小豆島は瀬戸内海に浮かぶ人気の観光地で、毎年多くの人が訪れます。今回は小豆島のおすすめ観光スポットを10選ご紹介。島へのアクセス方法や映えスポット、車なしでも楽しめる方法もあります。人気の観光バスツアーもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

小豆島は美しい瀬戸内海に囲まれた観光地!日帰り旅行にも人気

小豆島 観光
Source:PIXTA

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ離島で、美しい海に囲まれた自然豊かな観光スポット。1年を通して温暖な気候に恵まれ、いつ訪れても居心地の良い場所です。

小豆島内には、大自然を感じられる絶景スポット「星ヶ城山」や「寒霞渓山頂」、女性にも人気なフォトジェニックスポット「小豆島 オリーブ公園」や「エンジェルロード」など見どころが盛りだくさん!

関西や四国から日帰りでも気軽に行ける観光スポットなので、休日のプチ贅沢として小豆島へ訪れてみるのもおすすめです!慌ただしい日常から離れて、自然の中でのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

サイクリングで開放感を楽しめる!島内移動はレンタサイクルがおすすめ

小豆島 サイクリング 観光
Source:PIXTA

小豆島内の観光スポットを巡る際には、サイクリングがおすすめ!サイクリングは、小豆島の美しい風景を望みながら自然を肌で感じられるのが魅力です。また時間に縛られずにのんびり自分のペースで満喫できるので、初心者の方でも気軽に挑戦できます。サイクリングがしたい方は、自転車を借りることができる「レンタサイクル」を活用しましょう。

1日500円~といったリーズナブルな価格で提供している施設もあるので、事前に公式サイトをチェックするのがおすすめです。この記事ではサイクリングにおすすめの観光スポットをたくさんご紹介するので、オリジナルの観光コースを考えてみてください!

小豆島へのアクセス方法はフェリーのみ!KKday独占で乗船チケットを販売中

小豆島 フェリー チケット
Source:KKday

小豆島まではバスや電車を乗り継ぎ、最後にはフェリーで向かうことになります。小豆島へ行く方は、事前にフェリー乗船チケットを予約しておくのがおすすめ。KKdayでは高松・姫路と小豆島を結ぶフェリーチケットを販売しています!マイカーでの小豆島旅行に便利なカーフェリーチケットや、お得な料金で小豆島縦断ができるスルー切符も販売中です。

1日の便数が多いので、自分の旅行プランに合わせて乗船時間を選ぶことが可能。ゆったりくつろげる広々とした船内からは、四季折々の瀬戸内海の風景を堪能できます!高松から約60分、姫路からは約100分の優雅な船旅をお楽しみください。

KKdayで今すぐ予約!

小豆島の人気観光スポットを効率よく回りたい方はバスツアーがおすすめ

小豆島 観光 バスツアー
Source:KKday

複数の観光スポットを効率よく回りたい方は、小豆島の見どころをぎゅっと凝縮したバスツアーがおすすめです!KKdayでは、主要な観光スポットを1日で巡れる約6時間の日帰りバスツアーを販売しています。

バスツアーでは「小豆島オリーブ公園」や「寒霞渓山頂」、「銚子渓お猿の国」、「二十四の瞳映画村」、「小豆島佃煮処」など小豆島旅行には外せない人気の観光スポットを厳選しています。

それぞれ鑑賞する時間は十分に確保しているので、ゆったりと観光スポットの魅力を楽しめます。友人や家族連れ、恋人、1人旅など、どなたでもお気軽にご参加ください!

KKdayで今すぐ予約!

