台湾を代表する観光名所の1つ、日月潭。2017年にはCNNトラベルの「世界10大サイクリングロード」にも選ばれ、国際的にも注目を浴びているスポットです。ターコイズ色に輝く湖を見ながら、サイクリングを楽しむことができますよ!今回は、KKday特派員が行き方、見所、おすすめのお土産などをご紹介します。

目次

 

日月潭について

Source: Shutterstock

台湾で最大の湖として知られる日月潭は、唯一海と接しない県・南投に位置しています。

幻想的に輝くターコイズブルーの湖と、それを囲むように佇む山々がまるで絵画のように美しいと言われており、台湾の代表するスポットとして訪れる人々を魅了し続けています。

2014年には日本サイクリストの聖地「しまなみ海道」の姉妹自転車道として協定が結ばれた日月潭は、2017年にはCNNトラベルの「10大サイクリングロード」にも選ばれ、台湾の代表的なサイクリングロードとして国内外での知名度を上げています。

また、毎年開催される日月潭を泳いで縦断する「日月潭遠泳大会」は、世界中からスイマーが集まります。

この地に根付く原住民文化を学ぶことのできる人気テーマパーク・九族村も隣接しており、ロープウェイで簡単にアクセスすることができます。

おすすめの日出と夕日スポット
・日の出スポット:朝霧ハーバー、水社ダム
・夕日スポット:慈恩塔

 

サオ族の伝説

日月潭の周辺に居住する台湾原住民のサオ族には、遥か昔から伝わる伝説があります。

ーーーー

昔々、村の人口が増えたことにより食べるものがなくなってしまったサオ族。男たちは村を離れ、狩りに出ることにしました。

獲物が見つからず困り果てていたところ、突然一匹の白鹿が男たちの目の前に現れました。彼らは何日も何日もその白鹿を追いかけましたが、しまいには白鹿が川に飛び込んでしまったので、あとを追うことができなくなりました。

ヘトヘトになった男たちは、その川の水を飲んでみることにしました。するとあら不思議、大量の魚が足もとに現れたではありませんか。

お腹いっぱいになるまで魚を食べた男たちは、村に帰り人々に白鹿と川のことを伝えました。大喜びしたサオ族の人々は、その川のある場所にすみかを移し、そこで暮らすようになりました。

ーーーー

この伝説に登場する川が、日月潭周辺と言われています。

 

日月潭への行き方

台北から新幹線で日帰りで行くこともできますが、ゆったりと観光したいなら前の日に台中市内に宿泊することをおすすめします。

・台中市内から出発

台湾鉄道台中駅から台湾好行バス・日月潭線乗車し、「日月潭」または「向山行政センター」バス停で下車。

・台北から出発

台湾新幹線で高鉄台中駅まで行き、台湾好行バス・日月潭線に乗車。「日月潭」または「向山行政センター」バス停で下車。

Source: KKday

高鉄台中駅に到着したら、駅駅内の標示に従ってバスターミナルへ。

Source: KKday

バスターミナルは5と6番出口にあります。エスカレーターを降りたらすぐ。

Source: KKday

5番出口に日月潭方面のバス乗り場があります。乗車チケットは南投客運の窓口でご購入できますが、車内で台湾の交通系電子マネー・悠遊カードと一卡通も使えます。

Source: KKday
Source: KKday

日月潭線と書いてある台湾好行バスの車体。とても分かりやすいです。

台湾好行バス・日月潭線
▶︎乗車料金:台中ー日月潭 片道$195元 / 往復$360元
▶︎乗車時間:約2時間(時刻表
▶︎公式HP:台湾好行バス

台中市内から出発の方は、こちらのツアーもぜひチェックしてみてください!
▶︎【日本語ガイド】美しい景色を満喫:日月潭を訪ねる1日ツアー(台中出発)

KKdayでチケットを予約する
▶︎【台北駅発 20%割引】台湾新幹線(台湾高速鉄道)割引きっぷ:外国人限定
▶︎【台中駅発 20%割引】台湾新幹線(台湾高速鉄道)割引きっぷ:外国人限定

