中国・湖北省の武漢で発生した新型コロナウイルス(新型肺炎)。世界への感染拡大に伴い、中国と各地を結ぶフライトにも影響が出ています。本記事では、国内・国外の各航空会社の対応措置や、各国政府が発表している最新の入国制限に関する情報をまとめてご紹介します。

フライトの欠航・変更(更新:3月4日)

【日本-中国のフライト】

– JAL  日本航空(JL)
– 2月17日から3月28日(一部29日まで)、北京線(JL020, JL025, JL869, JL860)が運休。
– 2月17日から3月28日(一部29日まで)、上海線(JL873, JL872, JL877, JL874, JL879, JL876, JL886, JL884, JL897, JL898)が運休。
– 2月17日から3月28日まで、広州・大連線(JL087, JL088, JL788, JL828)が週7便から月水金日の週4便に縮小。
– 2月17日から3月28日まで、天津線(JL841, JL840)が週7便から月水金の週3便に縮小。
*最新の情報はJAL日本航空公式サイトよりご確認ください。

ANA 全日本空輸(NH)
– 1月23日から3月28日まで、成田↔︎武漢線が全便欠航。その他成田・羽田・関西と中国各地域(上海・杭州・瀋陽・広州など)を結ぶ多くの路線が運休となっています。
*最新の情報、対象便名および運休期間はANA全日本空輸公式サイトよりご確認ください。

中国南方航空(CZ)
– 1月28日から4月30日まで、成田→武漢線が全便欠航。
– 1月26日から4月28日まで、関西→武漢線が全便欠航。
– 2月11日から4月27日まで、名古屋発着の路線が全便欠航。
– その他羽田、成田、関西、名古屋、新潟、札幌。富山と中国各地域を結ぶ路線が運休または縮小となっています。
*最新の情報は、中国南方航空公式サイトよりご確認ください。

中国東方航空(MU)
– 中国各地と東京成田、札幌、名古屋、松山、福岡を結ぶ多くの便が変更または運休。
*フライトの情報は、こちらの中国東方航空公式サイトよりご確認ください。

中国国際航空(CA)
– 中国各地と東京成田、大阪、名古屋、広島、仙台、沖縄、札幌を結ぶ多数の便が変更または運休。
*最新のスケジュールは、こちらの中国国際航空公式サイトよりご確認ください。

スプリング・ジャパン(9C)
– 3月28日まで、成田と武漢を結ぶ全ての便が運休。 3月28日まで、成田と寧波、重慶を結ぶ便が縮小。
*最新の情報は、こちらのスプリング・ジャパン公式サイトよりご確認ください。

ピーチ Peach(MM)
– 3月下旬まで、羽田・関西・那覇と上海(浦東)または香港を結ぶ路線が運休。
– 3月中旬〜下旬頃まで、関西・成田・羽田・仙台・札幌・福岡・沖縄と台北(桃園)とを結ぶ各路線が運休。
*最新の情報は、こちらのPeach公式サイトよりご確認ください。

