台湾

【完全攻略】台湾で電車に乗ろう!台湾新幹線・台湾鉄道

切符の買い方はこれでOK

鉄道を乗りこなせば、台湾旅行はもっと面白くなります。台北を出発して魅力溢れる地方都市へ出かけましょう。切符の買い方がよくわからない?KKdayにお任せください。このブログを読み終わる頃には台湾一周も夢じゃありません!

(タイトル写真Source:Fotolia)

.二つの鉄道:台湾新幹線と台湾鉄道

台湾には大きく分けて2つの鉄道があります。台湾新幹線(台湾高速鉄道/高鉄・高鐵)と台湾鉄道(台鉄・台鐵)です。台湾鉄道には特急や普通電車があります。

batch_台灣台鐵+高鐵-1

 

スクリーンショット 2018-01-18 午後4.41.47

.切符の買い方

1)台湾新幹線(台湾高速鉄道/高鉄・高鐵)

台湾新幹線には外国人限定のとってもお得なチケットがあります。ぜひそちらをご利用ください。

KKdayブログ

外国人限定割引で気軽に台中・高雄へ!お得な台湾新幹線(高鉄)切符購入・利用方法

台湾新幹線チケット購入

【とってもお得な乗り放題】台湾新幹線パス※外国人限定

【台北駅発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道)※外国人限定

 

2)台湾鉄道(台鉄・台鐵)

台湾鉄道の切符の買い方は3種類あります。1.インターネットで購入する。2.コンビニで購入する。3.駅で購入する。

0.プリペイドカードで切符を買わずに乗る

実は台湾鉄道は70km以下なら、プリペイド式の交通カードで乗ることができます。便利なプリペイド式カードは、ハッピーキャッシュ(有錢卡/HappyCash)、ヨーヨーカード(悠遊卡/EasyCard)、イーカートン(一卡通/i-pass)の三種類。日本と同じように改札にピッとかざして入退場するだけです。ただし指定席は使用できません。また70km以上を超えると現金による差額を支払わなければなりません。70kmはだいたい台北から桃園くらいまでの距離となります。九份までのお出かけならプリペイド式交通カードが便利です。ただし事前のチャージを忘れずに!!

happycash
Source:KKday

KKdayでハッピーキャッシュ(有錢卡/HappyCash)を買うと便利でお値段もお得です!!

【台湾旅行の必需品・桃園空港受取】 ハッピーキャッシュ(Happy Cash/有錢卡)

 

1.インターネットで切符を買う

台湾鉄道ホームページ(日本語)

ホームページは日本語にも対応しています。クレジットカード支払いとコンビニ支払いが選べます。コンビニ支払いの場合は8NTDの発券手数料が必要です。

2.コンビニで切符を買う

セブンイレブンのibon(チケットの発券などができるマルチなマシン)で購入することができます。チケット購入は無料ですが発券手数料が8NTD必要です。ibonは日本語には対応していませんが、こちらの説明を見れば、誰でも簡単にチケットを買うことができます。

セブンイレブンibon説明

内容確認したら、レシートが出てくるのでレジに持って行ってお金を払いましょう。

 

3.駅で切符を買う

・窓口に並ぶ

中国語または英語が必要です。でも大丈夫。紙に書いて、またはスマホのメモ機能などで「行き先と枚数」を駅員さんに見せましょう。

・自動販売機で購入する

言葉の心配もなく時間の節約になります。以下、写真を使って詳しく説明します!

