慣れない土地の公共交通機関を利用するのって、ちょっと勇気が必要ですよね。いつもタクシーに頼ってしまうという方も多いのでは?今回は、比較的快適で旅行客にも利用しやすいと言われるメルボルンの交通についてご紹介。行き先やプランに合わせて、トラムやバス、電車などを利用できるようになりましょう!

目次

1. 空港-市内間の移動
    1.1 スカイバス(SkyBus)
    1.2 スターバス(Starbus)
    1.3 エアポート・ウェストバス(Airport West SC)+電車
    1.4 チャーター車(要予約)
    1.5 タクシー(またはUber)

2. 市内での交通手段とICカード「myki」
    2.1 myki
    2.2 トラム(路面電車)
    2.3 電車
    2.4 バス


空港-市内間の移動

Source:shutterstock

メルボルン近郊にはメルボルン(タラマリン)空港とアバロン空港の2つの空港がありますが、国際線・国内線ともにほとんどのフライトがメルボルン空港を利用します。市内までの移動に利用できる公共交通機関もいくつかあるので、渡航前に確認しておきましょう。

・メルボルン空港
– 市内までの所要時間:30〜1時間ほど
– 移動手段:スカイバス(SkyBus)、シャトルバス、バス+電車、タクシー(またはUber)

・アバロン空港
– 市内までの所要時間:50分ほど
– 移動手段:スカイバス(SkyBus)、タクシー(またはUber)

スカイバス(SkyBus)

空港と市内を繋ぐスカイバスは、手軽な上にリーズナブル!本数も多く、中には24時間運行している路線もあるので旅行客にも利用しやすい交通手段です。

メルボルン空港・アバロン空港からシドニーまでの路線には、

・メルボルンシティエクスプレス(Melbourne City Express
・サウスバンク・ドックランズ・エクスプレス(Southbank Docklands Express
・セントキルダ・エクスプレス(St Kilda Express
・アバロン・シティ・エクスプレス(Avalon City Express

以上の4ルートがあります。

Source:KKday

チケット購入方法
・メルボルン空港
メルボルン空港のSkyBusは、第3ターミナルと第1ターミナルに乗り場があります。最初に第3ターミナルを出発するので、定員オーバーで乗れない!なんてことを避けるために、第2ターミナル到着の方は第3ターミナルからの乗車をオススメします。

・アバロン空港
正面玄関から入って右手にチケットカウンターがあります(チェックインカウンターの向かい側)。

ポイント:各空港とも乗り場付近のカウンターでチケットを買うことができますが、事前にネットで買うこともできます。購入後バウチャーをプリントアウトしておけば、乗車時に提示するだでOK!チケットを買う時間を節約できちゃいます。大人・ファミリーチケットはネット割引価格で購入できる場合もあるのでぜひ公式ホームーページをチェックしてみてください!

スターバス(Starbus)

メルボルン空港を利用する方で、特に荷物が多い!という方におすすめなのが、空港シャトルバス・Starbus!空港から直接ホテルまで向かうことができるので、とっても楽チンです。下車エリアによって料金が異なるので、事前にこちらから確認するようにしましょう。

 スターバス(Starbus)運賃表
・ゾーン1:大人 20 AUD / 子供 10AUD
・ゾーン2:大人 22AUD / 子供 11AUD
・ゾーン3:大人 27AUD / 子供 12AUD

エアポート・ウェストバス(Airport West SC)+電車

なんとしても電車に乗りたい!そんなアツい電車ファンの方には、バスから電車に乗り換えるという方法をご紹介。空港から出ているバス、エアポート・ウェストバスの478線または479線に乗車し、Dromana Ave/Matthews Ave停留所にて下車。徒歩1分でAirport West/Matthews Ave駅に着くので、そこから電車でフリンダース駅(Flinders Street Station)まで行くことができます。

運賃は約22AUDほどですが、バスや電車に乗車する際は交通ICカードmykiが必要となるので事前に準備しておくことをお忘れなく!

チャーター車(要予約)

Source:shutterstock

「バスのチケットを買い間違えたらどうしよう」、「乗り間違えそうで怖い」と少し不安に思っている方には、チャーター車の利用をおすすめ!出国前に支払いや目的地の設定を済ませる事前予約制の場合が多いので、タクシーのように値段交渉をしたり、バスや電車のように乗り間違ったりする心配がありません。

深夜・早朝フライトをご利用の方には、24時間いつでも時間指定OKなKKdayのチャーター車がおすすめ!出国前に予約しておけば、現地でドライバーにバウチャーを提示するだけ利用できちゃいます!

タクシー(またはUber)

タクシーやUberの利便性は高いですが、他の公共交通機関と比べ値段が高いのがネック。特にアバロン空港からメルボルン市内までは距離があいているので、あまりおすすめはできません。なお、メルボルン空港から市内へ向かう場合は車1台あたり約60AUD、乗車時間は約30分となります。

 

市内での交通手段とICカード「myki」

Source:shutterstock

メルボルン市内の主な交通手段であるトラム、電車、そしてバス。これらの交通機関は、利用するエリアがシティ周辺(ゾーン1)か郊外(ゾーン2)か、そして利用時間が2時間以内かそれ以上かで料金が異なります。時間内であれば、トラム・電車・バスのどの交通機関に何度乗っても料金は変わりませんよ!

