KKdayと一緒に旅に出かけましょう
KKdayと一緒に旅に出かけましょう
シンガポール東南アジア

【シンガポール】夜の観光も楽しい!観覧船でクラークキー・ボートキー・マリーナベイの夜景スポットを制覇しよう! 

Source:KKday

シンガポール川沿いにあるクラーク・キー(Clarke Quay)から東のマリーナベイ(Marina Bay)エリアまではシンガポールで最も賑やかな地域です。昼間にシンガポール川や建築物にエンターテイメントを堪能し、夜にはバラエティ豊かなナイトライフを遊び尽くすのがシンガポール旅の定番!今回は観光客が必ず訪れるシンガポールのクラーク・キーエリアから周辺の観光スポット・リバークルーズ・人気グルメ・バー・ランドマークなどをまとめてご案内します!

1. クラーク・キー(Clarke Quay)日帰りコースを異なる視点から景色を楽しもう

クラーク・キーからマリーナベイエリアまでの川沿いは、シンガポールのナイトライフをリードするとても賑やかなエリアです。シンガポール川に沿って徒歩でも回る事ができますが、1日でクラーク・キーとマリーナ地域すべての観光スポットを制覇したいなら、時間を節約できるリバークルーズがとても効率的な方法です。それではシンガポールの二種類のリバークルーズについて紹介します!

(1)リバークルーズ(River Cruise):バムボート

Source:KKday

およそ150年以上の歴史を持つレトロなバムボート(Bumboat)はイギリス統治時代に海外貿易用の商船として使用されていました。シンガポール川からマリーナベイまでは全部で8つの港があり、チケット一枚で自由に乗船・下船することができます。リバークルーズは一周約40分で、ルートはシンプル、運行本数も多いです。スケジュールに合わせて時間を活用できるほか、夕日の沈む時間帯にはまた違った景色を楽しめます。夜は気持ち良い川風に吹かれて、ライトアップされた街とマリーナベイ・サンズのレーザーショーが織りなす夜景を堪能できます。一度で二度美味しいリバークルーズはシンガポール観光に外せない便利な味方です!

→川からマリーナベイ・サンズのレーザーショーを鑑賞したいなら、19:30と20:30のリバークルーズを利用しましょう。(混雑する時間帯なので、事前予約をするのがおすすめです。混雑状況によって、チケットは大人$38 SGD/子供$22 SGDになります)

▶︎KKdayでお得なリバークルーズチケットを予約しましょう

Source:KKday
Source:KKday

船着場:リード橋、ボートキー、フラトン、マーライオン像、ベイフロント・サウス、プロムナード、エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ、クラークキー

リバークルーズ
▶︎ 営業時間:09:00〜23:00(30分間隔で運行、最終乗船は22:30になります)

▶︎乗船料金:大人$25 SGD/子供$15 SGD(お得な乗船チケットの事前予約はこちら
▶︎電話番号:+65 6336-6111

(2)ダックツアー(Duck Tour)

Source:KKday

ダックツアーはベトナム戦争時代に使用された水陸両用車を改造し、シンガポールの街の雰囲気と美しい水辺の風景を特別な視点で目一杯満喫できます!約一時間のダックツアーはマリーナベイと市政中心エリアを中心に周ります。途中はガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、マリーナベイ・サンズなどシンガポールの定番観光スポットも通りますので、カメラの準備を忘れずに!初めてのシンガポール観光なら、お得なダックツアーで決まり!

ダックツアールート:
サンテック・シティモール(Suntec City)→ シンガポール・フライヤーで水の中に入ります → マリーナベイ・サンズ → マーライオン公園 →(陸上モード)エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ → シティホール → セント・アンドリュー大聖堂 → 高等法院→ウォー・メモリアル → サンテック・シティモールに戻ってきます。

→ダックツアー乗り場とチケット引き換え場所はサンテック・シティモール一階のAdidas店舗隣にあります。

ダックツアー
▶︎営業時間:10:00~18:00(1時間間隔で運行)

▶︎乗船料金:大人$33 SGD33/子供$23 SGD23/幼児(2歳未満)$2 SGD

▶︎ダックツアー事前予約はこちら

2. クラーク・キーへのアクセス

①シンガポールMRT東北線(North East Line)のクラーク・キー駅(Clarke Quay EW14/NS26)で下車すぐ。

②シンガポールMRT東西線(East West Line)か東北線・ラッフルズ・プレイス駅(Raffles Place EW14/NS26)で下車。徒歩約10分でマーライオン公園に到着。