台湾鉄道の切符自動販売機は短距離用と指定席車両用に分かれています。短距離用は古くて駅の窓口の近くにあります。近距離の当日券のみ販売しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

指定席車両用は一般の券売機と同じです。長距離や前売り券を買うことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

a.短距離券売機

短距離用の券売機は古くて、タッチパネル式ではありません。旅情を誘う雰囲気なので時間のある方はぜひ使用してみてください。13のステップで購入することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

Step 1 先に金額を確認してから、コインを入れる。

券売機の上方にある価格表を見て必要な金額を確認しましょう。それから対応するコインを入れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

Step 2 ボタンを押す

券売機の下の方にある「到着駅」のボタンを押します。選択できる駅は少なく近くの駅しかありません。古びたボタンに歴史を感じることができますよ。

*当日券しか購入できません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

Step 3 切符をとる

到着駅の下の受け皿から切符を取りましょう。普通列車の切符は昔懐かしい感じがします。小さいから無くさないようにしてくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

b.指定席列車券売機

当日券及び前売り券を買うことができます。また切符を買うだけでなくインターネットで注文した切符の受け取りもできます。普通車の切符は売っていません。

Step 1 駅と時間を選ぶ

まず出発駅と到着駅を選びます。次に時間を選んで切符の種類を選び最後に枚数を選びます。自動券売機のいいところは、自分で座席を決めることができるところです。インターネットでの予約では座席は選べません。窓側を選ぶと台湾の素敵な風景を楽しむことができますよ。ぜひ座席指定にチャレンジしてください。

taitie7
Source:KKday

▶︎切符の種類

・成人:距離により異なります。

・子供(身長115150cm未満):成人料金の半額。

*幼児(身長115cm未満のもの)は無料。

*座席を使用する幼児は成人1人に付き2名まで無料。3人目から幼児料金が必要です。

*身長115cm以上で6歳未満のものは年齢確認できる写真付き証明書(パスポートなど)があれば無料。

*身長150cm以上で年齢が12歳未満のものは年齢確認できる写真付き証明書(パスポートなど)があれば子供料金。

・敬老料金(満65歳以上):成人料金の半額。ただし外国人には適用されません。

・障害者割引(主管機関の発行する障害者手帳を持っているもの):成人料金の半額。ただし外国人には適用されません。

Step 2 支払いを済ませて切符を取る。

指定席列車券売機では、現金とクレジットカードで支払いができます。切符を忘れずにお取りください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

*その他

もしチケットを変更したい場合は、有人窓口で差額を払う必要があります。また同額の切符は同等クラスの列車に使用することができます。例えば13:07の太魯閣(タロコ)行き自強号(號)のチケットを買ってて、12:58の自強号(號)に乗りたい場合は、変更手続きなしに乗ることができます。ただし、指定座席は放棄することになります。もし列車に乗り遅れた場合は、有人窓口で駅員にお尋ねください。後発の列車に乗ることができます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

*切符を記念に持ち帰りたい場合

もし切符を旅行の記念に持ち帰りたい場合は、有人改札の駅員に確認印を押してもらってください。自動改札を通ると、切符は出てきませんのでご注意を!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

3)特別な切符

1.定期券

30日と60日の定期券があります。定められた期限内に決まった区間内を何度でも乗り降りできます。切符の計算は少し複雑で、30日定期券は復興号(號)の切符代金×21×2往復×85%(四捨五入)、60日定期券は復興号(號)の切符代金×42×2往復×80%(四捨五入)となっております。毎日の通勤に台湾鉄道を使う人はお得かどうか計算してみてください。

2.TR-PASS

一般版のGeneralと学生版に分かれています。期限内に何度でも乗り降り自由です。座席は指定できません。また乗れる列車も限定されています。学生版のTR-PASSは学生証が必要です。外国籍の学生はパスポート+国際学生証(ISICカード)または国際青年旅行証(IYTCカード)を持っている方で、なおかつ短期の観光ビザの外国人に限られます。General TR-PASSは全台湾65の駅で、学生版TR-PASSは全台湾75の駅で販売されており、主要な駅なら販売されています。

