台湾

台湾国際バルーンフェスタで熱気球に乗ってみよう(2018年版)

台東で大自然を感じながら風に吹かれよう!

台湾東部の街・台東で気球に乗ってみませんか?この記事では2018年の夏に台東で行われるバルーンフェスタの楽しみ方や、会場までの行き方を解説しています。(写真はイメージです/トップ写真 source:Fotolia)

1.台湾国際バルーンフェスタってなに?

台湾国際バルーンフェスタとは、毎年夏の1ヶ月間台湾の東部の街・台東で行われる熱気球の祭典です。2018年は6月30日(土)〜8月13日(月)に行われます。バルーンフェスタでは世界各地から集まったプロの気球乗りたちのパフォーマンスだけでなく、実際に熱気球に乗れる係留フライト体験や、夜の野外コンサートも楽しめます!

2018年の台湾国際バルーンフェスタには、ブラジル・リオデジャネイロの『コルコバードのキリスト像』、『ミニオンズ』、ピクサーのアニメ映画『カールじいさんの空飛ぶ家』など合計39台の熱気球が登場します。

2.係留フライト体験

台湾国際バルーンフェスティバルでは、期間中は毎日二回、早朝と夜に実際に気球に乗船する係留フライトが体験できます。係留フライト体験では気球をロープで固定し空中で5〜7分ほど飛行するので、気球の上から台東の山々や海岸の風景を楽しむことができます。

当日の風の状況によって気球が飛ばないこともあります。午前の部の方が比較的風が安定しており、気球が飛ぶ可能性は高いです。午前の部は朝5時からチケット販売開始なので早起きは必須ですが、運が良ければ台湾の東海岸から現れる朝日を見られるかもしれません!

午前の部 5:30~7:30
午後の部 17:00~19:00

チケット販売は当日の午前の部は朝5:00時から、午後の部は16:00からです。
料金
500元(約1835円)(月曜〜木曜)
600元(約2220円)(金・土・日・祝日)

係留フライトは身長110cm以上の方が申し込みできます。大人・子供ともに同料金です。
初日6月30日の午前と、最終日8月13日午後には係留フライト体験はありません。
気球に乗る際には長袖の上着、運動靴につば付きの帽子があるとベストです。ヒールの高い靴やサンダル、ロングスカートなどは避けましょう。

チケット予約はこちらから;台東好玩卡官方網站(中国語)

3.光彫音楽会 Night Glow Concerts

台湾国際バルーンフェスタのもうひとつの楽しみといえば夜の野外コンサートです!光り輝く熱気球とレーザーが織りなす幻想的なコンサートはきっと素敵な旅の思い出になるはずです。2018年は合計8回のコンサートが予定されています。一部は早朝のコンサートになっています。

日にち 開始時間 会場
06/30 (土) 19:00 鹿野鄉 鹿野高台(MAP)
07/07 (土) 04:30 成功鎮 三仙台(MAP)

(曙光音楽会)

07/14 (土) 19:00 台東市 志航基地 (MAP)
07/21 (土) 19:00 池上鄉 池上大坡池(MAP)
07/28 (土) 19:00 台東市 台東大學校本部図書館(MAP)
08/04 (土) 04:30 太麻里鄉 太麻里曙光園区(MAP)

(曙光音楽会)

08/11 (土) 19:00 卑南鄉  知本温泉(MAP)
08/13 (月) 19:00 鹿野鄉 鹿野高台 (MAP)

4.台湾国際バルーンフェスタの開催場所は?

台湾国際バルーンフェスタは台湾東部の台東・鹿野高台で行われます。
台北からは鉄道か飛行機で台東へ向かい、そこからバスやタクシー、ホテルの送迎などで会場へ行くことができます。

(1)鉄道+バスへ行く方法

①鉄道で台北から台東へ
バルーンフェスタの最寄駅は台東県の鹿野(ルーイェ)駅です。台北などから台東行きの鉄道に乗り、鹿野駅(鹿野火車站)で下車します。台東へ行く鉄道には急行列車の莒光号、座席指定の特急列車タロコ号とプユマ号があります。

列車の種類 乗車時間 運賃(片道)
莒光号 5時間半 579元(約2140円)
タロコ号

(太魯閣號)

約4時間 750元(約2770円)
プユマ号

(普悠瑪號)

約4時間 750元(約2770円)

公式サイトで時刻表検索やチケットの予約ができます。
台湾鉄道公式サイト(中国語・英語)

②台東・鹿野駅からバスでバルーンフェスタ会場へ
鹿野駅で下車したら、台湾トリップ(台灣好行)というバスの「縱谷鹿野線」に乗り換えます。鹿野駅から5つ目のバス停「鹿野高台」で下車をしたらそこがバルーンフェスタの会場です。

台湾トリップバスでは交通系ICカードのゆうゆうカード(悠遊卡)、iPASS(一卡通)と現金が使えます。現金ではお釣りがでないので、ICカードの利用が便利です。その他一日券も販売しています。(190元・約700円)
台湾トリップ(台灣好行)公式サイト(日本語)

(2)飛行機+バスで行く方法

①飛行機で台北から台東へ
台北の松山空港から台東空港(豐年機場)へはユニー航空とマンダリン航空が就航しています。

写真はイメージです/source:姉御の一人旅ガイド

 

航空会社 飛行時間 運賃(片道)
ユニー航空

(立榮航空)

60分 2280元(約8420円)
マンダリン航空

(華信航空)

50分 2303(約8500円)

KKdayでは外国人限定のお得な航空券の予約ができます。ぜひチェックしてみてください!

【外国人限定割引】台北松山-台東(TSA-TTT):ユニー航空・片道航空券

②台東空港からバルーンフェスタ会場までの交通手段
台東空港からは市内までを往復する市バス「普悠瑪客運」や「鼎東客運海線」があります。「鼎東客運海線」の8128系統で台東市内へ行くことができます。空港から市内までは2〜3時間程度かかります。

台東市内からは台湾トリップ(台灣好行)バスの縱谷鹿野線に乗り換え、バルーンフェスタ会場の「鹿野高台」で下車します。
空港からタクシーで直接バルーンフェスタ会場の「鹿野高台」まで行くこともできます。乗車時間は40分程度です。

ポイント
会場までの接続を考えると、鉄道+バスで行く方がスムーズですが、特急チケットは人気のためなかなか手配できないという不安もあります。そんな時は飛行機でのアクセスを検討してみてください。

KKdayより
台湾旅行のリピーターさんなら、台北だけじゃなくて他の街にも行ってみたい…そんな方も多いと思います。台東は美しい海岸や知本温泉、そしてアミ族やパイワン族をはじめとした原住民の文化など、新しい台湾の一面に触れられる場所です。台東へ行くならぜひ一年に一度の台湾国際バルーンフェスタもお見逃しなく!

参考リンク

台湾バルーンフェスタ公式ホームページ(中国語・英語)
台東県観光サイト(日本語)
台湾鉄道(中国語・英語)
台湾トリップ(日本語)

関連商品

【台湾】無制限4GポケットWi-Fiレンタル:桃園 / 松山 / 高雄の各空港受取り
【外国人限定割引】台北松山-台東(TSA-TTT):ユニー航空・片道航空券
【目的地自由自在】台東・貸切専用チャーター車1日ツアー
【台東】電動自転車で台東の名所を訪ねよう!!:半日ツアー