③シンガポールMRTサークル線(Circle Line)かダウンタウン線(Downtown Line)・ベイフロント駅(Bayfront CE1/DT16)。駅の出口からすぐマリーナベイ・サンズに着きます。

▶︎シンガポールMRT路線図(英語)

【シンガポール】チャンギ空港からの移動から地下鉄、バスまでシンガポールの交通事情まとめ

3. クラーク・キーエリア観光スポット

(1)クラーク・キー(Clarke Quay)

Source:KKday

シンガポールの夜で最も賑やかな地域といえばクラーク・キー。シンガポール川沿いにおしゃれなバー・クラブ・レストランなどの店が軒を連ね、シンガポールのナイトカルチャーが一番充実している活気に満ちたエリアです。夕暮れ時にクラーク・キーからマリーナベイエリアまで、シンガポール川に沿って有名なランドマークを巡るのが定番の散策ルートです。ライトアップされたバーの屋根は時々色が変わり、色とりどりの素晴らしい夜景はマーライオン公園にも負けていませんよ!せっかくここまで来たなら、クラーク・キーのバーに入ってカクテルグラスを傾け、ゆったりとシンガポールの夜を満喫してみてはいかがでしょうか?

Source:KKday
クラーク・キー(Clarke Quay)
▶︎営業時間: 10:00~22:00
▶︎住所:3 River Valley Rd, シンガポール 179024(map
▶︎アクセス:シンガポールMRTのクラーク・キー駅(NE5C番出口かリード橋(Read Bridge)を通って着きます。
▶︎電話番号:+65 6337-3292
▶︎ウェブサイト:クラーク・キー公式ホームページ(英語)

(2)セントラル(The Central)

Source:KKday

シンガポールの暑い天気の中を歩くのは少し大変と思うなら、クラーク・キー駅と繋がっているセントラル(The Central)でショッピングをしながらエアコンの効いた室内で体をクールダウン。川沿いのレストランから美食を味わいながら水辺の風景をゆっくり堪能しましょう!ぜひ窓際の席をリクエストして、素敵な時間を過ごしてくださいね。

→シンガポールの名高いレストランNo Signboard SeafoodとYa Kun Toastの支店もこのセントラルにあります。

Source:KKday

少し足を伸ばせば、近くにあるもう一つショッピングモール・Riverside Pointに到着。若い女子たちで賑わうRiverside Pointでは色んな店舗が集まっており、ショッピングはもちろん、人気のシンガポールグルメも味わえます。多くの観光客が足を運ぶシンガポールの名店・珍寶海鮮樓(ジャンボシーフード)でシーフードをお腹いっぱい楽しんでください!

セントラル(The Central)
▶︎営業時間:11:00~22:00
▶︎住所:6 Eu Tong Sen St, シンガポール 059817(map
▶︎アクセス:シンガポールMRTのクラーク・キー駅(NE5G番出口からすぐ。
▶︎電話番号:+65 6532-9922

(3)ジーマックス リバース バンジー(G-Max Reverse Bungy)

Video Source:G-Max Reverse Bungy

クラーク・キーの川沿いに空にそびえるとても目を引く施設「ジーマックス・リバース・バンジー(G-Max Reverse Bungy)」。激しいアトラクションが好きな方は、これを体験せずに帰ってしまったらきっと後悔するはず!大きな鉄でできたボールの中に入り、時速200キロで地面から一瞬で空に投げられ、トランポリンのように何度も弾む刺激的な体験はスリル満点!リバース・バンジーのほか、新アトラクションGX-5 Xtreme Swingが登場し、話題沸騰中です!こちらは空中でぐるぐる回る巨大なブランコのような斬新なアトラクション。勇気と度胸がある方はぜひ挑戦してみてください!

Source:KKday
ジーマックス リバース バンジー(G-Max Reverse Bungy)
▶︎営業時間:11:00~翌日01:00
▶︎住所:3E River Valley Rd, シンガポール 179024(map
▶︎電話番号:+65 6338-1766
▶入場料:大人$45 SGD / 学生$35 SGD
▶︎ウェブサイト:G-Max Reverse Bungy公式ホームページ(英語)

(4)ボートキー(Boat Quay)

Source:Shutterstock

運河に沿って海岸へ向かっていくと、まずたどり着くのがボートキー(Boat Quay)です。大規模なナイトクラブやおしゃれなレストランなど最先端の夜遊びが充実するクラーク・キーと比べると、ボートキーでは昔ながらの色鮮やかな旧倉庫をバー・海鮮レストランに改装した店舗が多いです。ゆっくり散策しつつ、海鮮料理でちょい贅沢な時間を過ごしてみるのはいかがですか?シンガポールでのんびりしたいならぜひボートキーへ行きましょう!