メルボルンの公共交通機関の支払いは「myki」というマネーチャージ式のICカードで行います。セブンイレブンや主要な駅の窓口で購入・チャージをして、乗り降りの際に専用の読み取り機にタッチして支払いを行います。

*mykiを乗車時に機械にかざすことを「タッチオン(touch on)」、下車時にかざすことを「タッチオフ(touch off)」と言います。

myki

mykiにはmyki Moneymyki Passの2種類があります。旅行プランに合わせてよりお得に使える方を選んでみましょう!

1. myki Money:
myki Moneyは、お金をチャージして使うICカード。短期滞在で公共交通機関を利用するという方は、こちらのmyki Moneyを選びましょう。

カード自体の料金は19歳以上の大人が6AUD、5〜18歳の子供3AUD(4歳以下の子供は無料)となりますが、利用する場合は別途お金をチャージする必要があります。

Source:KKday

運賃はゾーン・利用時間によって異なり、初回タッチ時から2時間以内は赤字の料金のみで乗り降りが自由にできます。2時間以上が経過するともう1度同じ額の運賃が加算されますが、その日1日はそれ以上の運賃を払う必要は無くなります。

*Zone1のみを利用した場合と、Zone1とZone2の両方のエリアを利用した場合の料金は同じです。
うっかりタッチし忘れると高額な罰金が発生する場合があるので要注意。

2. myki Pass:
myki passには7日間パス28〜365日パスがあり、長期滞在で頻繁に公共交通機関を利用する方におすすめ。myki moneyのように、いちいちお金をチャージする煩わしさがありません。

カードの種類にはZone1と2の両方で使えるものとZone2のみで使えるものがあるので、利用ゾーンに合わせて購入しましょう!

Source:KKday

トラム(路面電車)

Source:shutterstock

観光客のみならず、地元の人々もよく利用しているトラム。停留所も多く、メルボルンで最も気軽に利用できる乗り物の1つです。

ここで押さえておきたいのポイントは、シティエリアのフリートラムゾーン(Free Tram Zone)内ではトラムの利用が無料ということ!多くの観光スポットを無料でめぐることができるので、市内観光の際はぜひ活用するようにしましょう。

また、フリートラムゾーンを囲うように走る35番線「City Cycle」は路線全体が無料。うっかり乗り過ごして無料区間から出てしまう心配もないので、メルボルン初心者にとっては利用しやすい番線です。

 mykiをタッチするタイミング(ゾーンによって異なるので要チェック)
 ・ゾーン1またはゾーン1+2:乗車時にmykiを機械にかざす(タッチオン)。
 ・ゾーン2のみ:乗車時と下車時にmykiを機械にかざす(タッチオンとタッチオフ)。
 ・フリートラムゾーンのみ:乗車時・下車時ともにmykiを使わなくてOK!
 *乗車地点または下車地点が有料区域の場合は、タッチオン/オフの必要あり

電車

Source:shutterstock

メトロ・トレインズが運営するメルボルン市内の鉄道は、毎日早朝05:00の始発から深夜の終電まで営業。メルボルン中心部を走る電車は市内をぐるっと1周してから終点のフリンダース・ストリート駅(Flinders Street Station)に停車するので、目的地がわかっていればメルボルンで電車に乗るのは簡単!

手動でドアを開ける電車もあるので、ボーっとドアが開くのを待っていたら発車してしまった、なんて事のないように気をつけてくださいね!

 mykiをタッチするタイミング
 改札を通過する際にmykiをかざす(タッチオンとタッチオフ)

 

バス

路面電車と比較すると本数が少なく、ほとんどのバスの車内には現在地や次の停留所のお知らせがありません。目的地の位置を明確に把握していない限り、希望のバス停で降りるのは至難の技。

初めてのメルボルン旅行で利用する場合は、あらかじめ運転手に目的地を告げておき到着時に知らせてもらうか、スマートフォンの地図アプリで常に目的地までの距離を確認する必要があります。乗り過ごさないように注意してくださいね!

 mykiをタッチするタイミング
 乗車時・下車時にmykiを読み取り機にかざす(タッチオンとタッチオフ)

 

メルボルンには旅行者にも利用しやすい交通機関が充実!様々な公共交通機関を活用して、メルボルン観光を満喫してくださいね。

 

オーストラリア旅行の必需品

▶︎【オーストラリアをお得に宿泊】ユースホステル宿泊パス(YHA会員資格付き)
▶︎【割引価格】メルボルン動物園入場チケット:カンガルーエサやり体験プラン選択可
▶︎【オーストラリア】オプタス(Optus)5日 / 28日プリペイドSIMカード
▶︎【乗合送迎】メルボルン国際空港-メルボルン市内:片道 / 往復送迎サービス(双方向出発)

メルボルン発の人気ツアーはこちら

▶︎【メルボルン】パフィンビリー蒸気機関車とヤラバレー・ワイナリー観光1日ツアー(日本語オーディオガイド付き)
▶︎グレートオーシャンロード+モーニントン半島+フィリップ島 1泊2日(メルボルン出発)
▶︎【超お得!!メルボルン冒険の旅】大海原とグランピアンズ国立公園3日間

メルボルンに関するその他の記事

✏️【オーストラリア】メルボルン観光に便利なケータイアプリ4選
✏️【オーストラリア】大自然を満喫しよう!メルボルンから行けるおすすめレジャースポット10選