KKdayと一緒に旅に出かけましょう
KKdayと一緒に旅に出かけましょう
アメリカハワイ

【ハワイ】ワイキキだけじゃない!オアフ島を満喫する4日間のモデルコース

Source: Kiarash Mansouri | Unsplash

日本人におなじみの旅行先ハワイ。最も多くの人が訪れるオアフ島は、自然・ショッピング・グルメなど楽しみが盛りだくさん!今回はオアフ島には何度か行ったことがあるけれど、実はワイキキ以外のスポットに行ったことがない…というあなたにぴったりのオアフ島4日間のモデルコースをご紹介します!

Day1 ハナウマ湾→アロハシャツを買う→マジック・オブ・ポリネシアショー鑑賞
Day2 パンケーキ→ダイヤモンド・ヘッド→ポリネシアン・カルチャー・センター
Day3 マウナケア・マーケット・プレイス→カメハメハ大王像→ホノルル美術館→平等院→ノースショア→カフク→ドール・プランテーション
Day4 クアロア・ランチ→ホノルル中華街→アラモアナ・センター

オアフ島観光スポットマップ

Day1:アロハシャツを着て気分を盛り上げよう

東京からハワイのオアフ島までは様々な航空会社から直行便が就航しています。夜の7時に成田空港を出発すれば、翌朝の7時にはオアフ島に到着。さっそくホテルに荷物を置いて、ビーチへ出発しましょう!

スポット1:ハナウマ湾でシュノーケリング

Source: Shutterstock

ハナウマ湾はワイキキエリアから車で30分ほどの所にある自然保護区。全米ベストビーチランキングで1位に輝いたこともある透明度の高いビーチでシュノーケリングを楽しみましょう!

KKdayでツアーを予約する
▶︎【ワイキキ出発】ハワイ・オアフ島ハナウマ湾シュノーケリング体験半日ツアー

スポット2:ヴィンテージショップでアロハシャツをゲット

Source: Shutterstock

ハワイの男性の正装であるアロハシャツ。気分を盛り上げるためにお気に入りの一枚を見つけて、旅行の間にさっそく着てみましょう!

おすすめのショップはベイリーズ アンティーク & アロハシャツとバリオ・ヴィンテージ。こちらのショップでは選び抜かれたヴィンテージのアロハシャツを取り揃えています。

ベイリーズ アンティーク & アロハシャツ Bailey’s Antiques and Aloha Shirts
▶︎住所:517 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815 (map)
▶︎営業時間:10:00~18:00
▶︎ウェブサイト(英語)
バリオ・ヴィンテージ Barrio Vintage
▶︎住所:1161 Nuuanu Ave, Honolulu, HI 96817 (map)
▶︎営業時間:11:00~18:00 / 土曜 ~17:00 / 日曜 ~16:00
▶︎ウェブサイト(英語)

スポット3:マジック・オブ・ポリネシアでショーを鑑賞

夕食はマジック・オブ・ポリネシアで、ハワイアンビュッフェ付きのショーを楽しみましょう。ハワイの雰囲気を感じるフラダンスや、世界トップレベルのマジックショーが、ハワイ旅行初日の夜を盛り上げます!

KKdayでチケットを予約する
▶︎【ハワイ】マジック・オブ・ポリネシア鑑賞チケット(食事付き)

Day2:ハワイの文化を感じよう

スポット1:パンケーキで朝食

Source: KKday

ワイキキには朝6時から営業しているカフェがたくさん。日本にも進出しているエッグスンシングス(Eggs’n Things)や、ワイキキビーチ目の前にあるリゾート、ロイヤル・ハワイアンホテルにあるサーフ・ラナイでパンケーキの朝食をいただきましょう!

エッグスンシングス Eggs’n Things
ワイキキビーチ・エグスプレス店 Waikiki Beach Eggspress
▶︎住所:2464 Kalakaua Avenue Honolulu Hawaii 96815 (map)
▶︎営業時間:6:00~14:00|16:00~22:00
▶︎ウェブサイト(日本語)
サーフ・ラナイ Surf Lanai
▶︎住所:2259 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 (map)
▶︎営業時間:6:30~14:00
▶︎ウェブサイト(日本語)

スポット2:ダイヤモンドヘッドに登ろう

Source: Shutterstock

ワイキキビーチの東にそびえるオアフ島観光の定番スポットであるダイヤモンド・ヘッド。頂上まで登ってワイキキの町並みを見下ろしてみましょう!往復で1時間半〜2時間ほどかかります。

Source: Shutterstock

もしダイヤモンド・ヘッドを訪れるのが土曜日ならラッキーです。近くに土曜日だけ開催されるKCCファーマーズ・マーケットがあるのでぜひ立ち寄ってみてください。テントが並ぶ敷地内には、新鮮な野菜やフルーツだけでなく、その場で食べられるフードも充実しています。