ボートキー(Boat Quay)
▶︎住所:Bonham St, Singapore 049782 (map
▶︎アクセス:シンガポールMRTのラッフルズ・プレイス駅(Raffles Place W14\NS26)で下車し、駅の出口Gからすぐ。
▶︎電話番号:+65 6736-6622
▶︎ウェブサイト:Boat Quay公式ホームページ(英語)

(5)ザ・フラトン・ホテル(The Fullerton Hotel)

Source:Shutterstock

船着き場からマーライオン公園へ向かう途中に現れる、まるで芸術作品のような古典的な建築が目を引きます。これはシンガポールでとても有名な古跡ザ・フラトン・ホテル(The Fullerton Hotel)。世界ベストホテルのランキングに入ったこともあるザ・フラトン・ホテルは、元々中央郵便局だった建築が改築されました。約90年の歴史を持つ伝統的な建造物はシンガポールの古き良き時代の雰囲気を醸し出します。

ザ・フラトン・ホテル(The Fullerton Hotel)
▶︎住所: 1 Fullerton Square, シンガポール 049178(map
▶︎ウェブサイト:The Fullerton Hotel公式ホームページ

(6)マーライオン公園(Merlion Park)

Source:KKday

世界に名だたるシンガポールのランドマーク・マーライオン公園(Merlion Park)は観光客が必ず訪れる観光スポットです。海に面する遊歩道を散策したり、レストランとバーでグルメを味わったり、疲れた体をリラックスできる心地いい場所。素敵な旅の思い出として、マーライオン公園でシンガポールのシンボル・マーライオン像と一緒に記念写真をとって、インスタにアップしましょう!

マーライオン公園(Merlion Park)
▶︎住所: Merlion, シンガポールmap
▶︎アクセス:シンガポールMRTのラッフルズ・プレイス駅(Raffles Place EW14)で下車し、駅の出口Hからすぐ。
▶︎電話番号:+65 6736-6622
▶︎ウェブサイト:マーライオン公園(英語)

(7)シンガポール・フライヤー(Singapore Flyer)

Source:KKday

アジアで最も大きな観覧車であり、建設当初は世界最大の観覧車であったシンガポール・フライヤー(Singapore Flyer)。一周約30分、定員28人乗りのゴンドラはとても広く、夜にはさらに高級な食事を提供する素晴らしいサービスがあります。地上42階の高さからシンガポールの都市景観を堪能できるのはシンガポール・フライヤーならではの楽しみです。

シンガポール フライヤー(Singapore Flyer)
▶︎営業時間:8:30~22:30
▶︎住所:30 Raffles Ave, シンガポール 039803 (map
▶︎アクセス:シンガポールMRTのプロムナード駅(Promenade CC4)で下車し、駅の出口Aからすぐ。
▶︎電話番号:+65 6333-3311
▶︎チケット:大人$29.5 SGD / 子供(3〜12歲未満)$20.65 SGD(お得なチケットはこちら
▶︎ウェブサイト:Singapore Flyer(英語)

(8)エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ(Esplanade-Theatres on the Bay)

Source:KKday

シンガポール川沿いにある果物の王様「ドリアン」のような建築エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ(Esplanade-Theatres on the Bay)。奇異な外観で世界に知られるシンガポールの総合芸術文化施設です。エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイはコンサートホールと劇場で構成され、「全ての人々の芸術センター」の理念のもと、オペラ、バレエ、ミュージカル、演劇など多様な芸術イベントがここで開催されます。シンガポールトップクラスの演出がエスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイでご覧いただけます。

外から建築の記念写真を撮るほか、エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイの屋上はシンガポール川・マーライオン公園・シンガポールフライヤー・マリーナベイ・サンズ昼と夜の表情を眺めるのに最適なスポットです。

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ(Esplanade-Theatres on the Bay)
▶︎住所: 1 Esplanade Dr, シンガポール 038981map
▶︎アクセス:シンガポールMRT南北線・東西線のシティホール(CityHall NS25、EW13)で下車すぐ。
▶︎電話番号:+65 6828-8377
▶︎ウェブサイト:Esplanade公式ホームページ(英語)

(9)マリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)

Source:KKday

ショッピング・エンターテイメント・宿泊など様々な楽しみとサービスを持つマリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)ホテル。あるCMがきっかけで世界で話題になったマリーナベイ・サンズのインフィニティプールは、屋上からシンガポールの絶景を一望できます。特に夕暮れが水面に映る綺麗な光景が見所です!インフィニティプールのご利用は宿泊者限定なので、マリーナベイ・サンズで宿泊する予定があるなら絶対見逃せませんよ!

