KKdayと一緒に旅に出かけましょう
KKdayと一緒に旅に出かけましょう
KKday

【プレスリリース】KKdayが戦略的インベスター「LINE Ventures」と「アリババ」からの新たなシリーズB+ラウンドの資金調達を発表

アジア最大規模の現地ツアー& アクティビティeコマース・プラットフォームの運営会社KKday(本社・台湾、CEO陳明明(Ming Chen))は、本日 2018年11月8日、戦略的投資家からのシリーズBの資金調達を発表致しました。

リードインベスターとしてLINE Ventures(LINE Ventures Global LLP、本社:東京都新宿、代表取締役:舛田淳、黄仁埈)及びアリババ起業家ファンド(Alibaba Entrepreneurs Fund)が参加、また既存投資家であるCDIB Capital、Monk’s Hill Venturesなども追加投資致しました。

この度の戦略的な資金調達により、個人旅行における予約体験の分野で革新的な技術推進を加速化させ、またKKdayの新市場を含むグローバル展開をさらに推し進める事が可能となります。

KKdayは2015年のサービス開始以来、積極的に事業拡大をしながら旅行商材のラインナップを増やし、現在、80か国・500都市にて、2万種類を超える様々な旅行商品を提供しております。

2018年2月には日本最大手旅行会社であるH.I.S.等より資金調達を行うなど、KKdayは戦略的投資家とのパートナーシップをさらに深め、旅行者にとってよりきめ細やかで、シームレスな旅行サービスを提供しています。

LINE Venturesによる新たな資金調達ラウンドは、継続的な戦略的投資家へのアプローチに新たな視点を指し示すこととなりました。世界有数のメッセンジャーサービスおよびテクノロジー企業の1つであるLINE株式会社はメッセンジャーサービスだけでなく、モバイル決済をはじめとする各種金融関連サービス・コマース・ニュース・動画サービス等、ユーザーの日常生活に根ざした様々なサービスを展開しています。

加えてKKdayとLINE株式会社は、台湾に於いて初めての戦略的なパートナーシップも開始致します。LINE株式会社は今月末に「LINEトラベル」を台湾でスタートするのに合わせ、フライト・ホテル・ツアー・現地アクティビティの検索や予約が可能になるだけではなく、旅行のプランを友人とシェアし一緒に計画することもできる包括的なトラベルアプリサービスを始めます。

LINE Venturesの インベストメント・ディレクターである遠藤正人氏はKKdayへの出資に関して次のように語っています。

「アジアの体験予約市場は、消費者行動の変化を背景に爆発的な成長を続けています。その成長を牽引する1社であるKKdayには、OTA領域を知り尽くしたシリアルアントレプレナーの経営者、経験豊富なシニアメンバー、アスピレーションの高い若く優秀なメンバーが集まった有機的で力強い組織があります。その組織のなかで、最高の顧客体験創出のために日夜繰り広げられる熱い議論から産まれる熱量に同社がアジアNo1の体験予約プラットフォームになれる可能性を感じました。」

KKdayの創設者で現CEOである陳明明(Ming Chen)は「LINE Venturesからの投資とLINEとの台湾におけるコラボレーションは、KKdayだけでなく旅行業界にとっても画期的な進歩です。KKdayはパートナー企業と共に旅行に関するすべてをデジタル化することに全力を尽くしています。今回の取り組みを機に、世界中の旅行者にスムーズでシームレスな旅行体験を提供することができることに大変喜ばしく思っております。」と語っています。KKdayによると、台湾を皮切りにKKdayとLINEのグローバルなコラボレーションについても今後検討していきたいとの事。

また、今年7月初旬、KKdayはAlibaba Entrepreneurs Fund(アリババ創業者基金)からの資金調達を発表し、Alibabaグループである中国の旅行ポータルサイトFliggy(フリギー)内に旗艦店を立ち上げました。 この4か月のKKdayの急速な成長と大きな可能性を目の当たりにしたAlibabaはKKdayへの投資を増額することを決定しました。