【各国の主要航空会社】

チャイナ エアライン CHINA AIRLINES(CI): 2月2日から4月28日までイタリア・ローマへのフライトが欠航。 2月29日まで、台湾の各空港(桃園、松山、台中、高雄)と中国各地を結ぶ便が多数欠航。*最新の情報はこちら
エバー航空 EVA AIR(BR): 2月10日から4月29日まで、中国と台湾を結ぶ路線は北京、上海浦東、上海虹橋、アモイ、成都発着の5路線のみに限定。*最新の運行情報はこちら
タイガーエア tigerair(IT)
– 2月15日から3月31日まで、台湾とフィリピンを結ぶ全ての便が欠航。
– 2月7日から4月30日まで、台中清泉岡・高雄空港とマカオを結ぶ全ての便が欠航。
– 2月27日から4月30日まで、台北桃園とマカオを結ぶ全ての便が欠航。
– 2月27日から3月31日まで、台湾各空港と韓国仁川を結ぶ全ての便が欠航。
*最新の情報はこちら
大韓航空 Korean Air(KE):1月24日から3月27日まで、仁川と武漢を結ぶ便が欠航。最新の情報はこちら移民署國際事務大隊
アシアナ航空 (OZ):仁川・釜山と中国各地を結ぶ12路線が欠航。詳しいスケジュールはこちら
キャセイ・パシフィック Cathay Pacific(CX):1月30日から3月末まで、中国線の便数が半分以上縮小、また香港と武漢を結ぶ全ての便が欠航。
ジェットスター・アジア Jetstar Airways(JQ):1月31日から3月31日まで、シンガポールと合肥、徐州、貴陽を結ぶ全ての便が欠航。
スクート Scoot(TR):2月8日から3月29日まで、シンガポールと中国本土を結ぶ全ての便が欠航。
ユナイテッド航空 United Airlines(UA):2月6日から3月28日まで、アメリカ本土と中国本土を結ぶ全ての便が欠航。
デルタ航空 Delta Air Lines(DL):2月1日から4月30日まで、アメリカ本土と中国本土を結ぶ全ての便が欠航。
アメリカン航空 American Airlines(AA):1月31日から3月27日まで、アメリカと中国本土を結ぶ全ての便が欠航。
エア・カナダ Air Canada(AC):1月30日から2月29日まで、カナダ本土と北京及び上海を結ぶ全ての直行便が欠航。
ブリティッシュ・エアウェイズ British Airways(BA):2月2日から2月29日まで、英国と中国本土を結ぶ全ての直行便が欠航。
エールフランスAir France(AF):3月28日まで、フランスと中国本土を結ぶ全ての便が欠航。*最新の情報はこちら
ルフトハンザドイツ航空(LH):1月29日から2月9日まで、ドイツと中国本土を結ぶ全ての便が欠航。
オーストリア航空 Austrian Airlines(OS):1月29日から2月9日まで、オーストリアと中国本土を結ぶ全ての便が欠航。
スイス航空 Swiss International Air Lines(LX):1月29日から2月9日まで、スイスと中国本土を結ぶ全ての便が欠航。
フィンエアー Finnair(AY):2月1日から2月29日まで、中国行きの便は全て欠航。2月6日から2月29日まで、中国出発の便は全て欠航。
KLMオランダ航空 KLM Royal Dutch Airlines(KL):2月3日から2月9日まで、北京、上海への便が欠航。2月29日まで、成都市、杭州市、アモイ市発着の便は全て欠航。
ターキッシュ・エアラインズ Turkish Airlines(TK)*更新(2/21)
– イスタンブールと広州、上海、西安を結ぶ路線は3月29日までのフライトが全て運休
– イスタンブール発・北京着の便は3月2日、4日、6日、8日、10日、11日、13日、15日、17日、19日、20日、22日、24日、26日、27日、29日、30日のフライトが運休
– 北京発・イスタンブール着は4月1日まで全て運休
– 香港、台湾を結ぶ路線は通常通り運行
カンタス航空 Qantas Airways(QF):2月9日から3月29日まで、シドニーと北京、上海を結ぶ便が欠航・
ニュージーランド航空 Air New Zealand(NZ):2月9日から3月29日まで、オークランドと上海を結ぶ便が欠航。

*現在、イタリアの航空当局は航空会社を問わず中国・香港・マカオ・台湾からのフライト乗り入れを全て禁止しています。
*上記の各航空会社の情報は、今後さらに変更となる場合がございます。あらかじめご了承願います。

各国の入国制限

新型コロナウイルスの拡散を防止するため、各国では感染者が確認された国からの入国を制限する措置が置かれています。
入国制限の他、自宅待機やビザ発給停止など国や地域により対応が異なりますので、海外へ渡航予定のある方は必ず各国大使館等でご確認ください。

