今年の夏休み、どこへ行こうかまだお悩み中のあなた!ブルーの海が眩しい海外リゾートで、思いっきり南国気分を味わってみませんか?シュノーケリングやパラセーリング、温泉にスパなど、充実した休日を過ごすことができますよ。今回KKdayは、日本からアクセスしやすい素敵な海外リゾートを9か所ご紹介!

*ただ今KKdayでは夏先取りセールを開催中!2019年夏休み特集を今すぐチェック

フィリピン

セブ島 Cebu

Source: Shutterstock

ポイント:ジンベイザメウォッチングやアイランドホッピング、遺跡見学をリーズナブルに楽しむ!

▶︎こんな方におすすめ:様々なマリンアクティビティに参加して、思いっきり海を楽しみたい!という方
▶︎予算:7〜10万円
▶︎おすすめ滞在日数:5日

フィリピンで第二の都市と呼ばれるセブは、透き通るような美しい海が人気のリゾート地。低価格でラグジュアリーなリゾートの雰囲気を味わうことができます。

セブ島では、島々をめぐるアイランドホッピングのほか、シュノーケリングやダイビング、釣り、ジンベイザメウォッチングなど、豊富なマリンアクティビティが体験できちゃいます。

Source: Shutterstock

16世紀初頭にマゼラン率いるポルトガル・スペインの探検隊によって建てられた「マゼランの十字架」も見学することができますよ!

ボラカイ島 Boracay

ポイント:エネルギッシュな人々が集うボラカイ島で、昼も夜も楽しむ!

▶︎こんな方におすすめ:せっかくの海外旅行は夜までワイワイ楽しみたい!という方
▶︎予算:7〜10万円
▶︎おすすめ日数:4〜5日

フィリピンの首都・マニラ南部に位置する小さな島、ボラカイ島。ホワイトビーチで有名な西側エリアはS1〜S3区に分かれており、バーやショッピングセンター、レストラン、ホテルなどが立ち並んでいます。パラセーリングやバナナボート、ジェットスキーなどのマリンアクティビティをはじめ、スパやバー巡りなど、朝から晩まで楽しめるアクティビティやイベントが盛りだくさん!

Source: Fotolia

ビーチ付近は夜になっても電灯などで明るく、あちこちから陽気な音楽が聴こえてきます。ビーチでお酒を飲みながら、世界各地から集まった観光客たちと一緒に踊ったり、語り合ったりするのも旅の楽しみの1つ!

パラオ Palau

Source: Shutterstock

ポイント:自然を思いっきり満喫できる南の楽園!

▶︎こんな方におすすめ:観光地の比較的少ない落ち着いた環境でマリンアクティビティを楽しみたいという方
▶︎予算:15〜25万円
▶︎おすすめ滞在日数:5日

フィリピンの東側に位置するパラオは、人口2万人ほどの小さな島国。青い海に美しいビーチ、そして手付かずの大自然が残る、まさに楽園のような人気リゾート地です。

美しい海で知られるパラオでは、シュノーケリングやカヌーなどのウォーターアクティビティを楽しむことができます。また、世界有数のダイビングスポット「ブルーコーナー」や、巨大マンタを見ることのできる「ジャーマンチャネル」など、ダイビングが好きなら見逃せないポイントも多数ありますよ!

Source: Shutterstock

そのほかにも、泥となった石灰岩が作り出す乳白色の海・ミルキーウェイや無数のクラゲたちと一緒に泳げるジェリーフィッシュレイクなど、見どころたくさん!特別なアクティビティを体験したいなら、ぜひパラオへ遊びに行ってみてください。

タイ

プーケット島 Phuket

Source: Shutterstock

ポイント:海・陸のアクティビティを制覇!

