ゴールデンウィークまであとわずか!2021年の今年も、コロナの影響で「遠出はちょっと…」という方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、関東近郊の日帰りで遊べるおすすめスポット8か所をご紹介。非日常を感じられる穴場も登場しますよ!ぜひご覧ください。

2021年のGWいつからいつまで?

今年2021年のGWは振替休日がないため、連続した休みは5月1日(土)から5月5日(水)の5日間。ですが、5連休前の金曜日を休むと、4月29日(木)から5月5日(水)までの7連休になります

関東日帰りで遊べるおすすめスポット 8 選

1. スヌーピーミュージアム【東京都】

スヌーピーミュージアム(東京)
Source:KKday

世界中の人に愛されるキャラクター「スヌーピー」、その公式ミュージアム!スヌーピーが登場するコミック「ピーナッツ」の原画をはじめとして、オリジナルアニメーションや、巨大スヌーピーの置物など、新しいスヌーピーの魅力を体験できるスポットなんです♪
新型コロナウイルス対策として、入場チケットは前売り券・当日券いずれも日時指定制。事前にオンラインで購入しておくと安心ですよ!

スヌーピーミュージアム
Source:KKday

壁にはカラフルな絵コンテの展示も!

<基本情報>
▶︎営業時間:10:00-18:00(入場は17:30まで)
年中無休(8月17日は休館)
▶︎電話:042-812-2723
▶︎住所:東京都町田市鶴間3-1-1(map
▶︎行き方:東急田園都市線・南町田グランベリーパーク駅徒歩4分
▶︎公式HP:https://snoopymuseum.tokyo/s/smt/
▶︎料金:
<前売券>
一般 1,800円
中学・高校生 800円
小学生 400円
<当日券>
一般 2,000円
中学・高校生 1,000円
小学生 600円

2. 等々力渓谷 Todoroki【東京都】

等々力渓谷
Source:Shutterstock

東京23区内唯一の渓谷「等々力渓谷」!東京都の名勝の1つに指定されている自然豊かなこの場所は、まさに都会のオアシス
最寄り駅から徒歩5分というアクセスの良さにもかかわらず、一面の緑に囲まれた渓谷は別世界のようです!渓谷内には日本庭園、等々力不動尊、甘味処などもあり、コンパクトに見どころが集まった癒しスポットになっています♪

等々力渓谷の見どころ

ゴルフ橋

等々力渓谷
Source:Shutterstock

等々力渓谷で見逃せないのは「ゴルフ橋」。生い茂る緑と真っ赤なゴルフ橋、そのコントラストはフォトスポットとしても人気です!

<基本情報>
▶︎営業時間:24時間
▶︎電話:03-3704-4972
▶︎住所:東京都世田谷区等々力1丁目22番(map
▶︎行き方:東急大井町線「等々力駅」下車徒歩5分
▶︎公式HP:https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/012/015/001/004/d00004247.html

3. 高尾山(高尾ビジターセンター)【東京都】

高尾山
Source:Shutterstock

日本の登山ブームの火付け役「高尾山」!東京都心から電車で約1時間というアクセスの良さと、登山初心者でも登りやすい山ということで人気のスポットです。おいしいグルメやパワースポットもある登山コースもあり、自然に親しみながら楽しめますよ。

高尾山の見どころ

高尾山薬王院

高尾山薬王院
Source:KKday

高尾山の登山経路にはパワースポットがたくさん!その中でも「高尾山薬王院」は関東大本山のひとつで、恋愛、金運、商売繁盛、さまざまなご利益がえられるんです♪

<基本情報>
▶︎営業時間:
ケーブルカー8:00~最終18:00前後(季節によって異なる)
リフト9:00~16:30(土日祝は延長、冬季は短縮)
▶︎電話:03-3704-4972
▶︎住所:東京都八王子市高尾町(map
▶︎行き方:京王線「高尾山口駅」
▶︎公式HP:高尾ビジターセンターhttps://www.ces-net.jp/takaovc/

4. ムーミンバレーパーク【埼玉県】

ムーミンバレーパーク
Source:KKday

メルヘンな雰囲気に包まれた、ムーミンたちに出会えるテーマパーク「ムーミンバレーパーク」!ムーミンの物語の世界を体験できる展示や、かわいいグッズに子供心を思い出してワクワクしちゃいます♪
また、ムーミンバレーパークは「メッツァ(フィンランド語で森を意味する)」と呼ばれるテーマパーク内にあり、北欧をテーマにしたレストランやショップなども楽しめます。森と湖に囲まれてゆったりした雰囲気に、外国にいるような気分が味わえますよ!
新型コロナウイルス対策として、入場人数の制限やソーシャルディスタンスの確保が徹底されています。

<基本情報>
▶︎営業時間:平日10:00-17:00 土日祝10:00-18:00
▶︎電話:0570-03-1066
▶︎住所:埼玉県飯能市宮沢327-6(map
▶︎行き方:西武池袋線 「飯能駅」・JR八高線「東飯能駅」より直行バスに乗車
▶︎公式HP:https://metsa-hanno.com/
▶︎料金:
<1Dayパス>(入園チケット+有料施設共通チケット)
おとな(中学生以上)4,000円
こども(4歳以上小学生以下) 2,100円 (3歳以下無料)

<入園チケット>
おとな(中学生以上) 2,300円
こども(4歳以上小学生以下) 1,300円 (3歳以下無料)

5. あしかがフラワーパーク【栃木県】

あしかがフラワーパーク
Source:Shutterstock

花とイルミネーションの名所「あしかがフラワーパーク」!1年を通して季節ごと、8つの異なるテーマが設定してあり、来るたびに違った魅力を発見できますよ。花だけでなくレストランやショップなどもあり、のんびり散策するのにうってつけ♪

中でも、特におすすめしたいのが4月中旬から1ヶ月間開催される「ふじのはな物語」。樹齢160年におよぶ藤棚や白藤のトンネルは、CNN「2014年世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれたほどの圧巻の美しさ!「ふじのはな物語」は、ゴールデンウィークと重なる時期の開催なので、ぜひその美しさを体感しに行きましょう!

