オーストラリア旅行でできることといえば、サーフィンにダイビング、スカイダイビングやカンガルーとのふれあいなどがあります。今回はロードトリップや国立公園など、よりディープにオーストラリアを探検できるおすすめのスポットを紹介します!(トップ画像:Shutterstock)

1. 野生の土ボタル鑑賞

Source:Shutterstock

オーストラリアのゴールドコーストにあるタンボリン・マウンテン国立公園にはグローワーム(土ボタル)という特殊な昆虫が生息しています。洞窟の中で青く発光する土ボタルの群は、まるで満天の星空のようです。この幻想的な景観は土ボタルが分泌する粘液が光ることで創り出されています。

土ボタルという名前を見ると蛍の仲間かと思うかもしれませんが、土ボタルは蛍よりも体がずっと小さいです。体は一粒の砂くらいの大きさしかなく、蛍のように飛ぶこともありません。(なので虫が苦手な方にもおすすめできます!笑)

タンボリン・マウンテン・グロウワーム洞窟 Glow Worm Caves
住所:Cedar Creek Estate, 104-144 Hartley Rd, Tamborine Mountain QLD 4272 (map)
開放時間:10:00~16:00(金土は19:00まで)
電話:+61 7 5545 1666

2. グレート・オーシャン・ロードでロードトリップ

Source:Shutterstock

メルボルンから西へ、オーストラリアの南海岸を走るグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)は、オーストラリアで最も美しい道路で、「一生に一度は見たい景観のひとつ」としてよく話題になっています。

太古から波に侵食されてできた絶壁とセルリアンブルーの海が、この海岸沿いの道路を美しく彩っています。

グレート・オーシャン・ロードには12使徒(The Twelve Apostles)と呼ばれる石灰岩できた巨石群や、ロック・アード・ゴージ(Loch Ard Gorge)などの見どころがたくさんあります。

ツアーではなくレンタカーを借りてロードトリップをするなら、少なくとも2日の日程を組んでおくのがおすすめです。オーストラリアは広いので、無理せずゆっくりと景色を楽しめる計画を立てるのが一番です。急ぎすぎてせっかくの景色を楽しめなかったら本末転倒ですもんね!

Source:Fotolia

グレート・オーシャン・ロードのルート

(1)Torquay & Bells Beach 

(2)The Twelve Apostles (12使徒)

(3)Loch Ard Gorge

(4)London Bridge

(5)Bay of Islands Coastal Park

 

レンタカー以外にもチャーター車という選択も

グレート・オーシャン・ロードの旅は公共交通機関では行くことができません。自分でレンタカーを借りて運転するにしても、国際免許証の準備や、現地の地理にも疎い中での運転はちょっと心配…。そんな不安を解消するのがKKdayの1日ツアーです!

▶︎【メルボルン発】グレートオーシャンロード 1日ツアー(送迎付き)

3. 国立公園を探検

Source:Shutterstock

オーストラリアと言えば、マリンスポーツやスカイダイビングなどの他にも大自然を生かした様々な楽しみ方があります。

国内には500もの国立公園があり、そのうちの16カ所は世界遺産に登録されているほど、まさに世界中でも一二を争うレベルの自然があなたを待っています。そして南半球にしかいない動物も多く生息するので、まるで生きた百科事典と言ってもいいほどです。

Source:Fotolia

例えばシドニーのスリー・シスターズで知られるブルーマウンテン国立公園や、メルボルン北西にあるグランピアンズ国立公園、そして太古の壁画が残るカカドゥ国立公園も一見の価値があります。

オーストラリアのどの都市に滞在するかが決まったら、ぜひ近くの国立公園を旅行プランに入れてみてください。

▶︎【世界遺産】シドニー出発・ブルーマウンテンズ国立公園1日ツアー

▶︎【可愛い野生のカンガルーと大自然】グランピアンズ国立公園1日ツアー

4. ウルル(エアーズロック)

Source:Fotolia

ウルル(Ululu)は先住民族アボリジニの聖地で、世界遺産にも登録されており、エアーズロックとしても知られています。平らな大地にそびえるような巨大な単一の岩で、旅行者にとってもあこがれの地でしょう。

アボリジニの伝承ではウルルは現実と夢が交差する場であると言われています。

ウルルは太陽の光の角度によって色を変えます。日の出の時刻には真っ赤に染まり、雨の日にはシルバーグレーになるなど、フォトグラファーにとっては、ウルルの様々な姿を捉える楽しみがあります。

しかしながら、ウルルはアボリジニの聖地であることから、2019年10月26日以降はウルルに登ることが禁止されることになりました。彼らの文化を尊重し、ウルルには登らず外からその雄姿を眺めましょう。

5. 19世紀にタイムスリップした気分で金採掘!ソブリン・ヒル

Credit | Leo

金はオーストラリアの歴史の中でも重要な存在です。19世紀には金鉱採掘のためにいくつかの街が繁栄しました。メルボルンの近くのソブリン・ヒル(Sovereign Hill)は特に有名で、当時街はゴールド・ラッシュに沸きました。

現在のソブリン・ヒルはヴィクトリア様式の建物をはじめ、当時の様子を再現したテーマパークになっており、街の人も当時の格好をして1850年代の世界へ旅行者を誘います。オーストラリアの歴史を感じられる、面白い体験ができますよ。

Source:Shutterstock

▶︎【ゴールドラッシュを体験しよう】ソブリン・ヒル黄金の街1日ツアー

ソブリン・ヒル Sovereign Hill
住所:Bradshaw St, Golden Point VIC 3350 (map)
営業時間:10:00~17:00
電話:+61 3 5337 1199
ウェブサイト(英語・中国語)

オーストラリアはシドニーやメルボルンなど、都市部も楽しいのですが、壮大な国立公園やアウトドアアクティビティなど、やはりここにしかない自然を体験できるのが魅力です!

 

関連商品

▶︎【メルボルン発】フィリップ島 ペンギンパレード観賞 1日ツアー(送迎付き)

▶︎【メルボルン発】グレートオーシャンロード 夕日鑑賞1日ツアー

▶︎【超お得!!メルボルン冒険の旅】大海原とグランピアンズ国立公園3日間

▶︎グレートオーシャンロード+モーニントン半島+フィリップ島 1泊2日(メルボルン出発)

オーストラリア情報はこちらの記事もチェック

【オーストラリア】初めてのシドニー旅行で押さえておきたい10大観光スポット

シドニーのおすすめレストランと、定番からSNS映えスイーツまで10大グルメまとめ