小豆島のおすすめ観光地10選!人気のフォトジェニックスポットもご紹介

1. 地中海にいるような気分になれるおすすめ観光スポット「小豆島 オリーブ公園」

小豆島 観光 オリーブの丘
Source:KKday

最初にご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「小豆島 オリーブ公園」。こちらは、瀬戸内海を一望できる小高い丘に、約2,000本のオリーブの木が植わっている道の駅公園です。絶景のロケーションに位置するオリーブ公園は、地中海にいるような空間づくりになっているのが特徴。

「空の青」と「ギリシャ風車の白」、「オリーブ畑の緑」で色鮮やかな世界が広がっています。園内にあるカフェは映画「魔女の宅急便」の撮影セットを模倣した作りになっており、主人公になりきって写真が撮れるのも人気のポイント。

魔法のほうきは無料でレンタルしているので、まるで空を飛んでいるかのような写真を撮るのもおすすめです!オリーブ公園には、女性心をくすぐるような素敵なフォトジェニックスポットがたくさんあるので、ぜひ足を運んでみてください。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1(MAP)
アクセス:「オリーブ公園口」下車 徒歩約5分「サン・オリーブ」下車 徒歩すぐ
営業時間:8:30-17:00(年中無休)
入場料金:-
詳細(公式HP):https://www.olive-pk.jp/

2. 恋人の聖地として人気の観光スポット「エンジェルロード」

小豆島 観光スポット エンジェルロード
Source:PIXTA

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「エンジェルロード」です。エンジェルロードとは、1日に2回干潮時間のみに海の中から現れる真っ白な砂の道のことです。道が現れたり消えたりと神秘的な現象が起こることから「大切な人と手を繋いで歩くと願いが叶う」といわれています。

道を渡る手前の弁天島を登ると「約束の丘展望台」があり、エンジェルロードを眺めながら幸せの鐘を鳴らすことができます。ぜひ大切な人と一緒に鐘を鳴らしてみてください!エンジェルロードが現れる時間帯は日によって異なり、干潮時間は土庄町の公式HPで確認できます。行く前にサイトを確認するのがおすすめです!

▼スポット詳細
住所:小豆郡土庄町銀波浦(MAP)
アクセス:土庄港からバスで約10分
営業時間:9:00~17:00
(案内所売店の開館時間:干潮時刻によって多少前後します)
入場料金:-
詳細(公式HP):https://www.town.tonosho.kagawa.jp/kanko/sightseeing/575.html

3.  自由気ままに生活する猿に癒される「銚子渓 お猿の国」

小豆島 人気観光スポット お猿の国
Source:PIXTA

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「銚子渓 お猿の国」。こちらは景勝地として称されている銚子渓にある自然動物園です。園内には約500匹のニホンザルをはじめ、クジャクやうさぎなどの可愛らしい動物と触れ合えるのが魅力です。

飼育されているニホンザルは他の地域の猿と比べて温和な性格をしており、追いかけっこをしたり、水遊びをしたりなど愛らしい様子が見られます。寒さをしのぐためにおしくらまんじゅうしている猿たちは、何ともいえない可愛さです!

園内で売られている100円のエサを買えば直接エサをあげることもできるので、ぜひ迫力満点のエサやりを体験してみてください!またお猿の国の頂上にある「仙多公峰展望台」からは、雄大な山々が広がる圧巻のパノラマをご覧いただけます。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:香川県小豆郡土庄町肥土山字蛙子3387-10(MAP)
アクセス:土庄港から車で約20分
営業時間:開園時間 8:20~17:00(最終入園16:30まで)
入場料金:大人450円 /小人250円
詳細(公式HP):http://www.osaru-no-kuni.sakura.ne.jp/

4. 自然が作りだしたダイナミックな渓谷!ロープウェイもおすすめ「寒霞渓山頂」

小豆島 観光スポット 寒霞溪ロープウェイ
Source:KKday

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「寒霞渓山頂」です。寒霞渓は日本三大渓谷美の1つとして数えられる景勝地で、日本で唯一「空・渓谷・海」を一度に眺望できるのが魅力。山頂までを結ぶロープウェイからの景色は、息をのむほどの絶景です。

春の山桜や夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など、変化に富んだ雄大な大自然を堪能できます。また天気の良い日には内海湾や瀬戸内海、さらには四国の山並みまで眺めることがきでき、まるで空中散歩しているような気分を体感できます。

KKdayでは、ロープウェイの割引往復乗車チケットを販売中です!現地よりもお得な価格で購入することができ、ネットで簡単に予約できるのが人気のポイント。寒霞渓に行かれる方は、ぜひKKdayのお得なチケットを利用してみてくださいね。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168(山頂駅)(MAP)
アクセス:小豆島各港から車で約30~40分
営業時間:年中無休(ロープウェイは設備更新工事や荒天の場合は運休あり)
入場料金:ロープウェイの運賃 大人(中学生以上)片道1,050円/往復1,890円
小人(小学生)片道500円/往復950円
詳細(公式HP):https://www.kankakei.co.jp/

