タイ北部の街チェンマイには、歴史あるお寺やおしゃれなカフェ巡り、象とのふれあい、自然の中での体験まで、どんな人でも楽しめるスポットがたくさんあります。5日間のこのモデルコースなら、足を伸ばして旧市街だけじゃないチェンマイの魅力を発見できますよ。

チェンマイ5日間のモデルコース概要

日本からチェンマイへは直行便がありません。バンコクのドンムアン空港で国内線に乗り換えるのが一番早く到着できる方法です。このモデルコースは移動の日数を含まない、現地滞在時間が5日間のスケジュールです。

チェンマイ空港から市内への送迎はこちら

Day 1: チェンマイ文化芸術館→ワット・チェンマン→ワット・チェディルアン→カントークディナー

Day 2: Mama noiクッキングスクール→ワロロット市場→トンラムヤイ市場→チェンマイ・ナイトサファリ

Day 3: ワット・ロンクン→バーンダム→ワット・バンデン→黄金の三角地帯→スコンター・ビュッフェ

Day 4: エレファント・ジャングル・サンクチュアリ→ジップライン→ナイトマーケット

Day 5: ドイステープ→プーピン離宮→ニマンヘミン

 

Day 1:旧市街のお寺巡り

Spot 1. チェンマイ文化芸術館

Source: Shutterstock

チェンマイ文化芸術館は1924年に建てられたコロニアル風建築。一階にはタイ北部の宗教文化、二階にはポストコロニアル期の様子が展示されており、チェンマイの歴史や風俗を知るのにぴったりのスポットです!

建物の前にそびえる三人の大王の記念像もチェンマイ旧市街の見所のひとつ。現地の方々が跪いてお祈りする姿からは、三人の大王が今でも人々に慕われていることが伝わってきます。

チェンマイ文化芸術館 Chiang Mai City Arts and Cultural Centre
▶︎営業時間:8:30~17:00(月曜休館)
▶︎入場料:タイ人 20バーツ、外国人 90バーツ(約315円)
▶︎住所:127/7 Prapokkloa Rd, Tambon Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:ソンテウ乗車
▶︎ウェブサイト

Spot 2. ワット・チェンマン

Source: Shutterstock

ワット・チェンマンは旧市街の北側にある、700年もの歴史を持つチェンマイ最古の寺院。15匹の象に支えられる金色の仏塔が最大の見所のワット・チェンマンは、スリランカの仏教建築の影響と、現地の建築文化の融合を感じられる興味深い寺院です。規模は大きくないものの、チェンマイの歴史において重要な地位を占めるお寺の一つです。

Source: Shutterstock
ワット・チェンマン Wat Chiang Man
▶︎開放時間:6:00~18:00
▶︎入場料:無料
▶︎住所:270 Ratchapakhinai Rd, Thesaban Nakhon Chiang Mai, Amphoe Mueang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:ソンテウ乗車、またはトゥクトゥク乗車

Spot 3. ワット・チェディルアン

Source: Shutterstock

ワット・チェディルアンは『大きな仏塔』を意味する、チェンマイの6大寺院の中でも特に多くの観光客が訪れるスポット。 仏教の宇宙観に則り、チェンマイ旧市街のほぼ中心にそびえるこの寺院は、現在のチェンマイのランドマーク的な存在です。

現在でも多くの僧侶が修行をしている姿を見つけることができます。邪魔にならないように気をつけて見学しましょう!

ワット・チェディルアン Wat Chedi Luang
▶︎開放時間:6:00~18:00
▶︎入場料:20バーツ(約70円)
▶︎住所: Road King Prajadhipok Phra Singh, Muang District, Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:ソンテウまたはトゥクトゥク乗車

近くのおすすめレストラン:Mr Kai Restaurant (map)

Spot 4. オールド・チェンマイ文化センター

Source: Shutterstock

オールド・チェンマイ文化センターでは、現地のテキスタイルや歴史を展示しています。伝統的な民族衣装や、チェンマイの歴史に興味がある方はぜひ訪れて欲しいスポット。特に華やかな宮廷の衣装は見応え抜群です!

ここでの目的はカントーク・ディナーというランナー王朝伝統の料理。歴史あるタイ北部の踊りや音楽と一緒に、豊かな食文化を味わってみましょう!

