2019年も紅葉の季節がやって来ました!毎年紅葉を楽しみにしている方、今年はどこで紅葉狩りをするかもう決めましたか?日本には紅葉の美しいスポットが多数あるため、どこへ行こうか迷っている方も多いと思います。そこで今回は、全国のおすすめ紅葉スポットをまとめてご紹介!今年のもみじ狩りのスケジュール立てにぜひお役立てください。

目次
・まずは紅葉状況をチェック!
・全国おすすめ観賞スポット
     – 北海道の紅葉スポット
     – 東北の紅葉スポット
     – 関東の紅葉スポット
     – 関西の紅葉スポット
     – 九州の紅葉スポット

・まとめ


まずは紅葉状況をチェック!

Source: KKday

南から北へ移動していく桜前線とは反対に、紅葉前線は北から南へ移動して行きます。もみじ狩りの計画を立てるなら、まずは見ごろとなる時期を確認しましょう。

見ごろを調べる際に便利なのは、気象予報サイトが提供する紅葉情報のページ!最新の全国紅葉情報がとても見やすくまとめられているので、紅葉狩りの計画を立てる際に重宝しますよ!おすすめは日本気象株式会社 紅葉ナビ。紅葉・黄葉いずれの見どころも上記のホームページで確認することができます。

紅葉はだいたい1シーズンで2週間ほど続きますが、その年の気温や日照時間によって大きく前後する場合があるため、上記の情報サイト等をしっかりチェックしてから紅葉狩りの計画を立てましょう。

全国おすすめ紅葉観賞スポット

本記事では、北海道、東北、関東、関西、九州の5つのエリアに分けて紅葉スポットをご紹介!この季節限定のイベントや、便利なシャトルバスの情報なども載せているのでぜひチェックして見てください。では、さっそく北海道から見ていきましょう。

【北海道の紅葉スポット】

1. 支笏湖

Source: Fotolia

日本最北の不凍湖として知られる北海道の支笏湖は、2017年から11年連続で水質日本1の座に君臨している日本一水が綺麗な湖。火山の噴火によってできたカルデラ湖で、周囲を風不死岳(ふっぷしだけ)や樽前山、恵庭岳、紋別岳などの山々に囲まれているのが特徴です。秋になるとこれらの山々が紅葉で彩られ、訪れる人を魅了します。

札幌からは車で1時間ほど、バスを乗り継ぐなら2時間ほどで行けるため、札幌から日帰りで遊びに行くことができますよ。ゆっくり散策を楽しみたい方は湖周辺で宿探しをするのもおすすめです。

温泉街付近の湖岸には、湖畔園地や山線鉄橋など紅葉を満喫しながら散策できるスポットがあります。湖畔園地付近からは観光船も運行しているので、湖上から紅葉で彩られた山々を眺めることができますよ!10月には紅葉と地元の秋の味覚が楽しめる「支笏湖紅葉まつり」も開催されます。ぜひ足を運んでみてください。

支笏湖
▶︎
見ごろ:10月上旬〜中旬
▶︎住所:北海道千歳市 バス停 支笏湖(map)
▶︎行き方:
– バス:JR千歳駅/南千歳駅から中央バス・空4 支笏湖線に乗車、バス停 支笏湖で下車。(乗車時間 約45分)
– 自家用車・レンタカー:札幌市内から国道453号経由で約1時間、新千歳空港から国道36、道道16号経由で約40分
▶︎公式ホームページ:
支笏湖ビジターセンター□イベント情報:ちとせの観光 – 支笏湖紅葉まつり

2. 知床五湖 

Source: Shutterstock

世界自然遺産・知床に位置する知床五湖。五湖という名の通り一〜五の名前がつけられた湖が存在し、周辺に設置された遊歩道からそれぞれの湖を見学することがができます。

9月下旬〜10月上旬頃になると、ハウチワカエデやナナカマド、ミズナラなどの紅葉が始まります。キハダやイタヤカエデなどの黄葉とのコントラストも見事ですよ!

