香港旅行の楽しみといえばショッピングにグルメ、そして世界三大夜景スポットにも数えられているヴィクトリアハーバーの夜景ですよね!特にヴィクトリアピークからの夜景は最高…なのですが、山頂へ行くトラムは長蛇の列。今回はどうすれば並ばず楽に行けるのかをご紹介します!(トップ画像:PIXABAY

1. ピークトラムとは?

 

ピークトラムとは香港のケーブルカーで、太平山の山道を運行しヴィクトリアピークへ向かいます。ヴィクトリアピークには香港100万ドルの夜景を見下ろすことができる展望台や、マダムタッソー蝋人形館などがあります。

*ピークトラムは2019年4月末から工事が始まります。4月18日以降、ビクトリア・ピークへの旅行をお考えのお客様は、こちらのプランをご利用ください。

▶︎【夜景満喫】香港オープントップバス+ビクトリア・ピーク夜景ツアー(日本語ガイド)

2. 出発前に準備しておくこと

海外旅行の前にはしっかりとした準備が必要ですよね!どの時期に行くかを決めて航空券を購入したら、日程を考えていきましょう。ヴィクトリアピークへ行く際に注意したいのは、時間、天気、チケットの3点です。

(1) 時間

時間に関して注意すべきなのは、まず滞在日が香港の祝日とかぶっていないかということと、ピークトラムに並ぶ時間をどのくらいみておくかということです。

そして大事なのがどの時間帯に行くのかということです。お目当はヴィクトリアピークからの夕陽ですか?それとも夜景ですか?そのためには何時に登ればいいのか、下山するときに混雑を避けるには?など、事前に考えておくべきなのは以上の点です。

(2) 天気

天気に関して知っておくべきなのは、ヴィクトリアピークはよく霧が出るということです。もしあなたが行く日がちょうど霧の濃い日だった場合、残念ながらほとんど何も見えないかもしれません…。ですので当日の天気予報をしっかりチェックしておきましょう!

(3) チケット購入

ヴィクトリアピークに登るためのピークトラムのチケットの購入方法はふたつあります。

ひとつめは現地で購入、ふたつめはKKdayのアプリやサイトで事前購入することです。どちらの方法も一長一短なので、まずは両者のメリットとデメリットをあげてみますね。

現地で購入する

現地で購入する場合は、当日の天気を確認してから購入できるので、悪天候で何も見えないという事態を避けることができます。

デメリットとしてはチケットを買うために長蛇の列に並ばなければいけないということ。無事チケットを入手したあとは、さらに乗車のために1時間ほど並ばないといけないんです…(冗談ではなく本当に待ち時間が長いんです…!)

事前に購入する

一方チケットを事前に購入しておくことのメリットは、チケット購入の行列を省くことができ、時間を大幅に節約できることです!他の人が並んでいる横すいすいと通り抜けてVIP優先搭乗口へ行けるので、ちょっとした優越感を味わうことができますよ(笑)。

デメリットは当日が悪天候でも、別の日に変更ができないという点です。

3. ヴィクトリアピークの楽しみ方

では実際に乗車してみた様子をお伝えしていきますね!

チケットは、並ぶのが嫌なので事前にピークトラム片道チケット(往路優先乗車チケット)+スカイ・テラス428展望台入場券を予約しました。予約した翌日にはバウチャーが送られてきました。(画像は中国語ですが、もちろん全て日本語で予約ができますよ!)

▶︎【ガイドがご案内】香港ピークトラム優先乗車券セットチケット(月〜木)

▶︎【ガイドがご案内】香港ピークトラム優先乗車券セットチケット(金〜日)

*ピークトラムは2019年4月末から工事が始まります。そのため本プランは2019年4月18日までの発売となります。4月18日以降、ビクトリア・ピークへの旅行をお考えのお客様は、こちらのプランをご利用ください。

▶︎【夜景満喫】香港オープントップバス+ビクトリア・ピーク夜景ツアー(日本語ガイド)

集合時間は平日と週末で異なります。

月曜日〜木曜日→13:30 / 15:30 / 17:30 / 18:30
金曜日〜日曜日→15:00 / 18:00

これらの時間が選べるので、昼間の風景を見るか、夕陽と夜景を見るかを決めておきましょう。KKdayが体験したのは15:30の回でした。この回をおすすめする理由はあとでご説明しますね。

当日は若干霧が出ていましたが、夜景は十分綺麗に見られて良かったです!

集合からピークトラムに乗るまで

当日は集合時間の15分前に旗を持っているガイドさんのところに到着しました。

ガイドさんにバウチャーとパスポートを見せると、ピークトラムのチケットと、ピーク山頂スカイテラス428展望台と引き換えてもらえます。

この場所には他にも同じようなツアーのグループがあるので、早めに集合場所に着いておくことをおすすめします。着いて行くグループを間違えないように気をつけてくださいね!