オールド・チェンマイ文化センター Old Chiang Mai Culture Center
▶︎住所:Hai Ya Rd, Tambon Hai Ya, Amphoe Mueang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:チェンマイ旧市街からトゥクトゥク乗車、カントークディナーをご予約の方は送迎付き
KKdayで体験を予約する
▶︎【チェンマイ】タイ郷土料理・カントークディナー食べ放題プラン(送迎付き)

 

Day 2:タイの文化と自然にふれる

Spot 1. Mama noiクッキングスクール

Source: Shutterstock

酸っぱさと辛さ、そしてちょっぴり甘いタイ料理のファンという方は多いはず。タイへ来たら本場でプロに料理を習ってみるのが近年人気のアクティビティです!

Mama noiクッキングスクールはチェンマイ郊外の農場の中にあります。TripAdvisorでも評価の高いチェンマイのおすすめスポットです。

筆者も半日コースを体験してみましたが、現地の食材についてのレクチャーから、先生のお手本、実際に自分で作ってみる行程までサポートしてもらえるので、普段あまり料理をしない人でも美味しいタイ料理を作ることができました!ホテル送迎もついているので気軽に参加できますよ〜!

Source: Shutterstock

Mama noiクッキングスクールはコスパが良いのもおすすめポイント。半日コースでは3品のタイ料理を、1日コースでは5品のタイ料理を作ります。どちらのコースもタイ式ミルクティーが付いて来て、楽しくお腹もいっぱいになりますよ〜!もしその場で食べきれなかったら持ち帰り用に包んでもらえます。

体験後はホテルや市内の観光スポットまで送ってもらえます。チェンマイで充実した半日(もしくは1日)を過ごしたい方にとってもおすすめの体験です!

KKdayで体験を予約する
▶︎【12%割引・オーガニックタイ料理教室】Mama Noiクッキングスクール1日半日/1日コース
Mama noiクッキングスクール
▶︎住所:hapae road, Chang Klan Muang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:体験を予約した方は送迎付き

Spot 2. ワロロット市場&トンラムヤイ市場

Source: Shutterstock

料理教室でお腹がいっぱいになったら、旧市街から徒歩15分ほどの所にあるワロロット市場やトンラムヤイ市場をのぞきに行きましょう。現地の食料品から工芸品まであらゆる商品が所狭しと並ぶこのマーケット。お土産ショッピングや、夜のナイトサファリに向けて軽食を買っておくのもおすすめです。

ワロロット市場

Source: Fotolia

地元の人向けのマーケット。日中は生活用品や洋服、手工芸品などが並び、夜にはナイトマーケットとして食べ物の屋台も現れます。旧市街よりも値段が安めで、食べ物の種類も豊富で楽しめます!

ワロロット市場 Warorot Market
▶︎営業時間:4:00~18:00
▶︎住所:Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:ソンテウ乗車

トンラムヤイ市場

日中は市場、夜にはナイトマーケットになる地元の特色豊かなマーケット。ワロロット市場とは通りを挟んで向かいにある位置関係なので、ぜひ一緒に見て回りましょう。20バーツ(約70円)から買える屋台料理やフルーツがコスパ抜群です!

トンラムヤイ市場 Ton Lam Yai Market
▶︎営業時間:24時間営業
▶︎住所:Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:ソンテウ乗車

Spot 3. チェンマイ・ナイトサファリ

Source: Shutterstock

チェンマイ・ナイトサファリはドイステープのあるステープ山の麓にあります。園内は動物園はもちろん、様々な植物や滝、湖などの自然を満喫できます。

日中の動物園では見ることのできない、夜行性のオオカミやトラなどの肉食動物たちの生態観察は刺激的な体験になるはず!毎晩行われる光と水のショーや、動物たちのショーも見応えがあります。ぜひチェックしてくださいね。