散策コースには一湖付近を散策できる高架木道、一湖と二湖の間を通る地上遊歩道・小ループ、全ての湖のそばを通る地上遊歩道・大ループの3種類があります。高架木道は無料で入場できますが、紅葉期間は植生保護期となるため小ループ・大ループへの入場にはレクチャー(有料)の受講が必須となります。

残念ながら、2019年10月1日から11月8日(冬季閉園)までの期間は改修工事のため大ループを利用することができません。高架木道・小ループのみ入場可能となりますが、十分に知床の大自然は満喫できますよ!

知床五湖
▶︎見ごろ:10月上旬〜10月中旬
▶︎開放時間:9月16日〜9月30日 07:30 – 17:00 / 10月1日〜10月20日 07:30 – 16:30 季節により遊歩道に入場できる期間が異なります。
▶︎住所:北海道斜里郡斜里町(
map)
▶︎行き方:JR知床斜里駅から斜里バス知床線に乗車し、バス停知床五湖で下車(乗車時間は75分ほど)。
▶︎公式ホームぺージ:知床五湖

【東北の紅葉スポット】

1. 青森県 十和田湖・奥入瀬渓流

Source: Shutterstock

春は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、美しい季節の移り変わりを見せる十和田湖。10月中旬から下旬にかけて紅葉が見ごろとなります。大自然の中に佇むこの神秘的な湖では、カヌーや遊覧船、ガイドツアーなど、様々なアクティビティに参加することができますよ!

また、十和田湖から流れ出る奥入瀬(おいらせ)渓流も紅葉の名所として知られており、渓流に沿って設置された全長14kmの散策道は人気の紅葉観賞スポットとなっています。下流の子ノ口から十和田湖まではバスや車で移動することもできますが、鮮やかに色づいた紅葉のトンネルをぜひ歩いてお楽しみください。

十和田湖・奥入瀬渓流
▶︎見ごろ:10月中旬〜下旬

▶︎住所:秋田県鹿角郡小坂町(map)
▶︎行き方(十和田湖まで):焼山からJRバスに乗車し、子ノ口にて下車。乗車時間約40分。
▶︎ホームページ:十和田湖国立公園協会

2. 岩手県 須川高原(栗駒山)

Source: Shutterstock

栗駒山の中腹に位置し、岩手と秋田の県境にまたがる須川高原。東北でもっとも人気の高い紅葉スポットの1つとして知られ、真っ赤なナナカマドやモミジが山肌を覆う光景は圧巻です。ドライブや登山で紅葉を楽しみましょう。

また、須川高原温泉は300年以上の歴史をもつ名湯として知られており、酸性の強い温泉はアトピーや冷え性、ストレスなどの緩和に効果があるとされています。紅葉観賞ついでに、旅で疲れた身体を温泉で癒すのもおすすめ!

須川高原(栗駒山)
▶︎見ごろ:9月下旬〜10月中旬

▶︎住所:日本秋田県雄勝郡東成瀬村厳美町板川 村田子内(map)
▶︎行き方:JR一ノ関駅から岩手県交通・須川高原温泉行バスに乗車し、終着の須川高原温泉で下車。

3. 宮城県 鳴子峽(なるこきょう)

Source: Shutterstock

宮城県を代表する紅葉スポット、鳴子峽。温泉地としても知られており、上流には中山坪温泉、下流には鳴子温泉があります。川の侵食によって形成された大渓谷は落差が最高100mにまで及び、紅葉シーズンには迫力ある渓谷の景観とカエデやミズナラなどの美しい紅葉を同時に楽しむことができます。