マリーナベイ・サンズで宿泊しなくても、インフィニティプールの向こう側にあるマリーナベイ・サンズの展望台・サンズ・スカイパークからもシンガポールの景色を眺めることができます!シンガポールの中心からシンガポール海峽までを見渡せる、多くの観光客を魅了するシンガポール夕日や夜景を見たいなら、サンズ・スカイパークはぜひ行っておきたい絶景スポットです。

マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)
▶︎営業時間:日曜〜木曜日10:30~23:00 。金曜、土曜日10:30~23:30
▶︎住所:  10 Bayfront Ave, シンガポール 018956map
▶︎アクセス:シンガポールMRTサークル線・ダウンタウン線のベイフロント駅(Bayfront CE1)で下車すぐ。
▶︎電話番号:+65 6688-8868
▶︎サンズスカイパーク展望台チケット:大人$23 SGD / 子供(2~12歲) $17 SGD / シニア(65歲以上)$20 SGD(お得なチケットはこちら
▶︎ウェブサイト:Marina Bay Sands公式ホームページ

▶︎シンガポール絶景を見渡せるサンズ・スカイパークのチケット予約をチェック

(10)ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)

Source:KKday

「ガーデン・シティ」と呼ばれるシンガポール。”花園の中にある街”を目指し、2012年にガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)が建てられました。広い埋立地に作られた美しい植物園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイには、世界の多様な植物が勢揃いする2つの温室ドームがあり、およそ16階ほどの高さを誇るスーパーツリーは圧巻です!ガーデンズ・バイ・ザ・ベイでは植物鑑賞はもちろん、夜にはライトアップされた園内を散策したり、イルミネーションショーも楽しめますよ!

▶︎不思議な花が咲く場所ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで世界の植物を目尽くしましょう!詳細はこちら

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)
▶︎営業時間:05:00~翌日02:00
▶︎住所:  18 Marina Gardens Dr, シンガポール 018953map
▶︎アクセス:シンガポールMRTサークル線・ダウンタウン線のベイフロント駅(Bayfront CE1)で下車すぐ。
▶︎電話番号:+65 6420-6848
▶︎サンズスカイパーク展望台チケット:大人$28 SGD / 子供(12歲以下)$15 SGD(お得なチケットはこちら
▶︎ウェブサイト:Gardens by the Bay公式ホームページ(英語)

 

シンガポール:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ完全攻略

4. グルメとバーでシンガポールのナイトライフを楽しもう!

ご当地グルメ・異国料理・海鮮レストラン・バー・クラブなど盛りだくさんの店舗がクラーク・キーエリアに集まっています。昼と夜では全く異なる顔を見せるクラーク・キー。昼間にはシンガポールの都会的な風景を味わい、夜にはナイトライフを楽しみましょう!美景に美食、さらに一杯の美味しいお酒は、歩き回った1日の疲労回復に最高の方法だと思いませんか?それでは必ず食べておきたいご当地グルメ、行っておきたいバーをおすすめをご紹介します!

(1)松發肉骨茶(Song Fa Bak Kut Teh/ソンファバクテー

Source:KKday

シンガポールのバクテー三大名店のトップ「松發肉骨茶(Song Fa Bak Kut Teh/ソンファバクテー)」本店がクラーク・キーにあります。2016年にミシュランガイドに紹介され、世界中からの旅人の”シンガポールに来たら必ず食べておきたい一品”に。さっぱりとしたスープはにんにくと黒胡椒の香りが口の中に広がり、豚肉がとても柔らかく、一口食べたら止まりません!お肉を醤油と唐辛子のソースをつけると肉の旨味がさらに引き立ちます!ぜひ試してみてください!