▶︎こんな方におすすめ:グループ旅行の方や、海以外のアクティビティにも参加したい、という方
▶︎予算:8〜12万円
▶︎おすすめ滞在日数:5〜6日

白い砂浜とエメラルドグリーンの海で有名なプーケットは、別名「アンダマン海の真珠」と呼ばれ、1年を通して多くの観光客が訪れます。ビーチでシュノーケリングを楽しんだり、カイ島などの離島をめぐるアイランドホッピングに参加したりなど様々なマリンアクテビィが体験できます。

Source: Shutterstock

カイ島周辺は水深が浅く小魚も多いため、泳ぐのが苦手な方でもシュノーケリングで美しい海を満喫できますよ!

綺麗な海に満足したら、タイ料理理教室ニューハーフショー観賞など、タイならではのアクティビティを楽しんじゃいましょう!

タイ・プーケット島のおすすめツアー
【タイ・プーケット出発】ピピ島・バンブー島アイランドホッピング1日ツアー

インドネシア

バリ島 Bali

Source: Shutterstock

ポイント:高級ヴィラ+スパでリゾート気分を満喫!

▶︎こんな方におすすめ:南国気分を楽しみつつ、思いっきりリラックスしたい!という方
▶︎予算:10〜15万円
▶︎おすすめ滞在日数:5〜6日

南国の雰囲気たっぷりなバリ島。高級スパやヴィラが多く、ゆったりとリラックスできる人気のリゾート地です。プライベートプールのあるヴィラに宿泊すれば、人目を気にせず水遊びができますよ!

ちょっと足を伸ばして、ダイビングの聖地として知られるレンボンガン島、チュニガン島、ペニダ島などへアイランドホッピングに出かけるのもおすすめです。

Source: Shutterstock
インドネシア・バリ島のおすすめツアー
バリ島のおすすめツアー:【レンボンガン島でのんびり】アイランドリゾートでの豪華客船1日ツアー

マレーシア

サバ Sabah

Source: Fotolia

ポイント:テングザルやホタル探しのツアーなど、サバならではの体験をする!

▶︎こんな方におすすめ:冒険好きな方、野生動物を見たい!という方
▶︎予算:9〜12万円
▶︎おすすめ日数:5〜7日

マレーシア・ボルネオ島の北部に位置するサバ州は、手付かずの自然が残る秘境として今世界からもっとも注目されているリゾートの一つ。透明度の高い海や豊かな生態系を生かしたアクティビティが人気です。ボルネオ島最大の湿地保護、ウェストン・ウェットランドでは、ボートに乗って野生のテングザルに会いに行くことができます。

Source: Shutterstock

水上アクティビティを楽しみたいなら、マンタナニ島、サピ島、マヌカン島そしてムンガルム島など、美しい離島へ足を運んでみましょう。マンタナニ島は、たくさんの熱帯魚や珊瑚の海が美しいダイビングの聖地。ライセンスのない初心者でも楽しめる体験ダイビングのコースも充実しています。

Source: Shutterstock

サピ島とマヌカン島では、ジェットスキーやパラセーリング、バナナボートなどエキサイティングなマリンアクティビティを楽しめます。運が良ければ、オオトカゲにも会えますよ!

そのほかにも、サバには原住民族の文化を学べるボルネオ・カルチャー・ビレッジや、ユニークな工芸品が集まるハンディクラフト・マーケットなど、ゆったり回れるスポットもあるので要チェックです!

マレーシア・ボルネオ島のおすすめツアー
【コタキナバル出発】マレーシア:北ボルネオ鉄道1日ツアー(朝食+昼食付き)

韓国

済州島 Jeju

Source: Shutterstock

ポイント:韓国屈指のリゾート地・済州(チェジュ)島で大自然とを満喫!

▶︎こんな方におすすめ:韓流ファンの方、ソウルや釜山とはまた違った韓国を発見したい!
▶︎予算:6〜9万円
▶︎おすすめ滞在日数:3〜4日

大ヒット「ドラマ・チャングムの誓い」や、テレビ番組「ヒョリの民宿」のロケ地として知られる済州(チェジュ)島。関空から約2時間、成田空港から約2時間15分と、国内旅行のような感覚で気軽にアクセスできるリゾートです。

Source: Shutterstock

済州(チェジュ)島にはヒョプチェ海水浴場やハムドク海水浴場、ピョソン海水浴場など複数の海水浴場があり、美しいエメラルドグリーンの美しいビーチはまるでグアムやハワイのようだと国内外から人気を集めています。

海水浴の他にも、現地ではレンタルサイクルで絶景スポット多数の離島・牛島(ウド)を巡ったりイルカウォッチング、乗馬、温泉・汗蒸幕、民俗村博物館見学など、様々な現地アクティビティを楽しめます!