各国の入国制限の一例

国名特別措置およびその対象者参考リンク
アメリカ入国・乗り継ぎを問わず過去14日以内に中国を訪れたことのある外国人(アメリカ国籍を持たない者)は入国禁止。在アメリカ合衆国日本国大使館
イギリス過去14日以内に、中国・湖北省、イラン、韓国の大邱市および青道郡、北イタリアから入国したものは、外出や人との接触を避けること。
過去14日以内に、湖北省以外の中国各地域、指定エリア以外のイタリア各地域、大邱市および青道郡以外の韓国各地域、カンボジア、香港、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、台湾、タイから入国したもので、咳や発熱、呼吸器症状などのあるものは、たとえ軽症であっても外出や人との接触を避けること。
在英国日本国大使館

*北イタリア:
– Lombardy: Codogno, Castiglione d’Adda, Casalpusterlengo, Fombio, Maleo, Somaglia, Bertonico, Terranova dei Passerini, Castelgerundo and San Fiorano
– Veneto: Vo’ Euganeo

インドイタリア、イラン、韓国、日本国籍の者に対し3月3日以前に発給されたビザ(通常ビザ・ee-Visa)は無効。現在出国している者、これから出国する者は、一度出国した場合ビザが無効となり、インド大使館で再度ビザの発給を行う必要がある。在インド日本国大使館
オーストラリア過去14日以内に中国へ渡航歴のある外国人(乗り継ぎで訪れた者を含む)は入国禁止。ただしオーストラリアの国籍または永住権をもつ者およびその家族は入国可。在オーストラリア日本国大使館
シンガポール全ての中国人。入国・乗り継ぎを問わず過去14日以内に中国を訪れたことのある外国人(シンガポール国籍を持たない者)。
(以下3月6日更新)
3月4日より、過去14日以内にイラン・イタリア北部・韓国への渡航歴がある新規入国者は入国・トランジット禁止。3月4日より、過去14日以内にイラン・イタリア北部・韓国への渡航歴をもつシンガポール市民と永住者、および長期滞在ビザの保有者は、14日間の外出禁止。
在シンガポール日本国大使館
タイ過去14日以内に中国、香港、マカオ、台湾、日本、シンガポール、韓国など新型コロナウイルス感染の拡大が確認されている国・地域に滞在していた者は、入国後14日間の自己観察が必要。人混みに行かない、公共交通機関の利用を避けるなど、責任を持った行動を取ることを呼びかけています。さらに詳しい情報は、在タイ日本国大使館よりご確認ください。在タイ日本国大使館
ニュージーランド過去14日以内に、中国本土(マカオ・香港・台湾を除く)およびイランへ滞在歴のある者は入国禁止(乗り継ぎで訪れた者も含む)。ただしニュージーランドの国籍または永住権をもつ者およびその家族は入国可。
ダイヤモンド・プリンセス号に乗船していた者で、下船から14日以上経過していない者は入国禁止。
New Zealand Immigration
韓国中国湖北省発行のパスポートを持つ中国人。過去14日以内に湖北省を訪れたことのある外国人(韓国国籍を持たない者)。3月9日より、日本の査証免除措置を停止(既に発給された査証も無効)。在韓国日本国大使館
台湾・中国・香港・マカオ発行のパスポート保持者:入国禁止。
・台湾発行のパスポートをもつ台湾人・台湾の居留証を持つ外国人:過去14日以内に中国・香港・マカオへ入国または居住していた者は、入国後居住制限および14日間の自宅待機(自宅検疫)。中国・香港・マカオにて乗り継ぎを行った者は、入国の有無を問わず14日間の自宅待機(自宅検疫)。
・上記以外の外国籍の者(台湾パスポートや居留証を持っていない者):2月7日以降、過去14日以内に中国・香港・マカオにて乗り継ぎを行った者、滞在した者は入国禁止。
(以下2月24日追加)
・2月25日以降、韓国より入国した外国人(居留証を持つ者も含む。2/25衛生福利部に確認済み)は14日間の自宅待機(自宅検疫)*韓国の空港での乗り換えはこれに含まれません(2/25付)。
・2月27日以降韓国より入国した台湾人は、14日間の自宅待機(自宅待機)。
*桃園国際空港の移民署國際事務大隊 (+886-3-398-5010 英語での対応も有)
台北駐日経済文化代表処
中国韓国、イタリア、イラン、日本から入国する者は、国籍を問わず14日間の自宅隔離在中国日本国大使館
日本中国湖北省・浙江省発行のパスポートを持つ者、また過去14日以内に湖北省または浙江省に滞在歴がある外国人(日本国籍を持たない者)は入国禁止。
過去14日間に中国・韓国に滞在していた者(日本人を含む)は、政府指定の施設で隔離(3月9日から実施)。
3月7日以降、一部韓国(大邱広域市、慶尚北道慶山市、安東市、永川市、清道郡、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡)、イラン・コム州に滞在歴のある者は入国禁止。
首相官邸