台湾鉄道公式ホームページ

スクリーンショット 2018-01-18 午後4.33.32

3.花東悠遊券

台湾東部の旅行を計画しているなら花東悠遊券がおすすめです。規定の日数内、何度でも乗り降り自由です。自由に花東縱谷を旅することができます。

スクリーンショット 2018-01-18 午後4.43.39

4.一日券

特別な観光路線では1日券が販売されています。集集線・内湾線(內灣線)・平渓線(平溪線)などをお得に利用することができます。

▶︎台湾で切符を買うコツ

週末・台湾の連休(中秋節・春節)は人気のある路線の切符はすぐに売り切れます。前売り切符を買うようにしましょう。前売り切符は乗車2週間(14日)前から予約を受け付けています。例えば、月曜日には翌々週の月曜日の乗車券が予約できます。金曜日に限り翌々週の日曜日の乗車券を予約できます(つまり金曜日は翌々週の金、土、日曜日の乗車券の予約が可能です)。

また、人気の路線が売り切れていた場合、分割して購入することも視野に入れてみましょう。例えば、台北から台南に行く場合、台北から彰化の切符または苗栗から台南の切符を探してみましょう。こうすれば、ずっと立っている必要が無く、少し楽に移動できます。

4)台湾新幹線と台湾鉄道の重要情報

1.台湾新幹線(台湾高速鉄道/高鉄・高鐵)

gaotie1
Source:Fotolia

 

・プラットホーム

台湾新幹線のプラットホームはとっても簡単。北上プラットホームと南下プラットホームの2つです。プラットホーム内には時刻表があります。1012車両が自由席なのを忘れないでください!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

・車両内

車両内は広々としています。車両の前後には大型の荷物を置く場所があります。自由席車両の入り口に近い席は優先席となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

台湾新幹線の椅子は回転左折ことができます。外側の椅子の下の方にあるペダルを踏めば回転します。グループ旅行などにおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

・トイレと自動販売機

台湾新幹線と台湾鉄道の一番大きな違いは、車両ごとにトイレがあるかないかです。座席の前のテーブルの裏に最寄りの設備が書いてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

 

▶︎ 台湾新幹線の秘密

台湾新幹線は停車する駅の少ない直行電車(直達車)と各駅停車(各站停車)、また飛び石停車の列車の三種類があります。直行電車(直達車)を予約したいときは列車番号をみればわかります。番号は3桁(毎日運行)と4桁(毎日運行ではない)に分かれ、3桁のものは1番初めの番号が、4桁のものは2番目の番号が1のものが直行電車(直達車)です。例:1XX or X1XX

スクリーンショット 2018-01-18 午後4.55.02

 

2.台湾鉄道(台鉄・台鐵)

台湾鉄道には座席指定できる対号列車(對號列車)が3種類あります。一番早いのは自強号(號)で、その次に早いのが莒光号(號)最後が復興号(號)です。これに対して非対号列車(非對號列車)は、普通車(區間車)・快速車などがあります。

普通車(區間車)・快速車は、自由席でほとんどの駅に停車します。価格が安いのでバックパッカーや先を急がないのんびりとした旅に向いています。

特別な列車が新自強号とも呼ばれる太魯閣(タロコ)号と普悠瑪(プユマ)号です。この2つの列車は全席指定の特別列車になります。連休前などはすぐに売り切れる人気列車なので、必ず乗車2週間(14日)前の予約開始日を忘れないでください。

taitie11
Source:Fotolia

 

▶︎ 注意

台湾鉄道のすべての駅にコインロッカーがあるとは限りません。旅行に行かれる前に、台湾鉄道のホームページでご確認ください。

台湾鉄道ホームページ(中国語)

台湾鉄道ホームページ(英語版PDF)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Source:KKday

5)観光鉄道

鉄道に乗って旅をするのは、車とはまた違う趣があります。特に台湾の鉄道路線には美しい風景を見ることができるものが多数あります。また昔懐かしい駅舎は鉄道ファンだけでなく多くの観光客を呼び寄せています。

1.阿里山森林鉄道

台湾人にも外国人にも大人気でなかなかチケットが取れない列車です。特に阿里山の山頂からご来光を拝むための祝山線は人気があります。阿里山森林鉄道は台湾鉄道に含まれないため、チケットの販売方法も異なります。詳しくは公式ホームページをご確認ください。

阿里山鉄道日本語対応HP

arisan
Source:Fotolia

 

2.平渓線(平溪線)