Alibaba Taiwan Entrepreneurs Fundのエグゼクティブディレクター、アンドリュー・リー氏は「7月の投資以来、KKdayは様々な市場で強力な実行能力を発揮し、急激な成長を続けています。KKdayの目標とするグローバルな展開はアリババのビジョンと合致しており、我々はKKdayの拡大と成長に加わり、戦略的パートナーとしてサポートできることを嬉しく思っています」との言葉を寄せてくれています。

この新しい資金調達により、KKdayは日本・中国・韓国での事業をさらに拡大し、ヨーロッパ・オーストラリア・ニュージーランドおよびアメリカなど、新たな市場も拡大していく予定です。

*本件の詳細は未公開とさせていただきます。


▶︎About KKday

KKdayは世界中の旅行を愛する人々のためのオプショナルツアー・現地アクティビティ専門のオンラインプラットフォームです。厳選した世界各地の特色あるツアーをインターネットで自由に簡単に予約できるように提供しています。

アジア最大のeコマースプラットフォームとして、KKdayは80か国500都市をカバーし、2万種類を超える旅行商品を取り扱っています。運営するアプリとウェブサイトKkday.comは多言語対応で、英語・日本語・中国語・韓国語など様々な言語で運営・サポートされています。KKdayの理念は世界中のあらゆるタイプの旅行者に便利で自由な旅行スタイルを提供し、自分だけの特別な旅行体験を実感してもらうことです。
詳細については、KKday.comをご覧ください。

▶︎About LINE Ventures

LINE Venturesは、LINEの子会社であり、日本・アメリカ・中国・韓国にオフィスを構えるベンチャー投資専門の会社です。世界中の投資先企業に資金だけでなく、様々なサポートを提供しています。
詳細については、こちらをご覧ください。

▶︎About Alibaba Taiwan Entrepreneurs Fund

Alibaba Taiwan Entrepreneurs Fundは、2015年にAlibaba Groupが立ち上げた非営利団体です。その使命は、台湾に拠点を置く起業家や若者が、企業や地域社会ために彼らの夢とビジョンが実現できるよう支援することです。

Alibaba Taiwan Entrepreneurs Fundは若者の起業家精神育成に熱心に取り組んでいます。そのため地元の起業家を支援するために台湾に100億台湾ドル(約3億2500万ドル)の基金を設立しました。
詳細については、こちらをご覧ください。

▶︎About CDIB Capital Group

CDIB Capital International (“CDIB Capital”) は、アジア太平洋地域におけるクロス・マーケットの機会を活用しようとしている魅力的な成長企業を見つけ投資しています。

業界の専門知識と豊富な地元の知識、そして地域に根ざした経験を元に、CDIB Capitalがポートフォリオパートナーと協力して企業価値を高め、中国と密接に連携している経済界との関係を強化することを可能にしています。

CDIB Capitalは2016年に設立され、China Development Financial (“CDF” またはthe “Group”) の未公開株式事業部門として、台湾以外のエリアにおけるグループ独自の資本を多様的に配備することを目的として基礎を築くプレミアムな地域にアセットマネジメント事業の基盤を築いています。
詳細については、こちらをご覧ください。

▶︎About Monk’s Hill Ventures

Monk’s Hill Venturesは、主に東南アジアの高度成長、初期段階のテクノロジーベンチャーに投資するベンチャーキャピタルファンドです。「起業家を支援する起業家」という信念のもと、創設者のPeng T. OngとKuo-Yi Limはシリコンバレーとアジアでグローバル企業を築き支援してきた起業家です。Monk’s Hill Venturesは、シンガポールとジャカルタにオフィスを構え、急速に成長する東南アジア市場において、テクノロジーを活用しトップの起業家に対して投資をしています。
詳細については、こちらをご覧ください。

Tags : KKday