台湾の北東部に位置する宜蘭(イーラン)は、周囲を山と海に囲まれた自然豊かな県。絶景スポットやレジャースポットが多く、さらに台北から車でたった1時間とアクセスしやすいのが魅力です。今回は、台北から宜蘭までの行き方と、宜蘭県内での移動手段をご紹介。旅先で使える単語・フレーズも載せているので、ぜひご参考ください。

 目次 

宜蘭ってどんなところ?

宜蘭・蘇澳港
Source: Shutterstock

宜蘭県(イーランけん)は、台湾の北東部に位置する県。台北から車で1時間半ほどの距離にあるため、台北から日帰りで観光することも可能です。

宜蘭県には、宜蘭市をはじめ羅東鎮、蘇澳鎮、頭城鎮、礁渓鄉、壮囲郷、員山郷、冬山郷、五結郷、三星郷、大同郷、南澳郷の合わせて12の行政区画が存在しています。面積は東京都と同じくらいの2,143㎢。人口は約45万人と、こちらは東京都葛飾区の人口と同じくらいの規模です。

周囲を山と海に囲まれた自然豊かな宜蘭では、サーフィンやSUP、ドルフィンウォッチングなどのマリンアクティビティのほか、ハイキングやパラグライダー、キャンプなど様々なアウトドアスポーツを楽しむことができます。温泉やグランピング、ドライブにも適しており、台湾を代表する静養地として広く知られています。

宜蘭・太平山森林遊樂區
Source: Shutterstock

また県内には日本統治時代に建設された建物も多く残されており、修繕工事やリノベーションなどを経てカフェや資料館として使用されている例もあります。のどかでのんびりとした雰囲気の宜蘭では、時間がゆっくりと流れているように感じますよ。

そんな宜蘭県の特産品は、三星ネギを使用した蔥油餅(ツォンヨウビン)や、金柑を使用したお菓子や調味料、鴨肉の燻製・鴨賞など。宜蘭ならではのグルメが一度に楽しめる羅東夜市もおすすめです。

台北から宜蘭まで行く方法

台北から宜蘭へ行くには、主に鉄道(台鉄)、長距離バス、車の3つの交通手段が利用できます。

◼︎鉄道(台北駅→宜蘭駅の場合)

台湾鉄道
Source: Fotolia

台北駅(台北車站)出発の場合、第4月台(プラットフォーム)から北方面(北上 / North-bound)への列車に乗って宜蘭へ向かいます。乗車時間は区間車なら2時間半、特急や快速なら1時間半ほどで到着します。

時間に余裕があり、のんびり外の風景を楽しみたいなら区間車、時間を節約したいなら自強号や莒光号、などと旅行の目的やスケジュールに合わせて利用する列車を決めましょう。

自強号や莒光号は停車駅が限られているため、目的地によっては乗り換えが必要となる場合があります。列車の停車駅は台湾鉄道のサイトグーグルマップなどで事前に確認しておきましょう。

*台北駅を起点に、基隆や宜蘭、花蓮方面は北上(North-bound)、台中や高雄方面は南下(South-bound)となります。

台湾での列車の乗り方については、下記の記事で詳しく紹介しています。ぜひご参考ください。

台湾で電車に乗ろう!台湾鉄道・台湾新幹線完全ガイド

◼︎長距離バス

宜蘭・Kamalan Bus
Source: KKday

台北から宜蘭まで移動する長距離バスには、台北バスステーション(台北轉運站)から出発する葛瑪蘭汽車客運(Kamalan Bus)と、台北市政府バスステーション(市府轉運站)から出発する首都客運(Capital Bus)とがあります。

台北バスステーションはMRT台北駅のすぐ隣、台北市政府バスステーションはMRT市政府駅のすぐ隣にあるので、アクセスしやすいバス停から出発しましょう。

①台北バスステーション出発:葛瑪蘭汽車客運(Kamalan Bus)の礁溪(1915番) / 宜蘭(市) (1915、1916番)/ 羅東(1917番)轉運站行きのバスに乗車。科技大樓前・板橋駅前からもバスが出ています。詳しくはこちら
*乗り場はバスステーション4階ですが、乗車チケットは1階で購入する必要があります。

