夏といえば花火大会!日本より一足早く夏を迎える台湾では、毎年離島の澎湖(ポンフー)で大規模な花火大会が行われます。心地よい潮風に吹かれながら、海上から打ち上がる花火を観賞できます。今回は2019年澎湖(ポンフー)国際海上花火大会の情報と、現地特派員によるレポートをお届けします。ぜひご覧ください!

1. 澎湖(ポンフー)国際海上花火大会について

開催期間:2019/04/18(木)〜2019/06/27(木)

2002年から毎年行われている澎湖(ポンフー)国際海上花火大会は、台湾で最大規模の花火大会。毎年4月中旬から始まり、週に2回の花火打ち上げが2か月間続きます。

開催場所

澎湖県馬公市觀音亭園区
住所:880台湾澎湖県馬公市介壽路7号 / No. 7, Jieshou Road, Magong City, Penghu County, 880(
map

開催日程

・4/18(木)の開幕式と6/27(木)の閉幕式:19:30〜
・その他開催日:20:00〜(
21:00にクライマックスの花火が打ち上がります)

4月
04/18(木)開幕セレモニー、04/22(月)、04/25(木)、04/29(月)
5月
05/02(木)、05/06(月)、05/09(木)、05/12(日)、05/13(月)、05/16(木)、05/20(月)、05/23(木)、05/27(月)、05/30(木)
6月
06/03(月)、06/06(木)、06/10(月)、06/13(木)、06/17(月)、06/20(木)、06/24(月)、06/27(木)閉幕セレモニー

2019年花火大会の特徴

・今年はドローンによるライトショーが加わり、花火大会をさらに盛り上げます!

・花火大会の前に行われるダンスや音楽、マジックなどのショーも必見。開幕および閉幕セレモニーには台湾の人気アティーストによるパフォーマンスもありますよ!

▶︎詳しいスケジュールは澎湖国際海上花火節公式HP(中国語)

2. 澎湖(ポンフー)は台湾のどこ?

Source: Google map

台湾海峽に位置する澎湖(ポンフー)は、台湾で唯一四方を海に囲まれた県。海底火山の噴火と長期間の海食作用によって形成された90の島からなるこの県は、緑や水産資源に恵まれた自然豊かなリゾート地として台湾人にも人気のスポットです。可愛らしいハート型の石垣・七美雙心石滬も、ここ澎湖(ポンフー)で見ることができますよ!

Source: Fotolia

3. アクセス

飛行機

台湾本島から澎湖までは飛行機が便利です。澎湖には市内から10kmほどの場所に馬公空港があります。台湾本土からの国内線のみ就航しています。

飛行時間/運賃

  • 台北から 約45分〜1時間 / 約NTD$1,690〜2,110(約6,110円〜7,593円)
  • 台中から 約35〜40分 / 約NTD$1,500(約5,422円)
  • 高雄から 約35〜40分 / 約NTD$1,800(約6,507円)

運営会社

KKdayでお得なチケットを予約する
▶︎【外国人限定割引】台北松山-澎湖(馬公):ユニー航空・片道航空券(TSA-MZG)

時間に余裕のある方には、旅情たっぷりな船での移動もオススメ。嘉義発と高雄発の2つの航路が就航しています。

嘉義出発:嘉義・布袋港~澎湖・馬公港約1時間20分。値段はNTD$850~1,000(約3,073円〜3,615円)。

フェリー会社(リンク先は全て中国語)

KKdayでお得なチケットを予約する
▶︎【嘉義駅発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道)※外国人限定

高雄出発:鹽埕区新濱碼頭~澎湖・馬公港約4時間30分。値段NTD$980〜1,700(約3,540円〜6,142円)。券種により異なります。

KKdayでお得なチケットを予約する
▶︎【左營駅発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道)※外国人限定

 

4. 2019年澎湖(ポンフー)国際海上花火大会レポ

馬公市内の観光スポット

Source: KKday

お昼頃に澎湖馬公港に到着。まずは馬公市内をぐるっと散歩!

Source: KKday

馬公港の近くにある中央老街という路地を通りました。昔ながらの家屋が並び、レトロな雰囲気を存分に楽しむことができます。

Source: KKday

この土地を守る「城隍爺」と、海を守る女神「媽祖」のお寺を参拝。

Source: KKday

篤行十村文化園区には台湾の古い集落を再現したエリアや、台湾の音楽界で一時期大ブームを巻き起こした歌手・張雨生と潘安邦の記念館もあります。

Source: KKday

花火会場のすぐ隣にある観音亭というお寺では、観音様が祀られています。

▶︎澎湖県政府公式HPでさらに詳しい情報をチェック

いよいよ花火大会

Source: KKday

花火大会の会場である観音亭園区。パフォーマンスが行われるステージや花火の打ち上げ場所である虹橋が見えます。

Source: KKday

今回は地上からではなく、遊覧船に乗って海の上から花火大会を楽しみました。

夜空に浮かび上がる花火と、その下で虹色に輝く橋が綺麗!ダイナミックな演出に大感動の花火大会でした。

Source: KKday
Source: KKday

ドローンパフォーマンスは地上からの観賞のみに対応しているとのことで観ることができませんでしたが、1番綺麗に花火と橋を観ることができるのは海の上からだそうですよ!

 

美しい海やのどかな街の雰囲気が人気の澎湖(ポンフー)。今年の初夏はぜひ澎湖(ポンフー)で花火大会をお楽しみください!

 

 

澎湖でアクティビティを楽しもう

▶︎【日本語OK!】台湾・澎湖(ポンフー)・シュノーケリング/体験ダイビングプラン
▶︎澎湖(ぼうこ/ポンフー):大型ヨット乗船体験半日ツアー
▶︎【日本語OK!】台湾・澎湖:SUP(スタンド・アップ・パドルボード)体験
▶︎【日本語OK】離島リゾートの海でパラセーリング体験:台湾・澎湖(ポンフー)
▶︎【幻の島】澎湖(ぼうこ/ポンフー)・忘憂島シュノーケリング体験1日ツアー
▶︎【日本語OK!】台湾・澎湖(ぼうこ/ポンフー)でウェイクボード体験

台湾旅行情報

✏️台湾旅行に便利なアプリ10+1
✏️台湾新幹線(台湾高速鉄道)割引チケットの引換から乗車まで完全ガイド
✏️三連休は台湾へ!2泊3日で行く台中・台南モデルコース
✏️旅行をもっと楽しめる、台湾で必ずやるべき8つのこと
✏️【台湾】大流行中の黒糖タピオカミルク(黑糖珍珠鮮奶)を7店舗飲み比べ!