注意:
ナイトサファリでの撮影時にはフラッシュの使用が禁止されています。

KKdayでチケットを購入する
▶︎【割引価格】チェンマイ・ナイトサファリ入場チケット
チェンマイ・ナイトサファリ Chiang Mai Night Safari
▶︎入場料:
ジャガー・トレイル・ゾーン(徒歩のみ):成人100バーツ(約350円)/児童50バーツ(約175円)
デイ・サファリ:成人800バーツ(約2800円)/児童400バーツ(約1400円)
ナイト・サファリ:成人800バーツ/児童400バーツ
▶︎開放時間:
ジャガー・トレイル・ゾーン(徒歩のみ):11:00~21:30
デイ・サファリ:15:00~16:30
ナイト・サファリ:18:50~22:00
▶︎住所:3 Moo 12, Tambon Nong Kwai, Amphoe Hang Dong, Chang Wat Chiang Mai (
map)
▶︎アクセス:
ワット・プラシン、チェンマイ門、チェンマイ・ナイトマーケット、Central Kad Suan Kaewなどから赤色のソンテウ乗車(50バーツ)
▶︎ウェブサイト

 

Day 3:日帰りでチェンライへ

Source: Shutterstock

3日目はチェンマイから足を伸ばして、タイ最北部のチェンライへ行ってみましょう。ミャンマーとラオスと国境を接するチェンライは、かつてランナー王朝の首都だった街。多くの芸術家を生み出していることでも有名です。

5日間のチェンマイ旅行をするなら、ぜひ時間をとってチェンライ日帰り旅行を計画してみましょう。

チェンライには、ワット・ロンクン(ホワイトテンプル)、バーン・ダム美術館(ブラックハウス)、ワット・バンデン(ブルーテンプル)の3つの印象的なお寺や、首長族として知られるカレン族の村、かつて麻薬密造地帯だった黄金の三角地帯などのスポットがあります。

これらのスポットを1日で観光するならツアーに参加するのが便利です。

KKdayでツアーを予約する
▶︎【チェンマイ出発】チェンラーイ1日ツアー:ワット・ロンクン、黄金の三角地帯、首長族の村

Spot 1. ワット・ロンクン

Source: Shutterstock

ホワイトテンプルと呼ばれることもある純白の建物が印象的なワット・ロンクンは、タイ人の建築家Chalermchai氏によって現在もなお建設中の新しい寺院です。天気のいい日には太陽の光でまぶしく輝くワット・ロンクン。近くでよく見ると細かく複雑な装飾が目を引きます。

正殿の前にかかる大きな橋はこの世と天国への境界を表しており、橋の下には地獄から救済を求める手が天に向かって伸びています。この橋を渡る際には後ろを振り向かずまっすぐ進みましょう!

Source: KKday

ワット・ロンクンの主要な白亜の建築のほかにも、同建築家の絵画作品も展示されています。そのほか、『黄金のトイレ』と呼ばれる金色に輝く建物も見所です。

ワット・ロンクン Wat Rong Khun
▶︎開放時間:9:00~12:00 / 13:00~18:00
▶︎入場料:50バーツ(約175円)
▶︎住所:Pa O Don Chai Roa, A. Muang, Chiang Rai (map)
▶︎アクセス:
(1)チェンライのバスターミナルからバス乗車(20〜40バーツ・約70〜140円)
(2)チェンマイからのツアーに参加する

Spot 2. バーン・ダム美術館

Source: Shutterstock

ブラックハウスとも呼ばれるバーン・ダム美術館。著名なタイのアーティストThawan Duchanee氏が、死と地獄をテーマに設計した美術館で、生と死をモチーフにしたアンティークや標本、現代アート作品が展示されています。

そのテーマや黒い建物のイメージから、地元の人たちには『チェンライの地獄』とも呼ばれているのだそうです。

バーン・ダム美術館 Baan Dam
▶︎営業時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00
▶︎入場料:無料
▶︎住所:Moo 14, Tambon Nang Lae, Chiang Rai (map)
▶︎アクセス:
(1)チェンライのバスターミナルからバス乗車(20〜40バーツ)
(2)チェンマイからのツアーに参加する

Spot 3. ワット・ロンスアテン

Source: Shutterstock

白・黒に続いて紹介するのは青いお寺ワット・ロンスアテン。ワット・ロンクンを建設したChalermchai氏の弟子によって建てられたこのお寺は、深みのある鮮やかな青色と金色の高貴な印象を与えています。

