台湾を代表する観光地・九份(きゅうふん/ジョーフェン)。ノスタルジックな街並みが人気のこのスポットは、雰囲気たっぷりの茶芸館やおしゃれなカフェが多いことでも知られています。今回筆者は、ポストカードや旅行雑誌などでもおなじみの阿妹茶酒館(阿妹茶樓)、海の絶景が自慢の海悦楼茶坊、栄養満点の擂茶(れいちゃ)体験ができるSIIDCHA 吾穀茶糧、それからちょっと足を伸ばして金瓜山の煉金文創咖啡館へ行ってきました。この記事では、お店の雰囲気やお茶体験についてご紹介します♪

目次

台北市内から九份・金瓜山エリアまでの行き方
茶芸館・カフェマップ
茶芸館・カフェ紹介
  - 阿妹茶酒館(阿妹茶樓)
  - 海悦楼茶坊
  - SIIDCHA 吾穀茶糧
  - 煉金文創咖啡館
まとめ

台北市内から九份・金瓜山エリアまでの行き方

台北市内から九份・金瓜山エリアまで行くには、直通バスやタクシー、電車など様々な方法があります。*電車を利用する場合はバスに乗り継ぐ必要があります。

こちらにアクセス方法をまとめた記事があるので、ぜひ参考にしてみてください!

【2019年最新】西門町から九份へ行ける高速バス965路線が運行開始

茶芸館・カフェマップ

今回ご紹介する茶芸館とカフェのマップです。

【九份エリアの茶芸館 行き方】
バス停九份派出所から竪崎路(階段の道)を2、3分ほど登ると、左手に阿妹茶酒館(阿妹茶樓)、右手に海悦楼茶坊が見えてきます。そこからまた少し階段を登り、基山街という道路に突き当たったら右折、2分ほど進むとSIIDCHA 吾穀茶糧に到着します。

【金瓜石エリアのカフェ 行き方】
九份のバス停(派出所/九份老街)から1062番または965番のバスに乗り、金瓜石(黄金博物館)で下車。

黄金博物館インフォメーションセンター手前の金光路を直進すると右手に階段が見えてくるので、その階段を登って行きます。すぐにカフェが見えてきますよ!

▼階段前には店名の煉金文創咖啡館と書かれた青い看板があります。

Source: KKday

茶芸館・カフェ紹介

1. 阿妹茶酒館(阿妹茶樓)

Source:KKday

旅行雑誌などの九份特集には必ずと言っていいほど紹介されるのがこちら、阿妹茶酒館(阿妹茶樓)。皆さんも一度は写真で目にしたことがあるのでは?

このお店の特徴は、何と言っても雰囲気たっぷりの赤ちょうちんとレトロな木造建築です。あの「千と千尋の神隠し」の世界観に似ていると話題ににもなりましたよね。

今回筆者は、KKdayの高山烏龍茶+お茶菓子セットを予約しました。

お店に到着し、入り口付近の店員さんにKKdayのバウチャーを見せるとすぐに席まで案内してくれます。並ぶ時間を節約できるのが嬉しいですよね!

案内してもらったのは3階のテラス席。

Source:KKday

あいにくの曇り空でしたが、それでも遠くの港まで見渡せますよ!

Source:KKday

席に着くと、店員さんがお茶セットを持ってきてくれました。茶葉の量に驚きつつも、ついつい可愛いらしいお菓子に目がいってしまいます。美味しそう…!

Source: KKday

まず始めに、店員さんにお茶の入れ方をレクチャーしていただきました。日本語でお茶の入れ方について説明があるので、聞き逃さないようにしっかりと耳を傾けます(英語、韓国語にも対応とのこと)。

Source:KKday

一通りお茶の入れ方を教わったら、店員さんのレクチャーは終わり。まだまだ茶葉が残っているので、おかわりは自分で淹れます。

*座席横にヤカンがあります。火傷しないように気をつけながら急須にお湯を注ぎましょう。お湯がなくなったら、店員さんを呼んで追加してもらうことができますよ!

使用した茶葉は、台湾産の高山烏龍茶。日本の深みのある烏龍茶とは異なり、緑茶やジャスミン茶のような爽やかな香りがしました。お茶菓子とも相性バツグン!