 

おすすめ観光スポット

日月潭の代表的な観光エリアは水社ハーバー、伊達サオ埠頭、玄光埠頭をそれぞれ中心にした3つの地域です。

・水社エリア

龍鳳宮・月下老人廟

Source: KKday

元々ラル島にあった月下老人廟は、1999年に起こった921大地震の影響で龍鳳宮に移転しました。恋愛成就にご利益があるパワースポットと知られており、日々良縁を求める参拝者で賑わっています。

Source: KKday

ご利益があるというネットの口コミによって、日月潭月下老人廟の知名度は急上昇!素敵な出会いを願う男女で溢れかえるパワースポットです。良縁を求める方は、ぜひ台湾縁結びの神様・月下老人に祈願してみましょう!

Source: KKday

中華な雰囲気たっぷりの龍鳳宮から、一味違った日月潭を眺めましょう!

【南投日月潭龍鳳宮月老廟】
▶︎開放時間:06:00~21:00
▶︎住所:555台湾南投県魚池鄉中山路292号(map

✏️【台湾】効果絶大!台湾縁結びの神様月下老人に祈願して恋を叶えましょう!

向山ビジターセンター(Xiangshan Visitor Center)

Source: KKday

日本の団紀彦建築事務所がデザインを担当した向山ビジターセンター。シンプルながらもとってもオシャレな雰囲気漂う建築は必見です。中央広場の池は、まるで小さな日月潭のよう。

Source: KKday

台湾の10大観光ビジターセンターに選ばれた向山ビジターセンターでは、地元産のコーヒーや紅茶を飲むことができます。サイクリングで疲れた足を休めるのにもぴったりの、居心地の良いスポットです。

穴場スポット:蔣公碼頭(蒋介石埠頭)

Source: KKday

かつて元大統領・蒋介石とその妻が日月潭を訪れた際は、蔣公碼頭(蒋介石埠頭)からボートに乗り、湖を巡っていました。木造りの桟橋と中華風のランタンで雰囲気たっぷりの埠頭は、現在では穴場の写真スポットとして知られています。

・伊達邵(伊達サオ)エリア

伊達邵老街(伊達サオ商店街)

Source: KKday

台湾には、現在16の原住民部族が存在します。その中でも人数が最も少ないのが、日月潭周辺で暮らしてきたサオ族。

伊達サオ商店街では、サオ族の伝統料理を味わったり、工芸品などのお土産、さらに日月潭の名物である紅茶も買うことができます。

伊達邵逐鹿市集(サオ族鹿追市場)

伊達邵逐鹿市集(サオ族鹿追市場)では、サオ族の文化を存続し世界に広めるという目的で、毎日サオ族によるショーが行われています。独特でありながらも美しい歌と踊りを楽しんだり、サオ族の衣装を着てみたりなど、サオ族の文化にたっぷりと触れることができますよ!

台湾の原住民文化と日月潭の歴史を学んで、よりディープに台湾旅行を楽しみましょう!

伊達邵逐鹿市集(サオ族鹿追市場)
▶︎
ショーの上演時間
▶︎電話番号:+886 49 285-0036
▶︎住所:伊達邵商圏豊年街42号(map

・玄光エリア

慈恩塔

Source: Shutterstock

日月潭に面する慈恩塔は、台湾の元大統領・蒋介石が母親への思いを刻むために建てられました。中国様式の建築が特徴の慈恩塔は日月潭の高所に位置し、一番上まで登ると周辺の山々と日月潭の全景を見渡すことができます。

運が良ければ、幻想的な雲海やうっとりするような夕焼けを見ることもできます。

 

日月潭の風景を楽しむなら空から?地上から?

空から:日月潭ロープウェイ

Source: KKday

日月潭と台湾の原住民文化を学ぶことのできるテーマパーク・九族文化村とをつなぐ日月潭ロープウェイ。もちろんロープウェイからも日月潭の美しさを堪能することができますよ。遠くの山々まで見える360°のパノラマで、ダイナミックな景色を楽しみましょう。

Source: KKday

ロープウェイからは、日月潭の全貌を見ることができます。晴れの日は、キラキラと湖面を反射する日差しがとても綺麗です。

Source: KKday

足元がガラス張りのクリスタル・キャビンのゴンドラに乗れば、真下の景色を見ることができますよ!