九份の最寄り駅として有名な瑞芳から乗り入れており、猫の街として有名な猴硐(ホウトン)、ランタン(天燈)あげができる十分・平溪、映画の舞台ともなった青桐などの観光地を通ります。台湾で一番人気の路線と言っても過言ではないでしょう。平渓線1日券を買えば何度でも乗り降り自由なので、猴硐(ホウトン)で猫と戯れ、十分瀑布(十分の滝)を見て、青桐のノスタルジックな駅舎で許願筒(絵馬のような竹筒)に願い事を書いて、平渓老街で遊び、最後に十分でランタン(天燈)あげをすることができます。ただし、列車の本数は少ないので、時刻表には十分気をつけてください。

・一日券料金:大人乗車券80NTD/子供割引乗車券40NTD

・一日券販売駅:板橋、台北、松山、基隆、八堵、瑞芳、猴硐、宜蘭、羅東、平溪、菁桐、十分。

shifen

 

3.内湾線(內灣線)

内湾戦は台湾のシリコンバレーと呼ばれる新竹から出発し、竹東・合興を通り、内湾駅まで向かいます。本数が数なく少し不便ではありますが、それを超える魅力のある路線です。一番人気のある駅は内湾駅です。客家(ハッカ)の伝統的な料理が楽しめるほか、内湾老街を散策するのも楽しいですよ。また かつての映画館がレストランとして使われている内湾戯院(內灣戲院)、特殊な二重橋脚を持つ内湾吊り橋、台湾の漫画家・発明家として有名な劉興欽さんの博物館「劉興欽 漫画・発明博物館(劉興欽漫畫暨發明展覽館)」など見所いっぱいです。

・一日券料金:大人乗車券95NTD/子供割引乗車券50NTD

・一日券販売駅:竹南、苗栗、台中、新竹、中壢、桃園、板橋、台北、松山 、六家、竹東、內灣。

neiwan1
Credit | Coral Hou

 

4.集集線

台湾中部の南投にある集集線は平渓線と並ぶ人気の路線です。彰化の二水駅から出発し、集集・水里を通り、車埕駅まで。南投の美しい景色を楽しむことができます。終点の車埕駅にある車埕木業展示館では、歴史ある南投の林業の歴史を学べる他、様々なDIYイベントに参加することができます。

レトロな建築が楽しめる集集駅で写真を撮り、集集老街を散策するのもオススメです。特にオススメは揚げバナナです。集集駅付近はバナナ畑が多く、バナナはこの辺りの名物になっています。

・一日券料金:大人乗車券90NTD/子供割引乗車券40NTD

・一日券販売駅:竹南、苗栗、豐原、台中、新烏日、彰化、員林、田中、二水、大甲、沙鹿、斗六。

jiji
Credit | Coral Hou

▶︎各路線の時刻表は公式ホームページでご確認ください。

台湾鉄道ホームページ(日本語)

 

5.その他

台湾の普快車と呼ばれる普通列車は195060年代に作られたもので、他の電車に比べると車両もずいぶん古くなってきています。現在は、南回り線(南迴線)の屏東・枋寮駅を台東駅の間だけ走っています。一度は廃車にする動きもありましたが、鉄道ファンの抗議により現在でも運転されています。

車両にはエアコンもなく、各駅停車と一見不便そうに見えますが、現在でも時にディーゼル油の匂いがする、昔懐かしい普快車には、鉄道ファン・歴史ファンだけでなく、一度は乗ってみる価値のある列車です。ぜひご体験ください。

The south link line view of railway.
Source:Fotolia

 

KKdayオススメの台湾鉄道関連商品:

▶︎阿里山森林鉄道を楽しむ旅 (1泊2日)

▶︎阿里山森林鉄道乗車&阿里山森林遊楽区を散策(台中出発)

▶︎【特急列車で行く絶景スポット!】花蓮・太魯閣(タロコ) 日帰り観光ツアー(台北発/日本語&英語ガイド)

 

1件のコメント

Comments are closed.