昔からの味わいが松發肉骨茶人気の理由。クラーク・キーに来たら、ぜひシンガポールのソウルフード・バクテーを味わってください!(松發肉骨茶でスープのおかわりができますよ〜)

→シンガポールバクテー三大名店とは:松發肉骨茶、人肉骨茶、黃亞細肉骨茶の三店舗です。

松發肉骨茶(Song Fa Bak Kut Teh)
▶︎営業時間:09:00~21:00。(定休日は月曜日)
▶︎住所:11 New Bridge Rd, #01-01, シンガポール 059383map
▶︎アクセス:シンガポールMRTクラーク・キーClarke Quay/NE5)から徒歩約3分。
▶︎電話番号:+65 6533-6128
▶︎ウェブサイト:松發肉骨茶公式ホームページ(英語)

(2)珍寶海鮮樓Jumbo Seafood/ジャンボシーフード):チリクラブ

Source:KKday

シンガポールの名物「チリクラブ」はカニをピリ辛のチリソースで炒めた料理です。カニの身に濃厚なチリソースをかけて口に入れたら、カニの旨味と辛さのハーモニーの贅沢な味わいがクセになりそうです。珍寶海鮮樓(Jumbo Seafood/ジャンボシーフード)はチリクラブ目当ての客足が途絶えなません。シンガポール川沿いに何軒も支店があり、その中でも珍寶海鮮樓・クラーク・キー支店が最も人気の店舗です。辛いものが苦手な方にはメルベンシーフードもおすすめですよ!

珍寶海鮮樓(Jumbo Seafood/ジャンボシーフード)
▶︎営業時間:12:00~15:00、18:00~00:00。午後に休憩時間があるので要注意です。
▶︎住所:#B1, 20 Upper Circular Rd, 48 The Riverwalk, シンガポール 058416(map
▶︎アクセス:シンガポールMRTクラーク・キーClarke Quay/NE5)の出口から右折してすぐ。
▶︎電話番号:+65 6534-3435
▶︎ウェブサイト: Jumbo Seafood公式ホームページ(英語)

✏️肉骨茶や海南鶏飯などシンガポールの10大グルメとおすすめレストラン

(3)Crazy Elephant

Source:KKday

「Crazy Elephant」はクラーク・キーエリアで人気のバーです。ソフトドリンクからビール・カクテル・ワインなどお酒の種類が豊富です。バンドの生演奏を楽しめるほか、ビリヤードもできる、シンガポール川の夜景を見ながらリラックスできる居心地いい店です。

Crazy Elephant
▶︎営業時間:月曜日17:00~01:00。火曜〜木曜日17:00~02:00。金曜〜日曜日17:00~03:00。
▶︎住所:3E River Valley Rd, #01-03/04, シンガポール 179024(map
▶︎アクセス:シンガポールMRTクラーク・キーClarke Quay/NE5)の出口から右折して徒歩約5分。
▶︎電話番号:+65 6337-7859
▶︎ウェブサイト:Crazy Elephant公式ホームページ(英語)

 

次の旅行はぜひシンガポールへ!シンガポールの夜を満喫したいなら、クラーク・キーは絶対見逃せませんよ!

シンガポール関連記事はこちら

✏️シンガポール基本情報
✏️シンガポールで異国情緒あふれる街を散策🇸🇬リトル・インディアとカンポン・グラムおすすめスポット
✏️ユニバーサル・スタジオ・シンガポール完全ガイド(2018年版)
✏️【シンガポール】チャンギ空港ターミナル3を徹底攻略!見どころから市内への行き方、グルメにおみやげまで

シンガポール旅行の必需品

▶︎【シンガポール】M1プリペイドSIM 7日間+国際通話20分(チャンギ空港受取)
▶︎【空港送迎】シンガポール・チャンギ国際空港-市内送迎サービス
▶︎シンガポール・シティ・パス(Singapore City Pass)2 / 3 / 5日間

様々な体験でシンガポールを遊び尽くす!

▶︎【割引価格】セントーサ島:シンガポール・ケーブルカー往復乗車チケット
▶︎【お得なセット割引】ユニバーサル・スタジオ・シンガポール1デイパス+往復送迎バス

お子連れの方にオススメ

▶︎セントーサ・デイ・ファン・パス(マックス / プレイ3 / プレイ5):シンガポール
▶︎【セントーサ島】体験型テーマパーク キッザニア・シンガポール入場チケット
▶︎【五感で感じる!!】セントーサ4Dアドベンチャーランド入場チケット
▶︎【シンガポール】スノー・シティ(Snow City)入場チケット