タイ・バンコクを旅行する際のポイント8選をはじめ、おすすめの観光スポット3選を紹介しています。観光する際の注意点や定番の観光スポットをまとめたので、バンコク旅行を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

タイ・バンコクを旅行する際のポイント8選

1. 客引きに紹介されたタクシーを利用せず法人タクシーを利用する

タイ バンコク
Source:PIXTA

最初に紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「客引きに紹介されたタクシーを利用せず法人タクシーを利用する」ことです。タイ・バンコクの空港とホテル間を移動するときには、タクシーが便利。その際、注意しておきたいポイントがあります。 

旅行客に笑顔で寄って来る「客引きタクシー」の誘いには乗らないことです。彼らは、通常の価格よりも3〜4倍近くの請求をしてくる可能性があります。必ず空港の1階にある公式のタクシー乗り場を利用するようにしましょう。

女性スタッフに目的地を伝えると、その場で名前を書いて運転手に伝えてくれます。事前にホテル名や住所をメモしておくと、スムーズに目的地へ行けるためおすすめです!空港のタクシーは、通常価格に50バーツ加算した金額を支払うので覚えておきましょう。

KKdayで今すぐ予約!

2. バンコク・スカイトレイン(BTS)や地下鉄を利用する

タイ バンコク
Source:PIXTA

続いて紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「バンコク・スカイトレイン(BTS)や地下鉄を利用する」ことです。バンコク市内を移動する際には、地下鉄「MRT」や高架を走る鉄道「BTS(スカイトレイン)」を使うのがおすすめ。

BTSとMTRのメリットは、リーズナブルな価格で利用でき、さらに運行間隔が短くて便利なことです。時刻表はないですが約4分〜8分の一定の間隔で運行しているので、効率よく移動することができます。

BTSを使ってバンコクの観光地を巡る方は、夜の24時まで電車が乗り放題の「1日乗り放題パス」を利用するのがおすすめ!MTRで注意していただきたいのが、片道切符が紙ではなく「黒いコイン」で出てくること。改札ではコインをかざして通過しましょう。

3. 小銭と紙幣を用意する

タイ バンコク
Source:PIXTA

続いて紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「小銭と紙幣を用意する」ことです。タイのタクシーやレストランで1,000バーツ払うと「お釣りが払えません」といわれることもあるので、観光する時には小銭と紙幣を多めに用意しておくのがおすすめ。

特に20、50、100バーツなど小額の紙幣を常時持っておけば、マッサージやホテル、レストランなどでチップを支払うときにも便利です。

普段カードや電子マネーで生活している方には不便かもしれませんが、タイでは現金が必要な場面が多いので小銭を持っておくとかなり役に立ちます。街に出かける前には、小銭や小額の紙幣が十分にあるか確認しておくといいでしょう。

KKdayで今すぐ予約!

4. 定価以上で売られている商品があるため注意する

shutterstock 1134000704 1
Source: Shutterstock

続いて紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「定価以上で売られている商品があるため注意する」ことです。特にバンコクの人気観光スポットや繁華街といった外国人が多いエリアでは、物価が高くなる傾向。

タイにあまり慣れていない外国人観光客をターゲットにして、定価の何倍もの価格で商品を販売しているところもあります。 出店やマーケットなどで無理に商品を勧めてくる店員は、まず疑うのが無難です。

ぼったくりを防ぐためには、勧められた商品を安易に購入しないこと。そして、タクシーやトゥクトゥクなどの乗り物は、事前にある程度の相場を確認しておくのがいいでしょう。タイ旅行をより楽しむために、注意深く行動するのがおすすめです!

5. 寺院へ行く際は露出度の少ない適切な服装をする

タイ バンコク
Source:PIXTA

続いて紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「寺院へ行く際は露出度の少ない適切な服装をする」ことです。国民の約9割が仏教徒であるタイでは、寺院を巡る際に気を付けなければならないルールがいくつかあります。

その1つが服装です。寺院内といった神聖な場所では、露出度の高い服装はマナー違反となります。気温の高い夏場にはノースリーブやミニスカートなどの服を着たくなりますが、寺院を訪れる際には肩や膝が隠れる服装にしましょう。

中には寺院の入り口で服装を無料でレンタルできるところもあるので、事前にチェックするのがおすすめです。さらに、タイでは女性が仏像や僧侶に触れてはいけないというルールもあるので、注意しましょう。

KKdayで今すぐ予約!

6. 屋台やストリートフードに注意する

shutterstock 654582349
Source: Shutterstock

続いて紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「屋台やストリートフードに注意する」ことです。タイには24時間営業している屋台やストリートフードがあり、いつでも美味しいグルメを楽しめる食の宝庫!しかし、観光客はお腹を壊さない食べ物を選ぶのが大切です。

繁盛しているお店や人気のお店は、新鮮な材料を使用してるところが多いのでおすすめ。お客さんの少ないお店は古い食材を使っている可能性もあるので、明らかに人気のないお店は避けるのが無難といえるでしょう。

特に、牡蠣や魚料理の「ソムタム・プー・プラーラー」は、地元民も食あたりになることが多いため要注意。ぜひ、屋台の選び方に気を付けながら美味しいタイフードを堪能してみてください!

7. タイの国歌が8時と18時に流れる

pixta 72525742 M
Source:PIXTA

続いて紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「タイの国歌が8時と18時に流れる」ことです。タイでは、朝の8時と夕方の18時になると街中に国歌が流れます。国歌が流れている間は、その場でみんな立ち止まり国歌を聞くというのがタイでのルール。

初めての方にとっては、とてもびっくりする光景ですが、外国人観光客も同じように立ち止まって敬意を示します。愛国心をはぐくむという意味が込められているそうです。

数年前まではルールを守らず罰金を払ったタイ人もいるそうですが、今はそこまで厳しく取り締まっていません。タイを訪れた際には1日2回その場で立ち止まって国歌を聞き、日本にはない文化も体感してみてください。

KKdayで今すぐ予約!