②台北市政府バスステーション出発:首都客運(Capital Bus)の礁溪(1570番) / 宜蘭(市)(1571、1572番) / 羅東(1570、1572番)行きのバスに乗ります。詳しくはこちら

長距離バスのチケットは、チケットカウンターで購入する必要があります。購入の際に使える単語をまとめたので、スクリーンショットで保存してご活用ください。*バス停名や駅名の『宜蘭』は『宜蘭市』を指します。

▼中国語で言ってみよう!
日本語中国語ピンイン・読み方
礁渓礁溪Jiāo xī / ジャオシー
羅東羅東Luó dōng / ルォドン
宜蘭宜蘭
Yí lán / イーラン
片道單程Dān chéng / ダンチェン
往復來回Lái huí / ライフイ
○○行きのチケットをください。請給我到○○的車票Qǐng gěi wǒ dào ○○de chēpiào / チンゲイウォ ダオ〇〇ダ チャーピャオ

◼︎車(レンタカー)

台北から車で宜蘭へ向かう場合は、国道5号線を通ります。だいたい1時間ほどで宜蘭北部の頭城に到着します。金曜日の夕方から夜にかけては渋滞が発生しやすいため、この時間帯に車を運転して宜蘭へ向かう場合はお手洗いのタイミングなどに注意しましょう。なお、週末や祝日、連休期間などは県外から多くの観光客が訪れるため、各スポットの駐車場が満車となってしまうこともあります。

また、日曜日の15:00 – 20:00は渋滞防止のため国道五号線(台北→宜蘭方向)で通行規制が行われます。通行時は車1台に3人以上乗車している必要があるため、1〜2人旅の方はご注意ください。

宜蘭県内の交通手段

◼︎車やスクーターで効率よく!

台湾・スクーター
Source: KKday

宜蘭県内の観光スポットを短時間で回るなら、レンタカーやレンタルスクーターの利用がおすすめです。台鉄礁渓駅、宜蘭駅、羅東駅の周辺に「租車」「汽車(機車または汽機車)出租」と書かれた看板があれば、日本の免許証原本と免許証の中国語翻訳文(JAF発行のもの)以上2点の提示で借りることができます。国際免許証は使えないのでご注意ください。

▼中国語で言ってみよう!
日本語中国語ピンイン・読み方
汽車Qìchē / チーチャー
スクーター機車Jīchē / ジーチャー
車を借りたい我要租汽車Wǒ yào zū qìchē / ウォーヤォヅーチーチャー
スクーターを借りたい我要租機車Wǒ yào zū jīchē / ウォーヤォヅージーチャー

自分で運転するのが不安な方は、チャーター車で回るのもおすすめですよ!KKdayでは、宜蘭県内の観光スポットを巡るチャーター車ツアーを提供中。自由にコースを決められるツアーもあります。ぜひチェックしてみてください。

KKdayで今すぐ予約!

👉【台北 / 宜蘭出発】宜蘭人気スポット観光・貸切チャーター車1日ツアー

コースの例:頭城烏石港 – 蘭陽博物館 – 国立伝統芸術センター(傳統藝術中心) – 礁渓温泉(礁溪溫泉)
*スポット5か所まで選べます(追加料金が発生する場合があります)。お気軽にカスタマーサービスにお問い合わせください。

 

👉【台北発】貸切チャーター車・宜蘭1日ツアー:冬山河・国立伝統芸術センター…
コース:国立伝統芸術センター、冬山河観光船、冬山河サイクリング、勝洋休閒農場/八甲休閒漁場、カバランウイスキー工場

 

👉【宜蘭】貸切専用チャーター車1日ツアー:カバランウィスキー工場見学/清水地熱公園…(台北/宜蘭出発)
コースの例:ジミー広場(幾米廣場)- 三星蔥油餅(自費)- 清水地熱公園- Mr. Brownカフェ- KAVALANウイスキー工場または羅東夜市
*スポット5か所まで選べます(追加料金が発生する場合があります)。お気軽にカスタマーサービスにお問い合わせください。