*お茶体験で茶葉が余ってしまった場合は、持ち帰ることができるか店員に聞いてみましょう。

外の風景を眺めながら、ゆっくり一息つける素敵な茶芸館です。

KKdayで予約する
【台湾・九份】眺めのいい茶芸館・阿妹茶酒館:高山烏龍茶+お茶菓子セット

2. 海悦楼茶坊

Source:KKday

続いて紹介するのは、阿妹茶酒館の向かい側にある海悦楼茶坊。大きな窓から臨む海の景色が自慢の茶芸館です。また、テラスからは向かい側に佇む阿妹茶酒館の全景を眺めることができます。

こちらも入り口で店員さんにKKdayのバウチャーを見せると、すぐに3階の席まで案内してくれました。

Source: KKday

案内されたのは、開放感抜群の窓側の席。外は少し霧がかってますが、それもまた神秘的な感じがして素敵です。

また、海悦楼茶坊のテラスからは向かい側の阿妹茶酒館を眺めることができます。地上からだと至近距離から見上げることしかできませんが、海悦楼茶坊からだとしっかり建物全体を見ることができますよ。

Source: KKday

運ばれてきた東方美人茶+お茶菓子セット。こちらはドライフルーツと豆のお茶菓子が付いてきました。

お茶体験では、まず店員さんがテキパキとお茶を淹れて見せてくれます。日本語の説明もバッチリですよ!

Source: KKday

台湾の高級茶である東方美人茶は発酵度が高く、紅茶のような味わいが特徴と言われています。実際に一口飲んでみると、お茶特有の渋みが少なくほのかに甘みを感じました。お茶の名前のように、とってもエレガントな味わいです。

こちらでも淹れ方の説明が終わったら、あとはセルフでお茶のお代わりをします。美味しいお茶と美しい景色を楽しみながら、旅の疲れを癒しましょう。

大きなテーブル席も多いので、6〜8人の家族旅行・グループ旅行の方にもオススメ。混雑する時間帯は長時間並ぶ必要があるので、ぜひKKdayの事前予約をご利用くださいね!

KKdayで予約する
【台湾・九份】眺望が自慢の茶芸館・海悦楼茶坊:東方美人茶+お茶菓子セット

3. SIIDCHA 吾穀茶糧

レトロな街並みで知られる九份ですが、中にはユニークでモダンなお土産ショップやカフェもあります。

そのうちの一軒、SIIDCHA 吾穀茶糧では、台湾伝統の健康茶・擂茶(れいちゃ)を飲むことができますよ!

Source: KKday

お店に入るとすぐ店員さんのいるカウンターがあるので、そこでKKdayのバウチャーを提示します。

▼店員さんがバウチャーを読み取る様子。

Source: KKday

3階建てのカフェは、2、3階が座ってお茶を飲めるエリアとなっています。今回筆者は、3階にあるスペースでお茶体験をすることになりました!

Source: KKday

外の天気はあいにくの曇り空でしたが、カフェの中は日当たりバツグン!長居したくなるような心地の良い空間です。

店員さんが運んできてくれたお茶セット▼

Source: KKday

*セットで付いてくるお茶菓子は変更となる場合があります。

台湾客家(ハッカ)民族伝統の擂茶(れいちゃ)は、お茶の葉と様々な穀物をすりつぶして作られた栄養満点のお茶。

KKdayの擂茶(れいちゃ)体験では、自分で穀物(ごま、かぼちゃの種、茶葉など)をすりつぶし、擂茶(れいちゃ)に入れて飲むことができます。

店員さんが擂茶(れいちゃ)の効果や擦り方などを説明してくれます。*ここでは英語の説明となります。聞き取れなくても大丈夫、とっても優しい店員さんが横で丁寧にサポートしてくれますよ〜!

Source: KKday

ごまのいい香りがしてきたら、いよいよ投入!しっかりかき混ぜていただきます。

Source: KKday

一口飲んでみると、とろりと濃厚なお茶の風味が口の中に広がります。抹茶のような苦みや渋みはなく、ほんのり優しい甘さがあります。

つぶつぶした穀物の食感があるので、飲み物というよりはオートミールのような印象。小腹が空いた時などにも合いそう!

