ジェニーベーカリー)』、『奇華餅家』のパンダクッキー、厳選された素材を使って作るクッキーが人気の『曲奇四重奏(クッキーカルテット)』等です。

夜上海の茶古力:プーアルや鉄観音等のお茶を使用して作られた上品な味のチョコレートです。

カップラーメン:香港では日本の出前一丁が人気で、スーパーやコンビニに行けばいろんな種類があり、日本に売っていない味の出前一丁やカップヌードルを買うことができます。

XO醬:香港を代表する調味料XO醬はスーパーで手軽に買えます。広東料理の定番調味料です。

Two Girls:廣生堂は、香港で初めて誕生したコスメ会社で、レトロなデザインが人気です。

 

 

マカオ

 

交通

マカオは二つの島になっていて、世界遺産やマカオタワーは上のマカオ半島、カジノ等豪華ホテルで栄えてるのが下の です。

旅行客が多いので、フェリーから各ホテルへのシャトルバスもあり、基本誰でも乗れます。

また、マカオはとても小さいので、島を渡る以外は基本歩きで行動できます。

香港のMTRのような交通機関はないので、少し遠い所へ移動する場合や暑くて体力が限界の場合には、タクシーかバスに乗りましょう。

島の移動にはシャトルバスがおすすめです。

 

観光

マカオは昔ポルトガルに支配されていたことがあるため、ポルトガル式の建物や食べ物なども多く見かけます。世界遺産の『マカオ歴史市街地区』では素敵な建物に思わず見惚れてしまいます。

セナド広場

マカオ歴史市街地区の中心となるのがこのセナド広場。周囲にはヨーロッパ建築物や広場の中心には噴水があり、ここから観光をスタートさせる方が多いようです。

聖ポール天主堂跡

IMG_6466
Nanae

ここは特に有名で、過去に三回火事があったのですが、すべてこの正面の門だけが残ったという神秘的な建物です。

 

6922016716_46e0108786_o
Flickr / Wei-Te Wong

マカオタワー:

ここではなんと世界一の高さのバンジージャンプを体験することができます。怖いけどその高さを体験してみたい方は、スカイウォークという、バンジージャンプと同じ高さのマカオタワーの外縁を歩けるのもあります。これは年齢制限もなく、しっかりワイヤーと繋がっているので安心です!

 

 

ザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテル

IMG_6245.2
Haruka

IMG_6498

外見ももちろん美しくて素敵なのですが、中も凄いんです!ホテル2階ではヴェネチアの街が再現された室内でショッピングを楽しめます。いろんな国の料理が楽しめるフードコートもありますよ。

 

 

媽閣廟(マーコミュウ):

7955942020_459a3e3b16_o
Flickr / Harry Li 

「マカオ」の由来となったお寺。昔外人がマカオに訪れた際、このお寺の前で「ここはどこ(なんていう国)?」と尋ね、このお寺の名前を聞かれたと思った地元の人がお寺の名前を答え、外人にはそれが「マカオ」に聞こえたのが由来だと言われています。

ザ・パリジャン・マカオ

外には二分の一サイズのパリのエッフェル塔があり、アジアのアーティストのMVでもよく使用されています。ホテルはショップやカジノもある複合施設になっています。

 

グルメ

蛋撻(エッグタルト):

IMG_6494

マカオに来たら食べたいのが、ポルトガル発祥のスイーツ、エッグタルトです。サクッサクのパイ生地に濃厚なクリームがたまりません。

ポルトガル料理

日本ではあまり見かけないポルトガル料理店ですが、マカオにはあちこちにあります。定番は「葡國鶏(ポルトガルチキン)」、「伽哩蟹(カニカレー)」など。

 

27226889913_dbe28dba11_o
Flicker / Randy Yang 

デザート

トロトロの食感に、新鮮な牛乳の味が口いっぱいににひろがる「牛乳プリン」や「卵プリン」がおすすめです!

 

お土産

中華菓子:聖ポール天主堂跡までの道にお土産屋さんがありビーフジャーキー等沢山売っています。試食もできるので、気に入ったのを購入してくださいね。おすすめは海苔入りのエッグロール。

ガロ(雄鶏):ポルトガルの伝統的な鳥の置物で、幸運を運んできてくれるそうです!

 

その他知っておきたい事

◎香港ドルはマカオでも使えます。レートも大した差はないので、香港にも滞在する予定の方は香港ドルに両替して使いましょう。(尖沙咀にある重慶大廈内の両替所がレートがいい)

◎香港⇔マカオの移動

香港の中港城(尖沙咀)または上環、マカオのマカオ半島やタイパ島のフェリーターミナルからフェリーやヘリコプターに乗って移動(HK$165)

上環からマカオまでは約1時間ほど。*中港城(尖沙咀)発着のフェーリーは上環発着に比べて約20分長く時間がかかります。

・香港空港とマカオ間のフェリーも運行しています。(HK$254)

・上環⇔マカオのヘリコプターは定員12名、HK$3100