シンガポールのセントーサ島は、ユニバーサルスタジオやアクアリウムからビーチまで様々なアトラクションがあるので一日中思いっきり遊べるのが魅力。今回はセントーサ島へのアクセス方法4つと、島内の交通事情をご紹介します!

1. セントーサ島への行き方

シンガポール中心からセントーサ島へ行くには セントーサ・エクスプレス、ケーブルカー、バス、徒歩の4通りの方法があります。また、セントーサ島に入るには入島料が必要です。一部の交通機関には運賃に入島料が含まれています。

まずはMRTハーバーフロント駅へ

セントーサ島へ行くには、まずはMRT北東線(North East Line)か環状線(Circle Line)のハーバーフロント駅に行きましょう。そこから徒歩でVivocityへ移動し、そこからセントーサ・エクスプレス、ケーブルカー、バスに乗り換えます。

(1) セントーサ・エクスプレス

Source: Shutterstock

セントーサ・エクスプレス(Sentosa Express)はシンガポール島とセントーサ島を結ぶモノレールです。全部で以下の4つの駅があります。

  • VivoCity Station (Sentosa Station)
  • Resorts World Station (Waterfront Station)
  • Imbiah Station
  • Beach Station

MRTハーバーフロント駅からセントーサ・エクスプレスでセントーサ島へ行く場合、まずはVivocityにある乗り場へ行きましょう。ハーバーフロント駅のE出口は地下道でVivocityの南側に繋がっています。

Source: KKday

セントーサ・エクスプレスや、セントーサ島へ向かうバスRWS8(Resorts World Sentosa)の乗り場は建物の北側にあるので、乗り場までVivocity内を少し歩く必要があります。

素早く乗り換えるなら、ハーバーフロント駅のC出口を出るのがおすすめです。C出口から出るとすぐにタクシー乗り場が見えますが、反対側がバスRWS8の乗り場になっています。

Source: KKday
Source: KKday

セントーサ・エクスプレスの乗り場はVivocityの3階。エスカレーターで3階へ向かいましょう。

Source: KKday
Source: KKday
Source: KKday

このTicketingカウンターで各施設のチケットを購入できます。もちろんセントーサ・エクスプレスのチケットもここで購入可能。ですが休日などは混み合うので時間がかかります。事前にIC乗車カードEZlinkを買っておくのがおすすめです。

Source: KKday

運賃は片道4シンガポールドル(約320円)です。買うのは片道分だけでOK。帰りのセントーサ島からVivocityへはチケットは必要ありません!

Source: KKday

このモニターにはセントーサ島の各施設のチケット料金が表示されています。

Source: KKday

セントーサ・エクスプレスの駅では役立つガイドが配布されています。一日券の使用方法や周辺スポット紹介が記載されているので、ぜひもらっておきましょう。

(2) ケーブルカー

Source: KKday

次に紹介するのがケーブルカーを使った行き方です。空からの風景も楽しめるケーブルカーはそれ自体がアトラクションのようなもの!移動も楽しみたい方におすすめです。

ケーブルカーにはシンガポール本島とセントーサ島を結ぶマウントフェーバーライン(Mount faber Line)と、セントーサ島内部を運行するセントーサ・ライン(Sentosa Line)の2つのラインがあります。

Source: Google Map

Mount Faber Line

  • Mount Faber
  • HabourFront Station
  • Sentosa Station

Sentosa Line

  • Merlion Station
  • Imbiah Lookout Station
  • Siloso Point Station

Sentosa StationとImbiah Lookout stationは徒歩で行き来ができます。

セントーサ島へ行くには、マウントフェーバーライン(緑色)に乗り、セントーサ駅で降ります。乗車時間は約15分。

乗り場はセントーサ・エクスプレスと同じ、MRTのハーバーフロント駅です。

Source: KKday

MRTでハーバーフロント駅についたら、まずはB出口へ。B出口はハーバーフロント・センターに繋がっており、案内にしたがって歩いて行くとハーバーフロント・タワーⅡに到着します。そこからケーブルカーの乗り場が見えてきますよ。

Source: KKday
Source: KKday
Source: KKday

ケーブルカーの運賃は成人35シンガポールドル(約2800円)、4歳〜12歳 25シンガポールドル(約2000円)。この運賃には入島料が含まれています。運行時間は8:45~22:00です。

現地で買うよりも少しお得にケーブルカーのチケットを入手するなら、KKdayで事前に予約しておくのがおすすめです!