1階ではSIIDCHA 吾穀茶糧オリジナルブランドの商品を販売しています。パッケージのデザインも凝っていて、お土産にも喜ばれそう!お値段もかなりお手頃価格なので、ぜひチェックしてみてください。

▼擂茶(れいちゃ)もお土産として持ち帰ることができますよ(写真左から3つ目)。

Source: KKday

▼ちなみに日本人に一番人気の商品は桃フレーバーのウーロン茶だそう。

Source: KKday
KKdayで予約する
【台北】九份で食べる健康茶、擂茶(れいちゃ)作り体験!

4. 煉金文創咖啡館(Alchemy Cafe)

続いて九份からバスに乗り、金瓜石まで移動(行き方はページ上方参照)。日本統治時代は鉱山として栄えた金瓜石ですが、今でも当時の建築や鉱山の名残を見ることができます。黄金博物館や旧坑道、日本建築など見所たっぷりなスポットなのですが、九份と比べると観光客は少なく、見て回りやすいのが特徴です。

▼煉金文創咖啡館

Source: KKday

お店の奥の方にカウンターがあるので、そこで店員さんにKKdayのバウチャーを提示します。

Source: KKday

日当たりの良い店内には、おしゃれな絵やインテリアがたくさん!お土産にぴったりな雑貨の販売も行なっているようです。

Source: KKday

窓から見える緑いっぱいの風景に心癒されます。

Source: KKday

今回は、KKdayで予約できる紅糟肉(ホンツァオロウ)セット純金コーヒーをいただきました。

紅糟とは、紅麹を原料に作られた調味料。ここ金瓜石の鉱山労働者も、お祝い事などの際は紅糟を使用したご馳走を食べていたそうです。

Source: KKday

見た目はカレーにそっくりな紅糟肉(ホンツァオロウ)煮込みですが、味はスパイスの効いた濃厚なポークシチューという感じ。台湾でよく使われる独特な風味のスパイスが苦手、という方もいらっしゃると思いますが、こちらはクセがなく日本人の口にもよく合うと思います。

*辛いものが苦手な方は、受付の際に店員さんに「不用辣(ブーヨンラー)」と伝えましょう。

ゴロゴロ入ったお肉も、とっても柔らかくて食べやすい!ボリューミーですが、思わずお代わりをお願いしたくなるほどの美味しさに心もお腹も満たされました。

紅糟肉(ホンツァオロウ)セットは、サラダとコーンスープ、そしてドリンク1杯(100元まで)が付いてくるお得なセットです。筆者は、メニューに”黄金蜂蜜檸檬汁”と中国語で記載されていたはちみつレモンジュースをオーダー。金石山ならではのネーミングも遊び心があっていいですね♪

Source: KKday

すっかりお腹いっぱいになった筆者ですが、お店の看板メニュー・純金アイスを食べずして帰るわけには行きません!こちらもしっかりと事前予約をしていました。

食後、タイミングを見計らって店員さんがアイスを運んできてくれました。

Source: KKday

なかなかインパクトのある見た目ですが、アイスクリームの甘さとコーヒーの苦味のバランスが良く、最後まで飽きることなく楽しめました。金箔自体に味はありませんが、金鉱山で金を食べるという面白体験をしたい方にはおすすめですよ!SNS映えにも一役買ってくれそう!

KKdayで予約する
【台北・黄金博物館】純金コーヒーがいただける’煉金文創咖啡館’チケット

まとめ

今回は、九份・金瓜石エリアのおすすめ茶芸館・カフェをご紹介しました。平日・休日を問わず大勢の観光客で混雑するため、九份エリアでお茶体験をご希望の場合は、事前予約で席を確保しておくようにしましょう。台北からのアクセスも比較的簡単なので、ぜひ一度足を運んでみて下さい♪

 

関連商品

▶︎【台北 / 桃園空港発】九份・平渓・北海岸:台北近郊貸切チャーター車1日ツアー
▶︎【台北発】東北角・九份観光1日ツアー:陰陽海・金瓜石・黄金瀑布…
▶︎【格安チャイナドレスレンタル】チャイナドレスで九份散策!!

台湾情報はこちらの記事もチェック

✏️【完全版】台湾旅行の基本情報
✏️台湾で電車に乗ろう!台湾鉄道・台湾新幹線完全攻略【2019年改訂版】
✏️
【台湾・九份】行き方から散策ルート、お土産、グルメまでを徹底ガイド!