集合場所
香港MTRセントラル(中環/Central)駅K出口外側(太子大廈/Prince’s Building)(
map)
Flickr|James Antrobus

ピークとラムのチケット購入のために並んでいる旅行者たち。これでも全体の8分の1の光景です。

こんな先頭が見えない列に並ばなくて済んで、事前に優先チケットを買っておいて良かったと思いました。チケットを買うだけじゃなくて、ピークトラムに乗るにもまた並ばないといけないので、合計で3時間くらいかかってしまいます。

Flickr|Jorge Láscar

さて、ガイドさんに着いてピークトラムに乗るのですが、ここでもグループとはぐれないように注意してください!乗車の際に係員がグループの人数を確認してからドアを開けてくれるので、ここではくれぐれもはグループを見失わないようにしっかりついていきましょう!

Source: Fotolia
Flickr|Harvey Barrison

乗車の際してからもぼーっとしていてはいけないかも。

ピークトラムの席は全員分あるわけではなく、しかも並んで乗車するわけではないので、前のトラムが来る時にどこに出入り口がくるかを確認してその場所で待つことをおすすめします!

席に座る際には3人がけの席が香港のコンクリートジャングルを眺められるのでおすすめです!(復路も同様です)

ヴィクトリアピークに到着

Flickr|pulaw

私たちが参加した回は、山頂についた時にはまだ日が暮れていなかったので、まずは日中のヴィクトリアハーバーの景色を楽しみました。

この時間帯は人が多く、風も強いのですぐにはスカイ・テラス428展望台には入りませんでした。ピークトラムを降りて左手の『獅子亭』という東屋はチケット不要できれいな景色が見られるのでおすすめです!

Flickr|James Antrobus

日中の風景を楽しんだら、スマホで日の入りの時間を確認して、スカイ・テラス428展望台へ行って100万ドルの夜景を楽しむ準備をしましょう!

スカイ・テラスは本当に風が強いので、スマホやカメラはしっかり握りしめておいてください。また、暑い日でも薄手の上着を用意しておくことをおすすめします!

ヴィクトリアハーバーの100万ドルの夜景を満喫したあとは、山を降りて街へ戻りましょう。

今回紹介している優先乗車チケットは、行きはVIP優先乗車なのですが、帰りは通常のものなので、並んで乗車しないといけないんです。

時間が遅くなればなるほど列も長くなるので、下山した後にも予定がある方は計画的に行動しましょう!

Source | Fotolia

今回私たちは同じ日にビクトリアピークから夜景を見た後に、ビクトリアハーバーで20:00に始まるシンフォニー・オブ・ライツを見る予定だったので、19:00前には帰りのピークトラムに乗っている必要がありました。その時は18:40ごろから並び始めてギリギリ間に合いました。

もし同じようなプランで観光しようと考えているのなら、帰りはスターフェリー乗り場までのバスに乗るというのも方法の一つです。そこからフェリーで九龍へ行き、降りてすぐのところがシンフォニー・オブ・ライツの鑑賞スポットなので便利ですよ!2種類の香港の夜景を楽しめる、大満足の1日になること間違いなしです!

以上が実際に香港のピークトラム体験記でした。KKdayのセットチケットは(自画自賛になりますが)本当に本当におすすめです!

海外旅行中は ”Time is Money” ですよね。この優先チケットは通常のチケットとの差額はわずか40円程度なので、ピークトラムでヴィクトリアピークへ行く旅行者のみなさんにおすすめです!

手軽で時間の節約ができてみなさんの香港旅行が楽しいものになりますように!

*ピークトラムは2019年4月末から工事が始まります。そのため本プランは2019年4月18日までの発売となります。4月18日以降、ビクトリア・ピークへの旅行をお考えのお客様は、こちらのプランをご利用ください。

▶︎【夜景満喫】香港オープントップバス+ビクトリア・ピーク夜景ツアー(日本語ガイド)

関連商品

▶︎【ガイドがご案内】香港ピークトラム優先乗車券セットチケット(月〜木)
▶︎【ガイドがご案内】香港ピークトラム優先乗車券セットチケット(金〜日)
▶︎【30%割引】香港エアポートエクスプレス(機場快線)QRコード乗車チケット(片道/往復)
▶︎【香港空港受取】ポケットWiFiレンタル(香港4G/香港・マカオ共通4G/中国・香港・マカオ共通4G)
▶︎【香港ビッグバスツアー】乗り降り自由のオープントップバス チケット

香港情報はこちらもチェック

✏️香港旅行の基本情報
✏️【完全保存版】香港交通機関まとめ~MTR.バス.トラム.タクシー.フェリー~
✏️2泊3日カップルで行く香港ナイトライフ満喫の旅
✏️【香港】”東洋のヴェネチア”大澳の漁村1日ツアー:イルカ鑑賞や老舗の乾物とストリートフードを楽しもう!