Source: Shutterstock

青と金色が美しい外観を鑑賞し終わったら、内部もじっくり見学しましょう。神話をモチーフにした物語が描かれる壁画や、柱の細やかな装飾がとっても綺麗ですよ!しかも内部の撮影もOKなので、青の世界を存分に満喫してくださいね。

Source: Shutterstock

忘れてはいけないのが、ここならではのスイーツ。近くの屋台で売っている青いアイスは必食です!タイでよく見るココナッツのアイスですが、蝶豆花の色素で作られた真っ青なソースがかかったアイスはブルーテンプル見学のお供にぴったりです。

おすすめはワット・ロンスアテンの正面入り口から一番遠い所にあるおばさんの屋台。どの屋台で買っても値段は同じですが、この屋台ではアイスをたっぷり3球も盛ってもらえました!

ワット・ロンスアテン Wat Rong Sua Ten
▶︎入場料:無料
▶︎住所:306 2 Maekok Rd, Chang Wat Chiang Rai (map)
▶︎アクセス:
(1)チェンライのバスターミナルからバス乗車(20〜40バーツ)
(2)チェンマイからのツアーに参加する

Spot 4. 黄金の三角地帯

Source: Shutterstock

ミャンマーとラオスと国境を接する場所にある黄金の三角地帯と呼ばれるこの地域。かつては麻薬の密造エリアとして知られていました。現在では政府の補助の元、米やサトウキビなどの経済作物を生産しているほか、観光スポットとしても注目を集めています。

Source: KKday

ここでは大仏見学やアヘン博物館、ボートでの遊覧が定番のアクティビティです。

黄金の三角地帯 Golden Triangle
▶︎入場料:30バーツ(約105円)
▶︎住所:SWiang, Chiang Saen District, Chiang Rai (map)
▶︎アクセス:
(1)チェンライのバスターミナルからバス乗車
(2)チェンマイからのツアーに参加する

Spot 5. スコンター・ビュッフェ  千人火鍋

Source: Shutterstock

チェンライまで足を伸ばしての観光で、疲れも溜まっているはず。そんな夜は美味しい料理で疲れを癒しましょう!チェンマイ旧市街の北西にあるスコンター・ビュッフェ(千人火鍋)は毎日大勢のお客さんで賑わう食べ放題のレストラン。

わずか209バーツ(約730円)でBBQと鍋が食べ放題、399バーツ(約1400円)でBBQ+鍋にシーフードも食べ放題というコスパの良さ。お肉からシーフード、タイのスイーツ、さらにソフトドリンクも飲み放題で、バックパッカー愛用のレストランと名高いんですよ。チェンマイの賑やかな夜の雰囲気を思いっきり味わいたい方におすすめです。

スコンター・ビュッフェ Sukontha Buffet
▶︎営業時間:17:00~24:00
▶︎料金:209バーツ(約730円) / 399バーツ(約1400円)
▶︎住所:Thailand, T. A Huaykaew Rd, Mueang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:チェンマイ旧市街からソンテウで10分

 

Day 4:タイ北部でおもいっきり遊ぶ!

4日目の日中はタイ北部ならではのアクティビティを楽しみましょう!象とのふれあいを楽しみたい方はエレファント・ジャングル・サンクチュアリへ。刺激的でスリリングな体験を求めているならジップラインがおすすめです。

Spot 1-A. エレファント・ジャングル・サンクチュアリ

Source: Shutterstock

タイでやるべきことの一つとして人気がある象とのふれあい。近年では象を傷つけないアクティビティが主流になっています。

エレファント・ジャングル・サンクチュアリはサーカスなどで怪我をしたり虐待を受けてしまった象たちを受け入れています。かつてサーカスで芸を披露していた象たちは、芸の能力が衰えてしまったら捨てられ、野生での生活を強いられてしまいます。この施設ではそんな象たちを受け入れ、落ち着いて休める場所を提供しているんです。

エレファント・ジャングル・サンクチュアリで動物園とは全く違う体験ができます。象たちと遊んだりご飯をあげたり、体を洗ってあげたりと身近でふれあってみませんか?