KCCファーマーズ・マーケット
▶︎営業時間:土曜日7:30~11:00 / 火曜日16:00~19:00
▶︎住所:4303 Diamond Head Rd, Honolulu (map)
▶︎アクセス:TheBus 2番に乗りKCCで下車
▶︎Facebookページ(英語)

スポット3:ポリネシアン・カルチャー・センター

Source: Fotolia

ハワイ独自の文化を体験できるポリネシアン・カルチャー・センター。パーク内はポリネシアのハワイ、サモア、アオテアロア、フィジー、タヒチ、トンガをそれぞれひとつの村として再現しており、島ごとの文化の違いをその目で感じることができます。

ポリネシアン・カルチャー・センターはワイキキからは距離があるので、ツアーに参加するのが便利です。ツアーならハワイアン・ビュッフェの夕食付きです!

KKdayでツアーを予約する
▶︎【オアフ島】ポリネシアン・カルチャー・センター:1日ツアー

Day3:ノースショアの美しいビーチに癒される

スポット1:マウナケア・マーケット・プレイス

ローカルな雰囲気を楽しみたい方におすすめのチャイナタウンの中にあるマウナケア・マーケット・プレイス。朝 5:30から市場は活気で溢れます。地元の人が食材を買い物に来るマーケットですが、フードコートもあるので旅行者も楽しめますよ。

マウナケア・マーケット・プレイス Maunakea Marketplace
▶︎営業時間:5:30~16:00
▶︎住所:1120 Maunakea St #200, Honolulu (map)

スポット2:カメハメハ大王像

Source: Shutterstock

1810年にハワイ王国を建国したカメハメハ大王。ハワイ州最高裁判所前にカメハメハ大王像が立っています。オアフ島来訪記念に写真を撮りましょう。

カメハメハ大王像 King Kamehameha Statue
▶︎住所:447 S King St, Honolulu (map)
▶︎アクセス:TheBus 19に乗りAlakea St + S King St下車

スポット3:ホノルル美術館

葛飾北斎の有名な浮世絵がハワイで見られる?そうなんです。ホノルル美術館には50000点以上もの美術品がコレクションされており、浮世絵をはじめインドネシアやイスラム、そして西洋の絵画を鑑賞することができます。

ホノルル美術館 Honolulu Museum of Art
▶︎開館時間:10:00~16:30
▶︎住所:900 S Beretania St, Honolulu (map)
▶︎アクセス:①ワイキキからTheBus 2番に乗りS Beretania St + Ward Aveで下車 ②カメハメハ大王像から徒歩16分
▶︎ウェブサイト(英語)

スポット4:平等院

Source: Shutterstock

カネオヘには日本の平等院鳳凰堂を模した寺院があります。こちらの平等院(平等院テンプル)は1968年にハワイへの第一次日本人移民100周年を記念して建てられました。

スポット5:ノースショア

Source: Shutterstock

サーフィンの聖地とも言われるノースショア。ウミガメに出会えるラニアケア・ビーチや、サンセット・ビーチなど、とにかく美しい風景を見つけることができます。

スポット6:ガーリックシュリンプを食べる

Source: Shutterstock

ハワイで絶対に食べたいグルメの一つ『ガーリック・シュリンプ』。オアフ島北部のカフクにはエビ養殖場があり、付近には多くのフードトラックが並び、お店ごとにこだわりのあるガーリック・シュリンプを味わうことができます!

スポット7:ドール・プランテーション必食のパイナップルアイスを味わう

Source: Shutterstock

パイナップルでおなじみのドール社(Dole)のプランテーションでは、パイナップル畑を見学したり、世界最大の巨大迷路を楽しめます。ここへ来たら名物のパイナップルアイスを忘れずに食べてください!

これらのスポットを半日で楽しめるツアーはこちら。午後にワイキキを出発して、平等院・ノースショア・カフクのエビ養殖場・ドールプランテーションを訪れます。

KKdayでツアーを予約する
▶︎【高確率でウミガメに出会える】オアフ島ノースショア半日ツアー(ワイキキ出発)

Day4:クアロア・ランチでアクティブに遊ぼう

スポット1:クアロア・ランチ

Source: Shutterstock

クアロア・ランチはかつてカメハメハ王朝の所有地だった渓谷で、一般には開放されていなかった神聖な土地です。

映画『ジュラシック・パーク』や、ハリウッド版『ゴジラ』のロケ地になったことでも有名で、ロケ地ツアーや、ジャングルツアー、乗馬体験にジップラインなど、たくさんのアクティビティーがあるのでアウトドア派におすすめです。

KKdayでツアーを予約する

▶︎【オアフ島】ワイキキ出発 クアロア・ランチ1日ツアー(乗馬 / 4輪バギー選択可)

▶︎【ワイキキ出発】クアロア・ランチ:ジップライン体験半日ツアー

スポット2:ホノルル中華街で夕食

Source: Shutterstock

3日目の朝に訪れたマウナケア・マーケット周辺はホノルル中華街。中華系の人々のハワイへの移住が始まったのは19世紀後半のこと。多くは農園で働く労働者としてやってきて、ホノルルのダウンタウンに中華街が形成されました。

通りには異国情緒溢れる建築や、アジア系のレストランが立ち並びます。気になるレストランを見つけて夕食をいただきましょう!