5. 日本の歴史を学べる小豆島のおすすめ観光スポット「二十四の瞳映画村」

小豆島 観光スポット 二十四の瞳映画村
Source:PIXTA

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「二十四の瞳映画村」。こちらは映画「二十四の瞳」のロケセットを改築した日本映画のテーマパークです。中には茶屋や漁師の家、土産物屋、男先生の家など、撮影で使用された昭和初期の民家が15軒並んでいるのが特徴。

建物の1つである「キネマ庵」では1950年代の日本映画の名作を揃えたギャラリーがあり、日本映画の歴史を学べます。また昔懐かしい給食が食べられる食事処も完備され、昭和の雰囲気を肌で感じられるのも魅力。

最近ではフォトジェニックスポットとしても人気を集めており、ブックカフェや海洋堂ギャラリー、壁アートなど話題の映え写真もたくさん撮れます!瀬戸内海を見渡せる抜群のロケーションで、ノスタルジックな気分を味わってみてはいかがでしょうか。

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:香川県小豆郡小豆島町田浦(MAP)
アクセス:坂手港より車で約13分、池田港より車で約35分
営業時間:9:00~17:00
入場料金:チケットの種類により値段が異なる
詳細(公式HP):https://www.24hitomi.or.jp/

6. ここでしか味わえない醤油スイーツは絶品「マルキン醤油記念館」

小豆島 おすすめ観光スポット マルキン醤油記念館
Source:PIXTA

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「マルキン醤油記念館」。こちらは、醤油づくりの歴史や製造方法が楽しく学べる博物館です。国の有形文化財にも登録されている合掌造りの館内では、醤油づくりの道具や島の歴史などをパネルやマネキンを使って分かりやすく紹介しています。

醤油づくりに使われていた大きな樽をくり抜いて造られた巨大なトンネルは迫力満点。隣接する工場では、2階のテラス部分から醤油を絞る大きなプレス機を眺めることができ、醤油つくりの奥深さを感じられます。

マルキン醤油記念館に来たらぜひ食べてみてほしいのが、ここでしか食べられない「しょうゆソフトクリーム」。キャラメルのような風味がクセになる味わいを、ぜひ堪能してみてください!

▼スポット詳細
住所:香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850(MAP)
アクセス:オリーブバス坂手線 丸金前下車すぐ
営業時間:9:00~16:00 ※7月20日から8月31日、10月16日から11月30日は9:00~16:30
入場料金:大人(中学生以上):400円
子ども(小学生):200円
幼児:無料
詳細(公式HP):http://moritakk.com/know_enjoy/shoyukan/

7. どこまでも続く田園はまさに癒し!小豆島で自然を堪能できる観光スポット「中山千枚田」

小豆島 観光スポット 中山千枚田
Source:PIXTA

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「中山千枚田(ナカヤマセンマイダ)」。小豆島のほぼ中央部に位置する中山千枚田は「日本の棚田百選」にも選ばれた雄大な田園です。標高約250m~150mの急斜面に大小約800枚の田んぼが重なり合い、美しい波目模様を描いています。

田植え後の水面に晴れ渡る青い空が映り込む反転世界や、辺り一面黄金色に輝く秋の季節など、自然が織りなす四季折々の景観に感動すること間違いなし!

「蓮華寺」からは棚田を見下ろす形で景色を楽しむことができ、「中山春日神社」からは見上げる形で眺められるので、どちらもおすすめの絶景スポットです。日本の原風景ともいわれる棚田を見て、心癒されてみてはいかがでしょうか。

▼スポット詳細
住所:香川県小豆郡小豆島町片城甲44番地95(MAP)
アクセス:土庄港から車で約25分、池田港から車で約15分
営業時間:無休
入場料金:見学自由
詳細(公式HP):https://shodoshima.or.jp/sightseeing/detail.php?id=266

