KKdayと一緒に旅に出かけましょう
KKdayと一緒に旅に出かけましょう
アメリカカナダ台湾日本国内香港・マカオ

2019年はいつもと違う年越しを!世界中の7つのカウントダウンの聖地

Source: Shutterstock

年越しのカウントダウンといえば、毎年世界中でイベントが行われていますが、それぞれ一体どんな風に楽しめるのかご存知ですか?今年の年越しは今まで行ったことのない街で過ごしてみましょう!今回はKKdayが7つのカウントダウンの聖地をご紹介します。

1. 水中で新年を迎えよう!

台湾・緑島

Source: Shutterstock

賑やかな人ごみにまぎれての年越しはもう充分…そんなあなたにおすすめなのが水中で迎える新年です!夜の真っ暗な海の中で熱帯魚と迎える新年はきっと今までにない感動があるはず。

カウントダウンのあとには緑島の有名な「朝日温泉」で、温泉に浸かりながらの初日の出も。台湾の東側に位置する離島の緑島では、いち早く日の出を拝むことができます。日が昇る直前の星空と、海面に輝く生まれたばかりの太陽の光、波の音…こんな素敵な場所で新年を迎えられたら、きっと素敵な一年になりますね!

2019年台北101のカウントダウン花火はここで見よう!在住者が教えるとっておきのスポット

2. 凍りつく海へ飛び込もう!Polar Bear Swim

カナダ・バンクーバー

真冬に凍りつく海に飛び込むなんてありえない!?Polar Bear Swimは1920年代にカナダの若者たちが凍った海に飛び込めるかを賭けたことから始まった伝統で、今では世界中から旅行者が年越しの際に真冬の海の飛び込むためにカナダを訪れます。

不思議なきっかけで生まれたこのPolar Bear Swimは、今では定番の年越しのイベントになっています。思い思いのコスチュームに身を包んで凍りつく海へダイブ!あなたも友達を誘って冬の海で年越しの瞬間を迎えてみませんか?

Polar Bear Swim
▶︎開催場所:イングリッシュ・ベイ, バンクーバー, カナダ (map)
▶︎ウェブサイト(英語)

3. 世界で最もクレイジーなカウントダウンパーティー

ブラジル・リオデジャネイロ

Source: Fotolia

一生に一度は参加したい、ブラジル・コパカバーナビーチ(Copacabana Beach)のカウントダウンパーティー。毎年250万人もの観光客が訪れる華やかな花火と音楽のショーは地球の裏側まで観に行く価値ありです。

海上から上がる花火、厄除けの白い衣装を身にまとった人々、海に向かって花びらのシャワー…。今までのカウントダウンの概念が覆るかも。会場では生演奏の音楽で盛り上がる中、新年の願い事をしたり、大切な人と海の上でロマンチックなひとときを過ごしましょう。

世界中から集まった観光客と一緒に歌い踊り盛り上がれる海の上のカウントダウンパーティー。ぜひ仲のいい友達やカップルで新しい一年の始まりを迎えましょう!

4. 東京ディズニーリゾートで朝まで盛り上がろう

日本 東京

Source: Pixabay

日本国内ではやっぱり東京ディズニーリゾートでのカウントダウンイベントは外せません!夢の国で一年の終わりと新しい一年の始まりを迎えませんか?

東京ディズニーリゾートの年越しは終夜営業。2018年12月31日午後8時から2019年1月1日午後10時まで26時間思いっきり楽しむことができます。

この「ニューイヤーズ・イヴ」イベントでは0時に花火の演出も。カウントダウンの瞬間ぜひは大切な人と手を繋いで花火を鑑賞しましょう!

ニューイヤーズ・イヴ特別パスポートは公式サイトから応募できます。詳しくはサイトをご覧ください。

東京ディズニーリゾート
▶︎住所:千葉県浦安市舞浜1−1 (map)
▶︎アクセス:JR舞浜駅
▶︎ウェブサイト

5. ヴィクトリア・ハーバーの初日の出

香港

Source: Fotolia

海外での年越しといえば、行きやすさや日数、予算などもやっぱり気になる点ですよね。そんな悩みが不要なのが香港です!

香港は世界中から旅行者が集まる観光地で、東洋と西洋の文化が入り混じった魅力溢れる都市。CNNの調査によると、世界で最も特色豊かな年越しができる街とも評されています。

ヴィクトリア・ハーバーは香港らしさが溢れる夜景スポット。年越しの瞬間には海に向かってカウントダウンをします。空には花火が咲き乱れ、一年の最後を華やかに締めくくります。流星花火に向かって願い事をして、過去の自分にお別れをしましょう。

カウントダウンの花火が終わったあとは、おしゃれなバーが集まるランカイフォン(蘭桂坊)でナイトライフを満喫。朝まで飲んで盛り上がりましょう。

静かな雰囲気がお好みなら、ヴィクトリア・ハーバーに座って仲のいい友達やパートナーと語り明かし、初日の出を迎えるのも素敵です。

6. ボラカイ島で南の島のカウントダウン

フィリピン・ボラカイ島

Source: Shutterstock

日本で生まれ育っている私たちにとっては、年越しといえば冬の寒い時期のイベントですが、暖かい南の島で迎える新年も一度は体験してみるのもいいかもしれません。ボラカイ島の12月の太陽はこの一年でも特に素敵な思い出になるはずです。

大晦日の夜は島の住民たちが歌うクリスマスソングに耳を傾けながら、仲のいい友達とゆっくりビーチを散歩したり、波の音を聴きながら、大迫力のファイヤー・ダンスを鑑賞したりと、穏やかながら心踊る年越しを。ボラカイ島のビーチには数々のバーが並んでいるので、友達とバーをはしごするのも楽しいですよ。

元旦にはアリエルズ・ポイントの15mの飛び込み台から海へジャンプ!もしくは体験ダイビングでニモ(カクレクマノミ)に新年の挨拶を。夕方には海に沈むオレンジ色の太陽をみながらセイリング・ボートで航海もボラカイ島ならではの体験です。

特別なカウントダウンイベントはないけれど、穏やかでありながらちょっとした冒険心も満たせるボラカイ島で迎える新年は、きっと忘れられない年越しになりますよ。

7. ニューヨークのカウントダウン・クルーズ

アメリカ・ニューヨーク

Source: KKday

自由の女神とカウントダウン?それが実現するのがニューヨークのカウントダウン・クルーズです。船内ではプロのDJがフロアを盛り上げ、ニューヨークの夜景を楽しめます。もちろん年越しの瞬間には花火が上がり、一年の最後の日を華やかに彩ります。混雑するタイムズスクエアを避けて、快適に過ごせるのもおすすめポイントです。

KKdayがご紹介する世界中のカウントダウンの楽しみ方はいかがでしたか?少しでも心が動かされたのなら、ぜひこの旅を実現させてくださいね!

関連商品

▶︎【ニューヨーク】2019ニューイヤー・カウントダウン・クルーズ乗船チケット
▶︎【年越し花火】シドニー・カウントダウンクルーズ:ロケット・フェリー号乗船チケット

カウントダウン情報はこちらの記事もチェック

【オーストラリア】シドニーで真夏の年越し!出発前に知っておくべき5つのポイント
2019年台北101のカウントダウン花火はここで見よう!在住者が教えるとっておきのスポット