KKdayでチケットを予約する
▶︎【割引価格】セントーサ島:シンガポール・ケーブルカー往復乗車チケット

(3) バス

Source: KKday

バスでシンガポール市内からセントーサ島へ行く場合は、MRTハーバーフロント駅や、他の市内のバス停からも乗り換えなしで行くことができます。

例えばティオン・バル駅(Tiong Bahru)やオーチャート・ロード駅(Orchard)から123番のバスに乗れば、リゾートワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)や、マーライオンタワー(Sentosa Merlion Plaza)へ行くことができます。

MRTハーバーフロント駅に直結しているVivocityから行く場合は、RWS8というバスに乗ります。RWSはリゾートワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)の頭文字をとった路線。

Source: KKday
Source: KKday
Source: KKday

MRTハーバーフロント駅のA出口を出たところに14121番のバス停があります。そこからRWS8のバスに乗って、リゾートワールド・セントーサで下車すれば到着です!

(4) 歩いて行く

Source: KKday

お金を節約したい!という方は徒歩でもセントーサ島へ行く方法があります。Vivocityの北側からセントーサ・ボードウォーク(Sentosa Boardwalk)を歩いて約20分で到着します。徒歩で行く場合は入島料1シンガポールドル(約80円)がかかります。

Source: KKday

 

2. セントーサ島の交通手段

セントーサ島の移動にはセントーサ・エクスプレス、バス、セントーサ・ビーチトラム、ケーブルカーがあります。ケーブルカー以外の島内の交通機関は全て無料です!

(1) セントーサ・エクスプレス

Source: KKday

セントーサ・エクスプレスには以下の4つの駅があります。下3つの駅がセントーサ島内部にある駅です。

  • VivoCity Station (Sentosa Station)
  • Resorts World Station (Waterfront Station)
  • Imbiah Station
  • Beach Station

(2) セントーサ島を走るバス

セントーサ島のバスはAとBの二つの路線があります。

Sentosa Bus A

  • Beach Station Transfer Hub  S4 
  • Beach View (Express)
  • Siloso Rd (Express)
  • Imbiah Rd
    – Imbiah Lookout
  • Siloso Rd
    – Siloso Point
  • Artillery Ave
    – Opp Merlion Plaza
    – Opp Amara Sanctuary Resort
  • Sentosa Gateway (Express)
  • RWS Basement
    – Resorts World Sentosa   S2 
  • Sentosa Gateway (Express)
  • Artillery Ave
    – Amara Sanctuary Resort
    – Merlion Plaza   S3 
  • Beach View (Express)
  • Beach Station Transfer Hub  S4 
▶︎運行間隔:約10分間に一本
▶︎運行時間:7:00~24:10(土曜のみ 7:00~24:00)
▶︎路線図詳細

Sentosa Bus B

  • Beach View (Express)
  • Artillery Ave
    – Opp Merlion Plaza
    – Opp Amara Sanctuary Resort
  • Allanbrooke Rd
    – Sentosa Pavilion
  • Cove Ave (express)
  • Ocean Dr (express)
  • Ocean Way
    – W Hotel / Quayside Isle
  • Ocean Dr (express)
  • Sentosa Cove Village
  • Cove Ave (express)
  • Allanbrooke Rd
    – Opp Sentosa Pavilion
    – Opp So Spa
    – Palawan Beach
    – So Spa
  • Bukit Manis Rd
    – Sentosa Golf Club
    – EtonHouse
  • Artillery Ave
    – Amara Sanctuary Resort
    – Merlion Plaza   S3 
  • Beach View (Express)
  • Beach Station Transfer Hub  S4
▶︎運行間隔:約20-35分
▶︎運行時間:7:00~00:30
▶︎路線図詳細