8. お土産は名産品を買うならここ「道の駅 小豆島ふるさと村」

小豆島 おすすめ観光スポット 道の駅小豆島ふるさと村
Source:PIXTA

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「道の駅 小豆島ふるさと村」。こちらは、遊ぶ・泊まる・体験する・食べる・買うを同時に楽しめる総合レジャースポットです。小豆島の特産品を数多く取り揃えているのが特徴で、オリーブ、醤油、佃煮など幅広い商品がお買い求めできます。

「手延そうめん館」も隣接しており、小豆島で有名な手延そうめんの試食や実演も楽しめます!また体験プランも豊富に用意されているため、旅の思い出作りに参加してみるのもおすすめ。

フォトフレーム作りができるクラフト体験や4月~10月限定で開催しているカヤック体験など、どちらも初心者大歓迎のプランとなっているので、どなたでも気軽に参加できます。小豆島の魅力を感じられる観光スポット「道の駅 小豆島ふるさと村」へ、ぜひ足を運んでみてください!

▼スポット詳細
住所:香川県小豆郡小豆島町室生2084-1(MAP)
アクセス:池田港から車で約5分
営業時間:(駅施設)8:30~17:30
入場料金:-
詳細(公式HP):https://www.shodoshima.jp/eat/

9. 小豆島の絶景を堪能できる観光スポット「星ヶ城山」

小豆島 観光 星ヶ城山からの景色
Source:PIXTA

続いてご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「星ヶ城山」。星ヶ城山は、標高約817mの瀬戸内海最高峰の山で、先ほどご紹介した「寒霞渓」の東部に位置します。南北朝時代には山そのものがお城だったこともあり、様々な遺跡が残っているのが特徴です。

登山方法は2通りで、寒霞渓を見下ろしながらロープウェイで登る、もしくは体力がある方は歩いて登るのもおすすめです!登山コースには初心者コースもあるので、家族や友人と一緒に気軽に挑戦できます。

星ヶ城山の山頂からは小豆島全体と瀬戸内海を眺めることができ、まさに圧巻の絶景。夕方には茜色に染まる瀬戸内海を一望でき、言葉にできないほどの美しさです。小豆島を観光される際には、ぜひ訪れてみてください。

▼スポット詳細
住所:小豆島町大字安田字嶮岨山乙586番地の4(MAP)
アクセス:「草壁」港より小豆島オリーブバス神懸線「紅葉亭」停下車
「草壁」港より車で約10分
営業時間:星ヶ城跡:9:00〜17:00(11月は8:30~)、無休
入場料金:-
詳細(公式HP):https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=18279

10. 小豆島のパワースポットとして人気の観光スポット「宝生院のシンパク」

小豆島 観光スポット 宝生院のシンパク
Source:PIXTA

最後にご紹介する小豆島のおすすめ観光スポットは「宝生院のシンパク」。こちらは、国指定の天然記念物として指定された樹齢1600年以上の巨樹があることで有名な観光スポットです。その雄大な姿からパワースポットとしても人気で、多くの観光客が訪れるほど。

シンパクの周りには遊歩道があり、ぐるりと一周できます。近くで見るとさらに迫力があり、きっと神聖なパワーを感じられるはずです。宝生院の敷地内は広いため、のんびりと散策も楽しめます。「幸せをよぶ宝の石」や「鐘楼堂」、「観音様」などシンパクの他にも見どころが満載なので、ぜひ心と体をリフレッシュしてみてください。

▼スポット詳細
住所:小豆郡土庄町北山412 (MAP)
アクセス:土庄港より車で約12分
営業時間:参拝時間は8時~17時まで
入場料金:-
詳細(公式HP):https://hoshoin.jp/

小豆島は歴史的建造物から写真映えスポットまで楽しめる観光地

小豆島 おすすめ観光スポット エンジェルロードのサンセット
Source:PIXTA

今回は、小豆島のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介しました。小豆島は美しいロケーションが自慢のフォトジェニックなスポットから、歴史に触れられる建造物を観光できるのが特徴。またKKdayでは、小豆島の人気観光スポットを1度に回れるバスツアーも販売しています。ぜひこの記事を参考にして、小豆島観光を満喫してみてください!

関連商品
おすすめ記事