紅葉シーズン限定で運行するシャトルバスを利用すれば、アクセスも簡単。鳴子峽遊歩道や大深沢遊歩道で紅葉狩りを満喫しましょう。

鳴子峽
▶︎見ごろ:10月下旬〜11上旬

▶︎住所:宮城県大崎市鳴子温泉星沼(map)
▶︎行き方:JR陸羽東線・鳴子温泉駅よりミヤコーバスが運行するシャトルバス・鳴子峡・中山平紅葉号に乗車し、バス停・鳴子峡中山平口で下車。
*鳴子峡遊歩道は閉鎖となっている区間があります。また、利用可能エリアの開放時間は09:00 – 16:00となっているのでご注意ください。(遊歩道マップ)

【関東の紅葉スポット】

1. 東京都 上野恩賜公園

Source: Shutterstock

桜の名所として知られる上野公園ですが、秋の紅葉観賞にも最適のスポットであるというのはご存知ですか?アクセスもしやすいので、気軽にいつでも紅葉を見に行けるおすすめの場所です。真っ赤に染まったモミジやハゼノキの紅葉と、ユリノキやイチョウといった黄葉のコントラストは必見ですよ!

公園内にはボートに乗れる池や動物園、五重塔、美術館や博物館など紅葉以外にも見どころがたくさん。友達同士やカップル、家族、誰と行っても楽しめるのが上野公園の魅力です。

上野恩賜公園
▶︎見ごろ:11月下旬〜12月上旬
▶︎住所:東京都台東区上野公園池之端三丁目(map)
▶︎行き方:JR・東京メトロ 上野駅から徒歩2分。京成本線 京成上野駅から徒歩1分。
▶︎ホームページ:東京都建設局 – 上野恩賜公園

2. 東京都 高尾山

Source: Shutterstock

新宿駅から電車で約1時間の距離にある高尾山。登山ルートは1〜6号路まであり、初心者に1年を通して登山客で賑わいます。ケーブルカーやリフトが利用できる初心者ルートもあるので、お子様連れでも安心。

どのルートにもお食事処やお土産ショップがあり、のんびりと休憩しながら登山を楽しむことができますよ!また、2019年11月2日〜11月30日の高尾山では高尾山もみじ祭りが開催されます。期間中の週末には踊り・楽器演奏など様々なライブパフォーマンス見ることができるので、ぜひ足を運んでみて下さい。

高尾山
▶︎
見ごろ:11月中下旬
▶︎住所:東京都八王子市高尾町 (map)
▶︎行き方:新宿駅で京王線準特急(高尾山口行)に乗車し、高尾山口駅で下車。
▶︎入場料:ケーブルカー・リフト 往復チケット 大人900円、子供 450円
▶︎ホームーページ:高尾登山電鉄
□イベント情報:高尾山もみじ祭り (2019年11月2日〜30日 土・日・祝日開催)

3. 東京都 代々木公園

Source: Fotolia

東京・渋谷区にある代々木公園では、モミジのほか、イチョウ、ケヤキの紅葉を楽しむことができます。紅葉観賞や、野鳥観察をしながら広大な敷地の中をゆっくり歩いて回りましょう。

JR「原宿」と小田急線「代々木八幡」が徒歩数分の圏内にあるのでアクセスしやすく、さらに紅葉・黄葉を同時に楽しむことができるオススメの紅葉観賞スポットです。

代々木公園
▶︎見ごろ:11月下旬〜12月上旬
▶︎住所:東京都渋谷区代々木神園町神南2丁目
▶︎行き方:JR原宿駅から徒歩3分、東京メトロ千代田線・代々木公園駅から徒歩3分
▶︎ホームページ:東京都公園協会 – 代々木公園

4. 東京都 六義園(りくぎえん)

Source: Shutterstock

東京文京区に位置する六義園は、1695年に造成された江戸時代を代表する庭園。モミジやイチョウ、ハゼノキの紅葉を、美しい日本庭園の中で観賞することができます。園内には茶屋や食事処があるので、休憩しながらゆっくり回るのがおすすめ。

毎年紅葉シーズンになると、ライトアップイベントのほか、日本文化を体験できる催し物も開催されますよ!

