台湾

お土産にも!とっても飲みやすい台湾原住民のお酒『小米酒』とは?

皆さん、小米(粟/あわ)を原材料に作られる台湾原住民のお酒「小米酒」はご存知ですか?

小米酒は昔からの作り方で長い時間をかけて作られて一杯一杯丁寧に作られます。

アルコール度数は12%と多少高いですが、飲んでみるとアルコールの味は強すぎず、甘くてとても飲みやすいのが特徴です。

値段は大体200~300元前後ほどで購入できます。

 

基本的に原住民の集落へ行くと彼らの作ったものや使っているものの購入ができるショップがあり、小米酒もそこで購入可能です。(ちなみに、集落へお邪魔してプチ原住民生活体験をすることもできます!)

ですが、どこも交通が不便で観光客には行きにくい場所にあるのが難点です。

なので今回KKdayが、観光客が旅行の途中でも気軽に小米酒を購入できるように、台北で販売されている場所をまとめてみました

 

台北で小米酒の購入ができる場所

烏來

8018662266_6d326d1b0f_o.jpg
Flickr / 芳蘭 徐芳蘭
8627619204_a4ef7883e6_o.jpg
Flickr / Kenming Wang

観光地でもある烏來の一帯は原住民関係のスポットが多くあります。観光をしていてショップを見つけた際にはぜひ立ち寄って購入してみてくださいね。

 

家樂福

2909450776_0798a2186d_o
Flickr / Scott Yu

台湾の大型ショッピングセンター家樂福では小米酒の中でも有名なブランド「馬拉桑」の購入が可能です。

 

小米酒が飲める、台北の原住民レストラン

芭達桑原住民主題餐廳(淡水)

17155867_10155075643539675_1939846659526080501_n
( 公式Facebookより )

芭達桑」は泰雅族の言葉で「紋面(顔のタトゥー)」という言葉で、紋面は泰雅族の風習で成人になったことを表す大事な

“芭達桑”為泛泰雅族(泰雅,太魯閣,賽德克)語,意指”紋面(顔にするタトゥー)”之意。 在泛泰雅族的習俗當中,紋面代表成年及其成就的標記,沒有紋面的人將無法得到族人的尊敬及認同,更無法論及婚嫁。

アクセス:
MRT淡水駅→淡水客運(バス)『紅13』に乗り『八里左岸劇場』下車→八里左岸劇場の向かいがお店
メニュー

 

Lafung 樂飯(圓山)

10491283_232516213625056_7869473619255108361_n
( 公式Facebookより )
10497189_237546423122035_7241840406094351804_o
( 公式Facebookより )

圓山のフードコートにあるおしゃれな居酒屋のような雰囲気のお店です。

店名の「Lafung」とは阿美族の言葉で「お客さん」という意味があります。

ここでは阿美族・排台族などなど、様々な民族の料理を楽しむ事ができます。

住所:台北市中山區玉門路1號
公式Facebook

 

漂流木原住民音樂餐廳(中山)

527673_346434292123585_173854031_n
( 公式Facebookより )
554890_340323582734656_1778197436_n
( 公式Facebookより )

店名にもあるように、音楽を聴きながら皆でワイワイ楽しくご飯を食べるようなアットホームな雰囲気のお店です。

 


 

▼台湾へ旅行の予定がありますか?▼

【ツアー】他ではできない特別な体験を!日月潭で原住民の文化体験!

【チケット】何回でも乗船可能!とってもお得な日月潭遊覧船一日乗車券

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。