日月潭ロープウェイ
▶︎営業時間:平日10:30〜16:00(チケットの販売は10:00〜15:30) / 休日10:00〜16:30(チケットの販売は09:30〜16:00)
▶︎料金:一般NTD$300元 / 割引NTD$250元(65歳以上及び6歳以下の方)
▶︎公式HP:日月潭ロープウェイ

▶︎【台中出発】九族文化村・日月潭観光1日ツアー:ロープウェイ乗車券付き

水上から:遊覧船

Source: KKday

日月潭に来たら、定番中の定番、遊覧船に乗ってみましょう!車や他の交通手段がない観光客にとっては、各エリアを繋ぐ遊覧船は一番便利で快適な移動方法と言えるでしょう。遊覧船から見る湖の景色は、まるで絵画のような美しさですよ!

Source: KKday

遊覧船は、日月潭の美しさを最も近くから見ることのできる移動手段!

▶︎台湾の名所・日月潭(にちげつたん/リーユエタン)遊覧船 1日乗船チケット

陸上から:サイクリング

CNNの「世界10大サイクリングロード」にも選ばれた日月潭の自転車道。せっかく日月潭に来たのなら、自転車に乗っておかないと損!!

Source: KKday

日月潭のサイクリングコースは、観光コースと一周コースの2つがあります。観光コースは水社から向山区間まで専用の自転車道を走り、一周コースはその名の通りぐるっと日月潭を一周するコースです。

筆者が実際に行った、最も人気のある観光コースを紹介します。

 

水社ー向山区間の水上サイクリングコース

水社ハーバーから5分ほど歩くと、レンタルサイクル店がいつくか見えてきます。お好きなお店で自転車を借りたら、専用のサイクリングロードの入り口から出発しましょう。

Source: KKday

心地良い天気の中、湖に沿ってサイクリング!追い風が背中を押してくれたので、景色をじっくり楽しみながら走行。

水社壩(水社ダム
Source: KKday

フォトジェニックなスポットで知られる水社ダムは、日の出が美しく見られる場所の1つです。

Source: KKday

ここで一休み。日月潭の風景に癒され、とても心が落ち着きました。

*こちらの歩道は、自転車での走行と禁止されています。ご注意ください!

永結橋と同心橋(恋人の橋)
Source: KKday

水社ー向山区間のサイクリングロードでは2つの橋を通ります。橋の名前にもなっている四字熟語「永結同心」には、「恋人同士が常に同じ想いを持ち、愛が永遠に続く」という素敵な意味があります。よく結婚式のお祝いの言葉にも使われるほど、縁起がいい言葉なんですよ!

大切な人と一緒に橋を渡ったら、恋の魔法にかかっちゃうかも!?

サイプレスパーク
Source: KKday

橋のすぐ側にはサイプレス(イトスギ)が植えられた公園があります。夏は緑、秋は赤と、季節ごとに異なる表情を見せてくれますよ!

Source: KKday

自然な雰囲気が溢れる癒しの場所。こちらも最近地元民で賑わう1つのフォトジェニックスポット。

向山ビジターセンター(Xiangshan Visitor Center)
Source: KKday

向山ビジターセンターの中に設置されているカフェで、日月潭の紅茶と地元産のコーヒーを飲むことができます。日月潭の風景を楽しめながら、まったりとした時間を過ごしましょう。

Source: KKday
向山展望台
Source: KKday

少し奥へ進むと向山展望台に着きます。この展望台からは、日月潭中央のラル島を真正面から見ることができます。

地元グルメ&お土産

伊達サオ商店街

年記做不覆賣-菜包(ニェンジー ツァイパォ)