(3) ビーチトラム

Source: KKday

ビーチトラム(Beach Tram)はセントーサ島にあるシロソビーチ、パラワンビーチ、タンジョンビーチの3つのビーチを繋ぐ交通手段です。全部で20の停車スポットがあり、ビーチ駅を出発し、3つのビーチ沿いを循環運行しています。

Source: KKday
Source: Google Map
  • Beach Stn (Westbound)
  • Bikini Bar
  • Opp Siloso Beach Resort
  • Mega Adventure
  • Siloso Point
  • Opp Mega Adventure
  • Siloso Beach Resort
  • Gogreen Segway Eco Adventure
  • Beach Stn (Eastbound)
  • Palawan Kidz City
  • Opp Southernmost Point Of Continental Asia
  • Opp Palawan Beach
  • Opp Palawan Cp
  • Tanjong Beach
  • Palawan Cp
  • Palawan Beach
  • Southernmost Point Of Continental Asia
  • Opp Animal & Bird Encounters
  • Opp Palawan Kidz City
  • Beach Stn (Westbound)
▶︎運行時間:9:00~22:00 / (土曜日のみ)9:00~23:50
▶︎路線図詳細
公式サイト

(4) ケーブルカー

Source: KKday

シンガポール島のハーバーフロントからセントーサ島へ向かう時にも紹介したケーブルカー。マウントフェーバー・ラインとセントーサ・ラインがありますが、セントーサ・ラインはセントーサ島内部を運行する路線です。

Mount Faber Line

  • Mount Faber
  • HabourFront Station
  • Sentosa Station

Sentosa Line

  • Merlion Station
  • Imbiah Lookout Station
  • Siloso Point Station

ハーバーフロントからケーブルカーで来た場合はセントーサ駅で下車しますが、セントーサ駅からは徒歩でインビア・ルックアウト駅へ行くことができます。ケーブルカーの1日乗車チケットを購入した場合はセントーサ島内もケーブルカーで移動できますよ。

KKdayでチケットを予約する
▶︎【割引価格】セントーサ島:シンガポール・ケーブルカー往復乗車チケット

 


セントーサ島の交通マップ

これでセントーサ島へのアクセスはばっちりですか?アトラクション豊富なセントーサ島を思いっきり楽しんでくださいね!

セントーサ島のおすすめプラン

▶︎【お得なセット】ユニバーサル・スタジオ・シンガポール1デーチケット+往復送迎バス
▶︎【シンガポール】スカイライン・リュージュ・セントーサ:リュージュ+スカイライドチケット
▶︎【セントーサ島の水族館】シー・アクアリウム入場チケット
▶︎【セントーサ島】体験型テーマパーク キッザニア・シンガポール入場チケット

シンガポール旅行の必需品

▶︎【空港送迎】シンガポール・チャンギ国際空港-市内送迎サービス
▶︎【シンガポール】スターハブSIMカード7日間+500分間通話(チャンギ空港受取)
▶︎【シンガポール】M1プリペイドSIM 7日間+国際通話20分(チャンギ空港受取)

シンガポール旅行の関連情報

✏️【2019年版】ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)を遊び倒そう!
✏️【シンガポール】チャンギ空港からの移動から地下鉄、バスまでシンガポールの交通事情まとめ
✏️【シンガポール】夜の観光も楽しい!観覧船でクラークキー・ボートキー・マリーナベイの夜景スポットを制覇しよう! 
✏️シンガポール:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ完全攻略