六義園
▶︎見ごろ:11月中旬〜12月上旬
▶︎営業時間:09:00 – 17:00 (最終入場時間は14:30まで)
▶︎住所:東京都文京区本駒込6目16-3(
map)
▶︎行き方:JR山手線 / 東京メトロ南北線「駒込」南口または2番出口から徒歩7分
▶︎入園料:一般 300円 子供・シニア料金はこちら
▶︎ホームページ:東京庭園協会 庭園へ行こう。- 六義園

5. 神奈川県 箱根

Source: Shutterstock

海外だけでなく国内からの旅行客も多い箱根。写真のような美しい芦ノ湖と神秘的な鳥居、鮮やかな紅葉、そして富士山を一度に見ることができる元箱根港周辺は、特に人気の高い絶景スポットです。周辺には温泉や博物館もあるので、丸一日飽きることなく楽しめますよ!

また箱根には2箇所ロープウェイが設置されており、空中から紅葉や富士山を一望することができます。ただし、現在噴火警戒レベルの引き上げに伴い一部区間が運休となっているため、出発前に散策ルートの確認をするようにしましょう。

箱根
▶︎見ごろ:11月中旬〜11月下旬
▶︎住所:神奈川県足柄下郡箱根町
▶︎行き方:新宿駅より小田急線ロマンスカーに乗車し、箱根湯本にて下車。芦ノ湖までは距離があるので、箱根湯本駅前からバスに乗り換えましょう。
▶︎ホームーページ:箱根町観光箱根町観光協会公式サイト
□箱根登山バス:箱根エリアバス路線
□箱根エリアロープウェイ情報:(箱根ロープウェイ / 箱根駒ヶ岳ロープウェー)

箱根芦ノ湖・関連商品

▶︎【銀座出発】箱根観光1日バスツアー:箱根海賊船・芦ノ湖・大涌谷・小田原城…
▶︎箱根駒ケ岳ロープウェイチケット(英語)
▶︎【新宿出発】くるくるバスで行く箱根1日ツアー:芦ノ湖・大涌谷・温泉入浴…
▶︎
【新宿出発】箱根1日ツアー:芦ノ湖・御殿場プレミアムアウトレット(昼食付き)

【関西の紅葉スポット】

1. 京都府 嵐山

Source: KKday

関西エリアで紅葉観賞をするなら、絶対に外せないのが嵐山。11月中ごろから12月末まで、鮮やかで美しい紅葉を楽しむことができますよ!人気のトロッコに乗って、秋の風を感じながら絶景を堪能しましょう。

また、嵐山は昼間の絶景も見事ですが、夜のライトアップされた渡月橋も一見の価値あり!朝から夜まで、美しい京都の秋を堪能できますよ。

注意したいのは、紅葉シーズンはトロッコのチケットが非常に取りにくくなるということ!当日券が売り切れてしまうこともあるので、行く予定の方は事前に前売り券を購入しておきましょう。また、KKdayではトロッコの乗車券がセットになったツアーを販売中。保津川下りや京馬車体験もでき、さらに京都るお得な。

嵐山
▶︎見ごろ:11月中旬〜12月上旬

▶︎住所(トロッコ嵯峨駅):京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町(map)
▶︎行き方:
【京都市内から】
– JR嵯峨野線に乗り、嵯峨嵐山駅にて下車。南出口を出るとすぐにトロッコ嵯峨駅に到着します。
– 京福電鉄(嵐電)に乗り、嵐電嵯峨駅にて下車(終点の嵐山駅ではないので注意)。駅の北方向(京都銀行方面)に5分ほど進むとトロッコ嵯峨駅に到着。
【大阪市内から】
– 阪急梅田駅にて京都線の特急列車(河原町方面行き)に乗り、桂駅にて阪急嵐山線に乗り変えます。終点の嵐山駅より大通りを20分ほど進むとトロッコ嵯峨駅に到着します。
▶︎入場料:無料。ただしトロッコ・保津川下りは有料。

2. 京都府 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

Source: KKday

嵐山付近の紅葉の名所のひとつ、常寂光寺。秋になると、鮮やかに色づいたモミジやカエデでいっぱいの境内を散策できます。自然に囲まれた穏やかな雰囲気が特徴の常寂光寺は、落ち着いた場所が好きな方におすすめの紅葉スポットです!