Source: KKday

これまで多くのテレビ番組に紹介されてきた「年記」の菜包は、日月潭に来たら必ず食べておきたい人気B級グルメ。旨味たっぷりのキャベツやきのこ、春雨などの具材がたっぷり入っています。水煎包(焼き包子)をまた揚げて作るのが、年記菜包(ツァイパォ)のこだわりレシピです。

Source: KKday

サクサクの外皮とコショウの効いた餡の旨味が相性抜群!何個でもいけそうなほど美味しかったです。熱々のうちに食べることをおすすめします。

辛みがほしいという方は、テーブルに置いてあるピリ辛ソースをかけて召し上がってみてください。

杰記山豬肉大刈包(イノシシ肉グゥアバオ)

Source: KKday

台湾風ハンバーガーとも呼ばれる刈包(グゥアバオ)は、中華まんに肉の角煮、酸菜(白菜の漬物)、ピーナッツの粉、パクチーなどを挟んだ台湾グルメ。

「杰記山豬肉大刈包」の刈包は、香りの良いスパイスで煮込まれたイノシシ肉をカボチャ入りのバンズで挟んだ人気グルメ。弾力があるお肉とほのかに香るカボチャの風味、そしてとろとろの半熟卵の相性が抜群!ここでしか味わえない絶品イノシシ刈包です。

*パクチーが苦手な方は、注文する際に「我不要香菜(ウォーブーヤオシャンツァイ / パクチー抜きでお願いします。)」と店員さんに伝えましょう〜

サオ族のエスニックアイテム

Source: KKday

サオ族の民族衣装は、細かい刺繍で織り成された独特な柄が特徴。日月潭に来たら、ぜひ民族柄のアイテムをゲットしてみましょう。

伊達サオ商店街の雑貨屋では、服やバッグ、スマートフォンのポーチまで、カラフルなエスニック柄のアイテムが揃っています。サオ族の象徴であるフクロウがモチーフの工芸品もありますよ。

Source: KKday

向山ビジターセンター:向山カフェ

お茶派:日月潭紅茶

Source: KKday

焙煎の方法が日本と違う台湾茶。お茶・紅茶好きな方にはぜひチェックしてほしいのが、日月潭エリアで収穫される「紅玉台茶18号」です。ミャンマーのアッサム種を母木に、台湾の野生山茶を父木として生み出された新品種である紅玉台茶18号は、山茶のコクとアッサムの落ちついた甘味、香り豊かで渋みのない風味が特徴です。ぜひお土産にどうぞ。

コーヒー派:台湾惠蓀珈琲

Source: KKday

コーヒー会社・台湾惠蓀珈琲では、台湾で栽培・収穫・焙煎された良質のコーヒー豆を提供。苦味・渋みが少ないスッキリしたフルーティーな酸味と、ちょうど良いコクが特徴です。台湾のコーヒー豆は現地でもなかなか手に入りにくいので、飲んでみたいという方はぜひ!

 


台湾を訪れた際は、ぜひ日月潭へお越しください!都会とはまた違った、自然豊かで美しい風景を楽しむことができますよ!

 

ツアーで日月潭へ出かけましょう!

▶︎【日本語ガイド】美しい景色を満喫:日月潭を訪ねる1日ツアー(台中出発)
▶︎【台中発】日月潭・高美湿地ほか:台湾中部・貸切チャーター車1日観光プラン(1〜4名様)
▶︎【台中発】日月潭・高美湿地ほか:台湾中部・貸切チャーター車1日観光プラン(5〜8名様)
▶︎台湾・日月潭フリー温泉リゾート:日帰り入浴+ランチ / ディナー(2名様プラン)
▶︎【台北出発】日月潭往復バス+遊覧船1日乗船チケット+昼食:日帰りフリープラン

関連情報

✏️【台湾・台中】台北から日帰り!超弾丸旅行で台中を満喫
✏️【台中】春水堂でタピオカミルクティー作り!体験レポ
✏️旅行をもっと楽しめる、台湾で必ずやるべき8つのこと
✏️台湾のちょっとマニアックな秘境&絶景スポットベスト10
✏️台湾旅行に便利なのはどっち?ポケットWi-Fi v.s. SIMカード