KKdayと一緒に旅に出かけましょう
KKdayと一緒に旅に出かけましょう
フィリピン東南アジア

【フィリピン】マンゴーからローカルフードまで、ボラカイ島で絶対食べたい10大グルメ

Source: Shutterstock

ボラカイ島でのバカンスで忘れてはならないのがグルメですよね。元々歴史的な背景もあり、アメリカやスペインなどの料理も根付くフィリピンですが、世界的なリゾート・ボラカイ島には世界各地の美食が集まっているので、旅行中は飽きることなく食事を楽しむことができます!今回はKKdayがボラカイ島のグルメを10個と、おすすめのレストランをご紹介します!

1. マンゴーシェイク

Source: KKday
Source: KKday

南の島・ボラカイ島はフルーツ天国。特にマンゴーシェイクは大人気です。フルーツシェイク専門店から高級レストラン、そしてローカルレストランまで、どこでもマンゴーシェイクは飲むことができます。常夏のボラカイ島必須のドリンクです!

Jonah’s Fruit Shake & Snack Bar
▶︎住所:Aklan Station 2, Balabag, Boracay Island, Malay, Malay, Aklan (map)
▶︎営業時間:6:00~23:00
▶︎ウェブサイト(英語)
Fruit Shakes
▶︎住所:Aklan Station 2, Balabag, Boracay Island, Malay, Malay, Aklan (map)
▶︎価格:一杯50ペソ(約100円)
Jony’s Restaurant
▶︎住所:White Beach, Boracay Bulabog Road, Boracay Island, Malay, 5608 Aklan (map)
▶︎営業時間:7:30~21:30

2. BBQ

Source: Shutterstock

串焼きのBBQはボラカイ島の路上でどこでも見かけるローカルフードです。お肉から内臓系までいろんな種類があって、特製のタレをつけていただきます。ぜひ地元の味を楽しんでください!

Merly’s Barbecue Boracay
▶︎住所:Beach Access Path, Malay, Aklan (map)
▶︎営業時間:16:30~01:00
▶︎価格:一本20ペソ〜(約40円)

3. ピザ

Source: KKday

フィリピンはスペインやアメリカの統治を受けていた時代があったため、食文化は西洋の影響も大きく、ボラカイ島にはいくつものアメリカンレストランがあります。

KKdayのおすすめピザレストランはShakey’sとYellow Cab。Shakey’sは店員さんたちがとても親切で、ピザも種類が豊富でどれも美味しいです!Yellow Cabはチェーンのピザレストランで、種類も豊富です。おすすめメニューはFour Seasons。一つのピザで好きな4つの味を選ぶことができます!

ピザだけでなく、フライドチキン、フライドポテト、パスタ、シェイクなどのサイドメニューも豊富です。

ビーチで遊び疲れたら、ぜひこのレストランで休憩してください。

Source: KKday
Shakey’s
▶︎住所:Barrio Balabag, Aklan (map)
▶︎営業時間:10:00~03:00
▶︎ウェブサイト(英語)
Yellow Cab
▶︎住所:Station 1, Brgy. Balabag, Boracay Island, Malay, 5608 Aklan (map)
▶︎ウェブサイト(英語)

4. アイスクリーム

Source: KKday
Source: KKday

常夏のボラカイ島に欠かせないのはもちろんアイスクリーム!自転車で売られる移動式アイス屋さんのローカルなアイスクリームから、アイスクリーム・パーラーのゴージャスなサンデー(ハロハロ)まで、ボラカイ島のアイスは種類が豊富で美味しいので、絶対に見逃せませんよ〜。

Halomango
▶︎住所:Lalawigan ng Aklan, Banwa it Malay, #80, 81, D-Mall Balabag Boracay, Malay, Aklan (map)
▶︎営業時間:9:00~00:00

5. BBQチキン

Source: KKday
Source: KKday

BBQチキンはボラカイ島の代表グルメ。グリルでじっくり焼いて特製のタレを塗ったチキンは、ジューシーで柔らかくて最高です。しかも値段も高くないのでコスパも良し。一度食べたら病みつきになる味です!