KKdayで体験を予約する
▶︎【象とふれあう半日体験】チェンマイ:エレファント・ジャングル・サンクチュアリ
エレファント・ジャングル・サンクチュアリ Elephant Jungle Sanctuary
▶︎アクセス:送迎付きのツアー参加がおすすめです
▶︎出発時間:午前の部 6:30 / 午後の部 11:30

Spot 1-B.  ジップラインでジャングルを駆け抜けよう

Source: Shutterstock

刺激的な体験を求めているなら、ジャングルを駆け抜けるスリリングなジップラインがおすすめ!チェンマイには数多くのジップライン業者がありますが、中でも世界最長の長さを誇るのがドラゴン・フライトです。専属のインストラクターの指導のもと、タイ北部のジャングルに張られたワイヤーを高速で駆け抜けましょう!

KKdayで体験を予約する
▶︎【世界最長級のジップライン 】チェンマイ:ドラゴン・フライト

✏️【タイ】ジップラインでジャングルを駆け抜けよう!おすすめ7社を比較

Spot 2. チェンマイのナイトマーケットへ(土日限定)

サタデー・マーケット

Source: Shutterstock

チェンマイ旅行に週末が入っているなら、週末限定のマーケットへ行かなきゃもったいない!サタデー・マーケットはチェンマイ旧市街の南門『チェンマイ門』付近で開催されます。

野菜やフルーツなどの食材から、屋台グルメ、手工芸品まで様々な屋台が並ぶバラエティ豊かなマーケット。中でもカゴバッグやハンドメイドの革製品は実用性も◎ストリートパフォーマーも多いので、ぶらぶら歩くだけでも楽しめます!

マーケットの開催時間は毎週土曜日の17:00から。タイの国歌が流れたらマーケットが始まります。国歌斉唱中は全ての人が立ち止まり厳粛な雰囲気に。この雰囲気も他では味わえませんよ〜。

Source: Shutterstock

サタデー・マーケットはチェンマイ門を出たウアライ・ロード(Wua Lai Road)で行われます。近くにはチェンマイ門マーケットもあるので、場所を間違えないように気をつけてくださいね。

サタデー・マーケット Saturday Walking street
▶︎営業時間:17:00~24:00
▶︎住所:Wua Lai Rd, Tambon Hai Ya, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:赤色のソンテウかトゥクトゥクでWualai Roadへ

サンデーマーケット

Source: Shutterstock

チェンマイ旧市街の東門『ターペー門』は、旧市街を囲む市壁の中でも最も保存状態の良い門です。日曜日にはターペー門を起点にサンデー・マーケットが開かれます!

民族雑貨や服など、地域の特色あるアイテムが勢揃いするこのマーケットでは、掘り出し物を見つけたい旅行者にぴったり。もちろん食べ物の屋台もたくさん並ぶので、食べ歩きをしたい方も満足できるはず。

Source: Shutterstock

サンデー・マーケット開催時にはラチャダムヌーン通りは歩行者天国になります。サタデー・マーケットが行われるウアライ通りよりも広々としているので、人混みが苦手な人にもおすすめです!

サンデー・マーケット Sunday Walking Street
▶︎営業時間:18:00~23:00
▶︎住所:141/6 Rachadamnoen Rd, Tambon Si Phum, Amphoe Mueang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:ソンテウに乗車し、ターペー門付近で下車

 

Day 5: チェンマイ旧市街近郊を探検しよう

Spot 1. ドイステープ

Source: Shutterstock

チェンマイ郊外にそびえるドイ・ステープ(ステープ山)。標高1,080mの小高い山の上からはチェンマイ一帯の風景を見渡すことができます。

ドイ・ステープ国立公園 Doi Suthep-Pui National Park
▶︎開放時間:24時間
▶︎入場料:無料
▶︎アクセス:
(1) レンタルバイク:200バーツ(約700円) / 日
(2) ソンテウ:旧市街からチェンマイ大学(30バーツ・約105円)へ行き、ドイステープ行きのソンテウに乗り換え(40バーツ・約140円)
(3) ソンテウチャーター:約600バーツ(約2100円) / 車(10人まで乗車可能)