スポット3:アラモアナ・センターでショッピング

オアフ島でショッピングするなら外せないのがアラモアナ・センター。世界的なハイブランド、日本未上陸のショップ、ハワイならではのグッズが集まるハワイ最大のショッピングセンターです。ハワイ旅行の最終日にお土産を探しに出かけましょう!

アラモアナ・センター Ala Moana Center
▶︎営業時間 9:30~21:00 (日曜は10:00~19:00)
▶︎住所:1450 Ala Moana Blvd, Honolulu (map)
▶︎ウェブサイト(日本語)

Day5:帰国

楽しいハワイ旅行も最終日。お土産でいっぱいになった荷物を持って空港へ行くのは大変ですよね。そんな時に役立つのが乗り合い送迎です。ワイキキのホテルまで迎えに来てくれるのに、タクシーより料金を抑えられるのが嬉しいポイントです!

KKdayで送迎車を予約する
▶︎【空港送迎】ホノルル国際空港(HNL)-ワイキキ各ホテル:乗合送迎(双方向出発)

レンタカーを借りる or ツアーに参加する?

Source: Shutterstock

今回紹介したスポットはワイキキから離れているエリアもたくさんあります。ノースショアやポリネシアン・カルチャー・センターなど、車でも1〜2時間ほどかかるスポットへは公共交通機関のTheBusで行くのはちょっと大変。そんな時に考えないといけないのが旅行のスタイルです。

レンタカーを借りる

レンタカーを借りる場合におすすめなのが、各観光スポットで利用可能なゴー・オアフ・カード。

✅今回の紹介したスポットでゴー・オアフ・カードが使えるのはこちら

  • ハナウマ湾シュノーケリング
  • ダイヤモンドヘッド登山
  • ポリネシアン・カルチャー・センター
  • ホノルル美術館
  • 平等院テンプル
  • ドール・プランテーション
  • クアロア・ランチ(各ツアー)
KKdayでチケットを予約する
▶︎【ハワイ旅行に必携!】ゴー・オアフ・カード:1日/2日/3日/5日

ゴー・オアフ・カードを持っていれば、それぞれのスポットの入場料は別途必要ないので、気になるスポットを好きなだけ体験できてとってもお得ですよ。

ツアーに参加する

ツアーに参加する1番のメリットはワイキキのホテルから観光スポットへの送迎がついていること。交通の心配も不要で、気軽に離れたエリアへも訪れることができます。

✅今回紹介したスポットへ行けるツアーはこちら

▶︎【ワイキキ出発】ハワイ・オアフ島ハナウマ湾シュノーケリング体験半日ツアー
▶︎【ハワイ】マジック・オブ・ポリネシア鑑賞チケット(食事付き)

▶︎【オアフ島】ポリネシアン・カルチャー・センター:1日ツアー
▶︎【高確率でウミガメに出会える】オアフ島ノースショア半日ツアー(ワイキキ出発)
▶︎【オアフ島】ワイキキ出発 クアロア・ランチ1日ツアー(乗馬 / 4輪バギー選択可)
▶︎【ワイキキ出発】クアロア・ランチ:ジップライン体験半日ツアー

ツアーやレンタカーを活用して、4日間でワイキキだけじゃないオアフ島の魅力を発見してみてくださいね。

【注意】ハワイ旅行にはエスタの申請が必要

日本人がハワイ(アメリカ)旅行をする際にはエスタ(ESTA)と呼ばれる渡航認証の申請をしなくてはいけません。ハワイ旅行へ行くことが決まったら早めに申請しておきましょう!即日発給ではなくなったので、余裕を持って渡航の72時間前までには申請をしておくことをおすすめいたします。詳しくはアメリカ大使館のサイトをご覧ください!

ハワイのおすすめ商品

▶︎スター・オブ・ホノルル号サンセットディナークルーズ(ワイキキ各ホテル送迎付き)
▶︎【ワイキキ】オアフ島スキューバダイビング体験(ライセンス不要)
▶︎ハワイ・オアフ島:ヘリコプター遊覧飛行(ワイキキ地区各ホテル送迎付き)

ハワイの旅行情報はこちらもチェック

✏️【ハワイ】オアフ島の交通:空港からワイキキへの行き方と島内交通ガイド
✏️【ハワイ】渡航前に知っておくべきハワイの基本情報
✏️【ハワイ】オアフ島へ行ったら食べたい基本のハワイグルメ🥞🍍
✏️【ハワイ】マリンスポーツからショッピングまでハワイ旅行で絶対にやるべきこと10選