常寂光寺
▶︎見ごろ:11月中旬〜12月上旬

▶︎開放時間:9:00 – 17:00(最終受付時間16:30)
▶︎住所:京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3 (
map)
▶︎行き方: ①嵐山駅下車後徒歩約10分 ②トロッコ嵐山駅から徒歩約5分
▶︎拝観料:500円
▶︎ホームページ:常寂光寺

3. 京都府 宝厳院(ほうごんいん)

Source: Shutterstock

JR嵯峨嵐山駅/阪急嵐山駅から徒歩10分と駅からのアクセスも良い宝厳院。普段は一般開放をしておらず、春と秋の特別拝観期間のみ拝観することができます。

室町時代に造成された庭園「獅子吼の庭(ししくのにわ)」では、落ち着いた雰囲気の中でイロハモミジやドウダンツツジなどの紅葉狩りが楽しめます。獅子岩や紅葉のトンネルなど見どころも多いので、嵐山エリアで紅葉狩り予定の方はぜひ足を運んでみてくださいね。

*秋の特別拝観は日中・夜間で開催期間が異なります。事前にしっかり確認しておきましょう。

宝厳院
▶︎見ごろ:11月中旬〜12月上旬

▶︎開放時間:
【秋の特別拝観】
– 開催期間:2019å¹´10月5日(土)~12月8日(日)
– 拝観時間:09:00 – 17:00 (※本堂は16:30、庭園は16:45に受付終了)
– 拝観料:大人500円、小・中学生300円(本堂を見学する場合は別途志納料が必要)
【秋の夜間特別拝観】(ライトアップ)
– 開催期間:2019å¹´11月8日(金)〜12月1日(日)
– 拝観時間:17:30 – 20:30(※本堂は20:00、庭園は20:15に受付終了)
– 拝観料:大人600円、小・中学生300円(本堂を見学する場合は別途志納料が必要)
▶︎住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36(map)
▶︎行き方:JR嵯峨嵐山駅・阪急嵐山駅から徒歩10分
▶︎ホームページ:大亀山 宝厳院

4. 大阪府 大阪城公園

Source: Shutterstock

大阪観光の定番観光スポット、大阪城公園!有名な大阪城天守閣がある公園として、国内外から訪れた観光客で年中賑わいを見せています。

秋になるとモミジやサクラ、ハゼ、イチョウなど、色とりどりの紅葉を堪能できますよ。中でも1km続くイチョウ並木は散歩にもぴったり。観光で訪れるなら、天守閣の展望台から公園や大阪の街並みを眺めるのもオススメです!

大阪城公園
▶︎見ごろ:11月中旬〜12月上旬

▶︎住所:大阪府大阪市中央区大阪城1(map)
▶︎行き方(大阪城公園):大阪メトロ中央線「森ノ宮」1番出口または3-B出口を出てすぐ。
▶︎入場料:公園は入場無料。大阪城天守閣は大人600円の入館料が必要です。
▶︎ホームページ:大阪城公園

5. 奈良県 奈良公園

Source: Shutterstock

広大な敷地を誇る奈良公園。東大寺や興福寺、春日大社などの世界遺産をはじめ、依水園、奈良国立多博物館など、観光にぴったりのスポットが点在しています。

秋の紅葉シーズンになると、イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジ、イタヤカエデ、ウリカエデ、アオハダなどの紅葉を公園のいたるところで楽しむことができます。可愛らしい鹿と、美しい紅葉に癒されましょう!