KKdayで今すぐ予約!
<基本情報>
▶︎営業時間:
通常期
AM 9:00 ~ PM6:00 ※ふじのはな期間を除く
夏季・冬季
AM10:00 ~ PM5:00 ※イルミネーション期間を除く
▶︎電話:0284-91-4939
▶︎住所:栃木県足利市迫間町607(map
▶︎行き方:JRあしかがフラワーパーク駅徒歩3分
▶︎公式HP:http://www.ashikaga.co.jp/
※季節により入場料金が変動しますので、事前に公式サイトでご確認ください。

6. 国営ひたち海浜公園【茨城県】

国営ひたち海浜公園
Source:KKday

写真映えスポットとして話題の「国営ひたち海浜公園」。特に注目すべきなのが4月中旬ごろから見頃を迎える「ネモフィラ」。一面に広がる爽やかなネモフィラの青と澄んだ空の色が、なんとも言えない幻想的な景色を作り出しています!
東京ディズニーランドの5倍の面積を誇る国営ひたち海浜公園は、ネモフィラの花畑のほか、森林や砂丘、遊園地など、楽しめるスポットが盛りだくさん♪家族でもカップルでも目的によっていろんな遊び方ができるスポットです!

KKdayで今すぐ予約!
<基本情報>
▶︎営業時間:9:30~17:00
▶︎電話:029-265-9001
▶︎住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4(map
▶︎行き方:JR常磐線「勝田駅」よりバスで20分
▶︎公式HP:http://hitachikaihin.jp/
▶︎料金:
大人(高校生以上) 450円 500円
シルバー(65歳以上) 210円 250円
中学生以下は無料
※季節により入場料金が変動しますので、事前に公式サイトでご確認ください。

7. 山中湖【山梨県】

山中湖
Source:Shutterstock

山梨県・富士山の麓にある「山中湖」。富士五湖の中で一番大きく、富士山に一番近い湖ということで国内外の観光客が訪れるスポットです!富士山を背景に広がる湖の景色は日頃の疲れを忘れられるほどの美しさ♪
また山中湖周辺は、湖の雄大で美しい景色が楽しめるだけでなく、遊覧船や釣りなどのアクティビティ、温泉施設、フラワーパークなどの観光スポットが充実。気分に合わせて、思い思いの過ごし方ができちゃいます!

山中湖周辺の見どころ

(1)忍野八海

忍野八海
Source:Shutterstock

富士山を水源とする8つの湧水池の総称である忍野八海。世界文化遺産である富士山の構成遺産としても知られています。江戸時代には、富士山に入山する前に身を清めるための巡礼地にもなっていた歴史あるスポットです!パワースポットとしても有名な場所なので、ゴールデンウィークのパワーチャージにももってこい!

(2)花の都公園

花の都公園
Source:Shutterstock

花の都公園は、山中湖のすぐそばにあるフラワーパーク!四季折々の花が広大な敷地に咲き誇っています♪カラフルな花々と、その背後にそびえる富士山に、自然のパワーをたっぷりもらっちゃいましょう。

KKdayで今すぐ予約!
<山中湖基本情報>
▶︎住所:〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野(map
▶︎行き方:
【バス】富士吉田・忍野・山中湖 周遊バス「長池親水公園前」停下車すぐ
【車】東富士五湖道路「山中湖」ICより約5分

8. 猿島【神奈川】

猿島 横須賀
Source:Shutterstock

関東の超穴場スポット「猿島」!猿島は東京湾に浮かぶ唯一の無人島で、江戸時代に外国の軍艦から日本を守るための要塞として利用されてきた歴史ある場所なんです。ジブリ映画「天空の城ラピュタ」の世界を彷彿させる要塞跡は、どこか神秘的な雰囲気がただよっています。有料ですがガイドを利用することもでき、要塞の内部や弾薬庫などの詳しい解説が聞けます。バーベキューや釣りなど、遺産散策以外の楽しみ方もあり♪
(ちなみに猿はいません。)

<基本情報>
▶︎営業時間:
フェリー夏季ダイヤ【3/1~10/31】
猿島行き 9:30-16:30 帰り 9:45-17:00
(1時間1本、冬季ダイヤ【11/1~2/28】は最終便が1時間早まります)
▶︎フェリー料金:
大人1,400円、小学生700円、小学生未満無料
▶︎猿島公園入場料:15歳以上 200円、小・中学生 100円
▶︎電話:046-822-9561
▶︎住所:〒238-0019横須賀市猿島1(map
▶︎行き方:京急横須賀中央駅から徒歩15分、三笠桟橋からフェリー乗船10分
▶︎公式HP:https://www.tryangle-web.com/sarushima

ゴールデンウィーク関東日帰りおすすめスポットを楽しみましょう!

せっかくのゴールデンウィーク、新型コロナウイルスの影響で遠出はしにくいけど関東近郊を日帰りで遊ぶのもいいリフレッシュ♪
自然を感じられるスポットやキャラクターと遊べるスポットなどなど、関東には魅力的で楽しい場所がたくさん!目的に合わせてそれぞれのスポットを楽しんでくださいね!

*施設の営業日・時間は変更となる場合がございます。出発前に、必ず公式サイト等でご確認ください。

関東近郊おすすめ