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、入国制限を敷く国や地域が増加しております(*3月6日現在24か国)。各国の措置に関する情報に関しましては、日本外務省「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限」をご確認ください。

*各国・各地域の入国制限または行動制限措置は変更となる場合がございます。最新の情報は、大使館ホームページ等でご確認ください。
*海外へ渡航予定のある方は、渡航先の国の最新情報をしっかり確認するようにしましょう。

KKday商品のキャンセル・変更手続きについて(*2020年2月24日更新)

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、KKdayでは弊社ホームページよりツアー・旅行商品をご予約のお客様で、下記条件に当てはまる方に限り、無料キャンセルまたは変更のご案内をさせていただきます。

中国、香港、マカオのツアー・商品
– 出発日・使用期限:2020年3月15日以前
– 返金をご希望の場合:全額返金いたします。
– 出発日の変更をご希望の場合:変更手続きをさせていただきます。ご希望に添えない場合は全額返金となりますので、あらかじめご了承ください。

・日本、韓国のツアー・商品:
– 出発日・使用期限:2020年3月15日以前
– 返金をご希望の場合:全額返金いたします。手続きの際は、フライトの欠航証明書をご提供いただく必要がございます。
– 出発日の変更をご希望の場合:変更手続きをさせていただきます。ご希望に添えない場合は全額返金となりますので、あらかじめご了承ください。

その他の国及び地域のツアー・商品
– 出発日・使用期限:2020年3月15日以前
– 以下の条件に当てはまる方に限り、全額返金または出発日の変更ををいたします。

  • 中国国籍の方(証明書の提出が必要)
  • ご出発予定日から逆算して14日以内に湖北省を訪れたことのある方(証明書の提出が必要)
  • インフルエンザに感染している方(医師の診断書の提出が必要)
  • 予約していたフライトが欠航となった方(航空会社発行の証明書の提出が必要)
  • 渡航先の政府による政策のため、入国が困難となった方(証明書の提出が必要)

キャンセル・変更をご希望で、上記に当てはまるお客様は、必ずKKdayまでご連絡願います。お知らせいただけない場合は返金・変更ができませんのでご注意ください。

KKdayの商品に関するご質問・ご不明な点がございましたら、以下の方法よりお問い合わせください。
・KKdayの会員ページにログイン後、対象商品のページよりお問い合わせ
・KKdayアプリの予約管理ページよりお問い合わせ
・上記の方法が困難な場合、以下のメールアドレスに注文番号をご記入の上ご連絡ください:service@kkday.com

台湾旅行をご計画中の方へ

ここでは、KKday本社のある台湾の最新情報をお伝えします。

台湾に入国する日の過去14日以内に中国・香港・マカオを訪れた、またはトランジットを行った方を除き、日本から台湾へ渡航する方々への入国規制はありません。(2月25日現在)

ただし、台湾政府が定める3段階の渡航警戒レベルのうち、日本は現在レベル2の「警戒」。これがレベル3の「警告」に引き上げられると、入国後に14日間外出禁止となるなど厳しい制限が設けられることとなります。台湾へ渡航予定の方は、必ず事前に最新情報を確認しましょう。

また日本と同様に、台湾においても医療用マスクの入手が大変困難な状況です。現地での入手はほぼ不可能であるため、日本から必要な分を持っていくようにしましょう。なお、台湾から持ち出せるマスクの枚数は1人につき250枚。それより多くのマスクを持ち出そうとすると、没収(悪質と判断された場合は罰金)となりますので、出国の際はご注意ください。