奈良公園
▶︎見ごろ:10月下旬〜12月上旬

▶︎住所:奈良県奈良市雑司町(map)
▶︎行き方:近鉄奈良駅から東に向かって徒歩5分。
▶︎ホームページ:奈良公園

【九州の紅葉スポット】

1. 佐賀県 御船山楽園

Source: Shutterstock

桜の名所としても知られる佐賀県の御船山楽園。御船山の断崖絶壁や五百羅漢、樹齢300年の大楠など、たっぷりと楽しめる日本庭園です。紅葉のアーチ、振り向き坂、樹齢170年の大もみじ、鏡池、萩野尾茶屋など、紅葉を楽しめるスポットが多数。夜間にはライトアップされた色とりどりのモミジや湖に映る逆さ紅葉などを見ることができます。

*現在御船山楽園では、チームラボによるライトアップ展覧会「かみさまがすまう森」を開催中!美しく幻想的な光の展示を楽しめます。

御船山楽園
▶︎見ごろ:11月上旬〜12月上旬

▶︎営業時間・入場料:時期により異なります。下記公式ホームページよりご確認ください。
*紅葉シーズンの情報が公開となり次第、随時更新いたします(参考:2018年の昼夜共通チケット:大人 900円 / 子供300円)
▶︎住所:佐賀県武雄市武雄町武雄4100(map)
▶︎行き方:JR武雄温泉駅からタクシーで5分ほど
▶︎ホームページ:九州 武雄温泉 御船山楽園

2. 佐賀県 大興善寺

福岡と佐賀の県境・契山に位置する大興善寺は、開創から1,300年以上が経つ歴史あるお寺。つつじや紅葉の名所として知られていますが、「恋人の聖地」としてカップルにも親しまれているスポットです。鮮やかなモミジで彩られた敷地内には、趣あるかやぶき屋根の本堂や珍しいマリア観音、町の重要文化財に認定されている八万四千塔最初の塔など、見所もたくさん。風情たっぷりの景色をお楽しみください。

2019年11月16日より、紅葉ライトアップイベント「契山の灯り物語」を開催。開催日・時間の詳細は下記リンクよりご確認ください。

大興善寺
▶︎見ごろ:11月中旬〜12月上旬

▶︎開園時間:08:30から日没まで(紅葉ライトアップ期間中は08:30 – 20:00)
▶︎住所:佐賀県三養基郡基山町大字園部3735(
map)
▶︎行き方:JR基山駅よりタクシーまたはシャトルバスで約15分。
*シャトルバスは11月16日から11月24日まで。運行スケジュールはこちら
▶︎入場料:4月、5月、11月、12月の観光シーズンは大人 600円、小・中学生 300円。観光シーズン以外は大人 300円、小・中学生 100円。
▶︎ホームページ:大興善寺

まとめ

紅葉狩りに行ってみたいスポットは見つかりましたか?その年の気候によって紅葉の時期は変わるので、最新情報のチェックをお忘れなく!

秋のおすすめ商品:

▶︎【銀座出発】富士山周辺観光1日ツアー:河口湖・忍野八海・御殿場アウトレット…
▶︎【銀座出発】箱根観光1日バスツアー:箱根海賊船・芦ノ湖・大涌谷・小田原城…
▶︎【大阪・京都出発】京都奈良1日ツアー:伏見稻荷大社、嵐山、金閣寺、奈良公園東大寺
▶︎【京都1日ツアー】梅田発:伏見稲荷・清水寺・金閣寺・嵐山
▶︎【京都】嵯峨野トロッコ列車+シャトルバス+保津川下り(台湾/香港/日本国内ホテル郵送)

関連記事:

✏️【2020年カレンダー】令和2年の祝日はいつ?連休をチェック!
✏️【2019年🍁紅葉スポット】日本・台湾・韓国、あなたにぴったりなのはどこ?