台湾

台湾で一足早く夏気分!4.5.6月は時期限定のイベントが盛りだくさん!

9352778356_0ce2360c0d_o
Flickr | CARY4157

日本から近い!物価が安い!食べ物が美味しい!親日!などの理由から常に人気の旅行先トップ3の台湾。
今回は今の時期限定で見ることのできる台湾各地の絶景をご紹介します!
初めて来られる方もリピーターの方も、少し足を延ばして、まだ日本人にあまり知られていない台湾の絶景を見に行きませんか?

 

馬祖の青の涙

27039767254_4165376ce1_o

海の上に浮かぶ真っ青に輝く光…以前アメリカのCNNでも紹介された、台湾の離島馬祖で見ることのできる『青の涙』。春から夏にかけて綺麗に見ることができます(特に4-6月頃が見ごろ)。実は夜光虫が波に打たれることでこの青の涙を作っています。今年は例年に比べて綺麗に見ることができると今台湾でも話題になっている場所です。

今まで見たことのない幻想的な青い光を台湾の夜の海で体験してみてはいかがですか?

アクセス:
 ○飛行機(約50分)
  松山-北竿、松山-南竿、台中-南竿
 ○船(約8時間)
  乗車場所基隆

澎湖の花火フェスティバル

澎湖花火節
Flickr | Wei-Te Wong

20025月に澎湖近海で発生したチャイナエアライン機墜落事故の影響で低迷した同県の観光産業の復興を目的に、同年行われた花火大会をきっかけに毎年4月中旬~6月中旬に澎湖で開催される『澎湖海上煙火節』。打ち上げ時間は毎週月曜と木曜日の夜9時から15分ほどで、メイン会場は澎湖觀音亭海濱公園です。

何よりも日本の花火と比べて距離が近く、大迫力です。毎年この花火の為に澎湖に沢山の人が押し寄せます。日にちによっては、日本・中国・パリなど各国の花火を見ることもできます。

アクセス:
 ○飛行機(約50分)
  台北-馬公、高雄-馬公
 ○船(約4時間)
  乗車場所嘉義高雄

外人限定!台北-澎湖航空券割引

烏來の蛍

8661108412_4cdde00b45_o
Flickr | 偉偉(Wil Wil)

滝や温泉で有名な烏來ですが、5月~6月中旬には『雲仙楽園』で平日夜19時、休日夜19時と20時に各一回15分程度蛍の生活などの説明があり、その後係りの人が夜間の森に案内してくれます。まるで別世界に来たような沢山の蛍を見ることができます。

食事つき!烏來の温泉でのんびり日々の疲れを取りませんか?

雲仙楽園

◎入場料:220元

◎営業時間:9:30~22:00

◎アクセス:
 台北MRT新店駅から新店客運(バス)に乗り烏來へ。
 トロッコ又は徒歩でロープウェイ乗り場へ。ロープウェイに乗り雲仙楽園へ。

◎その他:
 ○赤いセロファンを付けた懐中電灯持参(強すぎる光で蛍に害を与えないために)
 ○長袖長ズボン着用、サンダル不可

台中の金針花

6072669134_65e2a4dd43_o
Flickr | FloraTang

日本語では「ワスレグサ」と呼ばれるユリ科の花。台湾では炒め物やスープなどにして食べる習慣もあり、金針花は栄養価も高く、精神安定の効果もあるそうです。台東にある金針花のお花畑はとても有名な観光スポットですが、台北から比較的近い台中の『沐心泉休閒農場』でも見ることができます。こちらのレストランでは金針花の天ぷらをいただけたり、5月には蛍やアガパンサスと呼ばれるユリ科の花も鑑賞することができます。

外国人限定!台北-台中間の高鐵(新幹線)を最安値で購入

沐心泉休閒農場

◎入場料:150元(100元分商品券として園内で利用可能)

◎営業時間:
 平日9:00~18:00(ラストオーダー17:30),9:30~18:30(ラストオーダー18:00)

◎住所:台中市新社區和村中興街60號

 

今回はゴールデンウィークに合わせて、4月~6月が見ごろの場所を紹介しました!行ってみたい場所は見つかったでしょうか?台湾にはまだまだ知られざる絶景やグルメが沢山あります。ぜひ一度訪れて、自分の目で見て触れて体験してみてはいかがでしょうか。