8. 不要な手助けや嘘の情報などの詐欺に気をつける

shutterstock 658405546
Source: Shutterstock

最後に紹介するタイ・バンコクを旅行する際のポイントは「不要な手助けや嘘の情報などの詐欺に気をつける」ことです。タイ・バンコクは世界的に見ると、比較的治安が良い場所。それでも、中には外国人観光客をターゲットにして詐欺をはたらく者もいます。

スリやぼったくり、恐喝など詐欺の種類は様々。「日本に住んでいたことがある」「日本が好き」などと親日を装って言葉巧みに気を引き、騙してくるのがよくある手法です。

「今日は寺院が閉館しているから、僕が素敵な場所へ案内するよ」と話しかけ宝石店に立ち寄り、無理やり高価なものを買わせるケースもあります。 見知らぬ人から話しかけられたら、安易に信頼しないことが重要。ぜひ、上記ポイントを押さえて、旅行を安全に楽しみましょう。

KKdayで今すぐ予約!

タイ・バンコク旅行におすすめの観光スポット3選

1. タイの硬貨の裏側に描かれている寺院!シンボル的存在の有名な観光スポット「ワット・アルン」

shutterstock 1017350665
Source: Shutterstock

最初に紹介するタイ・バンコクでおすすめの観光スポットは「ワット・アルン」。10バーツ硬貨の裏側にも描かれている寺院で、タイのシンボルともいえる有名な観光スポットです。 「ワット・プラ・ケオ」「ワット・アルン」と並んで、タイの有名な三大寺院として知られています。

「ワット」はお寺、「アルン」は暁を意味し、三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台にもなった場所です。高さ約80mの巨大な仏塔の周りには4つもの小塔がそびえ立ち、迫力抜群!

時間によって違った表情を見られるのもポイントです。昼間は青い空と白い塔とのコントラスト、夜にはライトアップされ、不思議なパワーを感じる幻想的な雰囲気を楽しめます。フォトジェニックな写真を撮りたい女性にもおすすめです!

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok, 10600
アクセス:エクスプレスボートでワット・アルン船着場へ。もしくは、向かいのターティアン船着場から渡し船を利用
営業時間:9:00~16:30
入場料金:拝観料 200バーツ(約760円)
詳細(公式HP):https://www.watarun1.com/en

2. バンコク最古の寺院!横に寝そべる巨大な大仏で有名な人気観光地「ワット・ポー」

shutterstock 63082837
Source: Shutterstock

続いて紹介するタイ・バンコクでおすすめの観光スポットは「ワット・ポー」。14世紀にラマ1世によって創建された、タイ・バンコクで最古の寺院です。広々とした敷地内には、大仏やマッサージ場など見どころが目白押し!

おすすめは、横に寝そべっている黄金色の巨大な大仏。全長は約47m、高さは約15mあり、写真を撮りながら大仏の周りをゆっくり散策できます。特に顔と足の裏は、人気のフォトスポット!足の裏には、仏教の世界観が108個の絵で繊細に表現されています。

ワット・ポーはタイ古式マッサージの総本山としても有名で、敷地内でマッサージが受けられるのも魅力。タイの文化をまとめて体感したい方や歴史ある寺院を巡りたい方は、ぜひ足を運んでみてください。

▼スポット詳細
住所:2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok 10200
アクセス:MRTサナームチャイ駅から徒歩5分。エクスプレスボートでターティアン船着場からすぐ
営業時間:8:00~18:30
入場料金:拝観料 200バーツ(約760円) ※120cm以下の子供は無料
詳細(公式HP):https://www.thailandtravel.or.jp/wat-pho/

3. タイで有名なパワースポット!美しい緑の仏像が見られる「ワット・プラ・ケオ」

タイ バンコク
Source:PIXTA

最後に紹介するタイ・バンコクでおすすめの観光スポットは「ワット・プラ・ケオ」。1784年にタイ王室の守護寺として、チャオプラヤ川のほとりに創建された寺院です。本堂に美しい緑色の仏像が祀られていることから「エメラルド寺院」の愛称でも親しまれています。

広大な敷地内には、緑やオレンジ色で華やかに彩られた「黄金の仏塔」、仏塔内の壁一面に描かれている「回廊の絵」、「アンコールワットの模型」などがあり、その壮麗さにきっと圧倒されるはず。

タイ王朝の格式高い宮殿の雰囲気が漂っており、歴史を肌で感じられます。タイで有名なパワースポット「エメラルド仏像」も見られるので、叶えたい願い事がある方はぜひ参拝してみてください!

KKdayで今すぐ予約!
▼スポット詳細
住所:Phra Nakhon Bangkok
アクセス:バンコク中心部からだと30〜40分
営業時間:8:30〜16:30(チケットは15:30まで)
入場料金:500バーツ(約1,900円)
詳細(公式HP):https://www.royalgrandpalace.th/en/home

タイ・バンコク観光を安全に楽しもう

shutterstock 1065912164 1
Source: Shutterstock

タイ・バンコクは比較的治安が良い場所ですが、人気の観光スポットでは外国人観光客を狙った詐欺やぼったくりが発生しています。親日家を装い優しい口調で話しかけてくる人には要注意です。

またタイ独自の文化や寺院を巡る際のルールを認識し、マナー違反にならないように楽しむことも大切。これから旅行に行く方はぜひこの記事をチェックして、タイ・バンコクの観光をより安全に楽しんでみてください!

KKdayで今すぐ予約!

 

関連商品

 

おすすめ記事