Spot 2. ワット・プラタート・ドイステープ

Source: Shutterstock

チェンマイで最も有名なお寺ワット・プラタート・ドイステープは、信心深いタイの人々にとって一生に一度は参拝したいお寺だと言われています。階段入り口には2匹の龍が鎮座し、青い空に金色に輝く仏塔が印象的なワット・プラタート・ドイステープは、常にお香の煙が絶えません。

Source: Shutterstock
ワット・プラタート・ドイステープ Wat Phra That Doi Suthep
▶︎開放時間:6:00~18:00
▶︎入場料:30バーツ(約105円)
▶︎住所:Wat Phra That Doi Suthep Road Srivijaya Suthep Mueang Chiang Mai District Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:
(1) ケーブルカーで頂上まで行き、階段で降りてくるのがベター
(2) 旧市街からチェンマイ大学(30バーツ・約105円)へ行き、ドイステープ行きのソンテウに乗り換え(40バーツ・約140円)

Spot 3. プーピン離宮

Source: Shutterstock

タイ王室の夏の避暑地であるプーピン離宮。王族が滞在する1月から3月以外には庭園が一般の旅行者にも公開されています。タイ式の建築と美しく整えられた庭園をのんびりと散策してみましょう。

離宮内部

  • 開放時間:土曜日および日曜日、祝日(1〜3月は王族滞在のため、公開されません)
  • 午前:8:30~12:30
  • 午後:13:00~16:00

庭園

  • 毎日公開
プーピン離宮 Bhuping Palace
▶︎入場料:50バーツ(約175円)
▶︎住所:Royal Winter Palace Su Thep Mueang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:
(1) レンタルバイク:200バーツ(約700円) / 日
(2) 旧市街からチェンマイ大学(30バーツ・約105円)へ行き、プーピン離宮行きのソンテウに乗り換え(40バーツ・約140円)
(3) ソンテウチャーター:600バーツ(約2100円) / 車(10人まで乗車可能)

Spot 4. ニマンヘミン

Source: Shutterstock

チェンマイ旧市街の北西にあるニマンヘミン通り。トレンド発信地でもあるこのエリアには大型ショッピングセンターのMayaや、レトロな煉瓦造りのOne Nimmanショッピングモールがあります。

こだわりのショップやカフェが立ち並び、アーティストやデザイナーたちも集まるおしゃれなこのエリアでは、チェンマイの別の表情が見つかります。

旧市街など他のエリアと比べると物価が少し高めですが、のんびりとショッピングをしたい方におすすめのスポットです。

Source: Shutterstock

注意:
午後から営業開始というお店が多いので、気になるお店の営業時間を先に調べておくのがおすすめです!

ニマンヘミン通り Nimmanhemin Road
▶︎住所:Nimmanhemin Road, Tambon Suthep, Amphoe Mueang Chiang Mai (map)
▶︎アクセス:ソンテウ乗車

 


豊かな文化と自然と満喫できるチェンマイ。5日間あればチェンマイと近郊の様々なスポットへ出かけることができますよ!タイの少数民族やお寺に興味のある方はチェンマイ旅行を計画してみてくださいね。

チェンマイのおすすめ体験

▶︎【チェンマイの最新アクティビティ】セグウェイ・ガイドツアー
▶︎【チェンマイ】ミラクル・キャバレー・ニューハーフショー鑑賞チケット
▶︎【1つ買うと1つ無料】KIYORA SPAアロママッサージ+ボディマッサージ+ホットストーンマッサージ
▶︎【チェンマイ出発】ドイ インタノン国立公園・国王記念塔・滝鑑賞1日ツアー

タイ旅行の必需品

▶︎【バンコク・空港受取】4G LTE ポケットWi-Fiレンタル(ネット使い放題)
▶︎【タイ】DTACハッピーツーリストSIM・8日間4G使い放題:スワンナプーム空港受取
▶︎チェンマイ国際空港-チェンマイ市内 / 郊外ホテル:貸切チャーター車片道送迎プラン

チェンマイ旅行の関連情報

✏️【タイ】チェンマイ観光の基本情報
✏️あなたはいくつ食べた?カントークディナーからカオソーイまでチェンマイの10大グルメ
✏️【タイ】旧市街から郊外までチェンマイで行くべきスポット10選
✏️【タイ】チェンマイをもっと楽しむために!絶対にやるべき10の体験