◼︎自転車でのんびりと

宜蘭の田園風景
Source: Shutterstock

礁溪の温泉施設や民宿、宜蘭や羅東のスクーターレンタル店などでは、自転車レンタルのサービスを行なっている場所もあります。町から町への移動はかなり距離があるため向きませんが、町内をゆっくり散策したい場合や、冬山河親水公園、羅東運動公園などを訪れた際はぜひサイクリングをお楽しみください。

▼中国語で言ってみよう!
日本語中国語ピンイン・読み方
自転車自行車Zìxíngchē / ヅーシンチャー
自転車腳踏車Jiǎotàchē / ジャオターチャー
自転車を借りたい我要租腳踏車Wǒ yào zū jiǎotàchē / ウォーヤォヅージャオターチャー

◼︎ローカルバスで冒険

観光バス・台湾好行
Source: KKday

宜蘭県内では、複数のバス会社が共同で運行するローカルバス「宜蘭勁好行」のほか、台湾観光局が運営する「台湾好行バス」、宜蘭県政府が運営する無料シャトルバスなどがあります。蘭陽博物館や国立芸術センターなど、車なしではなかなか行きづらいスポットを経由する路線もあるので、車をレンタルせずに宜蘭観光をご予定の方はぜひご活用ください。

ただし、グーグルマップなどでルート検索をしても利用可能な交通手段としてほとんど表示されないこと、オンラインで公開されている路線マップや時刻表などがほぼ中国語のみであることから、宜蘭ビギナーにとっては利用のハードルが高いのが現状です。

「言葉がわからないと不安」という方におすすめなのは台湾観光局の「台湾好行」です。こちらはホームページが日本語に対応しており、さらにバス車内では日本語のアナウンスもあるため、日本人旅行客にとって大変利用しやすいのが特徴です。

中国語がわかる方や冒険好きな方は、宜蘭県内を走る無料シャトルバスを利用してみるのもいいですよ。

 ▼宜蘭県内の無料シャトルバス一覧
エリアリンク主なスポット運行情報
頭城鎮頭城鎮免費接駁巴士頂埔火車站(山線)、蘭陽博物館(山線)、烏石港(山・海線)、頭城行政中心(海線 / 頭城老街まで徒歩5分)*毎週日曜と旧暦の1月1日・2日はメンテナンスのため運休。
羅東鎮Red & Orange Line(紅線・橘線) / Blue Line(藍線)羅東轉運站(全路線 / 台鉄羅東駅裏出口すぐ)、羅東運動公園(藍線)、民生市場/羅東市場(紅・藍線)
冬山鄉冬山鄉免費巴士時刻表梅花湖*毎週日曜と毎月最終土曜は運休
蘇澳鎮蘇澳鎮免費接駁公車進安宮、南寧市場*土日は運休。
三星鄉三星免費公車三星老人文康中心(藍線 / 三星青蔥文化館まで徒歩3分)*土日・祝日は運休。
南澳鄉南澳鄉免費接駁車タイヤル文化館、朝陽漁港*平日と土日・祝日の運行ダイヤが異なります。

◼︎列車で近隣の街へ

Source: KKday

街と街との距離が開いている宜蘭では、県内を移動するための手段として列車もよく利用されます。宜蘭県内の鉄道路線は宜蘭線と北廻線の2路線に分かれており、22の鉄道駅が存在しています。

宜蘭線石城車站、大里車站、大溪車站、龜山車站、外澳車站、頭城車站、頂埔車站、礁溪車站、四城車站、宜蘭車站、二結車站、中里車站、羅東車站、冬山車站、新馬車站、蘇澳新站(北廻線の起点)、蘇澳車站(宜蘭線の終点)
北廻線蘇澳新站、東澳車站、南澳車站、武塔車站、漢本車站

*2019年12月4日から2020年8月29日までの期間、五結鄉の駅・中里駅(中里車站)は改修工事のため電車は停車しません。

区間車の場合、宜蘭最北端の駅・石城車站から最南端の駅・漢本駅までは約2時間(要乗換)。各駅停車の區間車(区間車)の他、駅によっては特急列車に相当する自強號(自強号)、急行列車に相当する莒光號(キョ光号 )が通ります。

台湾鉄道の利用方法はページ上方でも掲載しているこちらの記事をご覧ください!

宜蘭のおすすめツアー

 

宜蘭旅行の必需品

 

台湾の観光情報