I ❤️BBQ
▶︎住所:Aklan D’Mall, D’Boracay Balabag, Boracay Malay, Aklan (map)
▶︎営業時間:10:00~23:00
▶︎価格:4分の1→65ペソ(約135円)、2分の1→125ペソ(約260円)、一羽→260ペソ(約540円)

6. トロピカルフルーツ

Source: Shutterstock

熱帯の国へ来たら絶対外せないのがトロピカルフルーツではないでしょうか?ボラカイ島ではランブータン、マンゴスチン、ココナッツ、パイナップル、バナナはもちろん、フィリピン産のマンゴーも忘れないでくださいね。

7. シーフード

Source: KKday
Source: KKday
Source: KKday

島といえばもちろん忘れてはならないのがシーフードです!ボラカイ島のフィッシュマーケット「D*タリパパ(d’talipapa)」では、市場で買った魚介類を直接レストランへ持って行って調理してもらうこともできます。ボラカイ島なら経済的にお腹いっぱい新鮮なシーフードを食べることができます!

※ホテルによっては市場で買ったシーフードを調理してくれるサービスがあります。ホテルを予約するときに訊ねてみることをおすすめします!

Workeria Crab Pasta House
▶︎住所:D’mall de Boracay, Malay, Aklan (map)
▶︎営業時間:9:00~23:00

8. パエリア

Source: Shutterstock

フィリピンは過去300年間スペインの統治を受けていたため、スペイン料理も現地の食文化に根付いています。特にシーフードが豊富なボラカイ島ではパエリアが人気です。タパス(小皿料理)と一緒にいただくのがおすすめです!

Dos Mestizos
▶︎住所:Remedios St, Malay, 5608 Aklan (map)
▶︎営業時間:11:00~23:00
▶︎ウェブサイト(英語)

9. ブラロ Bulalo

Source: Shutterstock

西洋の料理だけでなく、もちろんフィリピンのローカルフードもボラカイ島で味わうことができます。地元のレストランでよく見るメニューといえば、BBQポーク、チキンライスなどの定食がありますが、おすすめなのがライスをガーリックライスに替えること。ニンニクの風味がより一層食欲をそそります!

特におすすめのフィリピン料理が「ブラロ」という牛骨スープです。D’mall付近にお店があります。牛肉がしっかり煮込まれていて、口に入れた途端にとろけてしまいそうですよ!

Smoke Resto
▶︎住所:Malay, Philippines (map)
▶︎営業時間:24時間

10. スペアリブ

Source: Shutterstock

グリル料理はボラカイ島のどこにでもある調理法ですが、食材は多彩です。忘れてはならないのがスペアリブです!外はパリパリにちょうどよく焼かれたスペアリブに、甘辛のソースをつけるとご飯が何杯も食べられそう…!

Gasthof
▶︎住所:432- Front Beach, station 2 Boracay Island, Malay Aklan (map)
▶︎営業時間:9:00~02:00

 

ボラカイ島のグルメは多種多様。その時の気分によってローカルフードから西洋料理まで選ぶことができます。ビーチで思いっきり遊んでお腹をすかせて、ぜひいろんな料理を楽しんでくださいね!

関連商品

▶︎フィリピン・ボラカイ島:ジップライン体験+ロープウェイ(往復送迎付き)
▶︎【プライベート催行】ボラカイ島探検1日ツアー:ラフティング・食人族スパ
▶︎【ボラカイ島】美しい人魚に変身! マーメイド・スイミング・アカデミー
▶︎【ボラカイ島】パブクロールツアー:人気クラブ・バーめぐり ナイトライフ体験

ボラカイ島情報はこちらの記事もチェック

✏️【フィリピン】ボラカイ島の交通まとめ:フライトから空港アクセス、島内の交通情報はこれでOK
✏️【フィリピン】世界で3番目に美しい海、ボラカイ島で絶対に見逃せない10大アクティビティー
✏️【フィリピン】出発前に知っておくべきボラカイ島の基本情報
✏️【フィリピン】マンゴーからローカルフードまで、ボラカイ島で絶対食べたい10大グルメ
✏️【フィリピン】ボラカイ島で買いたいおみやげ10選!定番のお菓子からウクレレまで
✏️【フィリピン】旅行前に予習しておきたいボラカイ島の10大スポット
✏️【フィリピン】ボラカイ島3泊4日のモデルコース!ボラカイ島でマーメイドになってみませんか?