韓国旅行の大定番、韓服を着用しての記念撮影も、チェジュ島で体験できちゃいますよ!

韓国・済州(チェジュ)島のおすすめツアー
【初夏限定価格】済州(チェジュ)島・東部エリアを巡る1日ツアー

台湾

墾丁 Ken-Ting

Source:KKday

ポイント:絶景の中で、多種多様なマリンアクティビティを楽しむ!

▶︎こんな方におすすめ:台湾リピーターの方、サーファー、泳げないけど海が好き!な方
▶︎予算:7〜10万
▶︎おすすめ滞在日数:3〜4日

台北近郊の九份や野柳、花蓮の太魯閣(タロコ)など、絶景スポットが多い台湾。リピーターも多く、中には数日かけて自転車やバイクで台湾を1周するという方もいるほど。

国家公園にも指定されている墾丁エリアは、台湾の最南端に位置しています。北部の台北からはだいたい4〜5時間ほどで行くことができますが、旅の目的地が台湾南部のみなら高雄国際空港着のフライトを利用すると良いでしょう(墾丁までバスで2時間半ほど)。

高雄→墾丁の行き方まとめはこちらの記事をご覧ください↓

【台湾】墾丁を遊びつくそう。高雄からのおすすめ交通手段はこれ!

墾丁には南湾や大湾、小湾、白沙湾などの人気ビーチから、ひっそりとした秘境のような雰囲気の星砂湾や小峇里島など、様々なビーチがあります。東側にある佳樂水はサーフィンの聖地としても知られ、世界中からサーファーが集まります。日光浴やシュノーケリング、ダイビング、サーフィンなど、目的に合わせてビーチを選びましょう。

Source:KKday

泳げないという方でも思いっきり海を楽しめるのが墾丁の良いところ!!ライセンスがなくても楽しめる体験ダイビングSUP(サップ)バナナボートなど、充実したマリンアクティビティが魅力です。

夜はたくさんの人で賑わう墾丁大街の夜市で、台湾グルメをたっぷりと満喫しましょう。イカ焼きや魚丸(魚のすり身団子)など、海の町ならではの屋台がたくさん並んでいます!台湾を代表する臭豆腐やタピオカミルクティーなどのグルメはもちろん、アクセサリーや水着などのお店も充実しているので、美味しいグルメでお腹お満たしつつ、お土産探しもできちゃいます!

グアム Guam

Source: Shutterstock

ポイント:お得にショッピング&最新鋭のユニークなアクティビティを体験!

▶︎こんな方におすすめ:リゾート気分を楽しみつつ、お得にショッピングもしたい!という方
▶︎予算:10〜25万円
▶︎おすすめ滞在日数:4〜5日間

日本から3時間半〜4時間半のフライトで行けるグアム。遠い本土まで行くことなく、アメリカンな雰囲気を気軽に楽しめちゃいます!

グアムと聞いてまず思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの美しい海ではないでしょうか。ヨットやスカイダイビング、ハイキングのほか、美しい珊瑚や沈没船などを見ることのできるスキューバダイビングも人気です。

Source: Shutterstock

美しいビーチで海水浴を楽しむのもいいですが、せっかくグアムに来たのなら楽しみたいのがショピング!アメリカの人気ブランドなども日本で買うよりお得にゲットできちゃいます。

アメリカ・グアムのおすすめツアー
【グアム】ボート・クルーズでイルカ鑑賞+シュノーケリング体験

行ってみたい海外リゾートは見つかりましたか?今年の夏は、ちょっと遠出して素敵な夏の思い出を作りに行きましょう♪

 


ただ今夏先取りセール開催中!2019年夏休み特集をチェックしよう↓